« (24.12.19) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望」 その1-2 | トップページ | (24.12.21) BS世界のドキュメンタリー 「プーチンの野望 脅かされる民主主義」 2-1 »

(24.12.20) 石油時代の終わりとシェールガス革命 世界が変ろうとしている!!

Dscf0123 

  時代の流れが速すぎるとその中にいるときは何が起こっているか分からないものだ。
今急速に石油の時代が終り、ガスの時代に移ろうとしているが、そのことを明確に認識している人は少ない。
先日来長谷川慶太郎氏の「シェールガス革命で世界は激変する」と言う本を読んでその感を深くした。

 シェールガスと言っても普通の人は「天然ガスとどう違うの?」と言う感度のはずだ。
実は天然ガスシェールガスも成分はまったく同じで、単に採掘の仕方が異なるだけだ。
天然ガスは地下の岩盤層の割れ目の隙間に大量にたまっているので、そこに鉄パイプを打ち込めば吹き出てくる。
それに対しシェールガスシェール層と言う泥岩の一種に閉じ込められているため、高水圧で岩盤を砕いて割れ目を作って岩とガスを分離し、そこからシェールガス(天然ガスを採掘している。

注)シェールガスそのものについての詳細な説明については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/23520-d5f1.html

 技術的にはシェールガスの採掘が圧倒的に難しいので長い間その採掘を諦めていた。
しかし21世紀に入り原油価格が暴騰しそれにあわせて天然ガスの価格も暴騰するようになると、シェールガスを採掘しても採算が合うことになった。

注)長らく1バーレル30ドル程度で安定していた原油価格は08年まで一本調子で高騰しピーク時は147ドル程度まで上昇した。

 そしてこれが一番大事なことだが、シェールガスはシェール層のある場所ならどこにでも存在し、アメリカ、中国、アルゼンチン、メキシコといったそれまでは産油国とは言いがたかった国で大量に産出することが分かってきた。
シェール層は泥岩が固まったものだから大河が運んできた泥が集積している場所ならばどこにでもシェールガスが存在する

注)アメリカではミシシッピ川、中国には黄河や長江、アルゼンチンにはラプラタ川等がある。

 しかも驚くべきことにその埋蔵量はほとんど無限で現在分かっているだけでも採掘可能量は世界の使用量の60年分、技術開発が進めば239年分存在すると言うのだからすさまじい。
アメリカではエクソン・モービルと言ったメジャー資本がこの採掘に乗り出して、現在アメリカの天然ガス使用量の23%(2010年まで拡大し、アメリカは世界最大の天然ガス産出国シェールガスを含む)になってしまった。そして今後どこまで生産拡大するかわからないような状況になっている。

  さらに驚くべきことには技術開発が進んでアメリカではシェールガス(天然ガス)の価格が劇的に下がってきた。
100万BTU(英国熱量単位)で従来は15ドル前後だったのが、現在は4ドル前後に値下がりしている。

 現在シェールガスはアメリカの国内法でFTA締結国以外には輸出できないが、オバマ政権は輸出振興のために日本等への輸出を検討し始めた。
現在日本はLNG(液化天然ガス)を16ドル程度の世界最高価格で輸入しており、これが日本の貿易収支をひどく圧迫している。

注)日本の貿易収支の現状とシェールガスの関係は以下に記載しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-dd1f.html

 
現在原油価格が軟調なのはアメリカが原油の輸入を減少させそうだからで、シェールガスの生産が増えれば増えるほど原油価格は低下する。
そうなると地政学的な大変革が起こり、以下のように纏められる(
燃料としては原油とガスは代替関係にある)。

① 原油価格と天然ガスの価格低下は資源国(中東、ロシア)等の地位が相対的に低下する。

② シェールガス革命により天然ガスの価格が低下すると、最も安価な熱資源は天然ガスになり、火力発電所のウェイトが高くなる。

③ それまで最も安価と言われてきた原子力は高価な発電施設になり、また太陽光や風力発電に対する需要も激減する。

④ 石油よりガスの時代になって石油化学の位置が相対的に低下しガス化学の時代になる。

⑤ 自動車はガス自動車が主力になる可能性が高い。

 
19世紀が石炭の時代、20世紀が石油の時代だとすると、21世紀はガスの時代になる(原子力や自然エネルギーの時代ではない)。
何しろシェールガスは世界のほとんどの場所に存在し、埋蔵量は無限大で価格は何よりも安いのだから最高の熱量だ。
おそらくここ10年のあいだに、誰の目にもシェールガス革命が明らかになるだろう。

注)天然ガスとLNGの価格の推移については以下のグラフ参照。日本だけが突出して高価なLNGを購入しているのが分かる。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4124.html

 

 

 

|

« (24.12.19) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望」 その1-2 | トップページ | (24.12.21) BS世界のドキュメンタリー 「プーチンの野望 脅かされる民主主義」 2-1 »

評論 世界経済 アメリカ経済 シェールガス・シェールオイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.12.19) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望」 その1-2 | トップページ | (24.12.21) BS世界のドキュメンタリー 「プーチンの野望 脅かされる民主主義」 2-1 »