« (24.12.1) インフレと言う名の増税が始まる。 預金は外貨預金にシフトしろ!! | トップページ | (24.12.3) 公園のベンチは住民が修復しよう。  円卓会議の実験が成功 »

(24.12.2) 中国語を漢文方式で学ぼう 発音できなくても意味が分かればいいじゃないか

191112_063

 「そうか、中国語を習うコツは漢文と同じか!!」と思った。
先日NHKが放送した「中国文明の謎 漢字誕生 王朝交代の謎」を見た感想である。

 番組では中国が一時的に分裂をしてもなぜ統一に向かうかの最大の要因は漢字にあると説明していた。
漢字は世界でもまれな表意文字で、たとえ読めなくても意味が分かれば解読でき、周辺の多民族もこの漢字を使用することで中国文化圏の一員になれるという。

注)「漢字誕生 王朝交代の謎」に関する記事は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/241124.html

 実際日本でも大和政権成立から菅原道真遣唐使船を廃止するまで直接に中国の文化圏だったし、その後も漢文は日本のインテリの基本的素養だった。
明治時期中国から日本に多くの留学生が来たり政治犯が亡命したが、宮崎 滔天は孫文と漢文で完全に意思疎通を行っていた。

 「これはすばらしいことではなかろうか。中国語は意味だけ理解して読めて書ければ、何も会話をする必要はなさそうだ!!!」急に興味がわいた。
特に私の場合は聴力に支障があり、日本語でさえまともに聞こえない。
だから所詮会話など夢のまた夢だから中国語を大和朝廷の役人がしたのと同じ方法で学んでみることにした。
中国語を意味だけで理解しよう・・・・・・

 先日から買って来た「やさしい中国語会話」と言う本を発音をまったく無視して漢文の書き下し文と同じ方法で読んでいる。
現在の中国の漢字は時代の漢字を相当簡略化しているが推定が可能な範囲で、かつ文法は同じなのだから、なにかロゼッタストーンを解読したシャンポリオンのような気持だ。

 私は最近の中国の覇権主義にはほとほと閉口していて、なんとか中国がもう少しおとなしい国になってほしいと望んでいる一人だが、そのためには中国の本音を知る必要がありそうだ。
それにはまず中国語が読めなくては無理だ。

 漢文を学ぶ程度の努力で中国語を理解できるのなら簡単なことだ。
かつて史記十八史略を受験勉強で学んでいた頃を思い出した。
現在の高校教育で漢文の授業中に中国現代文を加えてそれを書き下し分で読ませる訓練をするのは興味深い方法ではなかろうかと思ってしまう。
本格的な勉強(発音や会話)は大学ですればいいのだから高校では杜甫李白や白楽天の詩を学ぶより現代文を読ませたほうが実際はためになるはずだ。

注)このような提案は漢文学者からも現代の中国語教育者からも支持されそうもない。しかし大変興味深い方法だから漢文の素養のある人が個人的にすることは大いに勧める。

なお中国社会にかかる記事は如何にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat48428075/index.html


 

|

« (24.12.1) インフレと言う名の増税が始まる。 預金は外貨預金にシフトしろ!! | トップページ | (24.12.3) 公園のベンチは住民が修復しよう。  円卓会議の実験が成功 »

健康 老化対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.12.1) インフレと言う名の増税が始まる。 預金は外貨預金にシフトしろ!! | トップページ | (24.12.3) 公園のベンチは住民が修復しよう。  円卓会議の実験が成功 »