« (24.11.25) 高額医療費は誰が負担するのか? 医療の増大と財政問題 | トップページ | (24.11.27) 第32回 つくばマラソン 努力した人は報われる »

(24.11.26) やったぜベイビー、俺はやっぱりシステムマンだ。 iPod touchのWi-Fi環境設定がようやくできた!!

191112_017

 私はこのことを正直に言うのはとてもつらいのだが、システムの実務にからっきし弱いのだ。
現役の頃通算25年近くシステム開発や監査を行ってきたのに、実際にシステム環境を整えたり、プログラム開発をすることはまったくといっていいくらいできない。

 通商産業省の情報処理試験の資格はいくらでも取得したのに、パソコン一つまともに環境整備ができない。
娘は「お父さんは手より頭のほうが働くのね」なんてかわいらしい批評をするのだが、息子などは「情報処理の資格を持ってても何の役にも立たないだな」なんて露骨な批評をする。

 だから私は我が家のパソコン環境を一旦設定すると絶対といっていいくらい変更を加えないようにしてきた。
我が家にはパソコンが2台あって有線LANで結ばれているのだが、この設定をするのにほぼ1週間にわたってウンウンうなり、ソフトバンクに電話を掛け捲りようやく設定を整えた経緯がある。10年以上前のことだ。
もうやだ、こんな作業は一生したくない!!!」

注)私がどのくらい苦労するかと言う記事は以下参照。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/221219-b76d.html


 ところがそうも言っていられないことが人生には起こる。
ことの起こりは私がアップルのiPod touchを購入したことに始まる。なぜ私がiPodを購入したかというとマラソンに対する熱意が年を追って希薄になり、このままではほとんど引退間直になってきたからだ。
まずいじゃないか、なんとか気持ちをハイにするにはロッキーの曲を聞きながら走るのが一番ではなかろうか・・・・・

 ロッキーの曲は大きなマラソン大会でブラスバンドが必ず演奏する曲で、この曲を聞こうものなら勇気百倍、それまで足を引きずっていたランナーがギアチェンできる曲だ。
よっしゃ、走るときはiPodでロッキーだ

 そんな訳でつくばマラソン前にこのiPod touchを購入したのだが、驚くべきことにiPodのtouch機能を使用するためには無線LANに接続しなければならないと言う。
しかもその接続方法はWi-Fi方式だと言う。
なんだ、なんだWi-Fi方式と言うのは? 携帯の無線とはどこが違うんだ。我が家は有線LANだが、すべて無線LANに変えなくてはいけないのだろうか?」

注)iPodには単に音楽を聴くだけのものと、iFhone並の機能が使用できるものがある。iPod touchは後者で、この機能を使用するためには無線LANに接続しなくてはならない。

 Googleで情報を仕入れ再びウンウンうなって近くのケーズ電気に行ってみたら、有線LANの環境下でUSBポートにロジテックの製品を差し込むだけでWi-Fi環境が出来上がると言う。
しかも1000円程度の安価な価格でできるらしいとわかって小躍りした。
これこそ私が求めたものだ、やったぜ!!!」

 しかしその後が又1週間仕事になってしまった。当初セキュリティを設定せずにセットアップしたのだが、セキュリティなしの無線は裸で街を歩くようなものだとGoogleで検索すると書いてあった。
仕方がないのでパソコンの設定を最初からやり直したら(実際は変更画面があったが気がつかなかった)こんどはまったくiPod touchWi-Fi環境につながらなくなった。

 セキュリティはパソコン側とiPod touch側を合わせないと駄目なのだがiPod touchが何を使っているかさっぱり分からない。
適当に設定していたら本当にパソコンがウンともスンとも言わなくなって固まってしまった。
頭を抱えたが、冷静になって我が家はパソコンが2台あることをやっと思い出した。
このパソコンが駄目ならもう一つのあれだ!!!」

 それでも最初はiPod touchがWi-Fi環境を見つけることができなかったが、今度はセキュリティの変更画面で色々なセキュリティをためしたら、ようやくiPod touchがWi-Fi環境を見つけてくれた。
やったぜ、ベイビー、俺はやはりシステムマンだ」なんて有頂天になったがここまで1週間だ。
客観的に見て私のシステム能力はこの程度だろう。本当につかれきった1週間だった。

注)我が家の電波がどの程度の広さまで届くか確認してみたら、壁際の外には届かなかった。窓側方面には届きそうだったが20m程度先では電波が減衰していた。
当初はかなり遠くまで電波が届くと思っていたが杞憂だった。


なおネット社会に関する記事は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat51499187/index.html

|

« (24.11.25) 高額医療費は誰が負担するのか? 医療の増大と財政問題 | トップページ | (24.11.27) 第32回 つくばマラソン 努力した人は報われる »

システム スマートフォン・タブレット・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.11.25) 高額医療費は誰が負担するのか? 医療の増大と財政問題 | トップページ | (24.11.27) 第32回 つくばマラソン 努力した人は報われる »