« (24.10.31) なぜ日本人はいつも悲観ばかりしているのか? 円高とM&Aの隆盛 | トップページ | (24.11.2) NHKメイド・イン・ジャパン  岐路に立つ日の丸家電  ソニーの逆襲はあるか? »

(24.11.1) 老人は荒野をめざせ  ボランティア教師の薦め

20725_020_2

  老人は荒野を目指さなければいけないと思う。別に本気になってサバイバル訓練をしろというのではない。今の日本の教育の実情から、かつて中学や高校で優秀であった老人は中学生や高校生のためにボランティア教師をしてほしいと言う要望である。

 実は日本の教育レベルはかつてわれわれがそうであったような世界最高水準からかなり立ち遅れている
数学や理科は日本のお家芸だったが、今ではシンガポール・香港・韓国・台湾と言った学生に遅れをとっており、このままではますます悪化しそうだ。

注)国際比較の数字は以下参照
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3940.html

 日本が遅れをとった最大の要因は「ゆとり教育」で、はっきり言えば油断をしたのだ。
バブル崩壊以前の1990年前まで、日本経済は当たるところ敵なしで、エズラ・ボーゲルに「ジャパン アズ NO1」などといわれて有頂天になり、ポール・ケネディの「大国の興亡」で次の世界帝国は日本だと言われて本気になっていたものだ。
この頃から週休二日制が定着し、旗日が増えて日本の労働者は働かなくなった。
ボウズ、父ちゃんは暇だ。ボウズも勉強など止めて遊べ
大人だけが遊びほうけていては示しがつかないので子供たちも一緒に遊ばせたのが「ゆとり教育」である。

注)大阪市の橋下市長の教育改革については以下の記事で紹介した。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/2411-f0a8.html

 しかしその後バブルの崩壊により日本経済は奈落の底に落ち、すでに失われた20年がすぎて国際競争力は10位程度にまで低下してしまった。
こうなると大人は遊んでいるわけには行かず、再び長時間労働をするようになったのだが、学校は相変わらず「ゆとりイメージ」だったので子供の教育水準は低下し続けた。
そしてそれを引き上げるにも塾に通わす資金に余裕がない家庭が続出することになった。

注)国際競争力の新聞記事
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120905/fnc12090515010007-n1.htm

 さてこうした状況下で老人はどうかといえば、バブル期に蓄えた資金がアメリカについで2位であり、人口比で言えばアメリカ並みの裕福な老人が多く厚生年金と企業年金で生活は確保され、旅行やゲートボールにいそしんでいる。
はっきり言えば今最も資金も暇もあって生活を謳歌している階層が老人なのだ。

 私も個人的にはマラソン競技などに四六時中出ているから、そうした老人の一人だが、老人が個人的な楽しみだけで過ごすのは現在の日本のおかれている立場からすると許されない。
私は現在中学3年生の少年に数学と英語をボランティアで教えているが、かつて優秀で著名大学を出、官庁や大企業に就職して余生を謳歌している人にはぜひこのボランティア教師を買って出てもらいたいと思っている。

 現在の塾に支払う塾代は途方もなく高く、ひどく家計を圧迫しておりそうした余裕ない家庭は子供たちに十分な教育を授けることができない。
学校は「ゆとり教育からようやく舵を切ったものの十分な教育水準まで達していない。
授業についていけない子供が輩出しているが、こうした子供にホンのちょっとした手助けをするだけで子供の学力は劇的に伸びる。

 私と同じ世代で国立大学を出たものは授業料は月1000円だったはずだ。そのような激安の授業料でその後のバブル時期に信じられないような僥倖を得て高給を食み、今は十分な年金暮らしをしているだけでは、社会に対して申し訳が立たない。

 多くの少年や少女がホンのちょっとした理解不足で学業に悩んでいるとき、かつて優等生だったと言われた老人は子供たちを助けて、再び日本が教育立国になる手助けをするのが責務だと私は思っている。
それがこの日本に対する最後のご奉公ではなかろうか。

なおボランティア教育については以下の記事でも述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-025f.html

 

|

« (24.10.31) なぜ日本人はいつも悲観ばかりしているのか? 円高とM&Aの隆盛 | トップページ | (24.11.2) NHKメイド・イン・ジャパン  岐路に立つ日の丸家電  ソニーの逆襲はあるか? »

評論 日本の政治 教育問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.10.31) なぜ日本人はいつも悲観ばかりしているのか? 円高とM&Aの隆盛 | トップページ | (24.11.2) NHKメイド・イン・ジャパン  岐路に立つ日の丸家電  ソニーの逆襲はあるか? »