« (24.10.27) スマートフォンよりタブレット端末か? キンドル・ファイアにしようか!! | トップページ | (24.10.29) 学校淘汰の時代が始まった。 堀越学園への解散命令 »

(24.10.28) 女性が日本を救う ラガルドIMF専務理事の提言

Image23
(熊野奥駆け  2週間かけて熊野山中を縦走した

 先日クローズアップ現代で日本を代表するトップレディーの国谷裕子さんと、世界のトップレディー、ラガルドIMF専務理事の対談があり、「日本の女性の労働参加率が低く、さらに女性の地位が低いことが日本のGDPを押し下げている原因だ」との趣旨の発言をしていた。

 日本と世界のトップレディーがそう言っているのだからその通りだと思ったが、現実はなかなか労働参加率が上がらず、また上級管理職の登用もままならない。
統計では日本の女性の労働参加率62%程度で、これをG7並みの70%にすればGDPが0.25%上昇し、北欧並みの80%にすれば0.5%上昇するとIMFはレポートで提言していた。

 日本の女性の労働参加率はある特色があって、結婚して子供を生むと子育てのために退職し(それまではほとんどが正社員)、子育てが終って再び労働市場に復帰するとパート労働者になって労働市場に復帰していると言う。
子育て期間に子供の養育を第三者に委託することが難しいので退職するのだが、一旦退職すると過去の積み上げた実績がすべてパーになって、復帰したときにははるかに低い給与時間給)で働かなくてはならないのが日本の実情だ。

 これは正社員の新規採用は学卒者と言う日本の労働慣行に原因があり、それでも最近は技能を持った職員を正社員として中途採用することがあるが、日本の多くの女性は一般職で技能を持っていないことがパート労働者になる最大の理由だろう。
あまりの給与の低さにかつて高給を得ていた女性は働く気力を失ってしまうほどだ。

 もう一つの管理職への登用が少ないのも、この育児期間があるためでその間男性は働いているのでどうしても男性が有利で管理職になってしまう。
又日本の労働慣行は長時間労働が普通だから、子供を持った女性がこの長時間労働に耐えることは不可能だ。
私が勤めていた金融機関でも、女性は残業をせずにさっさと帰っていたが、男性は夜の10時ごろまで(愚だ愚だと)仕事をしていたものだ。

 そして昇進の基準が能力より会社適合性に重点が置かれているのも女性を不利にしている。
上司との飲み会やゴルフをすることで、「あいつはいいやつだから次は管理職にしてやろう」なんて感じで決まっていくので、育児を持った時間的余裕のない女性は圧倒的に不利だ

 こうした日本の労働慣行が重なって女性の労働進出が遅れているので、解決は一筋縄ではいかない。
管理職などの登用は法律で○○%まであげることを義務付けて、そうしなかった場合は相当の金額のペナルティーを課さない限り不可能と思われる。
しかし昨今の経済情勢は日本企業に不利で収益率はドンドン低下しているので、株式会社にそれを求めるのは難しいかもしれない。

 結局能力ある女性は教員や官庁やジャーナリストや外資産業のような基本的に男女差別をしない職場にいくか、医者や弁護士や公認会計士のような資格で働ける職場に流れていくだろう。
そして不幸にして日本で希望した職場が得られなければ海外に働きに行くのではなかろうか。

 日本の株式会社は新興国の企業に追い上げられて青息吐息で、派遣労働者以外の労働力を必要としていないし、それも日本女性と言うよりは低開発国の意欲もりもりの男性を雇うだろう。

 結局有能な女性はそれなりの職場を得られるが、通常の女性は派遣社員以外の職場を見つけるのは不可能で、国谷裕子さんやラガルドIMF専務理事の希望(日本全体の底上げ)は残念ながらかなえられそうもない。

 なお経済成長に関する私の提案は以下にまとめて入っておりますhttp://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43696146/index.html

 

|

« (24.10.27) スマートフォンよりタブレット端末か? キンドル・ファイアにしようか!! | トップページ | (24.10.29) 学校淘汰の時代が始まった。 堀越学園への解散命令 »

評論 日本の経済 経済成長」カテゴリの記事

コメント

シリアから出てこれない諭吉です 笑
安い託児所があればすぐに日本にいくのに!ほんとにこれは問題です。アラビア語しか話せない夫は仕事ないでしょうし、子どもは上のこは学校にいけばよいわけです。が!まだ赤ちゃんなのがひとりいまして。。まぁ戦争こんな長引くとおもってなかったので産んじゃったわけですが。。たとえば託児所タダだったら貧乏生活なれてるし、日本で夫も子どももやしなう気まんまん!いっぱい働いて。しかし私も海外きちゃったので会社やめてるんですよね、だからパートでしょうね。夫は中学でただけのインテリでもなんでもなく普通の仕事してるんですが、あんまり生活はこまってません。家賃7000円で広いし今日買ったトマトは一キロ20円。。これでも物価あがったんだけど。シリアはリッチな国です。日本でこれだけの戦争がおこれば食料なんて手に入らないでしょう。水もおいしいです。石油はないみたいだけど、シリア人はゴラン高原をイスラエルに取られたのは、水や果物、土地が豊穣だからといっていました。っていっても水やら食料やらのためにアメリカは介入しませんよね。。隣国のガスの輸送路として重要とかいう記事をよんだことありますが。あと2014年に大統領選挙があるから、それでアサド引退おわり、なんていうシナリオも、、ないですかねぇ。。もうアサドさんもやめるきっかけが欲しいんじゃないかとか思うんだが。。っていうかシリア関連記事じゃないのにシリアの話になってしまったぁぁ!日本の人は日本の政治について話し合ったりしてるとおもいますが、私もシリアの政治とかについて話し合える友達が欲しいのですが、日本人でみつけるのは至難の業!だからよかったら山崎さん国際関係お詳しいから私のだらだらしたコメントにお付き合いください 笑

(山崎)私はシリアの隣国のトルコには旅行したことはありますが、シリアには行ったことはありません。とても豊かな国だと知りませんでした。
日本では物価が上がらないので(デフレなので)政府は日銀の尻をひっぱたいて、貨幣を増刷してインフレにしようとしています。
国民はインフレよりデフレのほうがはるかに過ごしやすいのですが、政府はそうは思っていないようです。
シリアの情勢は今は力関係が均衡して何の進展もないように日本からは見えます。

シリアの国内に住んでいる方からの実際のシリア情勢は貴重です。又コメントしてください。

投稿: 諭吉 | 2012年11月 5日 (月) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.10.27) スマートフォンよりタブレット端末か? キンドル・ファイアにしようか!! | トップページ | (24.10.29) 学校淘汰の時代が始まった。 堀越学園への解散命令 »