« (24.9.13) ロドリゴ ネパール日誌 その8 「ジュムラに閉じ込められる」 | トップページ | (24.9.15) ロドリゴ ネパール日誌 その9 「ジュムラからの脱出」 »

(24.9.14) 難聴者への福音 拡聴器革命の進展 補聴器は淘汰されるだろう

Dscf5259_2


  私は耳の病気に一生涯付きまとわれている。
右耳真珠腫性中耳炎の手術をしたのが36歳のときだったが、それ以来右耳の聞こえは極端に悪くなった。
それでも当時は左耳が聞こえていたので何とかなったが40代のはじめに左耳も突発性難聴になり、以来通常の人の3分の1程度の聴力になってしまった。

 それが年を取るにしたがって老人性難聴が始まり、今では通常の会話も難儀している。
見知った人であればその人が何を言うかは大体見当がつくので適当に相槌を打っても支障がないが、初めてあった人や外国人になると会話はさっぱりだ。
会議に出てもまともに話が聞けないので最近は会議に出席するのも億劫になってきた。

 すっかり人前に出るのがいやになっていたが、信じられないことに最近デジタル技術の発達で音声拡聴器が急速度に発達してきてついに骨伝導型の拡聴器まで現れた。
骨伝導とは鼓膜からではなく耳のそばの骨を通して音声を聞く方法である。

 耳の悪い人は通常補聴器を使用するのだが、これを使用した人は誰でも気がつくがコスト・パホーマンスが極端に悪い
通常片耳で20万円程度し、両方で40万円もするのだが、眼鏡と違ってつけたからといってすぐに聞こえがよくなるわけでない。
何回も調整を行ってやっとこさで耳に合ってきても、聞こえはややましと言う程度で付け続けるのが億劫になる。
それに使用する乾電池が特殊でやたらと高く家計に響くほどだ。

注)補聴器と拡聴器の違いは前者は医療器具、後者は音響装置の位置づけ。

 私も何回か補聴器を購入しては机の奥深くにしまいこみ、今では机の中は補聴器の見本市のようになっている。
すっかり補聴器がいやになり聞こえなくても聞こえる振りをして過ごしてきたが、しかし変化が現れた。最近は音響メーカーや電機メーカーが高性能の拡聴器を発売するようになり、ついに骨伝導型の拡聴器が2万円以下で発売されるようになった。

注)私の右耳の鼓膜は一度摘出され、そこに体の一部の皮膚を縫いつけたもので感度が非常に悪い。あまりに聞こえが悪いので空気伝導は諦めていた。

 私が使用し始めたのは伊吹電子の「iスマートボイス」と言うのだがこれがなかなか優れもので、今までテレビの音声を20レベルで聞いていて周りに迷惑をかけていたが、この拡聴器を使用すると15レベルで十分に聞こえる。

注)私が使用しているテレビはシャープのアクオスでその音声表示のレベル

 最もクリア感はいまひとつで、私が期待していた眼鏡をはじめてかけたようなクリア感はないが、今までに比較するとはるかにはるかにマシだ。
「よかった、これでテレビの音声で悩むことはなさそうだ」嬉しくなった。
会話についてはやや音声が割れるが、それでも今まで相手が何を言っているのか不明であった言葉が聞き取れるようになったので、これも許容範囲だ。

 まだ会議のような多数の人がいるところでの使用はしていないので聞き取りが可能かどうかは分からないが、こちらは今後テストを繰り返して見ることにする。
私のように内耳に問題があって空気伝導が期待できない難聴者は残された道は骨伝導でこれも駄目になってしまうとまったく会話が聞き取れなくなる。

 66歳になって神様のお迎いが近いので、「まあ耳が聞こえなくてもいいや」なんていっては見ても、人が話をしている会話に入っていけないのはとてもつらい。
会議などは資料がそろっていない会話だけの会議などは何が話されたかさっぱり分からないから、後で発言者に確認を取らなければならない。
聞くと「あんた、会議で何を聞いていたの」なんて不審な顔をされるがいたし方がない。

 しかし生きている甲斐があったというものだ。
デジタル技術の発達はすばらしく、拡聴器のレベルは年々アップしついに補聴器に迫り始めた。
価格が十分の1で機能が同じならば補聴器に未来はない。
いままで暴利を貪りその実効果の少ない補聴器メーカーはこれから淘汰されていくだろう。
拡聴器が眼鏡レベルの価格で購入できるようになり、しかも機能は補聴器並みなのだからこの長く停滞していた業界にも革命が起こりつつある。

 なお私が難聴になった経緯やその後の対応については以下に纏めてあります。難聴で悩まれている方には読んでもらいたい内容です。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46049516/index.html

|

« (24.9.13) ロドリゴ ネパール日誌 その8 「ジュムラに閉じ込められる」 | トップページ | (24.9.15) ロドリゴ ネパール日誌 その9 「ジュムラからの脱出」 »

健康 難聴」カテゴリの記事

コメント

適合するものが見つかったのは幸いです。
たまたま、山崎さんの症状に適合しただけで、他の製品が劣っている訳でもないんですけどね。
http://home.s00.itscom.net/large/HA301/index.html
先日まで伝道者風の日記を書いていたせいとは思いますけど、伝導。

私は耳掛けを最近デジタル型にしたのですが、聞きにくい高音域を少し変調して低い目の音域に移調する機能があり、今まで認知出来なかった防犯アラームの高い音に気づきやすくなりました。しかも防水。
バイクのヘルメットを被っても問題なく、活動に制限がないです。骨導型でどこまで小型化されるか、になるでしょうか。

電池については眼鏡屋さんでそこそこ安く(500円前後)買ってましたが、ネットオークションではるかに安い値段(250~350円)で買える所があるのが判り、半年ごとに複数パックを注文してメール便で送ってもらっています。

(山崎)伝導の字がすっかり伝道者になってしまいました。修正いたします。

投稿: 横田 | 2012年9月14日 (金) 05時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.9.13) ロドリゴ ネパール日誌 その8 「ジュムラに閉じ込められる」 | トップページ | (24.9.15) ロドリゴ ネパール日誌 その9 「ジュムラからの脱出」 »