« (24.9.27) 金持ちが金を使わなければ消費は拡大しない クローズアップ現代の指摘 | トップページ | (24.9.29) 医療費の増大と日本の将来 医療費が国を押しつぶす 一体どうすりゃいいのだろう? »

(24.9.28) ためしてガッテン  アルツハイマー病の予防と回復法

Dscf5188

  私は自分がアルツハイマー病の初期ではないかといつも悩んでいる。
何しろ物忘れが極端に激しい。人の名前などは聞いた端から忘れるし、2週間もすると長年付き合っていた人の名前さえ忘れてしまう。
現役の頃長い出張をして帰ったら、まずはじめにしなければならないのは同僚の名前の確認だった。
名簿表をこっそり出して名前の再確認をしていたものだ。

 私の記憶障害は小学生の頃からで、小学6年生になった頃は教科書の漢字が読めなかった。漢字をまったく覚えられないので仕方がなくふり仮名を振っていたのだが、おかげで教科書がふり仮名だらけになってしまった。
当時自分が書けた漢字は一、二、三のような数詞と山や川と言った画数の少ない漢字だけで、少し複雑な漢字は読むことも書くこともできなかった。

 今ではこうしてブログを書いているがパソコンのワープロ機能を使用しているから書けるので、自筆で書けなどと言われるとひらがなだらけになってしまう。
この記憶障害は何とかならないものだろうか・・・・・」悩んでいたら「ためしてガッテン」でアルツハイマー病の予防と回復の番組を放送してくれた。

 アルツハイマー病の原因は脳にアミロイドβと言う老廃物がたまって、これが神経細胞を破壊し、脳を萎縮させるからだと言う。
私など相当脳が萎縮しているはずで、恐ろしくて脳のMRIなど撮ることもできない。
うっかりとって「山崎さんの脳はマウス並みですね。これで生きていられるんだからギネスブックに最小の脳で生きている男と登録しましょう」なんて言われたら世界的に恥をかいてしまう。

 私はアミロイドβは年齢を重ねるにしたがってたまる一方だと思っていたが、実際はたまりやすい人とそうでない人がいることが最近分かってきたという。
嬉しいことに体内にはこのアミロイドβを分解する酵素があり、それをインスリン分解酵素と言う。
もともとインスリン分解酵素はインスリンを分解するための酵素だが、暇なときは副業として脳の中にたまり始めたアミロイドβを分解してくれる。
したがってアルツハイマー病の予防はこのインスリン分解酵素を脳内にたっぷり蓄え副業に励ませればいい。

 インスリンとインスリン分解酵素との関係は以下のようだ。
糖分の食べすぎで血液中に糖分が溢れてくるとインスリンが大量に出て血液中から糖質を体内にしまいこんでくれる。
このインスリンが糖分の除去をした後も血管中に残っていると今度は低血糖になるので、インスリンを適当な水準まで下げなければならない。
その酵素がインスリン分解酵素でこれが本業だ

 ところが糖分の取りすぎで血液中にインスリンが溢れかえってくると、インスリン分解酵素が本業の仕事をせっせとはじめてとても副業まで手が回らなくなる。
そうすると脳内にアミロイドβがどんどん蓄積されアルツハイマー病が進行すると言うメカニズムのようだ。

 したがってためしてガッテンでは「何しろ血糖値をあげない食事をすることが一番だ」と勧めていた。
ダブル炭水化物の食事などはもってのほかで常に腹八文目にしておくのがベストと言うことになる。
また血液中の炭水化物を燃焼させる適度な運動や、筋肉を増やして糖質を燃やすことを勧めていた。

 私のように年がら年中運動を行い、この年齢にしては信じられないようなマッチョの体格を維持しているのに、それでもアミロイドβがたまっていくのだろうか。
少し糖質をとりすぎていることは確かなので、これは控えることにしてもいまだに「なぜ私がこれほど記憶力が悪いか」さっぱり分からないのだ。

なお認知症関連の記事は以下に纏めてあります
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_4/index.html

|

« (24.9.27) 金持ちが金を使わなければ消費は拡大しない クローズアップ現代の指摘 | トップページ | (24.9.29) 医療費の増大と日本の将来 医療費が国を押しつぶす 一体どうすりゃいいのだろう? »

NHK ためしてガッテン 認知症関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.9.27) 金持ちが金を使わなければ消費は拡大しない クローズアップ現代の指摘 | トップページ | (24.9.29) 医療費の増大と日本の将来 医療費が国を押しつぶす 一体どうすりゃいいのだろう? »