« (24.8.12) トウモロコシが高騰し食糧危機が近づいている。アメリカ中西部の大干ばつと穀物価格の高騰 | トップページ | (24.8.14) ロンドンオリンピックは終ったが柔道の建て直しは可能だろうか? »

(24.8.13) 領土問題は実効支配しているものの勝ち 竹島への韓国大統領の訪問

Cimg73421
トシムネさん撮影

 しばらく小康を保っていた竹島問題が再び日韓の政治問題として脚光を浴びている。
仕掛けたのは韓国のイ・ミョンバク大統領で日本が領有権を主張している竹島を訪問したからだ。
ロシアのメドベージェフ氏は大統領と首相時に2回国後島を訪問し日本の心を逆なぜしたが、それと同じことをイ・ミョンバク大統領が実施したことになる。

 ロシアのときも今回の韓国の時も日本が国内政治に忙殺されてとても外交まで手が回りきれない間隙を突いたのだが、政治力が弱いとどうしても外国からその隙を突かれる。
領土問題ではロシアと韓国に押されっぱなしで、中国との間の尖閣諸島でも油断ができない情勢になっている。

 しかし客観的に見ると領土問題は実効支配をしているほうが勝ちで、それにいくら異を唱えても相手が返還の意思がなければ武力でもって取り返す以外に手段がない。
竹島は日本が太平洋戦争に負けて軍事的空白があった時期に韓国の李 承晩大統領に火事場泥棒的に掠め取られた領土で、また北方領土はこれも終戦末期に不可侵条約を破棄したスターリンに掠め取られた領土である。
両者とも日本が戦争で敗北したために失った領土だが、相手が返還の意思がない以上戦争で失ったものは戦争で取り返すしかない

注)竹島問題の本質については以下の記事に詳細な記載をしてある。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/20522_7e99.html

 実際そうした例はあって1982年に勃発したイギリスとアルゼンチンの間のフォークランド紛争は、アルゼンチンの領土奪還戦争だった。
この戦争は3ヶ月に及び、双方で1000名近い死者と、艦船や航空機の甚大な被害を出して、結果的にアルゼンチンの領土奪還戦争は失敗した。

注)被害:死者 アルゼンチン645人、イギリス256人、船舶 アルゼンチン2、イギリス4、航空機 アルゼンチン100、イギリス34.

 戦争を行うと仕掛けたほうも仕掛けられたほうも甚大な被害が発生して割りに合わないことがほとんどなので、通常は戦争は行わず外交努力というののしりあいで終始するのが普通だ。
今回日本政府は韓国大使を召還し、9月のAPECでの日韓首脳会議の延期を行うという。

 領土問題はほとんどの場合解決不能で実効支配が半永久的に続くのが普通で竹島北方4島尖閣諸島もそうなっている。
そうした意味で沖縄、小笠原諸島、硫黄島のアメリカからの日本への復帰は歴史的奇跡に私には見える。
アメリカはロシアと同様に太平洋戦争の戦利品だと居直ることもできたのに1972年に日本に返還したのだから、当時のアメリカの公正さは際立っている。

 アメリカが日本に沖縄を返還したのはソビエトとの対抗上日本を味方に付けたかったからというのが一般的な説明だが、反対に沖縄をプエルトリコと同様な準州として軍事要塞化するほうがはるかに軍事的には便利だったはずだ。
そうすれば普天間基地問題もオスプレイの配置もアメリカ国内の問題として対処でき、その場合は日本人の仲井眞 知事ではなくアメリカ人の仲井眞知事と交渉することになっていたはずだからだ。

注)プエルトルコは1898年の米西戦争でスペインから獲得した領土

 現在日本が領土問題で劣勢に経たされているのは、政治力が極端に衰微して国内問題にのみ忙殺され、とても国際問題を主体的に取り扱うだけの力量がないからである。
こうしたときは韓国やロシアや中国から日本はいいようにあしらわれてしまうが、首相が1年も持たないほどの政治弱小国家の日本には韓国にもロシアにも有効な対応策は取れないだろう。
今日本にとってもっとも必要なのはすげ替え人形の首相ではなく、海外の大統領や首相並みに4年程度安定的に政治ができる仕組みだと思う。

別件)中学生の数学と英語をボランティアで教えます。詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-f027.html


 
 

|

« (24.8.12) トウモロコシが高騰し食糧危機が近づいている。アメリカ中西部の大干ばつと穀物価格の高騰 | トップページ | (24.8.14) ロンドンオリンピックは終ったが柔道の建て直しは可能だろうか? »

評論 世界経済 食糧問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.8.12) トウモロコシが高騰し食糧危機が近づいている。アメリカ中西部の大干ばつと穀物価格の高騰 | トップページ | (24.8.14) ロンドンオリンピックは終ったが柔道の建て直しは可能だろうか? »