« (24.8.15) おゆみ野夏の道のケヤキの剪定問題について 過去の経緯と現在 | トップページ | (24.8.17) ネパール経済について調べてみたけれど 講義はできるだろうか? »

(24.8.16) 韓国のイ・ミョンバク大統領の大変身 俺は反日家だ!!


Cimg73581_2
トシムネさん撮影)

 韓国のイ・ミョンバク大統領が切れてしまったのだろうか。
このところのイ・ミョンバク大統領の対日発言や行動は尋常ではない。
普段はいたって誠実で真面目だといわれていた人が、急に自動車を繁華街に突っ込んで多くの人を殺傷させることがあるが、ちょうどそんな感じだ。

 この10日に突然大統領が竹島に上陸したときは、ロシアのメドベージェフ首相と同様に日本が内政で四苦八苦している時期を狙った政治的行為だと思ったが、その後の発言は単に日本にイチャモンをつけているヤクザとおなじだ。

 13日には「日本は国力が落ちただから何を言っても平気だ)」と言い、15日は教育者との会合で「痛惜の念なんていい加減な言葉ではだめで、独立運動家に対する心からの謝罪がなければ天皇を招聘しない」と言い放った。
まだ天皇の訪韓が決まったわけでもなく、したがって言及する必要は政治的にはまったくないにもかかわらず、韓国の言葉で言う妄言を繰り返している。

 いったいイ・ミョンバク大統領に何が起こっているのだろうか。
本人の説明では昨年12月の日韓首脳会議で日本が従軍慰安婦問題で前向きな対応をしないことに対するリアクションだという。
日本が加害者と被害者の立場をきちんと理解できないでいるので眼を覚まさせるのだ!!
柔道で言う教育的指導と言うのと同じだが、イ・ミョンバク氏は日本に対する教育者になったようだ。

 イ・ミョンバク氏がこのように対日強行発言を繰り返す理由はいくつか推定できる。

① 大統領支持率が17%と日本の野田首相より低く、政権末期のダッチロールを繰り返している。特に実兄の不正蓄財で国民に謝罪をさせられており、「俺も謝っているのだから日本も謝れ」と八つ当たりをしている。

② 韓国と日本の共通の敵である北朝鮮がこのところすこぶるおとなしくなってきた。特に強硬派のリ・ヨンホ軍総参謀長が馘首され、改革開放路線を進める張成沢国防委員会副委員長(実質的なNO2)が実権を握り、中国との経済協力を推し進めている。
よし、これならもう大砲をうちこんだり、魚雷攻撃もなさそうだ。日本との協力も必要ない」と日本攻撃に切り替えた。

③ 日本に対しては何を言っても反発がないと安心してサウンドバックをたたくようにバッシングをして楽しんでいる。
日本たたきをすると韓国世論は大統領を支持する。

④ あと半年の政治生命なので将来的な展望をまったく無視して勝手なことをいい始めた。
もう辞めるんだから好きなことをいわせろ。大統領だって人間だ

⑤ 神からの啓示をうけて日本を教育する使命をおびた。


 確かにイ・ミョンバク氏の妄言は話している本人は楽しいだろうが、日本と韓国の協力関係は決定的にヒビが入る。
さっそく日本では藤村官房長官が韓国との通貨スワップ協定を見直すと言い始めた。

注)韓国のアキレス腱は海外からの借り入れが短期資金に集中していて、リーマン・ショックのようなことがあると資金が逃げ出す。
日韓通貨スワップ協定とは、この逃げた資金を日本がファイナンス(円と誰も見向きもしなくなったウォンを交換)してやる協定.


 もはやここ数年は日韓関係は修復不能のような感じだ。
就任当初は「未来志向」だったが、政権末期になると「過去志向」になってしまった。
韓国との間では友好関係は存在せず最初から醒めた眼で付き合うのが正しいと対処方法だと、イ・ミョンバク氏が教えてくれた様なものだ。

なお竹島問題の記事は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-927b.html

|

« (24.8.15) おゆみ野夏の道のケヤキの剪定問題について 過去の経緯と現在 | トップページ | (24.8.17) ネパール経済について調べてみたけれど 講義はできるだろうか? »

評論 世界経済 韓国経済 竹島・従軍慰安婦」カテゴリの記事

コメント

鉄人 山崎 様 毎日ブログ楽しみにしております。
なんか今回の件は「貧すれば鈍する」のような気がいたします。
嗚呼、それにしても「謝罪は1回すれば十分だ」と言ったウラジーミル・プーチン首相が羨ましい。

投稿: ポンポコ狸 | 2012年8月16日 (木) 18時33分

こうやって東アジアでモメごとが頻出して、誰が得するのかシナリオライターがいるはずだ、という指摘があり、しばらくtwitterを眺めていたところ、実に判りやすい答を市内の某市議がささやいてくれてました。網手治氏です。
「大統領支持率が17%」という点で判るように、大統領に同調する韓国人がどれくらいいるか、も推量できるように、韓国でも「なんだそりゃ」とあきれて見ている人もいるとのことです。
ちなみに昨年夏は、一部の煽り屋に煽られて日本の放送局への抗議が繰り返されたのですが、それでも韓国へフリーハグをしてこられた若い人がいらっしゃいました。(他にも地震の支援へのお礼に自転車で台湾一周も)
http://www.youtube.com/watch?v=kXqWJNOAX8M&sns=tw

上記情報はいずれもtwitterを通して得ています。山崎さんのフォロー数を見てると、ちょっと惜しい使われ方のように思います。といって千人単位もフォローして結局全く見てないのでは元の木阿弥なように、ちょうど良い人数というのは難しいのですが。

投稿: 横田 | 2012年8月19日 (日) 01時09分

慰安婦問題、って言うけど 自分の国で 結婚しても そのまま元の性を名乗らなければならないし それ 何故かって 韓国人って考えないのかしら。ソウルオリンピック前は 韓国のガイドさんが 近親相姦や血族結婚が多くて 遺伝子的に問題が出るとの説明がありました。今は 国の恥部は 言わないそうです。それでも 韓国の安東に行きますと 俳優のリュウ、シオンの家があり そこで リュウの性は リュウ同士で今は 結婚出来ないと云う説明がありました。それから 家督制度で 長男が家を継ぐので 長男がおバカだったり ベトナム戦争で精神異常になったりしたのを隠して さすがに 血を他国と混ぜようと 日本人女を妻にと洗脳したそうです。

投稿: | 2012年8月20日 (月) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.8.15) おゆみ野夏の道のケヤキの剪定問題について 過去の経緯と現在 | トップページ | (24.8.17) ネパール経済について調べてみたけれど 講義はできるだろうか? »