« (24.8.6) インド経済の光と影 暴動とマルチ・スズキの苦悩 従業員が殺される | トップページ | (24.8.8) 似たもの同士のオリンピック。 ロシアと日本は銀メダルの量産国家 »

(24.8.7) 失敗記 ロードレーサーごと池に突っ込んだ。身体中ヘドロだらけだ。

Dscf5806
(このロードレーサーで池に突っ込んだ

 またやってしまった。自転車ごと池に突っ込んだのだ。
私は自転車が好きで3台持っている。普通のママチャリと、マウンテンバイクロードレーサーだ。
このうちロードレーサーは息子が持っていて使わなくなったので貰い受けた。

 ロードレーサーは車道を自動車と競争しながら走るように設計された自転車で、早く走ることに特化した自転車だがハンドル捌きがとても難しい。
上半身を両腕で支えているので、腕はハンドル捌きと上半身の支えの両方をしなければならず、疲れてくるとハンドルをまともに操作できなくなる。
だからとても危険な自転車なのだが、私はドロップハンドルロードレーサーに乗っているときがなんとも嬉しいのだ。
見よ、風のごとく走ってるぞ!!!!!!」

 最近私は毎日のように近くの有吉公園で水泳をしているが、高々1.5km程度のこの場所までロードレーサーに乗って出かけていた。
途中で泉谷公園の曲がりくねった細い坂道を降りて池の周りを抜けなければならない。
なんとも危険な場所だがとうとう昨日この池にロードレーサーごと突っ込んでしまった。

 90度の曲がり角を曲がりきれずそのまま池に飛び込んだのだが、何か映画のスローモーションのような感じで池の表面が迫ってきて、気がついたら水中にひっくり返っていた。
痛てー、自転車ごと池ポチャかい・・・・・・・・

 幸い池の水深は30cm程度だが、底にひどくヘドロがたまっていて身体中ヘドロだらけの感じだ
あわてて自転車を池から引き上げ、自分も池からはい上がったが見ると顔も身体も何か真っ黒だ。

 近くに親子がいたがわざと私のほうを見ないようにしていた。何か見てはいけないものを見てしまったという雰囲気だ。

 幸いに近くに水道があったのでパンツ一枚になって体中に水をかけた。
よく見ると足と肩の皮が破れて血がにじみ出ている。
水をかけるとしみるが傷口から破傷風菌が入ったら大変なのでジャブジャブ傷口のヘドロを落とした。
しかし、情けない。自転車で池に飛び込むなんてこれがもうすぐ66歳になる老人のすることだろうか・・・・」自分ながら呆れてしまった。

Dscf5809
坂道を下って画面左に90度曲がるところを曲がりきらずにそのまま池に突っ込んだ

 こんな細い坂道を急角度で曲がるのはロードレーサーには本来無理だ。
わかっていながらそうしたのだから自業自得と言うものだ。
すりむいただけでなく肩がひどく痛む。
すっかり水泳をする気持ちがなえてしまって家に帰って消毒して傷口にカットバンを貼った。

 あまりに愚かしいのでかみさんには内緒で傷の手当をしておいたが、夜傷口が破れて敷布が血だらけになっていた。
パパさんこれどうしたの?敷布が血だらけよ」かみさんにばれてしまった。

 もう近くのプールに行くときはロードレーサーをやめてママチャリにしている。
本当は老人らしく静かに生きるべきなのだが、昨年はマウンテンバイクから放り出され、今年はロードレーサーで池に飛び込んだ。
これで生きているのが不思議なくらいだ。

昨年同じくプールから帰ってくる途中でマウンティンバイクから放り出された経緯は以下のとおり。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/23731.html

 

 

 

 

|

« (24.8.6) インド経済の光と影 暴動とマルチ・スズキの苦悩 従業員が殺される | トップページ | (24.8.8) 似たもの同士のオリンピック。 ロシアと日本は銀メダルの量産国家 »

個人生活 失敗記」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね。やはり自分では若い若いと思っていても体は歳相応になっているのでしょうか?体力は個人差がありますけれどね。それぐらいですんで幸いでしたね。これからはご用心くださいませ。汚い場所で作った傷はやはりお医者さんでみていただいたほうがいいと思います。傷口はすぐ綺麗に洗い流すだけでもいいようですね。

(山崎)いつも心配をおかけしています。これからは十分注意します。

投稿: みさき | 2012年8月 7日 (火) 08時17分

ご無理をしないでくださいね。

(山崎)ハイ、そうします。

投稿: ポンポコ狸 | 2012年8月 7日 (火) 12時18分

初めまして。
心配で声掛けようかと思ったのですが、普通に歩いていらっしゃったので、そのまま行ってしまいました。
申し訳御座いませんでした。
私もランナーで、HPを愛読させてもらっています。
いつも刺激をいただいております。
これからもご無理はせずに、楽しませて下さい。

(山崎)ごめんなさい。心配していただいていたのを知らないで勝手なことを書いてしまいました。内容を修正しておきました。

投稿: 通りすぎの親子 | 2012年8月 7日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.8.6) インド経済の光と影 暴動とマルチ・スズキの苦悩 従業員が殺される | トップページ | (24.8.8) 似たもの同士のオリンピック。 ロシアと日本は銀メダルの量産国家 »