« (24.2.20) ためしてガッテン 謎の心臓病 エイリアンが心臓の血管を食いちぎる | トップページ | (24.7.22) 老人になったらボランティア教師をしよう。 ボランティア奮闘記 »

(24.7.21) サクラサイトの詐欺方法 出会系サイトに登録させ、法外な通信料の請求が来る

Dscf5591

 最近頻繁に私のメールアドレスに「あなたと是非お会いしたい。あっていただければ50万円渡します。私は女実業家だからお金はいくらでもあります」と言った内容のメールが入ってくる。
なんて馬鹿げたメールだ。どこの世界に男女の仲で女が金を出す世界がある」あきれ返っていた。

 ところが今回国民生活センターが「サクラサイト商法撲滅キャンペーン」を始めたので内容を確認したら、この種の詐欺行為がサクラサイト商法と言い、実際に被害にあっている人が激増していることを知った。
信じられないことに被害者は女性が多く、その被害金額は一人当たりで数百万円から最大で数千万円になっていた。

 勧誘の手口は色々で男に対してはもっぱら色仕掛けと金銭でつるのだが、女性の場合は金銭でつる場合と同情心を利用する場合が多いと言う。
たとえば「弟が癌でもう長く生きられないので慰めてくれないか」「慰めてくれれば1000万円お支払いしていい」なんて内容だ。

 これらはすべてまきえであって食いつくと金をむしりとられる。
手口は専用のWebサイトに登録させてそこで高額な通信料を荒稼ぎする方法で、すべての通信をこのWebサイト(出会い系サイト)を通じてさせることにミソがある。
当然メールを送ってくる相手(サクラ)と出会系サイトはぐるだ。

 日経パソコン
が独自に調べた出会系サイトの通信料は、一回で送信が300円前後(最も高いのは980円)、受信が250円前後だった。
この高額の通信料を支払わせるために、サクラが何回も被害者と通信を交わし、知らないうちに通信料は100万円を越えてしまうのだそうだ(支払いがカードの場合はカード会社から請求が来て初めてことの重要さに気付く)。

サクラからは頻繁に「あなたのこともっと知りたいわ、趣味は、お生まれは・・・
今度会う場所は渋谷が良いかしら、それとも他がいいかしら・・・・
駄目、今日はとても重要な用事があるのであえないの、あしたにして
あなたにお金を送ろうとしたのだけれど口座番号がないというの、もう一度教えて
なんてメッセージ交換を何十回もさせられた挙句に、当然金は送られてこず通信料の請求だけが膨大な金額になると言う仕組みだ

 なんと巧妙な詐欺だと驚いてしまった。
詐欺にあっても詐欺師は見も知らぬサクラで、Webの出会系サイトの業者は「サクラなど知らぬ存ぜぬ」とシラを切るので、被害者は泣き寝入りをすることが多いと国民生活センターが警告を発していた。

 それにしても日本は詐欺の天国のような国になってしまった。オレオレ詐欺では老人が主としてだまされて来たが、この理由は老人が金持ちなのと人を疑うことが少ない国民性だからだ。
人を疑わないことは通常は美点なのだが、この日本人のこの美点を悪用する日本人が徘徊するのはなんとも嘆かわしい。

 今回の「サクラサイト詐欺」はこれも日本女性のもつ優しさを悪用しており、日本の美意識はどこに消えてしまったのかと天を仰いでしまった。

 またアメリカの振り込め詐欺は日本のコピーで、日本は詐欺の先進国としては(まったく名誉ではないが)最も進んでいる。以下はアメリカの事例。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/23312.html

ビズインターナショナル、円天商法、ワールド・オーシャン・ファームの詐欺事件は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat40090319/index.html

 

|

« (24.2.20) ためしてガッテン 謎の心臓病 エイリアンが心臓の血管を食いちぎる | トップページ | (24.7.22) 老人になったらボランティア教師をしよう。 ボランティア奮闘記 »

評論 日本の経済 詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.2.20) ためしてガッテン 謎の心臓病 エイリアンが心臓の血管を食いちぎる | トップページ | (24.7.22) 老人になったらボランティア教師をしよう。 ボランティア奮闘記 »