« (24.7.5) 野田首相のがんばりと小沢元代表の黄昏  ようやくまともな首相を得た | トップページ | (24.7.7) ヒッグス粒子が発見されたと世界中で大騒ぎだ。 物質に質量を与えるもの »

(24.7.6) NHKクローズアップ現代 iPS細胞による夢の医療が実用段階に入ってきた

 22725_086

 国谷裕子
キャスターもよほど嬉しかったのだろう。いつもは非常に冷静な国谷氏がiPS細胞の生みの親、京都大学の山中伸弥教授を前に笑みを浮かべていた。
それもそうだろう、5年iPS細胞が山中教授によって作り出されたが、それが実際の医療現場で実用化されるまでには長い年月がかかると言われていた。
あれから5年、ついにiPS細胞で作った網膜の実用化臨床試験の段階までこぎつけたのだからたいしたものだ。

注)iPS細胞とはあらゆる臓器に変わることができる萌芽的な細胞で、これから心臓や腎臓や角膜や赤血球等人体のあらゆる細胞が人体外の研究室の中で培養できる。

 実は山中教授の作り出したiPS細胞は画期的なものだが、一つ問題があってガン化しやすいということだった。
山中教授は皮膚から採集した細胞の中に4つの遺伝子を組み込むことでiPS細胞を作り出したのだが、このとき元になるDNAの螺旋構造をいじってしまうため組み込まれた遺伝子が異物としてガン化するのだという。
この問題を解決するために山中教授のiPS細胞研究所では4つの遺伝子をDNAに組み込まず、細胞内のDNAの周辺に配置したところiPS細胞ができてなおかつガン化しないことを確認できた。

 これにより開発から5年でこんどは先端医療研究所高橋医師が実際にiPS細胞から目の網膜の細胞を作ることに成功した。
これを加齢黄班変性症という網膜の機能が喪失しほとんど目の見えない患者に埋め込んで視力の回復を図る世界初の臨床試験が来年から始まると言う。
失明まじかの80歳代の男性に施術するのだが、こうすれば現在0.06の視力が0.15程度に回復するはずだそうだ。
0.15と言えば私の視力とほとんど同じだから生活するのになんら支障のないレベルだ。

 iPS細胞はこのように再生医療に大きな飛躍をもたらしているが、そればかりではなく病気のメカニズムの解明や新薬の開発にも役立つのだとは今回始めて知った。
たとえばFOPという筋肉が骨に変わってしまう200万人に1人の割合で発生する奇病がある。
この病気の解明には変性した細胞を採取して研究をする必要があるが、患者の患部から採取すると病気が瞬く間に悪化するので、研究のための細胞が十分に入手できなかった。

 それを病気になっていない皮膚細胞から採取してiPS細胞を作ると、元のDNAに骨に変わってしまう遺伝子が含まれているため、患者から病気になっている細胞を採取しなくても十分な実験素材が入手できるのだそうだ。
iPS細胞のおかげでFOPの研究が飛躍的に進むようになり新薬の開発も可能だろう」とこの研究をしている戸口田教授が言っていた。

 またもう一つの事例は抗がん剤の研究にも応用できるそうで、ガン幹細胞をこのiPS細胞から作ることができるようになった。
このガン幹細胞とは通常のガン細胞とは異なりガンの源のようなタフな細胞で、通常の抗がん剤の投与ではしぶとく生き残り、数年後のガンの再発はこのガン幹細胞が残っているからだと言う。

 しかしこのガン肝細胞を人体から採取することは非常に困難でその結果抗がん剤の研究にも支障をきたしていたそうだ。
それがiPS細胞から自由に作れるようになって研究が一気に進んでいる。

 なんともこのiPS細胞は希望に満ちた細胞だ。
それを山中教授と言うエースを得てiPS細胞研究所で世界の最先端の研究を行っており、すでに治験段階に入っていると聞いて嬉しくなってしまった。
がんばれ、日本!!がんばれ山中教授!!」何かワールドカップやオリンピックの応援の雰囲気になってきた。
やはり研究は「二番じゃ駄目」で世界のトップを走らなければならない。このiPS細胞の研究は間違いなく人類の遺産でありそれを日本人が開発していることに誇りに思う。

注1)なお日本が医療・介護の分野で世界のトップに立たなければならない理由は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-87eb.html

注2)なお他の先端医療の事例の拡張型心筋症の再生医療については以下を参照。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/23112-nhk.html

|

« (24.7.5) 野田首相のがんばりと小沢元代表の黄昏  ようやくまともな首相を得た | トップページ | (24.7.7) ヒッグス粒子が発見されたと世界中で大騒ぎだ。 物質に質量を与えるもの »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.7.5) 野田首相のがんばりと小沢元代表の黄昏  ようやくまともな首相を得た | トップページ | (24.7.7) ヒッグス粒子が発見されたと世界中で大騒ぎだ。 物質に質量を与えるもの »