« (24.7.24)緑の空間を守るおゆみ野の地域円卓会議 ついにおゆみ野で始まった | トップページ | (24.7,26) 極東ロシアが中国に侵食されている。 NHK 大地はだれのものか ロシアを耕す中国人 »

(24.7.25) ユーロが売られ再び円高が始まった。日本の金融政策は世界でもっとも健全だ。

20120713_155920

 ヨーロッパ経済はもぐらたたきだ。ようやくギリシャで緊縮財政派が勝利し、やれやれと思っていたら次はスペインになっている。
スペインでは金融機関が不動産融資に特化して資金が回収できなくなり、見かねたEUは10兆円の資金援助をすることにしたのに、今度は地方政府が倒産しそうになった。

 近々ムルシア州が中央政府に支援要請を行うとの観測が出されて、スペイン国債の利回りが7.5%まで上昇した。
すでにバレンシア州は支援要請を出しており次々に地方政府が中央政府になきついている。
しかしスペイン政府は財政が枯渇しているので地方政府の支援は国債発行になるとの読みで、一気に国債利回りが上昇した。

 
 さらに市場ではユーロが一気に売られて94円台のユーロ安に突入した。
日本ではトヨタが1円のユーロ安で年間50億円ソニー60億円キャノン48億円の営業利益が減少すると悲鳴を上げているが、一方で海外生産を強化したニッサンなどは平然としている。
日本に生産基盤を残している企業の12年度のユーロの想定レートは105円程度で、このまま推移すればトヨタ500億円の営業利益を失うことになる。

 想定レートが105円とは驚いた。ヨーロッパ情勢がどのように転んでも改善する兆しはないのだから、私だったら想定レートを100円以下に設定するがトヨタやソニーやキャノンの財務担当者はよほど金融センスがないのだろう。

注)上記は皮肉だが、日本の経営者は日本での生産継続を行うために想定レートを意図的に円安に設定し利益が出せる計画を立てさせる(財務担当者の責任ではない)。
しかし実際は大幅な円高に振れて結局は海外生産の拡大に追い込まれる。

 現在の円高が「経済実態を反映していない」とさかんに安住財務相は口先介入をしているが、円高と経済実態とは無関係で、関係するのは中央銀行の金融政策である。
現状はちょうど大恐慌後の世界の為替切下戦争と同じで、各国の中央銀行が紙幣を印刷して資金を市場にばら撒き通貨安競争をしている。

 今回のユーロ安はECBヨーロッパ中央銀行)がスペインの支援のために大量のスペイン国債を購入することになるとの読み(その分紙幣が印刷される)からユーロ安に向かっているので日本の経済実態などはまったく関係ない。

注)日本でも日銀が日本国債を直接購入すれば円安が進む。
一方で物価が急騰するので低所得者の生活を脅かし社会が不安定化する。


 従来から円高が進むと輸出産業を中心に為替介入の要請があったが、最近はそうした声も大きくなくなってきた。
一番の理由は輸出産業が日本の生産拠点を海外に移してしまったことと、昨年来貿易収支が赤字で日本全体としたら円高になればなるほど利益が増大するからである。
もし円高にならなければ原発停止に伴う火力発電所の燃料代が8%程度東京電力の消費者に対する値上げ分)で収まるはずがなかった。

注)11年度の貿易収支は2.6兆円の赤字で12年度上期は2,9兆円の赤字。完全に赤字体質が定着している。

 (輸入)商社などはこの円高で輸出産業が悲鳴を上げている分をはるかに凌駕する利益を上げており、ホクホクの状態だ。
また金融機関は再び世界の金融機関として再生しており、最近はイタリアの首相が「なんとかイタリア国債の購入をしてほしい」と懇願している。

 ヨーロッパの再生が覚束かず、アメリカは相変わらずサブプライムローンの足かせを引きずっているのだから、円高は日本再生のチャンスだ。
企業はM&Aを仕掛け、金融機関は世界の金融機関として地盤を固めるべきで、いつまでも「円高だから大変だ」なんて泣き言を言っている場合ではないだろう。
円高とは日本の金融政策が世界でもっとも健全だと言うことなのだから、こんなすばらしいことはないのだ。

なお、為替相場の推移に関する記事は以下のカテゴリーに纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45690596/index.html


 

 

|

« (24.7.24)緑の空間を守るおゆみ野の地域円卓会議 ついにおゆみ野で始まった | トップページ | (24.7,26) 極東ロシアが中国に侵食されている。 NHK 大地はだれのものか ロシアを耕す中国人 »

評論 日本の経済 金融機関」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.7.24)緑の空間を守るおゆみ野の地域円卓会議 ついにおゆみ野で始まった | トップページ | (24.7,26) 極東ロシアが中国に侵食されている。 NHK 大地はだれのものか ロシアを耕す中国人 »