« (24.7.19) 自転車騒動記 草刈り用の自転車とリックがない どうしょう!! | トップページ | (24.7.21) サクラサイトの詐欺方法 出会系サイトに登録させ、法外な通信料の請求が来る »

(24.2.20) ためしてガッテン 謎の心臓病 エイリアンが心臓の血管を食いちぎる

041
(友達のブログ「ちば公園のベンチから」に掲載されている利根川の夜明け

 最近のためしてガッテンは人を脅かすことを趣味にしているらしい。
今謎の心臓病が沖縄を中心に激増しており、それはエイリアンの仕業だと言う。
あのシガニー・ウィーバーさん主演のエイリアンのことである。

 このエイリアンはそっと心臓の血管に入り込みそこで血管を食いちぎって心筋梗塞を起こし、場合によっては死にいたる病になると言う。
沖縄ではこれが原因と思われる(正確に言うと原因の一部心臓病が10年で40%も増えたと言う。
映画エイリアンでは孵化したエイリアンが宿主である人間の腹を食い破って突然飛び出してくるのだが、この心臓エイリアンも心臓の血管を食いちぎる。

 「一体エイリアンて何なのだ」身体が前のめりになった。
実はこのエイリアンの正体は心臓にまつわりついた脂肪に攻撃をかけているマクロファージの酵素(毒素である。

 マクロファージは異物と認識すればその異物を分解する酵素(毒素)をだして攻撃を仕掛けている体内の保安官だ。
だが体内を守るためには相手が凶暴な場合は銃器()の使用をしなければならない。
この撃ち合いを心臓の周りで行うので、その銃弾)が毛細血管を通して冠動脈に入り込みこの動脈の内側を傷つけてしまう。
そして血管が切れたり修復するための血栓ができたりして心筋梗塞を起こすのだそうだ。
何かシリアの内戦のような様相で、本来安全と思われていた首都ダマスカスの銃撃戦で多くの市民が死傷しているが、そんなイメージだ。

 もともとの原因は脂肪が心臓にまとわりついていることで、心臓に脂肪をためるようになっては人間もおしまいだ。
年がら年中動いている心臓が脂肪まみれになるほど脂肪の摂取量が多いか、または運動不足が原因である。

 太ると言うことはこの脂肪細胞が膨れるのだが(脂肪細胞の数は若いときに決まっていて中年以降は数はほとんど変わらない)、腹や腰周りに脂肪をためた後はこれ以上ためようがないので、いたし方なく心臓の周りにも脂肪をためるのだと言う。
腹の周りのタンクがいっぱいになったので心臓の周りのタンクにも脂肪をためると言う構造だ。

 この心臓病を予防することはいたって簡単で身体に余分な脂肪をためなければいい。運動食事療法やその他やせる対策を行えばたちどころに心臓の周りの脂肪は消える。
なんとも最初のオープニングの脅かしとは裏腹に、「太らなければいい」というのだから「エイリアンなんていう脅かしはなしよ」と言いたいぐらいだ。

 ただ心臓が脂肪に取り囲まれるとは知らなかった。人間ためられるところがあればどこにでも脂肪はたまると言うことだが、マクロファージにとってはありえない場所の脂肪は異物にしか見えないと言うのがミソのようだ。

なお「ためしてガッテン」のシリーズは以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk/index.html


別件)「おゆみ野四季の道」のカウンター10000を「おゆみ野四季の道 新」に加えました。

|

« (24.7.19) 自転車騒動記 草刈り用の自転車とリックがない どうしょう!! | トップページ | (24.7.21) サクラサイトの詐欺方法 出会系サイトに登録させ、法外な通信料の請求が来る »

NHK ためしてガッテン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.7.19) 自転車騒動記 草刈り用の自転車とリックがない どうしょう!! | トップページ | (24.7.21) サクラサイトの詐欺方法 出会系サイトに登録させ、法外な通信料の請求が来る »