« (24.6,25) 日本の金融機関がふたたび世界のトップに躍り出た ムーディーズの格付け | トップページ | (24.6.27) つくばマラソンエントリー狂想曲 しまちゃんに助けてもらった »

(24.6.26) NHK 卵子は老化する 不妊治療の現状

Dsc01926

 今回見たNHKスペシャル卵子の老化の衝撃」には本当にびっくりした。
まず卵子が老化するとはまったく知らなかった。私は年齢に関係なく生理が終るまでは若いときと変わらない卵子ができるものと思っていたからだ。
それに卵子の数は生まれたときに決まっていて年齢を重ねるにしたがって少なくなることも知らなかった。
さらに老化した卵子は受精しても途中で細胞分裂をやめてしまうという。
こりゃ大変だ、卵子の数は私の頭髪と同じなのか。これでは年を取れば妊娠できなくなるのは当然だ・・・・・・・

 現在の日本は不妊においては危機的状況にあると言う。何しろ6組に1組の夫婦が通常の妊娠ができず、体外受精によって妊娠をしようと努力しておりその数は5年間で倍増しているという。
しかし体外受精といってもその成功率30歳までなら約2割、35歳で約17%、40歳で約8%、45歳では0.6%だそうだ。

体外受精の成功率はせいぜい5分の1であり、年齢を重ねるにしたがって成功率は落ちて、45歳ではほぼ絶望的なのには驚く。

 
もっとも私がこうした事実を知らなかったのは当然で、日本は先進国の中で不妊の知識の普及がもっとも遅れている国だという。
日本の女性の約5割の人が45歳までなら体外受精で子供ができると考えており、約2割の人が50歳代でも可能だと思っているそうだ。
卵子が老化することを知らないからだが、この思いと実際の体外受精の成功率とのギャップはあまりに大きい。

 なぜ不妊が増加しているかについては先進国共通の悩みで、女性の社会進出に伴って結婚年齢が上がっていることが一番大きい。
20歳代や30歳代にバリバリ仕事をして40歳代になって結婚すると、そのときには卵子が老化しているので妊娠が難しく、また体外受精でも成功率が低下している。

 さらに問題を複雑にしているのは男性が不妊治療を嫌がることで、これは私も男だから気持ちは分かる。
あなたに精子がないから妊娠しないのです」なんて言われたら、それは「男じゃない」と言われたのと同じだから、私だったら思い余って自殺しそうだ。
しかし実際問題として不妊の原因の半分は男性に原因があるというから、不妊治療は夫婦で行わないとまったく効果がない。
しかし番組でも男性が嫌がって検査を受けない間に時間がたって、気がついたときは女性の卵子が劣化していたと言う事例を紹介していた。

 不妊治療のもうひとつの問題は、不妊治療が保険対象外だということがある。ある女性は6回体外受精を行っていたが、費用が180万円だと言うのには驚いた。1回あたり30万円だから、通常の家庭の1か月分の生活費に相当する。
これじゃ、おいそれと不妊治療もできないな・・・・」そんな感じだ。

 不妊治療の先進国はフランスで、フランスはかつては日本と同様に人口低下に悩まされていたが、多くの子育て支援が功をそうして最近は人口が増加している。
その子育て支援の一つに不妊治療の無料化があり、42歳まで夫婦そろって不妊治療を受ける場合は治療費は無料になっていた。
この42歳までと言うのがミソで、これ以上の年齢になれば体外受精をしても成功率が低下するからだと言う。
若いうちに子供を生みなさい」と言うことだ。

注)フランスの出生率は1994年は1.65だったが2008年は2.00に上がっている(同時期日本は1.37)

 一方日本では一部補助はあるものの基本は自己負担で、しかもいつまでも不妊治療を続けている場合が多いのだそうだ。
すべてのことには適した年齢がある」と言うフランスのことわざがあるのだそうだが、スポーツや勉強などはまったくその通りで、年をとったらからっきし駄目だが、不妊治療もそうだとは知らなかった。

 前に評論家の日下公人(くさかきみんど)氏の本を読んでいたら、「女性には20才台で子供を生んでもらい、子供に手がかからなくなったら、無試験・無料で大学入学を認める制度を作ろう」と提案していた。
20歳代ならば子供がいくらでも生まれるので、子育てに適した時期は子育てをしてもらい、その後勉強しても勉強の場合のほうが適期が長いからそれから入学しても間にあうと言う提案だ。
私はいい提案だと思うが現在のところ賛成する人は少ない。

 いづれにしても日本人が高齢で結婚し、その結果不妊で悩んでいることは由々しき問題だ。
まず、卵子が老化することを前提に子育て対策をとらないと、22世紀に日本人がいなくなるとイギリスの研究者が言っていた。
日本人が22世紀にも存在するための子育て支援策が今緊急に求められている。

なお、NHKスペシャルのシリーズは以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhknhk/index.html
 

|

« (24.6,25) 日本の金融機関がふたたび世界のトップに躍り出た ムーディーズの格付け | トップページ | (24.6.27) つくばマラソンエントリー狂想曲 しまちゃんに助けてもらった »

NHK NHK特集」カテゴリの記事

コメント

私もテレビを見ていましたが、驚きでした。今の今まで無知でした。やはり知らぬが仏ですね。こういう話題現実を若い人達にも知らしめる必要があるように思います。

投稿: みさき | 2012年6月26日 (火) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.6,25) 日本の金融機関がふたたび世界のトップに躍り出た ムーディーズの格付け | トップページ | (24.6.27) つくばマラソンエントリー狂想曲 しまちゃんに助けてもらった »