« (24.6.26) NHK 卵子は老化する 不妊治療の現状 | トップページ | (24.6.28) 知られざる大英博物館 第1集 古代エジプト 民が支えた3000年の繁栄 »

(24.6.27) つくばマラソンエントリー狂想曲 しまちゃんに助けてもらった

 23516_011

 いやはやとんだ狂想曲に巻き込まれてしまった。つくばマラソンエントリーのことである。
つくばマラソンは茨城県の筑波大学をスタート・ゴールにするフルマラソンで首都圏から近く、またコースが平坦なので記録が出しやすい人気のレースだ。

 私は毎年のようにこのレースに参加しているのだが、信じられないことに毎年エントリーが難しくなっている。
5年以上前まではエントリー初日に参加者がいっぱいになるようなことはなく、RUNNETで悠々とエントリーできていたのに、最近はほとんどきちがい沙汰といえるほど応募が殺到している。

注)マラソンレースがフィーバーし始めたのは石原都知事が東京マラソンを成功させてからである。それまではフルマラソンは好きな者だけのレースだったが、東京マラソン以降多くの若者がフルマラソンに目覚めてしまった。
昨今のマラソンブームはバブルと言って良いほど盛況だ。

 私はこのレースにランナーズRUNNETで応募しているのだが、この24日(日)が応募初日でシステム登録の開始時間は午前10時だった。
つくばマラソンのフルの通常の募集枠は1万人である特別枠等を加えると全体では15000人程度)。

 実は昨年もこのRUNNETを通じて応募したのだが、信じられないことに何回もシステムが動かなくなり、そのたびに登録順位が最後尾になってしまった苦杯を味わっていたので、今回はスムーズに登録しようと準備万端整え、気合も入れていた。

 実は気合を入れなければいけない理由があった。昨年までは自分だけの個人登録を行っていたのだが、今回は私が所属しているちはら台走友会のメンバー12名集団エントリーお仲間エントリーと言う)をすることになったからだ。
このエントリーを引き受けたのは走友会きってのシステムマンで冷静沈着なしまちゃんである。
ただフル10名、10km2名の全員の登録をするのは大変なので私が10km2名の登録を引き受けることにした。

 昨年の経験から、10時少し前にシステムを立ち上げてトップクラスでエントリーしようと何回もRUNNNETの画面を確認し、「準備中」の表示が消えるのを待った。
9時50分に表示が「登録可」になったので「やれ嬉しや」と接続したら、待ち人数は300番台だった。
これなら楽勝だ。今回はついているぞ

 この余裕が裏目に出た。私はこの時間にブログを記載しているので、ブログ作成画面RUNNETの登録画面を交互に覗いて確認をしていたのだが、ようやく順番が回ってきたので、ブログ作成画面を閉じたらその瞬間にRUNNETの登録画面も消えてしまった。
な、なんなんだ。インターネット・エックスプローラを落としてしまったのか、なんと言う失態だ

 あわててもう一度RUNNETに入ったら、順位は5000番台になってしまっている。画面を見ていると3分ごとに順位が確認できるのだが、そのたびに1000人程度順番が進むので、15分程度は順番待ちになりそうだった。
15分間、パソコンの前にいても仕方ない。家の雑草でも取っていよう
雑草取りを30分程度して戻ってみると、信じられないことに画面が閉じられていて「最初からやり直してください」なんてメッセージが出ている。
どうしてだろう、次の画面が出たらすぐに対応しなかったのがいけなかったのだろうか・・・・・ぶつぶつ

 このあたりから心に余裕がなくなった。再びRUNNETの画面を開くとなんと順位は20000番台だ。
大変だ。入り込むのに60分かかる。今度は絶対にパソコンを離れないぞ
1時間程度画面とにらめっこしたら、ようやくIDとパスワードを入力する画面が現れた。
やれやれ、これで登録画面にやっと行けそうだ

 IDとパスワードを入力して実行キーを押したら、「システムにトラブルが発生しました。もう一度やり直してください」なんてメッセージが出てきた。
何だよ、そりゃないだろ・・・1時間待ってやっと入力したらこれかい
悲壮な気持ちになってきた。

 4回目のRUNNET画面を呼び出すと、順位は25000名程度だ。これではまた1時間以上かかる。
すでに1時に近づいており、このまま登録ができるのか心配になってきた。
これが自分だけのエントリーだったら「まあ仕方ないか」で済ませるが、今回はちはら台走友会のメンバーの集団エントリーだから責任がある

 しまちゃんに確認したら1時前にフル10人分のエントリーは終了していた。
しかし私が担当している10kmのエントリーはどうなるかまったく展望が持てない。
しまちゃんに泣きついた。
しまちゃん、助けて。10kmのエントリーができない。そちらでも登録作業をして!!!」

 しまちゃんと私で早く画面が出たほうが登録することにした。
IDとパスワード入力画面が再び出て、入力して実行キーをおすと、今度はエントリー登録画面が出たが、「お仲間エントリー」を押すと再び6000名の待ち行列だ。
一体いつになったら終るのだろうか。もしかしたらもう駄目かも知れない
胃が痛みげり症状がが出て、トイレに飛び込んだ。
時間はすでに2時を経過している。
もう駄目だ。俺はなんと浅はかな安請け合いをしたのだろう・・・走友会に顔向けができない・・・・・・
悲壮な気持ちになった。10kmの二人になんと言ってあやまったらいいのだろうか・・・・・。

  時間が3時に近づいた頃、しまちゃんから電話があった。
10km二人の追加登録が完了した
ありがとう、しまちゃん!!!!!!」肩の力がいっぺんに抜けた。
しかししまちゃんができて、なぜ私には登録ができないのだろうか。
覗いていた画面がようやく「お仲間エントリー」の画面になったが、むなしさだけが漂った。

 なんとも情けない話だ。10時から3時まで5時間の奮闘がまったく役にたたなかったのだから、これほど残念なことはない。
私にはしまちゃんと違って本質的にシステムマンとしての素養がないのではなかろうかとしょげた。

 しかし何よりもこの狂想曲の実態を記録しておかないと、また来年何が起こるかわからない。何か旧日本軍の「失敗の本質」のような記事になってしまった。

なお、ちはら台走友会の記事は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44088639/index.html

|

« (24.6.26) NHK 卵子は老化する 不妊治療の現状 | トップページ | (24.6.28) 知られざる大英博物館 第1集 古代エジプト 民が支えた3000年の繁栄 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。急いでいるときにかぎってパソコンが落ちるというのはよくありますよね。同じような経験があるので、そのときの次郎さんのあわてぶりが想像できて、思わず笑ってしまいました。(ごめんなさい)
私も今回、余計な操作をしたために20000番ぐらいに並びなおすことになりました。そのときはさすがにエントリーはほとんどあきらめました。
結果的には、次郎さんのエントリー作業はうまくいきませんでしたが、今回、このようなめんどうな作業を引き受けていただきとても感謝しています。


今後ともよろしくお願いします。

投稿: しまちゃん | 2012年6月27日 (水) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.6.26) NHK 卵子は老化する 不妊治療の現状 | トップページ | (24.6.28) 知られざる大英博物館 第1集 古代エジプト 民が支えた3000年の繁栄 »