« (24.6.12) NHK 激動 トヨタピラミッドの崩壊 2次下請の運命 | トップページ | (24.6.14) LCC(格安航空会社)元年 ようやく乗客無視の航空行政が終った ジェットスター・ジャパン等の就航 »

(24.6.13) 黄昏の橋 終わりの始まり  あと4年の人生と想定しよう

Dscf5615

 私は長い間自分はいつも健康で死とはまったく無縁の人間だと思っていた。
確かに右足の坐骨神経痛は常時痛み、耳などは通常の人の4分の1程度の聴力しかないが、それでも自分は健康でいつでもマラソンや登山や旅行をすることができるし、ブログをいつまでも書き続けることができると思っていた。

 しかし5月の中旬から急に体調が悪化し、何か今までとは異なる変調が身体に発生していることを自覚してからそうした自信は勝手な思い込みであったことが分かった。
最初に左目5分間程度だったが、まったく視力が失われたのにはびっくりした。すぐに眼科医に行って検査をしてもらったが、細い眼動脈が一時的に詰まって目が見えなくなったとの診断で、「こうした兆候は脳梗塞や心筋梗塞の前兆である場合が多いので内科的診断を仰ぐように」言われてしまった。

 かつて私の父親が69歳脳梗塞を発病し、約8年間の闘病生活をした後他界したことを思い出す。
一般に日本人男性の平均寿命は78歳程度で、最後の8年間は闘病生活をするのが普通だから、私もその年代に近づいている。

 さらに急性腎盂炎を起こしたことには自分ながら当惑した。腎臓などは絶対に問題を起こさない臓器だと考えていたためだが、腎臓が機能不全になると人工透析をしなければならないことが頭をよぎった。
私の元の会社の上司に人工透析を週に三日程度行っていた人がいた。
見ているとだんだんと体の機能が失われ最後の頃は歩くことさえおぼつかなくなっていたが、それでも会社には出勤していた。
人工透析だけは受けたくないな」その人を見てそうしみじみ思ったものだ。

 だがしかし私もとうとうそうした病気年齢に入ってきたようだ。
つい最近まで24時間走などといって一日中走っていたのが嘘のようだが、ここいらで人生との折り合いを付けなければならないのだろう。

 私は一体いつまでマラソンをしたり登山をしたりブログを書き続けることができるだろうか。
日本人の平均寿命からすると平均して70歳までは認知症にもならず身体も動かすことができるようだから、当面70歳をターゲット年齢に設定することにした。
今は66歳になろうとしているので、後4年間だから大学を卒業するまでの時間に等しい。

注)平均寿命は幼児の死亡も加味されているので66歳まで生きた人の余命は平均寿命より長い。しかしやはり第一次のターゲット年齢設定としては70歳が適切と思う。それ以上健康で生きられれば僥倖というものだ。

 ターゲット年齢が必要なのはそれまでに遣り残していたことを何とか完成させて向後の憂いを残さないためである。
とても言い方が難しいのだが、私がこの世に生きていたと言う証を何とか残しておきたいのだ
個人的な趣味ではマラソンも登山も旅行も通常の人がするレベルをはるかに越えてしてきたので、これ以上経験をつんでも大して意味がない。

  一方私はこうしてブログを書いているが、何とか社会に対して一定の影響力のあるブロガーになりたいとの強い希望がある。そして私が死んだ後も何がしかの影響が残ればそれに越したことはない。
私はある金融機関に37年間にわたって勤務したが、正直言えば会社員としては失格の部類で社会的功績があったとは言いがたい。
私は性格として人に何か命じることも、また人から命じられることも嫌うから、組織人としては最も不適な性格だ。
それでも37年間にわたって職場にいられたのは奇跡に近いが、おかげで退職しても何とか生活していられるのだから我慢のし甲斐はあったと言うものだろう。

 一方で会社人生に比較して引退後の6年間は実に楽しかった。
その間自分の責任でブログを書き、私の住んでいる四季の道と言う遊歩道を世界で一番美しい遊歩道にしようと努力してきた。
ブログは当初自分のために書いていたのだが、私のブログを読んでくださる読者も増えて、このブログが何がしかの役に立っていることは嬉しいことだ。
時に寄せられるコメントに思わず飛び上がってしまうこともある。

 私は今ココログと言うブログサイトを利用して記事を書いているが、このココログを使用しているブロガーは約10万人程度のようだ。
私の記事の毎日のアクセス件数は1600アクセス程度で、ブロガーのランクは10万人中400番前後だと思う。
これをぜひブロガーとして100番以内に入りたいと思っているが、その程度の読者を得られれば自分としては満足することにしている。

注)私が順位にこだわるのはもともとスポーツ選手で記録と順位が努力目標だったせいもある。

 ターゲット年齢まであと4年しか時間がない。この間で読者の期待にこたえられる記事を書き、そして四季の道を世界で一番美しい遊歩道にできるだろうか。
そうなるように残された人生をその目標に絞って生きていくことにしたい。

注)なお私の病気の経緯については以下の記事を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-8165.html

 

 


 








 

|

« (24.6.12) NHK 激動 トヨタピラミッドの崩壊 2次下請の運命 | トップページ | (24.6.14) LCC(格安航空会社)元年 ようやく乗客無視の航空行政が終った ジェットスター・ジャパン等の就航 »

個人生活 私の人生観」カテゴリの記事

コメント

山崎さんのクールな視点の経済時評は、素人にも判り易くいつも参考にさせていただいています。
これからも期待しております。そこそこに頑張ってください。

(山崎)バイオマスおやじさんの言われるようにそこそこにがんばります。
私は毎日バイオマスおやじさんのブログを読んでいるのですが、その自転車好きとそば好きにはいつも楽しませてもらっています。またほとんど常時出張していますが、よく身体が持つものだと驚嘆しています。

投稿: バイオマスおやじ | 2012年6月13日 (水) 22時08分

どうか前向きにお願いします。
1年に1回くらいの登山はいいですよね?7月の登山は是非参加お願いします。
新人もおりますし、なんといっても女性陣が山崎さんを頼りにしています。
山崎さんの山登りの技術が証として引き継がれていきますよ。

(山崎)現在病状は回復しており,JOGも軽く再開しています。8月にネパールに行く約束を知人としておりますので、その練習を兼ねて白馬には登るつもりです。
ご心配をおかけしました。

投稿: 謙 | 2012年6月13日 (水) 23時29分

黄昏時段々実感できる年齢になってきてしまいました。人は遅かれ早かれ何時かは終わりが来るのでしょうね。
でも驚きました一日1600人の方々が拝読しているのですね。私も欅の木を検索してからこちらを訪れています。

(山崎)アクセス数は見た記事の数ですので一人の人が何画面か見ればその分多くなります。実際の訪問者数は900名から1000人の間です。みさきさんにも読んでいただいて感謝しております。

投稿: みさき | 2012年6月16日 (土) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.6.12) NHK 激動 トヨタピラミッドの崩壊 2次下請の運命 | トップページ | (24.6.14) LCC(格安航空会社)元年 ようやく乗客無視の航空行政が終った ジェットスター・ジャパン等の就航 »