« (24.5.29) プロジェクトWISDOM 高齢化する世界 破綻は避けられるか | トップページ | (24.5.31) さっぱり分からない日本円と中国人民元の直接取引  中国の狙いは何か? »

(24.5.30) クローズアップ現代 ビッグデータ革命

Image01

 なるほどね、時代はここまで来たのかと感心してしまった。
クローズアップ現代によると、今世界中の企業がビッグデータの利用でしのぎを削っているという。
ビッグデータといってもなじみのない言葉だが、カーナビ携帯電話スマートフォン、それにスイカ等の集めると膨大なセンサーデータや、遺伝子データのように一人で30億個のようなデータを集めてそれを分析する技術である。

 今まではコンピュータの能力が十分でなかったことやセンサーの普及が十分でなかったために、データを集めることもそれを分析することも不可能だったが、ついにビッグデータの取り扱いに成功しだしたのだそうだ。

 番組では埼玉県庁が県内で起こる人身事故を減らすためにカーナビが発する急ブレーキ情報を集め、急ブレーキをかける場所に注意の白線を引いたり、樹木の伐採をすることで人身事故を2割削減していた。
担当者が「どこで急ブレーキをかけるのか今までは分からなかったが、ビッグデータを分析して対応策が取れるようになった」と述べていた。

 またコンビニのLAWSONでは従来のPOSデータだけでなく、ポイントカードの情報を組み合わせてどのような客層が何をリピーターとして購入するかを分析し商品配列を決めていた。
従来のPOSデータでは何が売れ筋かは分かっていたが誰が性別、年齢別、住所別)何を買うかまでは分からなかったから、これは販売戦略上大前進だ。
番組では60歳以上の人がコロッケを買うことが分かってそうした人向けの商品陳列を採用していた。

 また別の利用法として過去の犯罪情報を詳細にインプットすることで、どこでどの時間にどの程度の犯罪が発生するか予測できれば、警察官の割り振りに利用できるようになると解説者が説明していた。

 このように日本における利用法はいかにも日本的な改善レベルだが、アメリカの利用法はかなり戦略的だ。
アメリカの病院では2000人あまりの病歴の情報を集めて、うっ血性心不全の再入院の原因因子を調べていた。
これによると老人ホームにいる人が再入院しやすくけケヤが十分でないことが分かったため、その病院では老人ホームを定期的に回ってケアするチームを立ち上げていた。

 そしてこれが究極のビッグデータだが人間の遺伝子情報を一箇所に集めて世界中の研究者に開放するという試みがGoogleで行われていた。
人間の遺伝子の配列は約30億個の塩基の対からなっており、従来はこの解析に数年単位の時間を要したが、現在は1時間程度で可能になっているという。
Googleでは現在約2000人分(意外と少ないという感じだが)の遺伝子情報をコンピュータ上に展開しており、世界の研究者がこのビッグデータを基に病気の原因や薬の開発を行っているという。
Google得意のクラウドコンピューティングというわけだ。

 従来は病気と遺伝子の関係は主として癌遺伝子の研究に向けられていたが、今では糖尿病、老化、肥満、目鼻立ちにいたるあらゆる研究に利用されているのだそうだ。
こうして病気と遺伝子の関係、それに対する治療法および医薬品の開発をアメリカでは行っている。
ただしこうした遺伝子情報は究極の個人情報なので取り扱いが難しく、倫理規定等で縛る必要もあるとの説明だった。

 たしかに日本では住所や電話番号も個人情報といって騒いでいるくらいだから、遺伝子情報になれば喧々諤々の議論になりそうだ。
アメリカでも公聴会が開かれていたが、アメリカの基本スタンスは「新たなものには飛びつけ」だからジェスチャーとしての個人情報保護を訴えることはあっても、このGoogleの動きを止めることはしないだろう。

 かくして日本ではビッグデータを戦術的に利用し、アメリカでは戦略的に利用している。
私が生きている間にこのようなデータ処理の時代になるとは思いもしなかったが、ここでもアメリカの戦略性についてはいつものことながら舌を巻いてしまった。

なお、クローズアップ現代のシリーズは以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html

|

« (24.5.29) プロジェクトWISDOM 高齢化する世界 破綻は避けられるか | トップページ | (24.5.31) さっぱり分からない日本円と中国人民元の直接取引  中国の狙いは何か? »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.5.29) プロジェクトWISDOM 高齢化する世界 破綻は避けられるか | トップページ | (24.5.31) さっぱり分からない日本円と中国人民元の直接取引  中国の狙いは何か? »