« (24.5.15) twitterを1年間使用してみて | トップページ | (24.5.17) 中国経済の急ブレーキ 高度成長から中成長へ »

(24.5.16) NHKスペシャル キム・ジョンウン 北朝鮮 権力の内幕

Dscf5491

 NHKスペシャルを注意深く追っていくと世界情勢の把握に実に役立つ。
日本にはCIAモサドMI6のような正式な情報機関はないが、その代わりをNHKが担っているみたいだ。

 今回は北朝鮮のキム・ジョンウン氏がどのようにして父親の金正日氏から後継者に指名されたかの内幕を暴いたものだった。
金正日氏には4人の子供がいたが、長男は二番目の妻の息子で、次男、三男と長女は4番目の妻の子供である。
通常ならば長男が後継者になるのだが、この長男は浪費癖が激しくディズニーランドで遊んで秋葉原で電化製品を購入しようとして日本の税関チェックに引っかかっている。
いわばどうにもならない道楽息子として知られていたから当初から後継者レースから脱落していた。

 次男も海外かぶれで海外の演奏家の追っかけをしていたりしていたので金正日氏の逆鱗に触れて後継者争いからこれも脱落していた。
結局残ったのは性格がまじめで遊びをしない三男のジョンウン氏長女のヨジョン氏だけになってしまった。
金正日氏は知人のロシア人に「上の二人はビジネスに興味を持っており、一方下の二人は政治に興味を持っているので後継者はこの二人のうちの一人になる」とシベリア訪問のときにもらしていたと言う。
長男と次男はアホでどうしょうもなく、いたし方がないから三男か長女を後継者にするということだが、北朝鮮のような儒教社会では女性が矢面に出ることはないから、後継者はジョンウン氏ということになっていたようだ。

 ジョンウン氏を正式に後継者に決めたのは2009年9月に金正日氏の別荘で行われた家族会議で決まったと言う。
このとき出席したのは放送では金正日氏、その妹の金敬姫氏、金敬姫氏の夫の張成沢氏、それにジョンウン氏となっていたが、私はここにジョンウン氏の妹のヨジョン氏もいたのではないかと思っている。
実際はこの5人が北朝鮮のファミリー指導部を形作っていた。ゴッドファーザーのファミリーと同じ)。

 金正日氏がなぜこの時期に家族会議を開いたかと言うと、その前年の2008年8月に重い心臓病を患い、海外から専門の執刀医を招いてかろうじて一命を取り止めていたからで、もはや余命いくばくもないことから後継者の決定を急いだと言われている。
実際その2年後には金正日氏は死去した

 この席で金正日氏ジョンウン氏を後継者にしたいと切り出したが、それに対し金正日氏の妹の金敬姫氏が反対した。

以下のやり取りは私が推定したもの。NHKはここまで言っていない

だめよ、ジョンウンではまだ若すぎるわ。ここは一旦私の夫の張成沢に暫定政権を作らして、ジョンウンが経験を積んでからジョンウンに任せたほうが国が安定するわ
おばさん、なぜ俺じゃ駄目なんだ。おれだって一生懸命経験を積んでるじゃないか
駄目よ、あんたのお父さんなんかおじいさんの下で20年も指導者としての勉強をしたのよ、あんたはたった2年程度じゃない

 頭にきたジョンウン氏は食事の途中で箸を投げ出して部屋を出て行ったという。
これには金正日氏も当惑したらしい。
なあ敬姫、ここは兄さんの言うことを聞いてくれよ。お前と張成沢で何とかジョンウンをささえてくれれば良い指導者になるよ。
ヨジョン、お前は兄さんのジョンウンをささえてくれるだろう


お父さんがそういうのなら、私はお父さんの判断に従うわ

敬姫、そういうことだ。頼む、ジョンウンを支えてくれ

 こうしてジョンウン体制は出来上がったが、実際の権力基盤は当然弱いものになった。
私は前に「金総書記の断末魔」(リンクが張ってあります)という記事を書き、ジョンウン氏が豊臣秀頼で張成沢氏が徳川家康だとの記事を書いたが、ジョンウン氏は張成沢氏の支援がなくては何も出来ない状況に成っている。

 何しろ北朝鮮経済は完全に崩壊している。2000年の始めごろから中国をならって改革開放路線をとったものの、富の偏在化と世界情勢の流入に驚いた北朝鮮指導部は2007年には再び鎖国体制に閉じこもってしまった。
世界で最も裕福な国と宣伝してきたのに、最貧国だと知られてしまうと示しがつかないからだ。

注)放送では金日成をたたえる文字を刻んだ記念樹を、森林伐採の担当者が伐採し中国に売り払ったため、金正日氏が激怒して改革開放を中止させたと説明していた。

 北朝鮮はミサイル核兵器で中国、アメリカ、韓国を脅しては食糧援助を得て生きながらえている国だ。
幹部階級でさえ配給は二日に1度程度になっており、一般庶民は草の根を食べてかろうじて生き延びている。
金日成の時代には配給は毎日あったのとは大違いだ。

 北朝鮮指導部(実際は張成沢氏と金敬姫氏)はジョンウン氏をおじいさんの金日成氏を真似させることで、なんとか権力の崩壊を防ごうとしている。
しかしそうした小手先の対応ではどうにもならないところまで北朝鮮経済は追い込まれている。
改革開放をすれば北朝鮮が世界の鼻つまみ者であることがばれてしまい、しなければ国民が飢えで死に絶える
結局は張成沢氏の指導で改革開放路線をとり、ジョンウン氏はその中で権力の中枢から追い出され形式的な権力者になるのだと私は思っている。

なお北朝鮮の政治経済についての記事は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat48564279/index.html
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat33268425/index.html

 

|

« (24.5.15) twitterを1年間使用してみて | トップページ | (24.5.17) 中国経済の急ブレーキ 高度成長から中成長へ »

評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.5.15) twitterを1年間使用してみて | トップページ | (24.5.17) 中国経済の急ブレーキ 高度成長から中成長へ »