« (24.3.31) BS歴史館 聖徳太子は存在したのか | トップページ | (24.4.2) シリーズ日本再生 インフラはどのように守っていくか »

(24.4.1) ロドリゴからのお礼  思わぬ温かい支援に感謝します



20120331_084820_2


  ほとんど信じられないような支援だ。ロドリゴがこの3月14日に四季の道のペンキ代のカンパを依頼したところ、合計で108000円、計17名の方からおゆみ野クリーンクラブ支援のカンパをいただいた。

 ロドリゴとしては数人の知り合いがカンパをしてくれるのではなかろうかと予想していたが、それをはるかに上回る金額と支援者だ。
主よ、ロドリゴには多くの心温かき支援者がおりました。ロドリゴにとってこの上なき幸せでございます。主のお導きに心から感謝いたします

 桜の咲くまでにはがれたベンチの塗装を完了しようとして、ここ2週間時間が空いていれば塗装を行っている。
夏の道から始めて春の道さくら公園まで何とか完了することができ、約60個のベンチの塗装が完了した。
今年はさくらの花の開花が遅くまだ花見が始まっていないのが幸いだ。
主よ、どうにか花見までに塗装が間に合いました。今年の春の道は美しい景観が保たれております

20120331_085959
(緑区役所前のかわず桜。この桜だけが咲いている)

 しかしまだ塗装が完了していない場所があり、川の道そばら公園付近秋の道公園付近夏の道公園付近が残っている。
ロドリゴとしては4月中にこうした場所の塗装も終えたいと考えている。

 それにしても塗装とはなかなか一筋縄ではいかない。一番の問題はすぐにはがれてしまうことで、特に下に前の塗料が残っている場合は塗った塗料が木部と接着しないためにすぐはがれる。
そうならないように前の塗料をやすり等でそぎ落とすのだが、これには思わぬ力が必要で手が腱鞘炎になりそうだ。
また水性塗料は太陽光線に弱く、特に太陽にさらされているベンチ(木陰のないベンチ)は3ヶ月程度が寿命だ。その場合は再塗装をすぐに行うのがコツだ。
よ、ロドリゴは多くの支援者のおかげで、十分な塗料の在庫を確保できました。少しでもはがれるようなことがあれば必ず再塗装をいたします

注)現在はペンキでなくステインを使用している。ステインとは木部に浸透して着色する塗料のことで、ペンキが表面に皮膜を作るのと異なる。

 ここ2年ほどは自腹で塗料を購入していたが、貧乏性がでて3回塗りをせず1回塗りで済ませたり、再塗装を怠っていたので塗装がはがれていた。
しかし今回はそうした心配をせずに十分なメンテナンスができる。

 ベンチの塗装が一段落したら、街路灯のペンキ塗りと、距離表示のペンキ塗りをしておく。どちらもおゆみ野ができてから30年近くの歳月がたってだいぶさび付いてきた。
こうしたものもさびを落として再塗装をしておこう。
また太鼓橋のタイルのはがれている場所もだいぶあるのでアスファルト等で当座の補強をしておかないとますますタイルがはがれそうだ。

 ロドリゴが四季の道を「世界で一番美しい遊歩道にしよう」と願をかけてから5年がたった。今年は思わぬ支援者に恵まれて、ロドリゴもいつになく張り切っている。
主よ、お喜びください。支援者のおかげで四季の道が神の道に近づいております

なおおゆみ野クリーンクラブの活動の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html


 

|

« (24.3.31) BS歴史館 聖徳太子は存在したのか | トップページ | (24.4.2) シリーズ日本再生 インフラはどのように守っていくか »

ボランティア おゆみ野クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
今週末は桜が満開となりそうですね。綺麗なベンチと綺麗な四季の道に素晴らしい桜の花と・・・
お花見が楽しみです。
ありがとうございます。

(山崎)何とか花見に間に合わせました。皆様のご支援のおかげです。

投稿: ジェーン・エア | 2012年4月 5日 (木) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.3.31) BS歴史館 聖徳太子は存在したのか | トップページ | (24.4.2) シリーズ日本再生 インフラはどのように守っていくか »