« (24.3.24) 千葉習志野警察刑事係長の大失態 長崎県ストーカー殺人事件 | トップページ | (24.3.26) 厚生年金基金崩壊の危機と日本の年金制度 »

(24.3.25) どのようにして経済記事や政治記事を書くか 質問者への回答

Dscf5307

 最近私のところにどのような資料を使用して経済記事政治記事を書くのかとの問い合わせがくるようになった。
下記もその一つでこの方はFXをはじめようとしていたときに私のブログが検索に引っかかり、質問をされてきた。

注)FXとは外国の通貨を売買して利益を得る取引で為替差益や利回りの相違を利用して収益を上げる。

山崎様

 いつもブログ楽しみにさせて頂いております。質問ですが、山崎様が国内経済、世界経済、国際情勢関連の情報を収集する為に使っているtv番組、webサイト、雑誌やお勧めの著書について教えていただけないでしょうか?

私はfxを始める為に情報収集している時に見つけたのが山崎様のブログでした。経済指標の数字だけを見るのではなく、多角的な見方で政治情勢や国際情勢を絡めた説明はとてもわかりやすく、山崎様の情報収集方法について知りたくなりました。

お忙しい中、ご面倒なお願いをして誠に申し訳ありませんが、お聞かせ願えませんでしょうか。

 質問をされる方の中には私が特別なニュースソースアメリカのCIAやイスラエルのモサドと関係があるというようなこと)を持っていてそのため世界情勢をいち早く知るのではないかと思われている方もいるが、もちろんそうしたことは一切ない。
私のブログの長い読者であれば、私のニュースソースがNHKであることはよく知っているはずだ。

 しかし日本全国でNHKの放送を見ている方は1000万人単位でいるはずだが、ただ単に見ているだけでは駄目で特別な工夫をしなければ経済情勢も政治情勢もわからない。

 私の工夫について説明をする前に今回質問をされてきた方がFXを始めようとしている方なので、私のブログを見るときの注意を記しておくのが良いと思った。
一番大事な注意点は「経済分析と投資分析は異なり、通常の場合はほとんど関係ない」と言うことだ。
投資活動をしている人はよく知っているが、市場の動きはいわゆるブームによって動き、「赤信号みんなで渡れば怖くない」という状況になる。

 たとえば現在であればEUの経済状況は相変わらず最悪だが、ECBが合計で100兆円規模の資金を銀行にばら撒いたため、市場はEU域内の金融機関の倒産をまったく心配しなくなった。
おかげでユーロはひところ100円以下だったのに今は110円前後まで戻しており、また株価も上昇している。
投資活動は安心感がすべてで安心している間はブルになるが、これは単に金融を緩和しているだけで経済実態は相変わらず最悪だから、経済学的には(原油価格に見るようにインフレが更新しているに過ぎない。

 だから経済分析と投資分析は通常は無関係なのだが、ただ完全に無関係かと言うとそうではなく、投資活動が過熱しすぎると一気に実体経済への調整が始まるリーマン・ショックがその典型で、これは投資活動と経済活動の調整だと考えると理解できる。
現在の金融超緩和も同じ経緯をたどるから投資活動をしている人がいつまでも舞い上がっているとAIJの社長のような運命になる。
以上が私の経済分析を読む上での注意点だ。

注)FXを始めた人のほぼ9割は損失をこうむるが、そうした人は舞い上がるだけで、投資活動と経済活動の調整があることを忘れるからだ。

 次に私のニュースソースの説明に移ると、ほとんどはNHKで特にワールド・ウェーブという番組は重宝している。
昼間は各国の放送がそのまま流されており、夜10時からがワールド・ウェーブ・トゥナイトという形で纏めてくれる。
私はこのワールド・ウェーブ・トゥナイトを録画して毎日チェックしているが、ブログ記事にすべき内容があれば必ず必要事項を文字に落とす
単に見ているだけではほとんど頭に残らないが、文字に落としてから文章を再構築してみると問題点が見えてくる

 再構築した文章に整合性がない場合はどこかに問題点が隠されている。
またブログを記載する場合はたらない知識が必ずあるので、それはWeb検索を行って補強するのだが、Web検索で分からないことはほとんどない。
それも日本人のWebでほとんど足りるのだからすばらしい。日本の知識水準の高さに驚いてしまう。

 それ以外のニュースソースはこれもNHKのドキュメンタリーである。NHKのドキュメンタリーの水準は世界トップでよくまとまっており、これに匹敵する放送局はイギリスのBBCぐらいだ。
私が特に感心しているのはNHKがヘッジファンドの内部に肉薄して放送をしたり、中国の農民工のような中国政府としては見せたくないような内容まで迫っている番組だ。

 こうした伴組を丁寧に見てブログに記載していく行為を繰り返していると、経済や世界情勢についてNHKの解説委員くらいの水準にはすぐになる。
私はこうした作業を5年間に渡ってやってきたが、もしさらにその5年前からこの方法を知っていたらと歯軋りしているくらいだ。

 本や雑誌については必要の都度読んでいるので特別に読んでいると言う感じはない。
私が週間エコノミストをよく読むのは、表題がセンセーショナルでなにか「経済の狼少年」のような雰囲気があるからだ。
狼少年とは普通は揶揄した言葉だが、世界情勢を見るときには狼少年が必要だ。
ただし週間エコノミスト個別の記事は詳細を極めていて、時間のない人が読むのは苦痛だろう。表紙だけ見ていても参考になる。

 また中国の暗部を知るにはVoiceのような月刊誌の記事が参考になるが、この雑誌は中国に対する敵意が丸出しでバイアスがかかりすぎているので、客観的な経済分析には不向きだ。
なにかかつての左翼のアジテーションを聞いているような感じになる。

 新聞は毎日新聞だが、記載してある記事で気になったものは文字に落とし、さらにWebで他の新聞社の記事をチェックしている。いくつかの記事を見ると必要な情報はほとんど揃うので問題はない。

 このFXをされようとしている方に対する最善のアドバイスは、ブログでもfacebookでもtwitterでもいいから、自分がテレビや本や雑誌やその他何でも情報入手に一定時間割いた場合は、それを文字に落としておくことである
文字に落とさないと情報収集に時間を割いたこと自体無駄だし、また人間の記憶は瞬く間に忘れるようにできているから自分が何を思ったかすら忘れてしまう。

 最近私の経済や政治関連の記事をう読んでくださる方が増えているがこれは過去5年間毎日欠かさすブログを記載し続けた結果で、今では自分の過去に記載した記事が参考になるほどだ。

注)私の記憶力はニワトリ並みなので自分で書いたことも忘れてしまう。現役時代ある調査報告を見て感心し、これは誰が書いたのだろうと作成者を見たら自分なのでびっくりしたぐらいだ。

 くどいようだが私の記事は金儲けとは関係ない経済記事である。
投資を行うには市場を動物的感で動き回る必要があるが、それにも一定のトレーニングと素質がいるので自分で努力するより方法はない。
そして投資活動は一種のユーフォリアだと認識して、バブルが崩壊する前に逃げ出せるかどうかが、最大の能力だと認識することだ

なおブログに関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43088244/index.html

(別件
昨日おゆみ野クリーンクラブのカンパを依頼しましたが、そっさく何人かの方が応じてくださり心から感謝いたします。花見までには塗装を終了させておきます。

なお、依頼文は今月いっぱい下記に継続して掲載いたします。


従来おゆみ野四季の道の清掃関係や塗装関係費は自費で調達してきましたが、生活費がかさみ思うに任せなくなってきております。
おゆみ野在住者で、かつ四季の道を日常的に利用されている方で、四季の道を世界でもっとも美しい道にする活動に賛同される方に、ペンキ代のカンパをお願いいたします。


① カンパは一人3000円(ペンキ1.8L 一缶の値段)をお願いできないでしょうか。年間のペンキは約20缶程度です。

② カンパの件数、金額は毎月1回このブログで報告します。また決算報告は年1回行います。

③ 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです。

・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)

 

|

« (24.3.24) 千葉習志野警察刑事係長の大失態 長崎県ストーカー殺人事件 | トップページ | (24.3.26) 厚生年金基金崩壊の危機と日本の年金制度 »

システム ブログ ココログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.3.24) 千葉習志野警察刑事係長の大失態 長崎県ストーカー殺人事件 | トップページ | (24.3.26) 厚生年金基金崩壊の危機と日本の年金制度 »