« (24.3.27) 佐倉朝日健康マラソンに参加した ひどい結果だ | トップページ | (24.3.29) シャープの悲しい方向転換 液晶パネルからの撤退 »

(24.3.28) 北朝鮮の瀬戸際外交 人工衛星とミサイルの区別は誰にもつかない

Dscf5309

 隣にやくざが住んでいると夜もおちおち眠ることもできない。北朝鮮のことである。
先月末にようやく米朝合意が締結され、北朝鮮の核実験、ミサイル発射、ウラン濃縮活動の一時停止の見返りに、アメリカが人道的食糧支援をすることになった
そうか、北朝鮮もようやく世界情勢を理解できるようになったんだな・・・・キム・ジョンウンになって協調路線に転換か・・・」そう世界が思ったがトンでもない間違いだった。

 今月に入り突如人工衛星の打ち上げ実験を4月中旬に行うと発表したからだ。
北朝鮮は過去2回人工衛星と称する発射実験を行っているが、北朝鮮の言う人工衛星のかけらは天空のどこにもない。
それは当然で北朝鮮は人工衛星を開発する技術はなく、あるのは核弾頭だけだからだ。
また北朝鮮が挑発行動を始めた。米朝合意は一体なんだったんだオバマ大統領が本気で怒っている。
イランとイスラエルが一触即発の状況なのに、今度は北朝鮮が核ミサイルで脅しをかけ始めた。
せっかく国内経済が好転しはじめたのに、世界情勢が混沌として石油価格が高騰したら選挙に勝てない。

 北朝鮮は今回も人工衛星の発射実験といっているが、人工衛星ミサイルの違いはロケットの先に衛星が積まれているか核弾頭がつまれているかの違いだけだ。
北朝鮮には人工衛星はないのだから、世界各国は弾道ミサイルの発射実験と認定した。
いくらなんでもないものは打ち上げられないだろう
それが世界の常識だが、北朝鮮はなくても人工衛星を打ち上げることができるという。

 09年の人工衛星(実際はそんなものはないのでミサイル実験)発射時はもっぱら日本とアメリカがフィーバーした。
それは日本上空をロケットが飛んだからで、もし核弾頭が装備されていれば日本に対する攻撃に等しいからだった。
このときは中国とロシアは人工衛星と信じたふりをし、韓国のイ・ミョンバク大統領は日本に自制を求めた。
あまり騒いで北朝鮮を刺激しないでくれ

 前回は日本とアメリカだけが反発したが、今回は北朝鮮の肩を持つ中国やロシアも北朝鮮のミサイル発射を止まらせようとしている
いくら北朝鮮の肩を持っても効果はなく北朝鮮は調子に乗るだけで、特に中国に対しては貧者の脅しさえかけている。
わが国が崩壊したら亡命者はみんな中国に逃げるぞ、それでいいのか!!」

 
 結局中国もロシアもヤクザを息子に持った親の立場だと言うことにようやく気がついた。
世間様の強い制裁がなければ息子は立ち直らないだろう」と今回は日本とアメリカに同調している。

 だが親の心子知らずとはこのことを言うのだろう。北朝鮮はまったく反省するそぶりを見せない。
人工衛星の発射実験は宇宙の平和利用のためであって、米朝合意の枠内だ。アメリカからとやかく言われる筋合いのものでない」鼻息が荒い。

 北朝鮮がミサイル発射実験を止めないのは、北朝鮮には核以外には何もない国だからだ。
最も核兵器を持っているだけでは駄目でその運搬手段がいる。それが今回のミサイル発射実験で、小型化した核弾頭を装備できればアメリカ、ロシア、中国と肩を並べる核軍事大国の仲間入りをする。

キム・イルソン主席生誕100周年の記念すべき金字塔」だ。

 日本人は軍事に疎いから「国民が飢えているのに何で軍事力ばかり増強するのか?」と不思議がるが、軍事力こそが食料調達の手段であることは今回の米朝合意を見ても分かる。
核弾頭をぶっ放されたくなければ食料をよこせ

 だから誰がなんと言おうとミサイル発射実験は行われるだろう。
ロケットの先には核弾頭を擬したレプリカが装備されているだろうが、これを北朝鮮は人工衛星と主張するはずだ。
おそらく射程距離は8000km程度で、グアムやアラスカあたりは射圏内に入る。
アメリカにとっては実に悩ましい交渉相手で、一方中国やロシアは手に負えないヤクザな息子を今後ももてあますということになる。

なお09年のミサイル発射実験の記事は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat33268425/index.htm

また北朝鮮関連の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47152576/index.html

http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat33268425/index.html 

別件 )
先日おゆみ野クリーンクラブのカンパを依頼しましたが、そっさく何人かの方が応じてくださり心から感謝いたします。花見までには塗装を終了させておきます。

なお、依頼文は今月いっぱい下記に継続して掲載いたします。


従来おゆみ野四季の道の清掃関係や塗装関係費は自費で調達してきましたが、生活費がかさみ思うに任せなくなってきております。
おゆみ野在住者で、かつ四季の道を日常的に利用されている方で、四季の道を世界でもっとも美しい道にする活動に賛同される方に、ペンキ代のカンパをお願いいたします。


① カンパは一人3000円(ペンキ1.8L 一缶の値段)をお願いできないでしょうか。年間のペンキは約20缶程度です。

② カンパの件数、金額は毎月1回このブログで報告します。また決算報告は年1回行います。

③ 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです。


・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)


 
 

|

« (24.3.27) 佐倉朝日健康マラソンに参加した ひどい結果だ | トップページ | (24.3.29) シャープの悲しい方向転換 液晶パネルからの撤退 »

評論 世界経済 北朝鮮経済 政治情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.3.27) 佐倉朝日健康マラソンに参加した ひどい結果だ | トップページ | (24.3.29) シャープの悲しい方向転換 液晶パネルからの撤退 »