« (24.3.10) BS世界のドキュメンタリー 血塗られた携帯電話 タンタルの争奪戦 | トップページ | (24.3.12) NHKスペシャル 調査報告 原発マネー »

(24.3.11) BS世界のドキュメンタリー 南京長江大橋に星を 急増する農民工の自殺

Dsc01978

 現代中国を理解するうえで最も不思議で理解困難な制度は戸籍制度である。中国には都市戸籍農村戸籍という区分があり、通常は戸籍の移動はできない。
最も例外はあり、大学に進学したり国家機関に就職したり、国営企業に就職したり、また高額納税者(これは賄賂を出せばと言うこと)であったりすると農村戸籍都市戸籍に変えることができる。
はっきり言えば頭が良いかお金があれば農村住民も都市住民になれるが、そうでなければ農村出身者はいつまでたっても農村出身者と言うことになる。

 今回のドキュメンタリーは南京大橋での自殺を防止する陳さんという人の孤軍奮闘のボランティアを扱った番組だ。
南京大橋は全長4600m長江揚子江)にかかる橋で、ここで自殺する人が後を立たない。
そして自殺者の多くが農民工農村地帯から南京に出稼ぎに来ている農村出身者の総称)で、陳さん自身も農民工であり、なんとか自殺者を救おうと休日は必ず南京大橋で自殺防止の見張りをしている。
南京では(他でも同じ農民工の自殺が圧倒的に多いのだ

 いままで南京大橋で自殺者を救った数は228人だそうだが、そのために陳さんは家計を省みずボランティアにすべての費用を費やしていた。
家計は妻のアルバイトでまかなわれており、一方陳さんは自殺者保養所のような場所を賃借していたが年間25万円程度の出費になっていた。
陳さんもバイト収入だけだから家計は極端に苦しく半年前に切れた電球を取り替えることもできない。
これ以上ボランティアばかりすると離婚する」と妻から言われていたが当然だろう。

 中国の自殺者は年間30万人程度で、日本の3万人に比べると多いが人口比ではほとんど同じレベルで最近は急増しているのだろう。
自殺ランキングのトップはロシアや韓国や日本だと思っていたのに、今では中国も同じかい・・・・・・・・・・」これには驚いた。

 農民工が自殺をする理由は都市の住民サポートをまったく受けられないからで、病気になったら自費だし、学費も補助はなく、商売をしようとしても許可書が降りず、住居も割り当てがない。
そのため農民工は一種のスラムのような場所で寝起きをしており、病気になったら医者にかかれないため悲観して自殺をするという。

 この中国の戸籍問題はおそらく中国における最も深刻な問題だろう。
都市住民は農民工を一種の第2級市民とみなして差別をすることに躊躇しない。
南京大橋での自殺者の7割は農民工だが、南京市民は「だからなんなの、死にたい人は死ねばいい」といういたってさめた態度だ。

 戸籍制度そのものは中国が発祥の地で、中国人は戸(一族に近いという単位で生活をしていた。そのため時の権力者は住民支配の道具としてこの戸籍を活用し、戸ごとに土地を分け与えたり、税金を科したり、兵役を科した
日本でも奈良時代にこれをまねて戸籍制度を作ったが、日本は戸という単位ではなく家という単位で生活していたために形骸化が始まり、武士の成立とともに実質的な戸籍制度はなくなった(ただし現在でも戸籍制度そのものは存続しているが戸単位の把握ではなく家単位の把握になっている。だから日本では正確には家籍制度と言うことになる)。
 
 

 元々は住民支配の手段で都市であろうと農村であろうと人民をその戸単位で把握しようとしたのだが、都市と農村間の富の偏在が始まり、そうとばかりいえなくなってきた。
所得格差は3分の1から5分の1になって、さらに都市部では福祉制度が充実してきているが農村出身者は完全にその恩恵の外にある。
貧しい農民工と豊かな都市住民の格差はますます広がりつつあり、貧しさはさらなる差別の原因になる。
農民工なんか使い捨てだ」都市生活者は本音ではそう思っている。

 この陳さんのボランティア活動は何か貧しく差別された農民出身者の都市住民に対する抵抗のように私には見える。
そうとでもしないと人間として生きていけない農民工の心のようなものを陳さんの活動に感じた。

注)この都市と農村の戦いは中国の今後を占う試金石になる。この問題が先鋭化するとかつての中国で動乱期に必ず発生した農村からの集団亡命(亡民)が発生する。

なおBS世界のドキュメンタリーシリーズは以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nkk/index.html
 

 

|

« (24.3.10) BS世界のドキュメンタリー 血塗られた携帯電話 タンタルの争奪戦 | トップページ | (24.3.12) NHKスペシャル 調査報告 原発マネー »

評論 世界経済 中国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.3.10) BS世界のドキュメンタリー 血塗られた携帯電話 タンタルの争奪戦 | トップページ | (24.3.12) NHKスペシャル 調査報告 原発マネー »