« (23.3.20) AIJ金融検査の限界 垂れ込みがなければガサ入れはできない | トップページ | (24.3.22) アサド政権はなぜ崩壊しないのか 独裁政権の強靭性 »

(24.3.21) 就職戦線異常あり 内閣府の調査結果

20920_019

  このたび始めて内閣府が発表した10年度卒業の大学、専門学校、高校、中学の就職状況調査を見て「やはりそうなのか」と暗澹たる思いがした。

 今までの就職状況調査は文部科学省が行ってきた抽出調査なのだが、それによると大卒91.8%、専門学校卒87.4%、高卒93.8%と完全雇用とは言わないがまずまずの数字が並んでいた。
そうか、日本はまだヨーロッパやアメリカのような新卒者にとって超氷河期と言えるような状況ではないんだ」ほっとしたものだ。

 しかしこの文部科学省の調査にはかなり問題があって、そもそも最初から就職を諦めた人は分母に入っていない(失業率と同じ)。
また最近の企業は見習い期間というようなものを設定して、一定期間後に能力がないと判定された人は正社員の登用を拒否している。
そうした色々な問題点があるが、何しろ就職している人の割合なのだ。

 一方内閣府が行った調査はまさにその反対の調査で就職後3年間にまだ同じ職場に留まっている人の割合である。
3年以内に退職した人(その後の経緯は不明)、当初から無職だったりアルバイトをしている人、学校を中退してしまった人(その後の経緯は不明)を加えると大学・専門学校卒の52%、高卒の68%が正社員でないという。
正社員でないからといって就職していないとはいえないが、大卒の半数、高卒の3分の2が不安定な生活をしているという。
かつて私が大学を卒業した頃はほとんどすべての人が正社員だったことを思えば隔世の感がある。

 この内閣府の調査は私の身の回りの状況と一致する。
私の知り合いにとても優秀な子供たちがいる。
長女は著名な大学の理科系の大学院を卒業したのだが、当初内定していた職場を出勤当日に馘首されてしまった。
当時就職内定者の内定取り消しについてマスコミのバッシングがあったので、それの対応で一旦就職させてからの首切りだ(その後長女は他の会社に就職した)。
次女は教育系の文系の大学院を卒業したのだが、高校の講師を続けている。
私の頃も大学院生がアルバイトで講師をしていたが、こうした人は講師はその後大学の教授になるための一時のステップに過ぎなかった。
しかし次女はいつまでたっても講師のままだ。
長男は大学を卒業して一旦企業に勤めたが業績を理由に馘首されてしまった。今はコンビニでアルバイトをしている。

 私が大学を卒業した頃に比べると信じられないような状況だ。私自身は4つの職場から内定をもらっていたが、私が就職活動をそこで止めたのはそれ以上すると断るのが大変だと気がついたからだ。
私が断った職場は今の大学生だったら随喜の涙を流すだろう。

 日本がこうした状況になっているのは日本経済の停滞に原因があるのは言うまでもない。
NECや日立や東芝やシャープといった輸出産業は今では人員削減に大童だ。
国内産業の雄といえば公務員や教員だがこうした職場も財政逼迫の折から採用人員を大幅に減らしている。

 ここ千葉では成田空港が多くの職場を提供してきたのだが、08年に5万人いた職員は11年には4万人になり、1万人も従業員が少なくなっている
航空需要が低迷し、航空会社が首切りを行っているからだ。

 就職戦線は日を追って厳しくなっている。
こうした状況下で学生ができることは遊んでいないで職場で求められる技術を身につけることしかない。技術といっても本格的なものは無理なので最も有効な技術は語学である。
英語や他の外国語を流暢に操れれば就職戦線を有利に進められる。
また日本に就職の場がなくても外国で職場を見つけることができる(今オーストラリアはバブル期以前の日本のように景気がいい)。

 就職ま近になって急に整髪しリクルートルックを着て言葉を丁寧にしても、サラリーマンならみんなそうしているのだからその程度では無理だ。
日本からはこれからも就職場所が失われていくのだから、そうした中でも勝ち残れるよう努力するより他に手はない。
日本の大学生がただ遊んでいればよかった時代は高度成長期だけで、現在は死に物狂いで努力しないと就職できない時代なのだ。

注)日本における唯一の成長産業は医療・介護だと私は思っているが、こうした職場においても規制が厳しく成長産業になっていない。このため学生が正社員として就職する場がますます狭められている。

なお就職問題については以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47699653/index.html


 (別件
昨日おゆみ野クリーンクラブのカンパを依頼しましたが、そっさく何人かの方が応じてくださり心から感謝いたします。花見までには塗装を終了させておきます。

なお、依頼文は今月いっぱい下記に継続して掲載いたします。


従来おゆみ野四季の道の清掃関係や塗装関係費は自費で調達してきましたが、生活費がかさみ思うに任せなくなってきております。
おゆみ野在住者で、かつ四季の道を日常的に利用されている方で、四季の道を世界でもっとも美しい道にする活動に賛同される方に、ペンキ代のカンパをお願いいたします。

① カンパは一人3000円(ペンキ1.8L 一缶の値段)をお願いできないでしょうか。年間のペンキは約20缶程度です。

② カンパの件数、金額は毎月1回このブログで報告します。また決算報告は年1回行います。

③ 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです。

・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)

|

« (23.3.20) AIJ金融検査の限界 垂れ込みがなければガサ入れはできない | トップページ | (24.3.22) アサド政権はなぜ崩壊しないのか 独裁政権の強靭性 »

評論 日本の経済 就職問題」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

(山崎)気に入っていただいて光栄です。

投稿: 就職の添え状 | 2012年3月25日 (日) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.3.20) AIJ金融検査の限界 垂れ込みがなければガサ入れはできない | トップページ | (24.3.22) アサド政権はなぜ崩壊しないのか 独裁政権の強靭性 »