« (24.3.26) 厚生年金基金崩壊の危機と日本の年金制度 | トップページ | (24.3.28) 北朝鮮の瀬戸際外交 人工衛星とミサイルの区別は誰にもつかない »

(24.3.27) 佐倉朝日健康マラソンに参加した ひどい結果だ

20120325_090436

 それにしても昨今のマラソンブームについては驚いてしまう。昨日(25日)千葉の佐倉市で開催された佐倉朝日健康マラソンに参加したのだが、その参加人員の多さに驚いてしまった。
この大会はフル以外に10km3kmの種目があるのだが、フルだけでも7000名弱、全体では12000名だと言う。

 元々は千葉のローカルな大会で、出場選手もそこそこですぐにスタート地点に到達したのに、今回はスタートの号砲がなってからスタート地点を通過するのに2分以上かかっていた。
スタートは岩名運動公園の陸上競技のトラックなのだが、目いっぱいに選手が並んでいる。
しばらくはイモ洗いの状況でとてもスピードを出すような状況でない。
ついにマラソンブームもここまで到達したか・・・・」感無量だ。

注)このマラソンブームの火付け役は東京マラソンの開催にこぎつけた石原都知事である。マラソンが都市の再生に役立つことを明確に認識した日本の最初の政治家といえる。

 今回私はちはら台走友会のメンバー10名と一緒に参加したのだが、私自身の成績は散々を通り越して目を覆わんばかりの内容になってしまった。
私は今シーズン3回フルマラソンを走ったが、昨年11月のつくばマラソンは4時間3分、今年1月の館山若潮マラソンが4時間11分、そして今回の佐倉朝日健康マラソン4時間23分9秒だった。
走れば走るほど遅くなるのだから頭を抱えてしまう。

 最も理由は明確でこのところ練習量が加速度的に落ちている。
もう十分年を取ったのでこれからは楽しんで走ることにしよう」なんて悟ったとたんに練習にシリアスさがなくなってしまった。
日常的におゆみ野からちはら台にかけての13kmは走っているのだが、前半はちんたらと歩くよりはマシと言う速度であり、途中のちはら台駅でコーラを飲んで一休みして、そこから少しまじめに走るのが日課になっている。
かつては最初から最後まで飛ばしていたのが夢のようだ。
これでフルマラソンの記録が維持できると思うほうがどうかしている。

 もっともゆっくり走るようになって景色が良く見えるようになってきた。
ランナーなら良く知っているがシリアスなランナーはほとんど周りの景色を見ていないし覚えてもいない。
私の場合でもかつては地面の具合あそこは砂利道だとか右回りがきつかったと言うようなこと)や前にいるランナーのコスチュームフォームは覚えていても景色はほとんど記憶になかった。

 しかしスローランナーになったおかげでこのコースが印旛沼の周辺を回っていることに始めて気がついた。
沼らしいものがあるのは前から知っていたが印旛沼だとはまったく知らなかったのだ(正確に言うと2年前にここが印旛沼と知ったのだが、その後まったく忘れていた)。

 印旛沼江戸時代を通して3回も干拓と運河の建設が計画されそのたびに失敗してきたいわくつきの沼だ。
この沼は利根川と東京湾を結ぶルートの中央に位置する。
ここに利根川と東京湾を結ぶ用水路ができれば利根川が氾濫しそうになったときの放水路としても利用できるし、江戸川以外の交通路としても利用できる。
また印旛沼を埋め立てて農業用地新田開発)にもすることができるので、豪商の染谷源右衛門や老中の田沼意次水野忠邦が幕府の威信をかけて取り組んだ事業だ。

注)実際は江戸幕府はこの事業に成功せず、昭和になってようやく放水路が完成した。

 このようにゆっくり走ったおかげで印旛沼を堪能できたのだが、何しろ私は走友会のメンバーだ。走って何ぼの世界に生きているのに景色を眺めているようでは情けない。
このままでは引退間じかの老ランナーになってしまいそうなので対応策を考えないといけないところまで追い詰められてしまった。

なお ちはら台走友会の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44088639/index.html

別件 )
先日おゆみ野クリーンクラブのカンパを依頼しましたが、そっさく何人かの方が応じてくださり心から感謝いたします。花見までには塗装を終了させておきます。

なお、依頼文は今月いっぱい下記に継続して掲載いたします。


従来おゆみ野四季の道の清掃関係や塗装関係費は自費で調達してきましたが、生活費がかさみ思うに任せなくなってきております。
おゆみ野在住者で、かつ四季の道を日常的に利用されている方で、四季の道を世界でもっとも美しい道にする活動に賛同される方に、ペンキ代のカンパをお願いいたします。


① カンパは一人3000円(ペンキ1.8L 一缶の値段)をお願いできないでしょうか。年間のペンキは約20缶程度です。

② カンパの件数、金額は毎月1回このブログで報告します。また決算報告は年1回行います。

③ 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです。


・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)

 

|

« (24.3.26) 厚生年金基金崩壊の危機と日本の年金制度 | トップページ | (24.3.28) 北朝鮮の瀬戸際外交 人工衛星とミサイルの区別は誰にもつかない »

マラソン ちはら台走友会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.3.26) 厚生年金基金崩壊の危機と日本の年金制度 | トップページ | (24.3.28) 北朝鮮の瀬戸際外交 人工衛星とミサイルの区別は誰にもつかない »