« (24.2.19) ギリシャ支援は泥沼のごとく ギリシャの国家財政と脱税の闇 | トップページ | (24.2.21) NHK ヒューマン 第3集 大地に種をまいたとき »

(24.2.20) 四季の道駅伝が終わった 

20120219_103515


 毎年この時期になるとおゆみ野四季の道で開催される駅伝にかかりっきりになってしまう。
実行委員は数十人いるのだから、数十分の1程度の緊張感でいいはずなのだが、やけに肩に力が入ってしまうのだ。
駅伝は19日)に開催されたのだがその前準備で気もそぞろになってしまった。

 私の担当は、小学生のために4回ほど練習会を実施することで、四季の道の快速ランナー小栗さんや、四季の道ランナーズのメンバーと一緒になって駅伝の基礎を教えているのだが、子供たちが熱心なので手を抜くわけに行かずテンションがあがる。

 またこの合同練習会とは別におゆみ野南小学校の生徒に1月から2月にかけて週1回の割りでランニング教室を開催していた。
このランニング教室は南小のわくわくキャンパスの一環として企画され、そのコーディネーターのMさんがとても熱心に子供たちを集めてくれるので、私も張り切ってランニングの基礎と駅伝の基礎を教えたものだ。

 また私はコースの管理担当なので、駅伝の前々日あたりからとても忙しくなり、この四季の道と一般道が交差している通称ガタガタ道と、ピーナッツ道の鎖の撤去やピーナッツの撤去を行った。
ガタガタ道の鎖の撤去は緑土木事務所の担当者がしてくれるので私は立会いだけだが、ピーナッツ道のピーナッツの撤去とそのあとベニアで覆う作業は私がしている。

 このピーナッツの重さは一個30kg程度あって腰を入れて抜き取らないと抜けない。
エイヤー、それ!!」と掛け声をかけて抜いたが、年齢のせいだろうか毎年毎年このピーナッツの重さがこたえるようになった。

 前日は四季の道ランナーズや私が所属しているちはら台走友会のメンバーといっしょになって、スタートラインや中継地点のテープ張りや、間違いやすい箇所にテープで矢印を付ける作業を行った。
2時間程度で終わる作業だが地面が濡れているとテープが張り付かない。「何とかこの間だけでも晴れていてほしい」と祈るばかりで天候が気になった。

 四季の道駅伝は年々盛んになり、今回は700名を越える参加者になった。
唯一の心配はインフルエンザで出場する生徒が少なくなることだったが、今回はそれほど影響はなく2チームが出場を取りやめただけだった。
昨年から中学生がこの駅伝に参加してきたのでとても駅伝らしくなっている。
特に陸上部の選手はこの寒風の中をランパン・ランシャツで走り抜けていたので、なにか高校駅伝を見ているような感じになる。
またこの日は幸いに快晴で風も強くなく絶好の駅伝日和だった。走る人も応援する人もとても気持ちよく感ずる一日だった。

20120219_105100


 小学生と中学生は秋の道公園の近くの東西南北ロータリーでコースが異なる場所があり、この分岐点を間違わないようにと気を使ったが、さすがに中学の陸上部となると事前のアップでコースの確認をしていた。
そうか中学生になれば事前走行をして確認するんだ・・・・」

注)コースの誘導にはかなり気を使う。かつて千葉のマリンマラソンでコース誘導を間違え3kmも距離が短くなったことがあった。主催者はレース後平謝りだったが、このレースで記録を狙っていた人は実に気の毒だった。

 駅伝の面白さは子供たちが全力をあげて精一杯走ることだ。歯を食いしばって走っているところなんかは壮観なものだ。
私も個人走よりは駅伝が好きなのだが、その理由は普段絶対に出さないスピードで走れるからだ。
他の人に迷惑をかけるわけにいかない」と思うとなぜか個人走の1.2倍程度の速さで走ることができる。

 
 この駅伝は学年ごとに10分程度の間隔でスタートしているので、一箇所にたってみていると1時間30分程度で全員通り過ぎていく。
終わるとコースに張ったテープと設置したコーンを回収して回ることになる。
当日も四季の道ランナーズちはら台走友会のメンバーが走者がコースを間違わないようにコース管理をしてくれており、終わればメンバーや役員がテープをはがしてくれるのですぐにコースはたちまちのうちに元通りになる。

注)ピーナッツ道のコンクリートのピーナッツはそこで交通整理をしていた人たちが元に戻してくれていた。自分で戻すつもりだったがやれば腰を痛めそうな重さだ。

 それでも私は最終確認のために四季の道を1周するのだが所々に残っていたテープをすべてはがしコーンを返しておしまいだ。
私自身は開会式閉会式も事前準備と後片付けのために出ていない。
本当は子供たちの表彰式を見たかったのだが、大会の責任者の一人から駅伝は大成功に終わったと聞いた。

追伸)四季の道ランナーズ、ちはら台走友会のお手伝いをしてくださった皆さん、それにボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。おかげさまで大会が大成功に終わりました。感謝しております。

なお過去の四季の道マラソンの記事は以下参照

http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat32143976/index.html

(別件)「おゆみ野四季の道」のカウンターを10000を「おゆみの四季の道 新」に追加しました。

|

« (24.2.19) ギリシャ支援は泥沼のごとく ギリシャの国家財政と脱税の闇 | トップページ | (24.2.21) NHK ヒューマン 第3集 大地に種をまいたとき »

マラソン 四季の道駅伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.2.19) ギリシャ支援は泥沼のごとく ギリシャの国家財政と脱税の闇 | トップページ | (24.2.21) NHK ヒューマン 第3集 大地に種をまいたとき »