« (24.2.8) 異常寒波の原因がさっぱり分からない?  | トップページ | (24.2.10) がんばれ日本の学生 就職戦線異常あり Abnormality job market »

(24.2.9) トヨタの惨憺たる決算状況 トヨタは再生できるのか? Toyota's dismal financial situation

261

 トヨタ11年4月~12月までの決算実績と、12年3月期の通年の決算見込みを発表したが、その惨憺たる結果に思わず目を覆いたくなった。
トヨタと言えばリーマン・ショックが発生するまでは連結で2兆円単独で1兆円営業利益を計上していた日本のトップ企業で、世界のトヨタといわれていたほどの自動車メーカーだった。

 あれから3年半、トヨタは並みの企業になっただけでなく、トヨタ単独では4期連続の赤字を計上し、その赤字幅は毎年増加している。
もはや世界のトヨタの面影はなく、かえって赤字脱却にあえいでいたしばらく前のJALのように見える。
もっともトヨタにとっては多くの不幸が存在し、経営不振はトヨタだけの経営責任とはいいがたい。

 アメリカでトップ企業になったとたんに、オバマ政権の国内産業保護の犠牲となってプリウスの事故をトヨタ追い落としのターゲットにされてしまった。
トヨタの事故はまったく濡れ衣で、当の調査をしたラフード運輸長官が昨年2月「子制御システムには欠陥がなく私の娘もトヨタに乗っているので安全だ」と安全宣言をすることで終止符が打たれた。
しかしこれはトヨタ車がアメリカでまったく売れなくなったことを見極めた後の謀略終了宣言である。

注)アメリカのトヨタ社追い落とし戦略は以下にまとめてある。http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat38892627/index.html

 さらに日本では昨年3月東日本大震災が発生し、トヨタ自慢のカンバン方式が機能しなくなり、さらにタイの洪水が追い討ちをかけてしまった。
トヨタの発表ではこの震災タイの洪水による営業利益の下押し要因は2700億円だと言う。
しかしそれにも増してトヨタに決定的な打撃を与えているのは円高で、この下押し要因は3100億円だと言うから、円高こそがトヨタ低迷の最大の要因と言える。

 トヨタは豊田社長が「日本での300万台生産維持を死守」を目指して努力しており、私はこの豊田社長の日本を愛する気持ちには心から敬意を払っているが、一方でこの決断は経営者としては最悪な判断だと思っている。

 何度も記載したのでまた記載するのははばかられるが、日本ほど輸出産業に不適な場所はない。それは円が毎年のように上昇するからで、いくら経営合理化を行ってもこの円高には対抗できない。
よくトヨタは1円の円高で300億円の損失が発生すると言われている。
これは主として為替差損を言っているのだが、実際に円高が固定してしまうと競争相手のドイツ車や韓国車との競争にまったく勝てなくなって、販売そのものが縮小してしまう。

注)企業は内部為替レートを毎年設定して、これを基準に部門間での取引を行い、部門収支をはじいている。しかしドルが内部為替レートより5円の円高になれば、5円 × 300億円 = 1500億円の為替差損が決算で発生することになる。

 この76円の円高水準は日銀が昨年来何度も為替介入を行い、やっとのことで維持している水準で、今後も円高圧力は継続すると思っておく必要がある。
日本経済の現状を見てなぜ円高が進むのか多くの人は不審に思っているが、通貨の価値は経済のファンダメンタルとはほとんど関係がない

 通貨の価値は金融政策に関連し、アメリカがゼロ金利政策を継続しドルを市場にばら撒いている限りドルは円に対して常にドル安になる。
かつては日本だけが通貨安政策をとっていたので1ドル120円程度の輸出産業にとってわが世の春のような状況が続いていたが、今はアメリカのドル安政策によって日本の円の優位性(円安政策)は崩壊している。

 トヨタは果たして生き残れることができるだろうか。トヨタ単独では毎年のように赤字幅を増大している。
現在トヨタは国内で生産した車の約6割を輸出しているが、この部分を現地生産に切り替えない限り赤字は継続して発生するだろう。
日本で輸出産業が成り立つ条件はなくなっているので、トヨタは国内販売目的に約120万台(4割当相)規模の生産ラインを残してあとは海外生産に移らない限り復活は難しそうだ。

 私は豊田社長の日本を思う気持ちはとても好きだが、このままではどうしても赤字からの脱却は不可能でジリ貧になっていくだけだろう。

なおトヨタ自動車に関する最近の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43946940/index.html

(Google Translation)

Toyota has announced financial results for performance and until April to December 2011, the expected financial results for the year ended March 31, 2012.
Look at the results that miserable, I felt like covering my eyes involuntarily.
Until there is a collapse of Lehman Brothers, Toyota's operating revenue has recorded  ¥ 1 trillion by itself ,also, is a 2 trillion yen in consolidated financial statements.
And, it is said that Toyota is the world's Toyota.
After three and a half years since then, Toyota has become a normal company. Toyota recorded a deficit unconsolidated balance sheet of the fourth consecutive year, the deficit is increasing every year.
Remnant was called Toyota is the world 's largest companies already disappeared. On the contrary, Toyota looks like JAL deficit while ago.
However, for Toyota there was a lot of unhappiness.
Poor management is not only responsible for the management of Toyota.
As soon as Toyota has become the leading company in the United States, became a victim of domestic industry protection of the Obama administration. Accident of the "Prius" happens to occur at that time. Obama was the target of the attack it's Toyota.
Toyota's accident was entirely innocent. Transportation Secretary Lahoud has declared the examination was conducted in February last year, as follows.
"Toyota's electronic control system is not defective. My daughter is riding in the car at Toyota"
However, this is after that it no longer identify selling Toyota vehicles in the United States at all, the end trick is a declaration.
In Japan, East Japan Earthquake occurred March last year, Kanban does not work and the flood of Thailand had struggling even more.
According to the announcement of Toyota, factors of operating income downward by this earthquake and flood in Thailand say 270 billion yen.
However, it gave a decisive blow to Toyota than ever it was a soaring yen currency. This is a 310 billion yen downward factors. So, what say soaring yen currency is the biggest factor of Toyota downturn.
Toyota president has been working towards the "defend the production of 300 million cars in Japan."
I have truly paid homage to the Japanese love of this Toyota president.
On the other hand, I think that this decision was the worst.
Because Japan is the most unsuitable place for the export industry. Yen rise as each year. This can not catch up to the soaring yen even after so much rationalization of management.
It is said that Toyota is to occur a loss of ¥ 300 billion yen of ¥ 1.
It is said that the foreign exchange losses. But now, the yen had actually fixed, Toyota was not win at all to compete with German cars and Korean cars of competitors. And sales would shrink.
Bank of Japan made ​​a foreign exchange intervention many times since last year. Then, the exchange has maintained a high level of yen 76 yen. Appreciation of the yen pressure will continue in the future.
Look at the current state of the Japanese economy, "Why the yen proceeds" many people are suspicious. In fact, the value of the currency and the fundamentals of the economy is irrelevant.
Value of the currency is related to monetary policy. The United States is scattered in the market the dollar to continue its zero interest rate policy. Therefore, the U.S. dollar will always weak dollar against the yen.
Once, only Japan had adopted a policy of currency depreciation. At the time, one dollar was about 120 yen. It was followed by situations such as the spring for the export industry. But now, the superiority of the Japanese yen (yen depreciation policy) has been destroyed by weak dollar policy of the United States.

Will Toyota be able to survive?
Toyota's unconsolidated balance sheet has increased the deficit every year. It is like the former JAL.
Currently, Toyota has been exporting about 60% of the car was produced in the country. Unless Toyota switch to overseas production this part, Toyota deficit will continue to occur.
Export industry conditions in Japan are no longer holds. Toyota will leave the production line of the scale (equivalent to 40%) about 1.2 million car sales purposes. And, as long as there is no later moved to overseas production, Toyota is difficult resurrection.

At this rate, Toyota is impossible to break away from the deficit, will only become the dwindling of business.

|

« (24.2.8) 異常寒波の原因がさっぱり分からない?  | トップページ | (24.2.10) がんばれ日本の学生 就職戦線異常あり Abnormality job market »

評論 日本の経済 トヨタ自動車」カテゴリの記事

コメント

山崎さんの評論はバランスが良いので、読んでいて気持ちが良いです。
これはおそらく、頭の柔らかさ、社会経験の豊富さと、勤勉の賜物だと思います。
ただ今回は少しだけ引っかかる所がありました。
それは製造業と銀行屋さんの感覚の違いみたいなものだと思います。

例えば、1台100万円の車を生産するのに要する費用、すなわち部品代と製造工程の労働者賃金の合計は10万円くらいだと思います。
その上に、開発費用や間接部門の人件費や利益をどれだけ乗せるか、という問題ですが製造業の伝統的な考え方としては、限界利益を超えている限り突撃しろ、という事ではないでしょうか。
儲けは海外生産で補えばいい。
細かいことは考えず、走りながらコストダウンすればいい、円高だって10年サイクルではどうなるか分からない、と考えたと思います。

一方、銀行屋さんとしては、そんなアホな考え方は受け入れられない、という事だと思います。

まあ山崎さんのことですから、焦点をボケさせない為に、あえて流れを絞ったのかもしれませんがちょっと違和感を感じたものですから書き込みました。

(山崎)いつもコメントありがとうございます。最近は気持ちがシリアスになっていて思いっきり書くようになっています。おそらくそうしたことが違和感につながるのでしょう。
当面こうしたスタイルですが、おお許しください。
                                                    

投稿: 三太郎 | 2012年2月 9日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.2.8) 異常寒波の原因がさっぱり分からない?  | トップページ | (24.2.10) がんばれ日本の学生 就職戦線異常あり Abnormality job market »