« (24.2.2) 第32回 館山 若潮マラソンに参加した | トップページ | (24.2.4) 森の幼稚園  農業大学教授 上原巌氏の話 »

(24.2.3) 人口の減少と日本の将来像 Decrease in population and Japan's future

031

 国立社会保障・人口問題研究所社人研)が発表した12年度版の日本の将来人口推計は、10年度の人口1億2806万人が50年後の60年には8674万人約3割減少するという。
50年間で約4000万人の減少だから、年度の単純平均で毎年80万人の人口が減少するこということになる。
私の住んでいる千葉市の規模の都市が毎年消滅していくようなイメージだ。

 一方で老齢化比率65歳以上の老人人口比率)は、現在でも23%と世界で最高の比率だが、これも50年後には39%と圧倒的に年寄りが多い国なっていると言う。
ドイツもイタリアもかなりの老人国家だが日本のレベルは突出しており、その原因は平均寿命が女性で1位、男性4位とこれも世界でトップクラスの長寿国だからだ。

 日本の将来社会は簡単に言ってしまえば人口は毎年劇的に減少し、残ったのは老人ばかりのなんとも活気のない社会と言うことになる。
私は仕事の関係でよく地方都市を訪問していたが、特に山陰の県庁所在地の物寂しさは群を抜いていた。
昼間など町を歩いてもほとんど人通りがなく、たまに会うのは老人ばかりだった。
今後はこうした町がいたるところに現れるのだろう。

 人口が減り、老人が増えると言うことは国内の消費市場が縮小していくと言うことを意味する。
人口減はそれだけで消費財に対する需要をなくすが、高齢化も消費市場が縮小する大きな要因になる。

 何しろ高齢者は今ある物を大事に使って新しいものに飛びつかない。
スマートフォンフェイスブックに飛びつくのは好奇心旺盛な若者だけであり、年寄りには昔の電話でコミュニケーションは十分だ。
外出して買い物をすることも少なくなるからデパートスーパーも、そしてコンビニさえも斜陽産業になってきた。

注)私が生まれ育った八王子市で駅に隣接しているそごうデパートが閉店した。八王子のような東京近在の都市で、しかも抜群の立地条件にあるデパートが閉店に追い込まれるほど消費財産業は厳しい。

 ビールやお酒の出荷量はかなり前から対前年を下回るようになっており、住宅建設も老齢者は手当てを終わっているか、あるいは手当てをすることをあきらめているのでここも斜陽産業だ。

注)住宅需要は1997年をピークにすでに低下に転じている。詳細は以下参照。
http://www.dbj.jp/reportshift/topics/pdf/no120.pdf

 日本では今までの人口構造と高齢化比率を前提に企業が存在しているので、毎年生産量が需要量を上回ってしまい、常にデフレ圧力がかかる構造になっている。
一般にデフレは円高による海外製品の価格低下だと説明されるが、たしかにこれも原因ではあるが主要要因ではない。

注)日本の輸入品目の推移は以下のグラフ参照。ほとんどが鉱物資源(石油、LNG、鉄鉱石等)であることがわかる。
http://www.jftc.or.jp/kids/kids_news/japan/item.html

 日本は石油やLNGや鉄鉱石や銅と言った資源を大量に輸入しているが、食料や衣類や等の一部を除けば、消費財はほとんど国内で生産している。
だから消費財の価格低下の本当の原因は人口の減少と高齢化だというのが正しい見方だ。

 こうした国内市場の縮小の中で、唯一成長しているのが医療産業である。
これは当たり前で老人ばかりが多くなれば医者にかかる機会は圧倒的に多くなり、実際病院にいってみれば老人だらけだ。

注)医療費の推移は以下のグラフ参照
http://www.mhlw.go.jp/topics/medias/year/08/dl/1-1.pdf

 日本は世界最速の老人大国で、世界最大の老人医療国家といえる。
老人医療費は毎年のように増え、また介護にかかる費用もうなぎのぼりだ。
これほど確実に需要が見込まれる産業はほかにない。

 一般に医療費の増大は国庫の社会福祉関連費用の増大問題と捉えられ否定的に見られることが多いが、見方を変えれば老人が大挙して医院に押しかけているのだから、絶対の成長産業ともいえる。

 今後世界は先進国を中心に老人だらけになる。老人にとっての唯一と言っていい増加する支出は医療費だ。
日本はその最先端を行く先進国なのだから、日本はそのもてるノウハウを駆使して、世界中の老人を日本にむかえいれれば、老人は喜んでくるはずだ。

注)現在フィリピンからの看護師や介護師が来日し、国家試験を受けているが日本語の漢字が難しく合格率は極度に低い。
フィリピンの看護師に漢字を教えるよりも、英語で世界各国からくる患者を看護させるほうがよっぽど生産的だ。


 何しろ日本には1億3千万人を対象にしたインフラが整備されているのに、住む人は9千万人なるのだから、住宅も交通網も病院も学校もガラガラに空いてくる。
こうした使われないインフラを利用して世界の老人医療大国になるのが、日本の将来像だと私は思っている。
これ以外の有効な対策はちょっと考えつかない。

なお日本の将来に関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47661116/index.html


(Google Translation)

National Institute of Population and Social Security announced that Japan's future population projections for fiscal year 2012 level. According to the report, the population in 2010 was 12 806 million people, while the population is 8674 million people in 2060. Approximate population will be reduced about 30%.
It decreased from about 40 million people in 50 years, it would mean a reduction in the population of 800,000 in fiscal year simple average.
Every year we have gone largest city I live in Chiba.
Meanwhile, the aging rate (percentage of the population aged over 65 years) is the world's highest percentage of 23% in the present. After 50 years it is 39%. Japan is a country with a predominantly elderly.
Germany and Italy is a country quite elderly. Levels of elderly Japanese people have been projecting.
Because the cause of a long life expectancy. Japan is a country in the world's top longevity.
Japanese society in the future will be dramatically reduced the population each year. The remaining communities survive only old people would say that without a vibrant society.
I often visited the local city. In such a prefectural capital city, especially lonely.
I walked the streets. It does not have a little crowded, and had just met an old man sometimes.
In the future, this city will appear everywhere.
Less population, more elderly. It means that we have reduced the domestic consumer market.
The population fell to eliminate the demand for consumer goods on their own. While aging is a major factor in shrinking consumer markets.
The elderly take care of the ones they use, and not interested in new things.
Young people show an interest in smart phones and Facebook. But because they are curious. Meanwhile, elders communicate by telephone line.
Elders may be less to go shopping. As a result, in the Japanese department store, supermarket, convenience store has become a sunset industry.
Shipments of beer and liquor is now considerably lower than the prior year. Housing construction is declining industry here. Because elderly housing allowances are over. Alternatively, elderly housing has been given up.
In Japan, there is a company that assumes the rate and aging population structure. Therefore, the annual production would exceed demand. The structure is always pressure on deflation.
In general, explained that deflation is falling prices of foreign products by the strong yen. Certainly this is one factor. But that is not the major factor.
Japan's imports are oil, LNG, iron ore, copper, and it's resources. Excluding food and clothing, consumer goods production has been mostly in Japan.
The true cause of lower prices for consumer goods , one factor is the declining population, aging population is another factor.
Such reduction in the domestic market, the healthcare industry is only growing.
Many old man visited the hospital for treatment, in fact, there are only old people in hospital.
Japan is a superpower of the world's fastest old man. Japan also said the world's largest national medical care for the aged.
Elderly health care costs are increasing every year. Has also increased the cost of care.
The medical industry is expected to ensure demand.
Developed countries will become full of old people. I say spending increases for the elderly is the only health care costs.
Japan's elderly health care powers should be utilizing the experience. Japan should accept the old man in the world. That way, the old man should come willingly.
Japan has developed the infrastructure has been targeted to 130 million people. However, residents will be 90 million. Japan's housing, transportation, hospitals, schools rattle coming vacant.
Try to use this unused infrastructure. Nursing care is to become a world superpower, and I think that the future of Japan.
Other effective measures do not exist.

 

 

 

 

|

« (24.2.2) 第32回 館山 若潮マラソンに参加した | トップページ | (24.2.4) 森の幼稚園  農業大学教授 上原巌氏の話 »

評論 日本の政治・経済 将来像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.2.2) 第32回 館山 若潮マラソンに参加した | トップページ | (24.2.4) 森の幼稚園  農業大学教授 上原巌氏の話 »