« (24.2.1) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その2  The Great Journey NO2 | トップページ | (24.2.3) 人口の減少と日本の将来像 Decrease in population and Japan's future »

(24.2.2) 第32回 館山 若潮マラソンに参加した

20120129_091146

 この1月29日)に千葉県の館山市で32回目の若潮マラソンが開催された。種目はフルマラソン10kmファミリーの部があるのだが総勢で1万名を越えたようだ。元々はローカルな大会だったがだんだんと規模が拡大している。
ちはら台走友会からも7名が参加し、フル6名、10km1名が走った。

 この日は気温がとても低くスタート時点で3度台であり、風速も8m前後で風が正面から当たると体感温度は0度近かった。
マラソンは暑いより寒いほうが圧倒的にコンディッションはいいのだが、さすがに体感温度が0度近くになるとむき出しのランパン・ランシャツでは身体が凍り付いてしまう。
私は長シャツの上にヤッケを着、下は足全体を包むタイツにし、さらに手袋で完全武装したがシリアスなランナーはやはりランパン・ランシャツで走っていた。

 この若潮マラソンはとてもフレンドリーな大会で、館山市の住民が総出でこの大会を盛り上げてくれていることがよく分かる。
沿道の応援も途切れることはなかったし、ブーツでは無料で菜の花のプレゼントや豚汁を振舞ってくれていた。
館山市の人口はご他聞に漏れず減少しているが、こうした大会を盛り上げて何とか町の活性化を図りたいとの気持ちがひしひしと感じられた。

 コースは海沿いの道を20km程度走り、その後10km程度山道になって、最後の10kmは再び海道を走るコースだ。
山道は高低差が40m程度あるが、走ってみるとあまりきついと言う感じはしない。かえって平坦な道を淡々と走るよりは変化があって気持ちが切れないで走れる。
そして特にこのコースはがきれいだ。
館山湾からは風が吹き付けていたので波が高くとても美しい波形を描いていた。
私は波の写真が大好きだから思わずとまって写真を撮りたくなったが、いったんとまると再稼動に時間がかかるので諦めた。

 走友会のメンバーのなかではMさんが特にシリアスで、60歳代日本NO1になろうとの目標を持って練習に打ち込んでいる。
年間3000km程度走りこんでいて今回も自己新を狙っていたが、それには届かなかったものの3時間を少し上回るタイムでゴールしていた。
また女性のKさんは10kmに出場したのだが、女性で8位に入賞していたのだから立派なものだ。

 一方私の方は走るたびに遅くなってきた。今回のタイムは4時間10分程度正式タイムではない)で、前回のつくばマラソンといい、今回の若潮マラソンといい、4時間を切れなくなってしまった
今でも遅いスピードで何時間でも走ることはできるがスピードを上げることはできない。
足の股が開かず、腿をあげることもできず女性の年配ランナーがよくやっていりチョコチョコ走りになっている。

 身体は年をとったブロイラーのように硬く、股などは90度開けばめいっぱいであり、前後の開脚などしようものなら悲鳴を上げてしまうほど痛い。
前回NHKで放送された「ためしてガッテン」では筋肉の内部にあるコラーゲンが糖化すると糖化コラーゲンになって、筋肉の弾力性がうせると説明していた。
私の筋肉は糖化コラーゲンばかりなのだろう。

注)「ためしてガッテン」のこのストレッチの放送は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-1929.html

 この糖化コラーゲンを粉砕して新たなコラーゲンだけの筋肉を作る方法がストレッチだそうだが、ヨガの先生によるとこのストレッチはヨガそのものだそうだ。
筋肉が柔らかくなると疲れない筋肉になるので、いつまでも等速で走れそうだ。
早く走ることは不可能でもいつまでも走り続けられる身体には是非しておきたいものだと今はヨガに打ち込んでいる。

注)今回の若潮マラソンでは前半が2時間、後半が2時間10分だった。だから後半も速度が落ちなければ4時間で走れることになる。

 今後は4時間を切れたら御の字と言うことにして、単に走るだけでなく身体の手当てを十分に行って柔らかい筋肉を保つことを目標にすることにした。

なおちはら台走友会に関連する記事は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44088639/index.html



  

 

|

« (24.2.1) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その2  The Great Journey NO2 | トップページ | (24.2.3) 人口の減少と日本の将来像 Decrease in population and Japan's future »

マラソン ちはら台走友会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.2.1) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その2  The Great Journey NO2 | トップページ | (24.2.3) 人口の減少と日本の将来像 Decrease in population and Japan's future »