« (24.1.31) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その1  The Great Journey NO1 | トップページ | (24.2.2) 第32回 館山 若潮マラソンに参加した »

(24.2.1) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その2  The Great Journey NO2

300


(この記事は昨日のNO1からの続きです

 ホモ・サピエンスが使用していた投擲器はもっぱら小動物を取るための道具として発明されたとの説明だったがこれはおかしい。
たしかに普段はそのような使用をしていたのだろうがイスラエルの地で遭遇したホモ・サピエンスネアンデルタール人が仲良く別々の獲物を狙って狩をしていたなどという図式を描くことは難しい。

 アメリカインディアンでも種族が違えばすべて敵で、会えばばすぐに戦闘になったのは承知の事実だから、二者が遭遇すればホモ・サピエンスは投擲器を使い、ネアンデルタール人は手で槍を投げたはずだ。
この槍合戦はホモ・サピエンスの勝ちで飛距離がまったく違うのだから、ネアンデルタール人が射程距離に近づく前に投擲器でバッタバッタと討ち取られていたことは想像に硬くない。

 ホモ・サピエンスが現在でいえばミサイルを開発していたのに、ネアンデルタール人は鉄砲程度の武器しかもっていなかったことになる。
こうしてホモ・サピエンスは投擲器を持ったことによってネアンデルタール人を次々に滅ぼしヨーロッパ中にはびこることになった。
ちょうどアメリカ大陸での白人とインディアンの関係に瓜二つだ。

 そして同時に投擲器は外部との戦闘に使用するだけでなく、内部の支配のためにも使用されるようになっていたはずだ。

 これもこの番組を見てはじめて知ったのだが、大脳新皮質の割合と群れの数は正比例するのだそうだ。
これによると通常の集団は人類でも150人程度だと言う。この150人大脳新資質で仲間と認識できる範囲なのだそうだ。
したがって人類が150人を越えて集まる場合は何らかの安全保障措置が必要になり、それがないと瞬く間に戦闘が起こってしまう。

注) 種類      大脳新皮質の割合   群れの数
・テナガザル         2.08%       15匹
・ ゴリラ            2.65%       35匹
・チンパンジー        3.20%       65匹
・人類             4.10%      150匹


 アメリカインディアンの例ではホープウェルという一種の公益市場があったのだそうだが、ここは周囲150m程度の土嚢で囲った場所だそうだ。
そこに千人程度の種族が異なるインディアンが集まり、この土嚢の上には市場を主催している側が、投擲器を持った治安担当者を配備して常時中を警戒していた
このようにして安全保障を図ることで、ホモ・サピエンスは集団の規模を拡大することができ、一方常に150人程度の集団だったネアンデルタール人を一掃することができた。

注)結局ホモサピエンスは投擲器を持ったことにより集団の規模が大きくなった。一方ネアンデルタール人は手持ちのやり以上の武器の開発をしなかったので規模の拡大ができなかったということになる。

 番組は道具、分けても投擲器を中心にホモ・サピエンスの発展を述べていたが、投擲器の使用順序については納得がいかなかった。

① 小さく早い動物を狩猟するために投擲器が発明された。
② 集団が大きくなるにつれて秩序の維持が必要になり、従わないものを投擲器でおどした。
③ 敵と遭遇したときに相手を打ち倒す武器として使用するようになった。

 これが番組で紹介された使用順序だ。最初はいたって平和利用だったものが、次第に支配のための手段になり最後は武力に変わったのだと言う。
本当だろうか?
私の推定では当初のホモ・サピエンスは血縁集団でせいぜい150人程度なのだったから、それ以外はすべて獲物になったはずだ。
群れが違えばチンパンジーでも相手のチンパンジーを捕食する。

注)これはNHKが放送したプラネットアースにその映像がある。
http://yamazakijirou1.cocolog-nifty.com/oyuminoshikinomichi/2011/02/19223-932f.html


 だから投擲器は当初から他の集団を餌として狩る道具として使われていて、さらに捕虜にした他の部族を支配しなければいけないから支配の道具としても使われたたのに違いない。
平和目的から武力目的になったのではなく、当初から人が餌として人を狩る道具として使用し、さらに狩った相手を奴隷として使役する目的もあり、いち早く投擲器を使いこなした集団がホモ・サピエンスとして生き残ってきたのではないか、そう思えるのだ。

注)なお梅爺さんのブログを読んでいたらホモ・サピエンスのDNAの中にネアンデルタール人のDNAが含まれていると記載されていた。おそらく奴隷にした女性に子供を生ませたのだと思う。

 私は人類がもともと平和主義者だったと言うような説には同意できない。互いに反目して戦いあった後あまりに被害が甚大なので妥協点として平和協定を結ぶものだと思っている。

 しかしこの番組は見ていて色々な想像をめぐらすことのできる稀有な番組だ。
ぜひこの番組を見ながら想像力を働かすことを勧めたい。

なおヒューマンの記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47616674/index.html

Google Translation

(This article is a continuation from yesterday's NO1)

Throwing instruments were used by Homo sapiens was explained that it was invented as a tool to take a funny little animals exclusively.
Throwing equipment would certainly have been the use of such usual.
Homo sapiens and Neanderthals were encountered but the land of Israel. At that time they were hunting or targeting a different prey without fighting. I do not think so.
American Indians are all enemies in Different Races. That are fighting as soon as they meet the different Indian tribes. When they encountered, Homo sapiens threw the instrument. Neanderthal man threw a spear in the hand .
This battle is a victory of Homo sapiens. It's completely different from the distance, before the firing range is closer to the Neanderthal man,they had been killed by throwing equipment.
Homo sapiens had developed missiles currently speaking. On the other hand, Neanderthals were about gun weapon.
Homo sapiens had developed missiles currently speaking. On the other hand, Neanderthals were about gun weapon.
Neanderthals were massacred by Homo sapiens in a throwing device. Homo sapiens has spread to Europe.
Similar to the relationship between whites and Indians in the Americas.

And just throwing equipment did you use to combat the outside world. It was supposed to be used for internal domination.
But I learned the first time, the number of herds and the percentage of the neocortex is he likely to be directly proportional.
According to this theory, the number of human population of approximately 150 people normally say.

Note) type, 
the percentage of the neocortex, the number of herds
      · Gibbon          2.08%                                 15 mice
      · Gorilla           2.65%                                 35 pet
  . chimpanzee   3.20%               65 pet
     · human             4.10%                               150  animals

If the human race together over 150 people, therefore, need to be some sort of security measures. If there is no security devices, human beings causes the battle.
It was introduced this order of use. Initially, the instrument was throwing peaceful use. Now it means for the next dominate. The last change to arms.
Will true?
I imagine the original Homo sapiens population was at most about 150 kin. Otherwise, everything should become their prey.
If you meet a herd of different chimpanzees, chimpanzees are considered as prey to other chimpanzees

In the example of the Indians had a fort called Hopewell. Here it seems surrounded by sandbags in place around about 150m.
Different Indian tribes gathered about a thousand people there. And this on top of the sandbags, there were security personnel. Security personnel will have a throwing device, the interior was always on the lookout.
Security measures like this, Homo sapiens were able to increase the size of the population. Meanwhile Neanderthal population was about 150 people. So Homo sapiens were able to wipe out the Neanderthals.
The program talked about the evolution of Homo sapiens in the history of throwing equipment. Throwing on the order of the instrument used, but I'm not convinced.


①.Throwing instruments were invented for hunting small animals early
②, The larger the group, it becomes necessary to maintain order. If the population who not obey, was threatened by an instrument.
③,Throwing equipment, When encountering an enemy, was used as a weapon to overthrow the other.

It was introduced this order of use. Initially, the instrument was throwing peaceful use. Now it means for the next dominate. The last change to arms.
Will true?
I imagine the original Homo sapiens population was at most about 150 kin. Otherwise, everything should become their prey.
If they meet a herd of different chimpanzees, chimpanzees are considered as prey to other chimpanzees.
So throwing device was used as a tool to hunt other prey populations from the beginning. Tribal is also dominated the other tribes were captured. So, throwing instruments were also used as a tool of control.
The first is for peaceful purposes, it is said to be the next military aim. But it is wrong.
Throwing the instrument was originally used as a tool to feed the people who hunt. The purpose of slavery was also a partner with the causative more prisoners. Homo sapiens has survived as a group with the instrument so quickly throwing. I think so!

|

« (24.1.31) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その1  The Great Journey NO1 | トップページ | (24.2.2) 第32回 館山 若潮マラソンに参加した »

NHK NHK特集 ヒューマン」カテゴリの記事

コメント

投擲器のような単純な道具なら、ネアンデルタール人だって真似して使えるんじゃないですか。考えれば考えるほど、矛盾がいっぱいある話です。

投稿: pij | 2012年2月 1日 (水) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.1.31) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その1  The Great Journey NO1 | トップページ | (24.2.2) 第32回 館山 若潮マラソンに参加した »