« (24.2.6) 天に向かってつばを吐いていた民主党 議事録未作成問題 | トップページ | (24.2.8) 異常寒波の原因がさっぱり分からない?  »

(24.1.7) 人権外交の限界 シリアのアサド政権を助けるロシアと中国 Limit of human rights diplomacy Russia and China help the Assad regime

2414_035

 いくら人権擁護を訴えても実際のリアル・ポリティクスでは何の役にも立たないことを再び国連が実証した。
アサド政権の反政府運動に対する弾圧を止めさせようと、アラブ連盟西欧諸国が提出した「対シリア決議案」をロシア中国が拒否権を発動して今回も葬り去ったからだ。

 アメリカのライス国連代表は「うんざりだ。シリア人民を裏切り臆病な独裁者を擁護する行為だ」と非難声明を出し、イギリスのグラント国連大使は「シリアの殺人機械の300日の抑圧の中でももっとも恥ずべき日」と口を極めて罵倒したが、ロシアと中国は蛙の顔にションベンと軽く受け流した。

 アメリカやアラブ連盟がこうした人権擁護の決議案を出すのは、05年に世界サミットで採択された「保護責任」と言う御旗があるからだ。
保護責任」とは簡単に言うと、そこの政府が国民を保護しなくなった場合は世界は共同でその国民を保護する責任があるというもので、実際リビアに対してはこの保護責任が発動された(そのときはロシアと中国は決議案に棄権した)。

 NATOによる空爆はこの国際的な「保護責任」を御旗に国連決議を採択しリビア空爆を行ったものだが、国民の保護と弾圧者の打倒とは表裏一体の関係にあるから、実際はNATO軍によるカダフィ政権打倒につながった。

 ロシアと中国はリビア制裁決議のときはカダフィ政権打倒までは考えていなかったからこれには驚いた。
まずいじゃないか、独裁政権はわれわれの友だ。そこが打倒されてしまうと次はわれわれに矛先が向く。なんとしても独裁政権を残しておかなければ・・・」深く反省した。

 何しろロシアにはチェチェン問題があるし、中国にはチベットとウイグル問題がある。
両国はここで反対派をアサド政権並みの強硬手段で弾圧しているのに、こうした問題に国連が「人権擁護」の御旗を掲げて介入してきたら大変だ。

内政不干渉の原則を確立しなければ国内での弾圧ができなくなってしまう。リビアでは間違って棄権に回ったが、シリアでは同じわだちは踏まないぞ」ロシアと中国がタックを組んで「対シリア決議案」に反対に回った。

 特にロシアにとってシリアは重要な武器の輸出先だし、海軍基地を提供してもらっているし、多くのロシア資本がシリアのインフラを整備してきた。
ここは俺の島だ。アメリカなんぞに自由にかき回されてたまるか」ロシアにはそうした思いがある。
中国は軍事物資の輸出はないが、インフラ整備に相応の協力をしてきた。
こうした支出が政権が変わることによっていっぺんに吹っ飛んだら大変だ。
黒い猫でも白い猫でも金を支払ってくれる猫がいい猫」中国の国是だ。

注)また北朝鮮とも友好関係を結んでおり、ミサイルや核開発技術の輸入を行っている。

 こうして国際間のパワーゲームで国連がまったく動けない間に約5000名の市民が犠牲になってきた。人権外交の立場からは看過できない問題だが、リアル・ポリティクスの世界では人権より利害関係だ。
西欧各国はリビア制裁のときほどは熱心でないのはシリアには石油利権のようなものがないからだ。
言ってしまえば単に貧乏な国が国内で殺し合いをしているのに過ぎない。
まあ、適当に殺し合いをしてくれ」と言うのが本音だ。

 シリア問題はどのような形で解決するだろうか。シリア政府をロシアと中国が支援し、反体制派をアメリカと西欧が支援している形だが、こうした場合は相互に支援者がいるのでなかなか決着がつかない。
結局は妥協が図られるとしても双方痛みわけと言う形での幕引きになるだろう。

注)アサド氏を追放するとしても過去の人民に対する弾圧は訴追しないと言うような条件がつくだろう。

なおアラブの春に関する記事は以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45123956/index.html

(Google translation)

Human rights in the real world of actual politics is good for nothing. United Nations has once again demonstrated that.
United Nations tried to stop the crackdown against anti-government movement Assad regime. Was submitted to the UN "resolution against Syria," Western European countries and the Arab League. "Russia and China vetoed. Then, the two countries left buried a resolution.
Rice of the United States Representative to the United Nations commented as follows. "I was disappointed. This is a cowardly act to defend the dictator Syria have betrayed the people"
Grant of the British ambassador to the United Nations commented as follows.
"This day is a day that most disgraceful of 300 days of repression in Syria"
However, Russia and China has insisted that the correct action.
America and the Arab League is to submit a draft resolution on Human Rights for a reason. "Responsibility to protect" at the World Summit was adopted in 2005.
And "responsibility to protect" is a thing if the government is no longer there to protect the public, the world that there is a responsibility to protect its citizens together. Libya is not responsible for this protection has been triggered actual.

NATO airstrikes were carried out is something "responsibility to protect" this international. NATO air strikes were carried out United Nations adopted a resolution on Libya. However, the overthrow of oppression and the protection of the citizens is inextricably linked. NATO air strikes by the military regime was to overthrow Qaddafi.
Russia and China was surprised. Because, the two countries did not think to overthrow the Qaddafi regime.
Russia has Chechnya problem. And, in China there is a problem in Tibet and Uighur.
The two countries have tough measures to crackdown on the opposition here. UN may come to intervene in this problem.
Syria is important for Russian arms exports in particular. Russia has also asked to provide a naval base. And Russia is spent on infrastructure in a number of Russian capital.
"This is my area. Syria has not been stirred freely to the United States" Russia thinks so.

China's export of military goods is not. However, China has been commensurate with the cooperation of infrastructure development.
Such spending is lost to the regime change.
"If you pay the money is good dictatorship" It is national policy of China.
Approximately 5,000 citizens have been sacrificed during the United Nations can not move at all between the international power game. From the standpoint of human rights diplomacy can not be overlooked. On the other hand, in the world of real politics is interest.
Western Europe is not enthusiastic when compared to the Libya sanctions.
It is because Syria is not in the oil interests.
Syria would solve the problem either. Russia and China are helping the Government of Syria. On the other hand, the United States and Western Europe has supported the dissidents. In such cases, the issue is whether Syria will be resolved in any form. In fact, the problem is irreconcilable because Syria who support each other.
This issue will eventually result in even.

 

 

|

« (24.2.6) 天に向かってつばを吐いていた民主党 議事録未作成問題 | トップページ | (24.2.8) 異常寒波の原因がさっぱり分からない?  »

評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.2.6) 天に向かってつばを吐いていた民主党 議事録未作成問題 | トップページ | (24.2.8) 異常寒波の原因がさっぱり分からない?  »