« (24.1.30) 東大の秋季入学 日本の教育の再生のために  Fall enrollment in the University of Tokyo | トップページ | (24.2.1) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その2  The Great Journey NO2 »

(24.1.31) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その1  The Great Journey NO1

286

 (文章が長くなったので2回に分けて掲載します

 2回目のヒューマングレートジャーニーの果てに」はやや難しかった。
人類の中でなぜホモ・サピエンス現生人類)だけが生き残ってきたかの理由は「人類(ホモ・サピエンス)が道具をたくみに作り出す生き物」だったからだと言う。

 私たちが普通人類と言う言葉を使用するときは、現生人類のホモ・サピエンスをさすが、実際は多くの人類が生まれ特にネアンデルタール人とは死闘を繰り返したなかである。
ネアンデルタール人とは約60万年に枝分かれした人類の一種で、体型が頑丈で筋肉だらけであり、アメリカのフットボールの選手のような人類だった。

注)ネアンデルタール人も20万年程度前に現れた人類で、今から2万数千年前に滅びている。だからホモ・サピエンスがアフリカを出た5万年ほど前から2万数千年の間両者は死闘を繰り返したことになる。
ただし番組ではホモ・サピエンスがネアンデルタール人を滅ぼしたのか否かは不明との立場。


 それに対しホモ・サピエンスは非弱な体型だったが、これを補うために道具を工夫してきたと言う。
そのもっとも偉大な発明が「投擲器(とうてきき)」だったと言うのには驚いた。
投擲器とは今でもオーストラリアのアボリジニが使用しているが、棒の先に槍を引っ掛けて腕を振ると、腕と棒の遠心力で槍が飛び出す道具である。
いわば手の長さを棒を使用することによって長さを伸ばすのだから、手が途方もなく長いピッチャーのようなものだ。

 こうすると槍は普通の人でも100m、なれた人では150mは飛ぶと言う。オリンピックの槍投げ競技を見ていると入賞者は90m程度だから、全員がオリンピック選手より遠くに飛ばしていることになる。

 そして人類ホモ・サピエンス)がなぜこのような道具を発明したかと言うと、食糧確保のための工夫だと言う。
約5万年ほど前に、アフリカの地で人口が増えすぎたことと、寒冷化が襲い掛かったことで食料不足が発生し、アフリカの地に食料がなくなった。
そのためアフリカを捨てることにしたが、最初その数は数千人規模だったようだ。
その人類は幸いにも投擲器を発明してより小型ですばやい動物を捕獲する手段を編み出していたので、その後のグレートジャーニーに絶えられたのだと言う。

注)ホモ・サピエンスの中でも投擲器を知らなかった人類は滅びてしまったと言うことのようだ。

 そしてこの人類は今のイスラエルの土地を経由してヨーロッパに広がったのだが、そこにはネアンデルタール人という先住人類がいた。
私が一番不思議に思ったのは、ネアンデルタール人とは60万年前に枝分かれしたのだが、元々アフリカに住んでいたネアンデルタール人がなぜヨーロッパにいたかということだ。
これはホモ・サピエンスがアフリカを離れた5万年以上も前にネアンデルタール人はグレート・ジャーニーをしていたことになるなぜだろうか?

 番組では人類がアフリカの地を離れたのは生殖力抜群で数が多くなりすぎアフリカで食糧問題が発生したためと説明していた。
私は人類が生殖力能力抜群だとは知らなかった。
これは他の類人猿と比較するとわかるのだそうで、オラウータンの生殖間隔は8年、ゴリラは4年、チンパンジーは5年だそうで、それに対し人類は1年だから圧倒的に繁殖力がある。
なぜ人類だけが生殖間隔が短いのかと言うと離乳食を発明したからだそうで、この離乳食を発明したホモ・サピエンスたぶんネアンデルタール人も)がはびこることができたという。

 当時は寒冷期で今よりも6度程度平均気温が低かったそうだが、ネアンデルタール人も寒さに耐えかねてヨーロッパから中東の地に降りてきていた。そのためイスラエルの地で初めてのホモ・サピエンスとネアンデルタール人の遭遇があった。いわば未知との遭遇だ。

 番組の説明では投擲器を発明したホモ・サピエンスがウサギのような逃げ足の速い小動物を捕らえて食糧確保を図ったのに対し、ネアンデルタール人は相変わらず体力にものを言わせて大型哺乳類の捕獲ばかりしていたという。
いわば共存共栄をしていたのだが大型動物がすくなくなり、ネアンデルタール人は生存競争に負けたと説明していた。

 私はこの説明は納得できなかったがそれは次回に記す。 

 なおヒューマンに関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47616674/index.html 

Google Translation

(The article is published in two).

Second, "Human" is somewhat difficult. "Human" is the title of "The End of the Great Journey."
Why Homo sapiens (modern humans) has survived? The reason is that "human beings (Homo sapiens) are creatures skillfully create tools"
When you use words that we say that human beings refers to Homo sapiens. In fact many human beings were born. Homo sapiens and Neanderthals repeated mortal combat.
Neanderthals are humanity. That scheme is robust and full of muscles, such as humanity was an American football player.
Meanwhile, Homo sapiens was a weak body Type. Homo sapiens, however, devised an instrument.
I was surprised. The reason is that most great inventions "throwing instruments ."
Throwing equipment is still used by the Aborigines of Australia. You stick the tip of the spear . You shake your arm. A tool bar pops from the arms and  spears.
You can extend the length of the hand by using a stick .
Ordinary people can fly 100m spear. People are accustomed to spear 150m fly. Winners of the Olympic Games is about 90m. So who are throwing away more flying Olympian.
And human (Homo sapiens) invented a tool like this. The reason is that the population increase in Africa too. Cooling can be attacked even in Africa. Therefore, food shortage occurs. Humans fled the land of Africa.
50,000 years ago mankind had now departed from Africa. That number was thousands.

That human beings had invented a device throwing fortunately. Therefore, mankind was able to capture quick small animals. It is called a great journey.
And this humanity has spread to Europe via the land of Israel. But there was that indigenous Neanderthal humans.
 

I thought very strange. The original Neanderthal man lived in Africa. But Neanderthals were in Europe. I wonder why?
Homo sapiens left Africa 50,000 years ago. Before Homo sapiens Neanderthals would have had a great journey. I wonder why?
Left the ground in Africa because of exceptional fertility of human beings. Increased number of human beings. The food problem in Africa.
Human fertility is excellent.
This is seen when compared with other apes, orangutans reproductive interval is eight years. Gorilla is 4 years. Chimpanzee is 5 years. It is one year for mankind. So human beings have an overwhelming fertile.
Why does mankind short reproductive interval. It is because humans invented the baby food. Homo sapiens have invented this baby food (and perhaps Neanderthals). Therefore mankind was able to prosper.
The average temperature was about 6 degrees lower than the current cold period. Neanderthal man was troubled with cold. Neanderthals moved from Europe to the Middle East. So Israel is the land encounter of Homo sapiens and Neanderthals.
Homo sapiens has invented a device that could catch a small  fleet-footed animals such as rabbits. While Neanderthals were the capture of large mammals. However, large mammals were small. The results Neanderthals lost the battle for survival.

 

 


 




 

 

 

|

« (24.1.30) 東大の秋季入学 日本の教育の再生のために  Fall enrollment in the University of Tokyo | トップページ | (24.2.1) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その2  The Great Journey NO2 »

NHK NHK特集 ヒューマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.1.30) 東大の秋季入学 日本の教育の再生のために  Fall enrollment in the University of Tokyo | トップページ | (24.2.1) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その2  The Great Journey NO2 »