« (24.1.8) NHKワールド・ウェーブ・トゥナイト 世界はどう動く アラブの春のゆくえ | トップページ | (24.1.10) 学生は医学部を目指そう  マキャベリズムの勉強法 »

(24.1.9) 梅爺閑話「狼はいかにして犬になったか」は実に興味深い

 


 正月の二日から七日にかけて6回に分けて掲載されたブログ「梅爺閑話」の「狼はいかにして犬になったのか」は実に面白い記事だった(リンクはこの記事の最後の行にあります)。
私は梅爺さんのブログのファンで毎日読んでいるが、最近これほど興味ある記事を読んだことはない。

 私は狼が犬になった過程は、ケビン・コスナー主演映画「ダンス・ウィズ・ウルブス狼と踊る男)」などで描かれていたように、人間が餌付けをした結果だと思っていたがどうもそれだけではないらしい。
餌付けをしても人間になつく場合となつかない場合がありその相違を説明できないからだ。

 梅爺さんがブログで記載しているところによると、ロシアで過去50年間にわたりキツネの家畜化の実験が行われ、その結果犬と同じように人間になれてペットとして売られているキツネが出現していると言う。
通常キツネは絶対と言っていいほど人間になつかないのだが、この人間になれたキツネを「エリート・キツネ」と称していた。
実験の方法は「おとなしいキツネを選別して50年間交配を繰り返した」のだそうだ。
ロシア人らしい実に辛抱強い実験なのには驚く、

 そうすると30世代目には約半分のキツネがエリートキツネになってしまったそうだが、その性質は犬とまったく変わりがない。

① 好奇心が警戒心に勝っているため人間に近づく。
② 甘え泣きをする。
③ 尻尾を振る。
④ 尻尾が上に立って巻いている。
⑤ 寝転がって腹を相手に見せる。
⑥ 本気でかまない。


 さらに訓練すればお座りやお手まですると言うのだから驚いた。
こりゃ、キツネが犬になっちゃった・・・・・・・

 現在では人間が人間として生まれてくるのは遺伝子の設計図に従っていることがわかっているが、実際の人間設計に必要なプログラムは遺伝子の数%に過ぎない。
後の90%以上の遺伝子の配列は何のためにあるのだろうか?」不思議がられてきた。

 梅爺さんのブログでは残りの90%以上の遺伝子は設計図が活性化するためのタイミングを制御しているサブプログラムではないかと推定している。
上記のエリートキツネの性格は子狐の性格そのものなのだが、大人になっても大人としての性格が発動されなかった結果ではないかとロシア科学者は推定しているのだそうだ。

 これは最近問題になっているサイバー攻撃に使われるウィルスプログラムそっくりだ。ウィルスプログラムはシステム内に取り込まれてもすぐに発動するのではなく、何らかのタイミングを契機に発動する。
それをトリガーと言うのだが、この何らかの大人になるトリガーを逸したキツネがエリ-トキツネで、はっきり言えばガキのキツネがエリ-トキツネと言うことになる。

 家畜化とは動物が大人の性格を獲得しないように幼児化したままにとどめる方策で、この方法を採用すれば犬だけでなくライオンやヒョウまでも家畜化が可能になりそうなのには笑ってしまった。

 人間についても「ガキのままのサルが人間だ」と言うことになり、「そういえば私なんかは65歳になってブログを書き続け、この年になっても1000kmマラソンをしたり、24時間走をしたり、大学入試の数学の問題を解いて遊んでいたりしているのだから、ガキのままの猿だな」なんて妙に納得してしまった。

注)私は現役時代よく上司から「君はまだ若い」なんて皮肉を言われていたが、「大人になれなかった猿」だったことに気づいた。

 
今回の梅爺さんのブログは実に刺激的だ。ぜひ読まれることを薦める。

・狼はいかにして犬になったか その1
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-d3fb.html
・その2
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-578b.html
・その3
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-3e94.html
・その4
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0c5a.html
・その5
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-fae1.html
・その6
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-331f.html

|

« (24.1.8) NHKワールド・ウェーブ・トゥナイト 世界はどう動く アラブの春のゆくえ | トップページ | (24.1.10) 学生は医学部を目指そう  マキャベリズムの勉強法 »

システム ブログ ココログ」カテゴリの記事

コメント

今日は、『梅爺閑話』へのアクセスがいつもより多いなと思っていましたら、山崎さんの宣伝があってのことと分かりました。ありがとうございます。私が最も『ナルホド』と思ったのは、『人間は家畜化された猿である』という仮説です。哲学者のホイジンガは、『人間の特徴は遊ぶこと(ホモ・ルーデンス)』と表現しましたが、『ガキ』なら遊ぶのは当然です。私も爺さんにしては、野次馬根性や遊び心は旺盛と自認していますが、山崎さんの『ガキ』ぶりには、到底かないません。

投稿: 梅爺 | 2012年1月 9日 (月) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.1.8) NHKワールド・ウェーブ・トゥナイト 世界はどう動く アラブの春のゆくえ | トップページ | (24.1.10) 学生は医学部を目指そう  マキャベリズムの勉強法 »