« (24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート | トップページ | (24.1.24) Google翻訳で情報を世界に発信しよう  Google translation. I want this information to the world »

(24.1.23) クローズアップ現代 インプラント治療の現状   NHK "Today's Close-Up," "implants

2414_040

 世の中にインプラント治療なるものがあることをはじめて知った。
先日のクローズアップ現代で取り上げていたのだが、歯が抜けたか弱ったときに歯の周囲の骨(上あごと下あご)にドリルで穴をあけ、そこにボルトを差し込んで基礎工事をした後、その上に人工の歯をセットする治療だと言う。

注)海岸の埋立地でくいを打ち込んでその上に建物を建てるがそのイメージ

 こうすると単なる入歯とは異なりまったく自分の歯のように物を食べることができるようになるそうで、成功すれば実に快適な日常生活がおくれるのだそうだ。
ただし、このインプラント治療にはかなりの問題点があるという。

① 自由診療なので医療費は医者が自由に決めている。世間相場は一本20万円から40万円。

② 医者の技量に左右されるので経験不足の医者にかかると、基礎工事がうまくいかず、ボルトが骨を突き破ってしまったり、骨の中の神経に触って大変な痛みやしびれを誘発することがある。

③ 歯科大学での一般の研修に含まれていないことが多く、ほとんどの医者が業者の研修に参加してその技量を会得している。

④ 業者は業務拡大のためにインプラントのマイナス面を知らせず、また業者は医者に積極的にこの療法を薦めるため営業目的が優先することが多い。

⑤ 現在歯科医は過剰気味になっているため、経営が不安定になった歯科医が十分な技量の習得をしないままインプラントに乗り出している場合がある。

 歯科医の過剰問題は知り合いの歯科医からよく聞かされていたので知っていた。
設備投資が大きく、一方で新規参入の歯科医が多くいるため患者の取り合いになっており、ここ千葉でも医院をたたんだ歯科医が多いのだそうだ。

 この番組でもある歯科医が言っていたが「インプラントは歯科医の救世主で、これなしには経営がなりたたない」という。
インプラントを導入した歯科医の例では年間の収入が2500万円ほどアップしたと言っていた。
ちょうど近眼のレーザー治療みたいなもので、腕のいい歯科医はいくらでも収益を上げることができるようだ。

 よく自由診療について否定的な意見を聞くが、最先端の医療はほとんどが保険対象外だから、私は必ずしも否定するものではないと思っている。
その医療を自分の経済状況に合わせて選択する自由はあっていいし、その結果が患者が満足するものであれば問題ない。
いわば商品を自由市場で売り買いするのと同じだ。

 問題はそのインプラント療法が支払う金に比較して妥当かどうかで、特に技量の低い医者が高額の医療費を請求するのは自由診療の原則に反する。
番組でも8本の歯をインプラントにし500万円も支払ったが、ボルトが神経に障っているらしくまともに食事ができなくなった患者の証言があった。

 私の場合でも医者の技量はとても心配で、初めてかかる医者の場合は評判をインターネットで検索し、特にかかった患者の評価なんかを注意深く読むことにしている。
そして実際にかかってみて、陰気な医者やすぐに自由診療を進める医者は敬遠することにしている。

注)陰気な医者がいやなのは私の好みの問題で、また自由診療を拒否するのは私が定年退職者で余計な費用をかけられないからにすぎない。

 私が常日頃ブログで医療関係者にがんばってもらいたいと言っているのは、日本には医療産業以外に成長産業が見当たらないことによる。
確実に雇用が増えているのは医療産業だけで、また国が支払う医療費も毎年増大している。

注)人口が停滞し、一方で高齢者の割合が増えてくる社会は医療費以外に増加する支出はない。

 私の希望は日本の歯科医インプラントの技量の研鑽に励み、世界でもっとも高い水準と言われるようになって、世界中から患者が日本に押し寄せるようにしてほしいことだ。
自由診療なのだから技量に合わせて世界中の金持ちの歯を直してあげればよく、そうすることで日本人の雇用と所得が守られるならこれに越したことはない。

なお過去のクローズアップ現代の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html

下記はGoogle翻訳で翻訳したもの。上記の日本語のままでは意味不明の箇所があるので、翻訳しやすいように日本語を修正している


I knew the first time Implants.
The NHK "Today's Close-Up" was featured on.

Both the bone around the teeth when the teeth are missing or weak (upper jaw and lower jaw) to drill the holes. , To insert the bolt in foundation work there. , They treat you set artificial teeth on it at the end.

Note) erect a building on the same type in a pile in the coastal landfill

Will be able to eat like my teeth with this. The success of this therapy, it seems quite late for a comfortable daily life.
However, this implant therapy has significant problems.

① The free medical clinics so that doctors are free to decide. World market to 40 million yen to 200,000 yen bottle.

② This therapy is dependent on the skill of the doctor. According to the doctors and lack of experience, foundation work does not work. Break through a bone suffers bolts, would touch a nerve in the bone. May induce a lot of pain and numbness results.

③ This therapy is not included in the training of general dentistry at the university. Master the skills that companies are participating in the training of most doctors.

④ The company's business expansion in order to "implant" informing drawbacks. Companies are also actively encouraged this therapy to the doctor. Therefore, a priority for business purposes.

⑤ The excess current dentist. The dentist becomes unstable management without sufficient skill to learn "implants" may have embarked on.

Excessive dental problems had been often heard from a friend's dentist.
Large capital investment, many new entrants while dentists. Competition for patients and therefore is often folded dentist clinic here in Chiba Prefecture.

The dentist was saying, "" implant "is the savior of the dentist., It is not true that management is no" it.
"Implant" example introduced dentist was up about 25 million yen in annual revenue.
This is like laser treatment of nearsightedness, just skillful dentist can arbitrarily raise revenue.

Hear about private practice often negative. But cutting-edge medical care is not covered by most insurance. So I will not deny that I do not think.
Patients have the freedom to choose according to the economic health of their own. No problem so long as the patient satisfaction results.
Same as in the free market to buy and sell products, so to speak.

The question is whether reasonable compared to the money paid by the implant therapy. To claim medical expenses for low-skill high doctor, especially against the principle of free medical care.
Eight teeth in the program, "implant" to be paid 500 million yen, if the bolts touch the nerve, the patient can no longer had the testimony of a decent meal.
Doctor's reputation, even if my first take, often on the Internet in search of knowledge. The evaluation of patients suffering from something in particular, have to read carefully.
Try taking Indeed, doctors and dismal, free clinic doctor immediately proceed to shy away.

Note) The doctors do not like the taste of my dismal problems. Also free to refuse medical treatment, from a cost not in excess of my retirement.

Saying that health officials hope that luck, I do not see a growth industry in Japan in addition to the healthcare industry.
Growing number of jobs is only the medical industry, have increased health care costs paid for each year the country.

Note) stagnant population, community proportion of elderly people come more and more while spending on non-medical expenses are not.

I hope the dentist, "implant" the skill of encouragement to study, it can be said to be the highest in the world. Patients from around the world and want to flock to Japan.
To give teeth to be rich again to match the skills from around the world and it's free practice. If I will protect the jobs and income is pleased Then the Japanese.

 

 

 

 

|

« (24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート | トップページ | (24.1.24) Google翻訳で情報を世界に発信しよう  Google translation. I want this information to the world »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート | トップページ | (24.1.24) Google翻訳で情報を世界に発信しよう  Google translation. I want this information to the world »