« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

(24.1.31) ヒューマン グレートジャーニーの果てに その1  The Great Journey NO1

286

 (文章が長くなったので2回に分けて掲載します

 2回目のヒューマングレートジャーニーの果てに」はやや難しかった。
人類の中でなぜホモ・サピエンス現生人類)だけが生き残ってきたかの理由は「人類(ホモ・サピエンス)が道具をたくみに作り出す生き物」だったからだと言う。

 私たちが普通人類と言う言葉を使用するときは、現生人類のホモ・サピエンスをさすが、実際は多くの人類が生まれ特にネアンデルタール人とは死闘を繰り返したなかである。
ネアンデルタール人とは約60万年に枝分かれした人類の一種で、体型が頑丈で筋肉だらけであり、アメリカのフットボールの選手のような人類だった。

注)ネアンデルタール人も20万年程度前に現れた人類で、今から2万数千年前に滅びている。だからホモ・サピエンスがアフリカを出た5万年ほど前から2万数千年の間両者は死闘を繰り返したことになる。
ただし番組ではホモ・サピエンスがネアンデルタール人を滅ぼしたのか否かは不明との立場。


 それに対しホモ・サピエンスは非弱な体型だったが、これを補うために道具を工夫してきたと言う。
そのもっとも偉大な発明が「投擲器(とうてきき)」だったと言うのには驚いた。
投擲器とは今でもオーストラリアのアボリジニが使用しているが、棒の先に槍を引っ掛けて腕を振ると、腕と棒の遠心力で槍が飛び出す道具である。
いわば手の長さを棒を使用することによって長さを伸ばすのだから、手が途方もなく長いピッチャーのようなものだ。

 こうすると槍は普通の人でも100m、なれた人では150mは飛ぶと言う。オリンピックの槍投げ競技を見ていると入賞者は90m程度だから、全員がオリンピック選手より遠くに飛ばしていることになる。

 そして人類ホモ・サピエンス)がなぜこのような道具を発明したかと言うと、食糧確保のための工夫だと言う。
約5万年ほど前に、アフリカの地で人口が増えすぎたことと、寒冷化が襲い掛かったことで食料不足が発生し、アフリカの地に食料がなくなった。
そのためアフリカを捨てることにしたが、最初その数は数千人規模だったようだ。
その人類は幸いにも投擲器を発明してより小型ですばやい動物を捕獲する手段を編み出していたので、その後のグレートジャーニーに絶えられたのだと言う。

注)ホモ・サピエンスの中でも投擲器を知らなかった人類は滅びてしまったと言うことのようだ。

 そしてこの人類は今のイスラエルの土地を経由してヨーロッパに広がったのだが、そこにはネアンデルタール人という先住人類がいた。
私が一番不思議に思ったのは、ネアンデルタール人とは60万年前に枝分かれしたのだが、元々アフリカに住んでいたネアンデルタール人がなぜヨーロッパにいたかということだ。
これはホモ・サピエンスがアフリカを離れた5万年以上も前にネアンデルタール人はグレート・ジャーニーをしていたことになるなぜだろうか?

 番組では人類がアフリカの地を離れたのは生殖力抜群で数が多くなりすぎアフリカで食糧問題が発生したためと説明していた。
私は人類が生殖力能力抜群だとは知らなかった。
これは他の類人猿と比較するとわかるのだそうで、オラウータンの生殖間隔は8年、ゴリラは4年、チンパンジーは5年だそうで、それに対し人類は1年だから圧倒的に繁殖力がある。
なぜ人類だけが生殖間隔が短いのかと言うと離乳食を発明したからだそうで、この離乳食を発明したホモ・サピエンスたぶんネアンデルタール人も)がはびこることができたという。

 当時は寒冷期で今よりも6度程度平均気温が低かったそうだが、ネアンデルタール人も寒さに耐えかねてヨーロッパから中東の地に降りてきていた。そのためイスラエルの地で初めてのホモ・サピエンスとネアンデルタール人の遭遇があった。いわば未知との遭遇だ。

 番組の説明では投擲器を発明したホモ・サピエンスがウサギのような逃げ足の速い小動物を捕らえて食糧確保を図ったのに対し、ネアンデルタール人は相変わらず体力にものを言わせて大型哺乳類の捕獲ばかりしていたという。
いわば共存共栄をしていたのだが大型動物がすくなくなり、ネアンデルタール人は生存競争に負けたと説明していた。

 私はこの説明は納得できなかったがそれは次回に記す。 

 なおヒューマンに関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47616674/index.html 

Google Translation

(The article is published in two).

Second, "Human" is somewhat difficult. "Human" is the title of "The End of the Great Journey."
Why Homo sapiens (modern humans) has survived? The reason is that "human beings (Homo sapiens) are creatures skillfully create tools"
When you use words that we say that human beings refers to Homo sapiens. In fact many human beings were born. Homo sapiens and Neanderthals repeated mortal combat.
Neanderthals are humanity. That scheme is robust and full of muscles, such as humanity was an American football player.
Meanwhile, Homo sapiens was a weak body Type. Homo sapiens, however, devised an instrument.
I was surprised. The reason is that most great inventions "throwing instruments ."
Throwing equipment is still used by the Aborigines of Australia. You stick the tip of the spear . You shake your arm. A tool bar pops from the arms and  spears.
You can extend the length of the hand by using a stick .
Ordinary people can fly 100m spear. People are accustomed to spear 150m fly. Winners of the Olympic Games is about 90m. So who are throwing away more flying Olympian.
And human (Homo sapiens) invented a tool like this. The reason is that the population increase in Africa too. Cooling can be attacked even in Africa. Therefore, food shortage occurs. Humans fled the land of Africa.
50,000 years ago mankind had now departed from Africa. That number was thousands.

That human beings had invented a device throwing fortunately. Therefore, mankind was able to capture quick small animals. It is called a great journey.
And this humanity has spread to Europe via the land of Israel. But there was that indigenous Neanderthal humans.
 

I thought very strange. The original Neanderthal man lived in Africa. But Neanderthals were in Europe. I wonder why?
Homo sapiens left Africa 50,000 years ago. Before Homo sapiens Neanderthals would have had a great journey. I wonder why?
Left the ground in Africa because of exceptional fertility of human beings. Increased number of human beings. The food problem in Africa.
Human fertility is excellent.
This is seen when compared with other apes, orangutans reproductive interval is eight years. Gorilla is 4 years. Chimpanzee is 5 years. It is one year for mankind. So human beings have an overwhelming fertile.
Why does mankind short reproductive interval. It is because humans invented the baby food. Homo sapiens have invented this baby food (and perhaps Neanderthals). Therefore mankind was able to prosper.
The average temperature was about 6 degrees lower than the current cold period. Neanderthal man was troubled with cold. Neanderthals moved from Europe to the Middle East. So Israel is the land encounter of Homo sapiens and Neanderthals.
Homo sapiens has invented a device that could catch a small  fleet-footed animals such as rabbits. While Neanderthals were the capture of large mammals. However, large mammals were small. The results Neanderthals lost the battle for survival.

 

 


 




 

 

 

| | コメント (0)

(24.1.30) 東大の秋季入学 日本の教育の再生のために  Fall enrollment in the University of Tokyo

256

 東京大学がようやくその重い腰を上げて5年後に秋季入学を導入するとの中間報告をまとめた。
私たち日本人は春に学校に入学するのが当たり前と思っているが、アメリカをはじめとする主要国は秋季入学が一般的だ。

 今まで日本は春入学・卒業でほとんど問題なかったのは、国内に有り余るほどの職場が確保され、企業への人材はもっぱら日本人が独占していたからである。
いわば閉じられた優良な日本市場があったので、わざわざ秋入学に変更して外国人の留学生を受け入れたり、また日本人が留学する必要性も少なかった。

 たとえば東京大学の学部学生で1年以上の留学経験を持つ人は8%程度で、一年未満とすると14%程度だそうだが、ほとんどの学生が日本に留まっていることになる。
今まではそれでもまったく問題はなかったが、今こうした日本の大学を出て日本の優良企業に就職を目指すと言うパターンが急速に崩れようとしている。

 最大の理由が日本を代表していた輸出産業トヨタ、ホンダ、日産、ソニー、パナソニック、東芝等)が日本から逃げ出してしまって、そうした職場の従業員は中国人やタイ人やインド人といった現地の優良な学生を採用し始めたからだ(ユニクロでさえそうしている)。
かつては日本人でありさえすれば日本の優良企業に就職できたのに、今では世界中の優秀な学生と競争しなければならない。

 海外に留学し流暢に英語を話して授業も英語で受けても支障のないような人を除けば、東大生と言えども望むような職場につけなくなりつつある。
鎖国をしていた日本の大学がグローバル競争の荒波に飲み込まれて敗退しているのは企業も大学も同じだ。

 特に海外の日本の大学に対する評価は低く、英国の高等教育専門誌の日本の大学のランキングは東大が30位京大が52位と信じられないような低評価だ。
こうした評価は一方的だと非難することはできるが、外国の優秀な教師や学生はこの順位を見て大学の留学先を決めているのだから無視するわけにはいかない。
世界的な評価では東大京大に行くのは二流で本当に有数な人はアメリカの大学に行ってしまう。

注)40年以上も前になるが、私がいた大学に台湾の留学生がいた。その留学生は「日本に留学したことはキャリアにならず、アメリカに行くべきだった」と私にいつも愚痴をこぼしていた。

 日本に来る留学生は元々少なく、さらにやってくる人が二流の人材では日本との関係強化のための人材としては不足だ。さらに経済的効果という意味でも留学生が少ないのだから海外からの仕送りサービス収支)も少ない。
日本人の人口は今後ますます減少して行くのだから、留学生がいなければ魅力のない大学はばたばたと倒産するだろう。

 東京大学は日本の中ではもっとも優秀といわれている大学だから受験生がいなくなることはないだろう。しかし、文部科学省の予算は財政再建の中で削られていくから、この海外から留学生を受け入れてその授業料で経営を行うことが緊急の課題になるのは確実だ。

 今回の東大の秋季入学の決定はそうした意味で、世界で東大が戦っていくという宣言であり好ましいことだ。
元々は優秀な学生や教授に恵まれていたのだが、鎖国体制の中で教授も学生もただ遊んでいるだけのために地位が低下したというのが実態だ。

 日本の企業がグローバル化すれば大学も学生もグローバル化せざる得ない。いつまでも鎖国体制を続けていれば就職すら間々ならなくなるのだから努力するのは当然だ。

なお教育問題についての記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47593905/index.html

Google Translation

Fall enrollment is summarized in an interim report of the University of Tokyo.
That's to say the introduction of fall enrollment in five years.
Japanese are usually thought of enrolling in school in the spring. However, the U.S. and other major countries generally fall admission.

In Japan until now, no problem fall admission. The reason is abundantly secured work in Japan, since more people to the company was entirely dominated by the Japanese.
Japanese market had closed a job. Therefore, Japan has fewer foreign students accepted. Also small Japanese study abroad .
Students in the University of Tokyo, for example, people with at least one year experience abroad is about 8%. Less than one year, it's also about 14%. That will remain so for most students in Japan.
Until now there was no problem at all. After graduation, however, Japanese students were aiming to work for blue chip companies in Japan. It breaks the pattern quickly.

The reason was Japan's leading export industry (Toyota, Honda, Nissan, Sony, Panasonic, Toshiba, etc.) ,they fled from Japan. Such workplaces are occupied by students of local good Chinese and Thai and Indian (and it even Uniqlo).
Once the Japanese could work for blue chip companies in Japan. But now the Japanese have to compete with top students from around the world.
Only Person can be qualified, but who can speak English perfectly and study abroad. Without the ability, Tokyo University students are becoming unable to work.
Japanese universities had an isolationist. So college has been swallowed by the rough waves of defeat global competition.

Evaluation of Japanese universities is low. According to the magazine's ranking of Japanese universities in the UK higher education, ranking 30 in Tokyo University, Kyoto University's rank 52.
These evaluations may be unilateral. But Excellent teachers and students of foreign study destination,Thay
has decided the university to look at this position.
Fewer students coming to Japan, but people come even second-rate talent. These people as human resources to strengthen relations with Japan is missing. Furthermore, in terms of economic impact of remittances from abroad (Master Services), if students is fewer .
Japan's population will continue to decline. So unattractive college will go bankrupt one after another.


In the global assessment, go to Tokyo University and Kyoto University has been regarded as inferior. Leading people really have gone to college in America.
University of Tokyo in Japan is said to have the most talented.
However, the ministry's budget will not cut in fiscal consolidation. So the University will be doing businessto accept tuition students from abroad.

Tokyo's decision to enroll this Fall, it is preferable that the declaration that the University of Tokyo will battle in the world .
Tokyo University was originally blessed with outstanding students and faculty. However professors and students were playing in the isolation system, . As a result o, Tokyo's position was reduced.

Japanese companies are becoming global. So a university student would must
be globalization. If universities continue indefinitely isolation system, student employment is not possibley. So universities need to change.

 

| | コメント (2)

(24.1.29) 北京がゴミに包囲されている NHKワールド・ウェーブ・トゥナイトの報告

250 

 先日NHKのワールド・ウェーブ・トゥナイトで注目すべき特集を放送した。
中国の北京市がごみに包囲されていると言う内容である。
北京はここ10年間人口が2倍になったのだが、それにつれてゴミの量も2倍になったそうだ。

注)この推定は過小だと思われる。生活水準の上昇分が含まれていないのでさらにゴミの量は増えているはずだ。

 北京には正式なゴミ処理場は11箇所で、ゴミの4割が不正に投棄(私はこの推定も少なすぎると思っている)されていると言われているが、誰もその実態を把握していなかった。
それを王久良さんという方が北京郊外の不法ゴミ処理場を自分の足で調査しゴミ地図を作った。それを見ると驚くべきことに北京をドーナツ状にちょうど土星の輪のように500箇所以上の不法投棄場所が取り巻いていた。

注)東京都の場合は焼却場が基本は区ごと市町村ごとにある(一部で共同焼却場もある)。また最終処分場は約3000箇所。
なお東京都の人口は1300万人、北京市は都市戸籍人口と流動人口(出稼ぎ者)を含めると2000万人をゆうに越えている。


 もちろんゴミは分別されていないから建設資材生活ゴミ医療ゴミが一緒になって、悪臭を発している。
中国より貧しいフィリピンのような場所ではゴミから紙などを集めて業者に売って生活をしている人々がいるが、中国はより生活が豊かになってそのような回収をする人はいない。
ただひたすらゴミがつみあがっていくと言う状況のようだ。

 日本でも高度成長期の頃ゴミ問題がかまびすしかった。
たまたま東京は海があったのでそこにゴミを捨てて埋め立てていた。今はとても美しい公園がある夢の島も昔は悪臭とゴミが舞い散る埋め立て地で、無数のハエが飛び回っていたものだ。

 都市にとってもっとも重要な問題がこのゴミ処理問題だ。中国は毎年のようにゴミの量は増えるので緊急の課題だが処理が追いつかない。
かといって北京市内においておくと観光客の目にとまってしまうので、郊外の捨てられるところにはすべて捨てていると言う状況のようだ。
北京市当局もゴミの不法投棄があることは知っているが、解決策がないため見てみぬふりをしている。

注)ゴミ処理には焼却場と中間処理場、最終処分場が必要だが、中国ではこうした区分はない。

 だがこうした状況が続くと、ハエの大発生や、メタンガスの発生水質汚染、食中毒、ゴミ山が崩れたり火災が発生する等、不測の自体がいつ発生してもおかしくないようになってくる。
発展の影には負の遺産がつみあがっていくのだが、あるときから負の遺産のほうが発展の果実より大きくなって都市の発展が止まる。

 中国の都市人口が有史以来はじめて農村人口を上回り、それにつれて都市の周りにはゴミが積みあがっている。
北京だけでなく南京・広州・山西・西安・重慶といった主要都市もすべて同じ状況のようだ。
中国の都市がこのゴミ問題に積極的に取り組まない限り、都市がゴミに包囲され衰退するのは時間の問題になってきた。

 中国はゴミを無料でいくらでも捨ててもいい時代が終わり、有料で処理をしなければいけない時代に入ってきた。そうした負の遺産を処理する費用が今後増大して行き、高度成長にブレーキがかかることは確かだ。

注)不法投棄をして環境を破壊する行為を経済学では「外部不経済」と呼ぶ。ある一定期間こうした行為は見てみぬ振りをしていられが、水俣病のような奇病が発生し、そうした段階から公害問題が一般市民の意識に上るようになる。

なお中国経済については以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43974941/index.html

 

 

| | コメント (0)

(24.1.28) ためしてガッテン 冬の若返りストレッチ

246

 今回のためしてガッテンは「冬の若返りストレッチ」と題されていたが、何も冬に限ったことではなくストレッチを行えば筋肉を若返らせることができると言う内容だった。

 年をとり運動不足になると身体が硬くなり、前屈後屈が極度にしづらくなるのが普通だ。私も前屈はともかく後屈はまったくだめで、身体を後ろにそらせようものなら腰の神経がビリビリ痛んで悲鳴を上げるのでどのようにしてもできない。
まあ、仕方ないか・・・俺も老人になったものだ・・・・」諦めていた。

 しかし年をとったからといって諦めることはまったくなく、身体の柔軟性はちょっとしたストレッチを継続するだけで回復し、しかも動脈硬化等の病気の予防につながるのだと言う。
本当かい??????」思わず言葉が出た。

 なぜ筋肉が硬くなって伸びないかと言うと、筋肉を形成している成分のコラーゲンが糖と結合して糖化コラーゲンになってしまっているからだと言う。
コラーゲン自身はゴムのように伸び縮み自在なのだが、これと糖分が結びついて糖化コラーゲンになると、ほとんど木質と同じようになって硬くぽりぽりと折れるような筋肉になってしまう。

 しかし嬉しいことにこの糖化してしまった筋肉をストレッチを行うことで元の柔軟な筋肉に戻すことができるのだという。
思わず身を乗り出してしまった。
なら、ロボコップのように硬くなった俺の筋肉が再生するのかい・・・・・・」

 再生のメカニズムは次のようになっていた。
糖化コラーゲンはカチカチなのでストレッチをするとその部分がボキボキ折れて壊れてしまう(ストレッチで硬くなった糖化コラーゲンを壊す)。
壊れたままだと筋肉として使用できないので、線維芽細胞と言う筋肉を作る細胞がすぐに活性化して、その壊れた部分を修復する。するとこの細胞は糖化していないので元の柔軟な筋肉に戻るのだと言う。
そうか、ストレッチを行うとやたらと痛いのだが、糖化コラーゲンがこわれているためか!!!」納得した。

 ためしてガッテンでは以下のようなストレッチを推奨していた。ポイントは大きな筋肉をストレッチすることだそうだ。

① 大腿四頭筋(ももの筋肉)のストレッチ
② 大でん筋(おしりの筋肉)のストレッチ
③ 腹直筋(おなかの筋肉)のストレッチ
④ 吸う筋肉のストレッチ
⑤ 吐く筋肉のストレッチ
⑥ 三角筋(肩の筋肉)のストレッチ
⑦ ひらめ筋(ふくろはぎの筋肉)のストレッチ


 なおストレッチの具体的方法は写真を見るほうが早いのでためしてガッテンのホームページを参照してもらいたい。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120125.html

 番組では筋肉だけでなく同時に血管も若返るのだと言っていたが、これは血管も平滑筋と言う筋肉でできているからだという。
ジョギングのような有酸素運動は血管内部の老廃物を清掃して血液が流れやすくなるのだが、一方ストレッチは硬くなった血管そのものを修復して昔の柔らかい血管に戻してしまうのだそうだ。
だから、高血圧や動脈硬化、動悸息切れ、手足の冷えの予防も可能になる」と言うことらしい。

 この番組を私が通っているヨガの先生も見ていて「山崎さん、ためしてガッテンで放送したストレッチはまったくヨガそのものですよ。ヨガを行えば筋肉や血管が若返って病気予防になるのはそのためです」と言っていた。
私はヨガを行うとなぜあんなに身体が柔軟になるのか不思議に思っていたが、線維芽細胞が筋肉を再生しているのだと知ってようやく理解できた。

 ストレッチヨガ)は毎日10分程度、約3ヶ月続けるで筋肉も血管年齢も際立って改善されると言う。
私はこのためしてガッテンのファンだし、運動系は得意だからさっそくためしてみることにした。

注)前に放送されたアンチ・エイジング法として、最初に野菜を食べる方法が紹介されていた。私は1ヶ月ほど懸命に野菜を最初に食べていたが、元々野菜が嫌いなのでしばらくしたら挫折した。自分に合わない方法は長続きしないらしい。こちらの方法は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7111.html 

また「ためしてガッテン」のシリーズは以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk/index.html

 

 

 

 

| | コメント (0)

(24.1.27) 輸出立国の終焉と日本の将来 The end of export nation and Japan's future

231

 長い間日本の国是であった輸出立国が終焉した。11年度の貿易統計速報が通関ベースで約2兆5千億円貿易赤字になったと報じたからだ。
日本の貿易収支が赤字になったのは石油危機1980年以来だから、約31年ぶりの赤字である。
原因は歴史的円高東日本大震災が重なって輸出産業のサプライチェーンが崩壊したからだと説明されている。

 そしていまだ「大震災の影響がなくなれば再び日本は貿易立国に戻る」との予測をする人もいるが、私はそれはありえないと思っている。
1980年との最大の相違があり、それは日本から輸出産業がタイや中国等に逃げ出しているからだ。
鶏がいないのだから卵を生めるはずがない。

注)タイの工場団地の水害の被害に驚いた方は多いと思うが、そこに進出していた企業が日本を代表する企業群だったことにさらに驚いたはずだ。日本の輸出産業はこのようにすでに海外に逃げ出している。

 過去日本が輸出立国を目指したのは、国内に資源が乏しく石油LNG鉄鉱石食料を大量に輸入しなければならなかったからである。
この政策は高度成長期を通じて大成功を収め、日本は輸入するよりもはるかに多くの製品を輸出して、毎年10兆円から15兆円規模の貿易黒字を稼ぎ出していた。

 こうした貿易黒字はさらに海外に投資され、その収益金利子や配当で所得収支と言う)がこれも10兆円規模になったため、リーマンショック以前には経常収支貿易収支+所得収支+サービス収支)は25兆円規模に膨れ上がっていた。
日本が世界の富を収奪していたようなものだったが、リーマンショック以降歯車が逆回転してしまった。

 日本がリーマンショック以前に輸出立国でいられた最大の理由は、アメリカのドル高政策にある。その間日本は失われた10年を挽回しようと低金利政策をとり続けたため、円安ドル高の基調が続き1ドル120円程度の輸出産業にとってはこの世の春のような状況だった。
今は世界3位に落ちてしまったトヨタが毎年1兆円規模の営業収益を上げていたあの時代のことである。

 今日本で輸出産業が崩壊したのはリーマンショック後1ドル76円程度の円高になってしまい、約4割程度円が上昇したからだ。
特に日本の最大のライバル韓国ウォンはドル以上に減価して、対円相場で5割程度の水準になっている。
サムスンLG電子ヒュンダイが世界市場で日本メーカーを駆逐しているのも、日本の約半分の価格で製品輸出ができるからと言っていい。

注)最新の生産設備を装備すれば韓国であろうと中国であろうと台湾であろうと同じような品質の製品が作れる。したがって後は価格競争になる。

 日本の輸出産業はそれでもトヨタのように国内での生産を死守しようと海外からの部品調達や合理化を進めたが、いくらがんばっても日本の半値になった韓国製品にはかなわない。
今は海外の現地生産に比重を移し国内の工場は閑古鳥が鳴いている。

 こうした中で日本はどのようにしたら世界経済の中で生き抜いていくことができるのだろうか。
私がこのブログの中で再三に渡り言及しているのは、貿易立国終焉のあとは医療大国を目指すことと金融立国を目指し金融機関の収益性を上げることだと思っている。

 医療大国を目指すと言うのは日本で期待できる最大の成長産業だからで、日本のような人口停滞国で老人比率が世界最高の国では医療費以外の支出が増えることはないからだ。
これは老人になってみるとわかるが、食欲などほとんどなくなり、衣類を着飾ることは恋の季節が終わっているので必要なく、家の手当ては済んでいて、旅行するにも遠くに行くのは億劫だから近辺を散歩するぐらいで済ませてしまう。
おかげでデパートもスーパーもコンビニも毎年売り上げが減少し、ファミリーレストランも倒産が相次いでいる。

 金を支出することが少なくなって唯一増大するのは医療費だけだ。
身体だけは毎年衰えていくので、あれやこれやと信じられない病気になって、この費用だけは毎年増加の一途をたどっている。

 日本は医療を必要とする老人が世界で最高の比率でいるのだからこれほどの成長産業はない。
私は若者にぜひ医者になれと勧めているが、医者だけは日本の社会で絶対に食いっぱぐれがない職業で、特にインプラントのような自由診療を取り入れれば収益は思いのままだ。
さらに世界から金持ちの患者を受け入れれば、日本は世界の老人医療の大国に絶対なれる

注)一般に医者になるには進学校で優秀な成績をとらないと不可能と思われているが、試験勉強の方法論を工夫すれば通常の能力と熱意で医者になれる。その方法論は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-8747.html

 また私が金融機関の収益力向上を常に主張するのは、日本の金融機関が衰退産業になって久しいからだ。
かつて私が職員だった頃は大蔵省の護送船団方式が功を奏して非常な収益力を挙げていたが、今は政府の発行する国債購入機関になってしまい利ざや1%程度の低収益産業になっている。

注)かつては日本の金融機関の職員の給与は非常に高かったが、現在は平均レベルになってしまった。

 それでも政府が集めた国債で日本の産業育成等がなされているのならまだ我慢ができるが、実際はこの資金はヤンバダムのような不要なダムや茨城空港のような飛行機が飛ばない飛行場や、漁師がいなくなった漁港等を作るために使用されている。
確かに作るときは建設業者に工事費が支払われ雇用が生まれるが、その後こうした施設は何の役にも立たないまま維持管理を行うことになり、将来にわたって無駄な経費を支出し続けることで日本そのものの体力を弱めてきた

注)いかにこうした支出が無駄かは以下に記した。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231231-201b.html

 アメリカやイギリスがなぜヘッジファンドを中心とする金融業を保護するかと言えば、それが10%から20%程度の収益を上げ続ける成長産業だからだ。
ヘッジファンドもアメリカやイギリスの企業であり、そこが繁栄すれば雇用も税収入も上がる。
だからフランスやドイツがどんなにヘッジファンドの規制を叫んでもアメリカとイギリスは応じようとしない。

 輸出で収益が上げられなくなった国家はサービス業医療産業や観光産業)を振興するか金融業で国家の再生を図るのが常套手段だ。
2011年、日本は貿易立国から滑り落ちた。
円高は当面収まることはなく、輸出産業は日本から逃げ出してしまった。
今後は医療立国金融立国が日本の国是になることを切に願っている。

なお経済成長に関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43696146/index.html

今回もGoogle Translationは一部にとどめました

Japan has ended the export nation. It was Japan's national policy.
Preliminary trade figures in 2011 have reported that the trade deficit was approximately 2.5 trillion yen.
Japan's trade deficit is since the 1980's oil crisis. It is a deficit of about 31 years.
Eastern Earthquake causes overlapped from other historical the strong yen .

And if it stops the effects of earthquake, Japan has been predicted to return to a trading nation. But I think it is impossible.
The biggest difference between 1980 and now
is that export industries  run away to Thailand and China from Japan.

Japan's export nation aimed at the past, had to import large amounts of food and scarce oil and LNG and iron .
This policy is a huge success throughout the period of high growth. Japan has been exported, making money was a trade surplus of 10 trillion yen to 15 trillion yen annually.

These surpluses will be invested in foreign trade. Its proceeds (interest and dividend income balance and say) was 10 trillion yen. Before the collapse of Lehman Brothers, the current account (trade balance + service + income balance) was 25 trillion yen.
Japanwas Plundering the wealth of the world . But since the collapse of Lehman Brothers, the reverse gear.

Before the collapse of Lehman Brothers Japan was exporting nation. The reason is that in the U.S. strong dollar policy. Meanwhile Japan has tried to make up for lost decade. And Japan continued to take a low interest rate policy. As a result, the yen continued trend of depreciation of the yen against the dollar. Export industry for about 120 yen to 1 dollar was the best conditions.
Toyota has fallen to third placeis now in the world . But at that time, Toyota had sales revenues of 1 trillion yen annually.

Japanese export industry collapsed today. The reason is the collapse of Lehman Brothers. Then yen appreciation of the yen was about ¥ 76 a dollar. The yen rose about 40% approximately.
Japan's biggest rival, especially the Korean currency is Won. It was more than $ depreciation. Wong has been a level of about 50% against the yen at the market.
Samsung and LG Electronics and Hyundai have been expelling the Japanese manufacturers in the global market. Korean products can be exported to about half the price of Japanese products.

 

 

 

| | コメント (0)

(24.1.26) 借りた金は踏み倒せ、税金は払うな。 ギリシャ人気質とドイツの苦悩 Greeks spirit and the German distress

277

 前にギリシャ人が作成したドキュメンタリー番組でNHKが放送したものに、「ギリシャ人は債務を踏み倒してよい」と言う主張の番組があった。
趣旨はヘッジファンド等が純粋無垢なギリシャ人をだまして借金付けにしたのだから、貸出責任があり、当然借金は踏み倒せると言うものだった。

 いかにもギリシャ人らしい主張だと思ったが、ギリシャ人が純粋無垢で世界の金の亡者にだまされ続けていると言う主張は完全に誤りである。
それと言うのもギリシャ人イタリア人も同じだが)は、ことあるごとに脱税をして税金をちょろまかす天才で、本来国庫に収められるべき税金の約2割が脱税されているからだ。

注)私はこのギリシャの脱税率はもっと高いと思っている。納税に忠実な日本人でさえ農業者や自営業者の脱税率がかなり高いのは承知の事実だからギリシャ人が20%でおさまるはずがない。

 昨日(24日)放送されたNHKのワールド・ウェーブ・トゥナイトが報じたものだが、脱税が最も横行しているのが付加価値税消費税)で、レシートを発行せずに販売して、23%の消費税分を懐に入れるという方法だ。

注)消費税はレジのレシート単位に収めることになっているので、レジを通さなければいい。

 さすがにギリシャ政府もこの脱税に目をつぶることができず、消費者相談窓口を開設して市民からの情報提供を受けつけていたが、通報件数は昨年だけで4万件になったそうだ。
ギリシャ政府はこの通報だけではまだ不十分と思っており、レシートを集めて税務申告すると一定の金額が還付される仕組みを採用した。このため市民は家中にレシートをためることになったとレポーターが報じていた。

 さらに政府は固定資産税電気代と一緒にして収める仕組みを導入したため、今まで固定資産税を払わなかった国民も、電気を止められては大変なので納税するようになったと言う。
元々ギリシャ人は脱税は当たり前で借金は踏み倒せと言うのが一般常識だから、最近の政府による脱税取り締まりはギリシャ文化に対する反逆に見られるらしく、反対の市民運動が起きていた。

 ギリシャ政府がこうした脱税の取り締まりに乗り出したのは、ユーロ支援国から自助努力を求められているためである。
もしギリシャがEUにもユーロにも参加せず、ローカルな市場でのみ経済活動をしていたならこのギリシャの債務問題はギリシャ国内の問題にとどまったが、ユーロに加入したため世界的問題になってしまった。

 昨年10月、倒産したギリシャ救済のためユーロ1300億ユーロ13兆円)の追加支援を決定し、さらに金融機関に対しても約500億ユーロ(5兆円の借金棒引き要請をしている。
都合18兆円の棒引きだが、これはギリシャのGDPにほぼ匹敵する金額だ。

 金融機関がなぜ半額返済で応じたかは、ギリシャが本当に倒産すればほぼ全額債権が消滅することと、半額弁済を認めれば各国政府がいざと言うときは支援をすると空約束をしたからである。

注)本当に国内の金融機関を政府が支援できるのはドイツ以外にはなくなっている。フランス政府の約束は反故になりそうだ。

 現在銀行団とギリシャ政府は残り半額の国債を超長期の30年国債に乗り換えることまでは同意したが、利率問題で同意が得られていない
銀行団は4%を主張し、ギリシャは3.5%を主張して0.5%の隔たりをなんとも埋めることができない。
とうとうEUの財務相が財務相会議で怒り出して、「早期に決着しなければ1300億ユーロの追加支援をしない」とケツをまくった。

 今市場は3月20日145億ユーロのギリシャ国債の借換えがスムーズにできるかどうかに注目している。
ギリシャ人は最後はドイツが金を出してくれると読んで、いたってのんびりと銀行団と交渉している。
金はいくらでも借りられる。最後は踏み倒せばいい

 一方骨の髄から謹厳実直なドイツ人から見るとギリシャ人のこのラフな性格は我慢ならないらしい。
それでもヨーロッパを救えるのは、フランスが救われる側に転落した今、ドイツ一国になってしまったのも事実だ。

 1月30日にEU首脳会議が開催されるが、この時期までに銀行団とギリシャ政府との折衝が決着してないと、首脳会議で決めるべき内容がなくなってしまう。
サルコジ大統領メルケル首相が互いに視線を避けてうろうろして狼狽すれば、間違いなくユーロ危機は第二のリーマン・ショックのレベルに突入するだろう。

 ドイツもフランスも最後の貸手IMFにヨーロッパのための資金供給をしてほしいと願っているが、アメリカは「IMFはヨーロッパだけの金融機関ではない」とつれない。
EUを救う」と豪語していた中国もブラジルも今では自国の経済を救うことで手一杯になってきた。
ドイツには金があるのだからドイツがヨーロッパを救うべきだ」と各国はEUを見放し始めている。

 ドイツは怠け者で脱税天国のギリシャのために資金を提供するのは断腸の思いだが、ドイツ以外にヨーロッパを救う国はない。
日本はバブル崩壊から20年、景気対策の繰り返しでそれまでのたくわえをすべて失ったが、今ドイツがヨーロッパの救済で日本のわだちを踏んでいる

なおギリシャ経済については以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44468201/index.html

またヨーロッパ経済については以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43160490/index.html

別件)今回「おゆみ野四季の道」のカウンター10000を加算しました。

(Google翻訳は頭だけにします。現在読む人がわかる英語にするための研究をしていますが、すべてを対象にするととても時間がたらないので、できる範囲に収めることにしました

Documentary program was created by the Greeks. NHK has broadcasted the program.
The program claimed "The Greeks must not have repaid the debt"
Hedge funds who have cheated innocent Greek, and Greeks was with the debt. So creditors are allyl responsible lending. Of course, the Greeks beat the debt in light.
It's like a decent person claiming Greece. Greece is no innocent person. "The creditors of the world are cheating Greek people ." This claim is completely wrong.
Greek (the same Italians) is a tax evasion. Approximately 20% of tax evasion have been.

The NHK "Wave World Tonight" reported. The most rampant tax evasion, tax (VAT) is. Evasion has been approved, 23 percent of the sales tax, without issuing a receipt.

 

| | コメント (0)

(24.1.25) NHK ヒューマン なぜ人間になれたのか Why human become a human person?

2414_031

 NHKが実に興味深い番組を放送している。「ヒューマン なぜ人間になれたのか」と言う番組で4回シリーズだそうだ。
1回目は「旅はアフリカから始まる」と言うタイトルだった。

 ホモ・サピエンスチンパンジーが枝分かれしたのが700万年前だそうだが、現在の人類の祖先は今から20万年前にアフリカに現れたという。
そしてそのほとんどをアフリカで過ごしていたが、この祖先がどのようにして人間になったのかをこの番組は追跡していた。

 私は20万年前から今の人類と同じように人間だったと思っていたがどうもそうでないらしい。
何回もの生死の境をさまよいながらようやく今の人類なったと言う。
まずチンパンジーホモサピエンスの最大の相違は二足歩行をするかどうかだが、これが人間の骨盤の構造を変えてしまったという。
横が広く縦が狭いためとても難産で、手助けがないと子供を生めない構造なのだそうだ。

 動物を見ていると草原でなんと言うことなしに子供を生んでいるが、これは産道が丸く広いので難産でないからだそうだ。
この難産であることが人間が最初に協力し合う端緒になったのだと言う。
助け合わなければ生き残れなかったのだから、協力して出産をしてきた人類だけが生き残ったと思えばいい。

注)すべての人類が生き残ってきたのではなく、産婆さんを発明した人類だけが生き残ったと言うことらしい。

 この助け合い精神は現在の人類のDNAにインプットされているという。
その実験はとても興味深いものだったが目は正常で視覚野に障害がある人でも笑いは理解できるのだと言う。
視覚野が壊れていてなぜ物が見えるんだ???」これには驚いた。

 実は微笑みや笑いや怒りの表情は視覚野だけで処理するのではなく、扁桃体と言う脳の他の部分でも処理されていて、視覚野に障害があってもこの人間の表情は見えるのだと言う。

 この笑いや微笑は「あなたに敵意はありません。必要なら助け合いますよ」というサインだし、反対に「怒り顔」は敵意丸出しだから、古代の人類はこのサインを瞬時に識別するために、視覚野だけでなく扁桃体でも処理していたと言う(もしかしたら扁桃体の処理速度が速いのかもしれない
私は人に会うと必ず微笑むことにしていて「山崎さんの笑顔は素敵」と言われることが多いが、これがDNAに根ざした人間の深い行動だとは知らなかった。

 人はまず微笑んで協力関係を築くのだが、協力関係だけなら人間だけでなくキイロタマホコリダケという菌類でも行っていて、食料がなくなると集まってきのこ状になり胞子を飛ばして生き残るすべを知っていた。
ただし同じDNAを持ったものだけが集まるので、人間のように血縁家族が異なっても助け合いをするわけではないと言う。
だからキイロタマホコリダケより人間のほうが少し高等だと言うので笑ってしまった。

 人間がなぜこのように血縁家族を越えて協力し合うようになったのかは、7万4千年前インドネシアの火山の大爆発が原因だそうだ。
この大爆発で地球の気温が平均で12度二年間にわたって低下してしまったと言う。


 このときのアフリカにいた人類はほぼ2万人程度だったそうだが、食糧不足に陥った人類は多くが死滅したが、血縁家族を超えた協力関係を築けた人類だけが生き残ったのだそうだ。
その協力関係の広がりは黒曜石の分布でわかるそうで、噴火前は10km程度の広がりだったものが、噴火後には70km程度まで分布が広がっていたと言う。
当時黒曜石は互いの親睦(敵意がないこと)の情を示す贈り物だったそうで、こうして助け合いのネットワークを広げたものだけが火山の大爆発に伴う冷温状態を生き残ったことになる。

注)互いに食料などを交換したらしいが、それまでの人類は血縁家族と言う狭い範囲でのみ生きていたことになる

 そしてこの贈り物をして互いに助け合うと言うDNAは現在の人類にも受け継がれた。
全世界的規模で行った「10ドル札10枚渡して、身も知らずの人にこの10ドル札をいくら分け与えるか」との実験では、少なくとも平均で20ドルは他人にあげるのが普通なのだそうだ(日本人の場合は44ドル他人にあげると言う。私自身は10ドルと想定したので、私の場合はあまり助け合いの精神がないのかもしれない)。

 現在の人類はただ何気なく人類になったのではなく、存亡の危機において互いに助け合うことを学んでかろうじて生き残ってきた人類の子孫なのだそうだ。

 その後およそ5万年前に人類はアフリカを離れるのだが、その規模は数千人の単位だったと言う。その助け合い精神に満ちたわずかな人類が今70億人もはびこっているのだから驚きだが、この番組のメッセージは「人類の中でも助け合いの精神があった一部の人類だけが生き残った」と言うことだった。

 なぜ人間は微笑むか? なぜ人間は贈り物をするか? なぜ人間は結婚指輪の交換をするか? 
こうした何気ない行為の奥にDNAに根ざした人類の知恵が宿っているとは知らなかった。
この番組は4回シリーズだが、実に興味深い内容でぜひ見られることを勧める。

なおNHK特集は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhknhk/index.html

http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/nhk_1/index.html


(Google翻訳を添付しておりますが、こうしたかなり高度な内容の翻訳は難しいらしく、残念ながら理解可能な英語にはなかなかなりませんでした


NHK" which broadcasts the Program is really interesting.
"Why become a human person?"  says the Program 's four-part series.
The first title is "journey begins in Africa" ​​
Homo sapiens and chimpanzees branched 7.0 million years ago. , And the current of human ancestors appeared in Africa 200,000 years ago .
Mankind had spent most of them in Africa. This program had been keeping track of how you became a human person.
I thought I was a man just like humans 200,000 years ago.
Paces the boundaries of life and death many times, was now finally mankind.
The biggest difference between chimpanzees and Homo sapiens is whether to bipedalism. Biped has transformed the structure of the human pelvis.
The human pelvis has a wide width, narrow vertical contrast. So in a very difficult birth, it's a narrow birth canal with no help.

On the other hand ,Birth to children  of animals is easily.
The first clue was that people work together to be this hard labor.
Humans must cooperate did not survive. Only human beings have done so in cooperation childbirth have survived.

Note) instead of all of humanity has survived and survived the invention of mankind's only midwives.

This spirit of mutual aid is the current input into human DNA.
Had experienced. People at first failure in the normal cortex and says he can understand Laugh .
It surprised me.
Laugh and smile and look of anger on the fact that treatment is not only the visual cortex.
It has been handled in other parts of the brain called the amygdala, expression of this human failure even know what we'd see the visual cortex

Laughing and smiling is " hostility with you" It's a sign that, on the contrary "angry face" enmity will bare out. ,
Ancient humans to immediately identify this sign,  that the amygdala in processing visual cortex as well (perhaps in the amygdala processing speed maybe).
If I decided to meet people and always smile, "Mr. Yamazaki is a nice smile," often referred to. Deeply rooted in human behavior that the DNA did only know this .
Who is he smiling at first establish a collaborative relationship, but fungi have been named Yellow dust ball as well as human  only if cooperation. Yellow dust ball knows how to survive it had become like a mushroom spores flying together when there are no food.
We only gather with the same DNA, however, not be that different families help each other .
Human say a little more higher than the  Daque Yellow dust balls, so I had to laugh.

We began to work together across a consanguineous family , it seems like it because of the volcanic explosion in Indonesia 24,000 years ago7.
Two years had reduced average global temperatures by 12 degrees in this major blast.
At this time, humanity in Africa was about almost two million people. Human food shortages that many died in this explosion. Only human beings have survived beyond the family built a cooperative relationship but blood.
Extent of cooperation is seen in the distribution of obsidian. For example, what was spread before the eruption of about 10km,  after the eruption had spread to the extent the distribution 70km.
Obsidian is a fellowship of each other at the time (no enmity) and so indicating the information was a gift of a wider network of mutual assistance only because of mankind thus become involved in cold state survived the explosion of the volcano .Note) and food were exchanging with each other.

DNA to help each other and say this gift and said has been handed down to mankind today.
Conducted on a global scale "all pass ten sawbuck or distribute some $ 10 this person knowing themselves" experiment with the $ 20 average at least seems he usually takes up to others (For Japanese people say up to $ 44.)

Humans became human today is not just casually. Learning to help each other in a fateful crisis, it's a descendant of mankind has barely survived.
50,000 years ago, but Humans leave Africa, says it was the scale of thousands of units. I'm surprised that the 70 million people are now infested with a small human beings full of spirit that mutual aid. Message of this show is "some human beings had survived only in the human spirit of cooperation,"

Why do people smile? Why do human beings a gift? Why do human beings to exchange wedding rings?
Wisdom of humanity that dwells deep rooted in the DNA did not know this casual act.

.

 

| | コメント (0)

(24.1.24) Google翻訳で情報を世界に発信しよう  Google translation. I want this information to the world

2414_021

 私はこのブログを日本語で記載してきたし、日本語以外で文章は書けないのでもっぱら日本人を対象にブログを書いてきた。
しかし日本人の人口は約1億とすると、世界の人口は70億人だと言うから、70分の1の人を対象にしていることになる。

注)私の読者はすべて日本人だと思っていたが、国別のブラウザを調べたら約7%が日本語以外のブラウザを使用していた。日本人でも英語のブラウザを使用するから7%すべてが外国人とは思われないが、意外と多いのには驚いた。

何とか世界に情報を発信することはできないか
あれこれと悩んでいたら、Google翻訳があることに気づいた。これは無料の翻訳ソフトでとても翻訳は早いのだが、実際に英文を日本文に直してみるといったい何を言っているのかわからない文章になっている。

こりゃだめだ、役に立ちそうにない
がっかりしていたが、考えを変えた。
翻訳ソフトに合う様に日本語を記載すれば、このソフトは使用できるのではないだろうか・・・・・・・・

注)実際の翻訳者はソフトで翻訳した後、手作業で修正を加えているようだが、私は英語の単語もスペルもすっかり忘れているので、すべてソフト翻訳にすることにした。

 先日からあれこれためしてみて翻訳ソフトの性格が少しわかってきた。
大体以下のように日本語を記載するとソフトとの相性がよくなる。

① 主語と述語を明確に記載する。特に日本語では主語を省くことが多いので注意。

② 文章は短文にする。長文にするとソフトは文章の構造がわからなくなる。

③ 言葉は漢字で明確に指定して和文は使用しない。「思い」と言う言葉は「思想」と言うように直す。

④ 不明確な表現は避ける。たとえば「○○のようだ」と言う言い方ではなく「○○だ」と言い切る。

⑤ 固有名詞は必ず「・・・」括弧で囲む。そうしないと一般名詞のようにソフトは理解する。

⑥ 文学的な表現は避けて直截な表現にする。文学は訳せない。

 
翻訳ソフトのレベルは小学生並だから、それに合わせるように日本語を記載するとかなり満足できる英訳になった。

 今のところわかっているGoogle翻訳ソフトの性格は以上のようなものだが、練習を重ねるとさらに使用法がわかってくるだろう。
こうしたソフトの使用についても一定のトレーニングが必要で、なれてくれば空気のように使うことができるだろう。

 実際に訳してみて英語であればおかしな表現であることがわかるので、英語で研鑽を積んでそれを他の言語(中国語、ロシア語、スペイン語、フランス語等)でも翻訳したいと思っている。
もっとも英語以外は翻訳した結果に何が書かれているかわからないが、ソフトの性格は同じだからかなりの確率でわかる言葉になっていると思う。

 ブログを記載して丸5年が経ったので、今度はブログを世界に発信することにした。
 
なおブログに関する記事は以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43088244/index.html

(Googleの翻訳ソフトを利用して翻訳しています。日本語表現をできるだけ易しくするようにしていますが、まだ十分ではないようです。最終的には手作業での修正が必要になるかも知れません

I have described this blog in Japanese. I can not write Non-Japanese text,so I have written a blog for the Japanese.
But the Japanese population is about 100 million. The world's population is from 7.0 billion people, so I would be aimed at people who have a 1 / 70.

Note) After checking the country of my readers of another browser, the browser was using 7% non-Japanese. To use English browser of
Japanese . So, all foreigners are not expected 7 percent, but I was surprised at how many unexpected.

"I want to somehow transmit information to the world"
Suddenly I noticed that Google translation. This translation is fast and free translation software. But I can not know what sentence exactly what you are saying and try to fix the actual Japanese text to English.

"It's bad, but that seems unuseful"
I was disappointed, but I change my mind.
"If I describe the Japanese as if I fit the translation software, this software is available "

Note) The actual translator after translation software which modifications by hand. However, since I forgot spells of English words also decided to translate all the software.
Try and try,the other day, I know the nature of translation software.
Better compatibility with the software described in Japanese roughly as follows.

①.Clearly described in the subject and predicate  Note especially the Japanese often omit the subject.

② The short sentences best. The software do not know structure of a sentence long.

③ The Japanese ojd language and Chinese characters are not specified explicitly in use. "think" The word is "thought" .

④ Ambiguous expressions should be avoided. For example, "I do" rather than words and say "I" and affirm.

⑤ Proper names are always enclosed in parentheses "···". Software understand as a common noun.

⑥ A literary expression avoid and direct representation is best. Literature can not be translated.

This parallel translation software is elementary school level. Be quite satisfactory to describe Japanese to match English.
I will understand the nature of Google's translation software. I will come and know how to use but have a lot of practice.
Constant training is needed for use of this software.

Try to translate into practice, so if I can find strange English expressions, I trying to study in English. It to other languages ​​(Chinese, Russian, Spanish, French, etc.) I want applied.
Most non-English I do not know what is written in the translation results. But I think the nature of the soft words that are seen as so significant probability.
Round Five years have passed , I have provided a blog. Now I decided to blog to the world.

| | コメント (2)

(24.1.23) クローズアップ現代 インプラント治療の現状   NHK "Today's Close-Up," "implants

2414_040

 世の中にインプラント治療なるものがあることをはじめて知った。
先日のクローズアップ現代で取り上げていたのだが、歯が抜けたか弱ったときに歯の周囲の骨(上あごと下あご)にドリルで穴をあけ、そこにボルトを差し込んで基礎工事をした後、その上に人工の歯をセットする治療だと言う。

注)海岸の埋立地でくいを打ち込んでその上に建物を建てるがそのイメージ

 こうすると単なる入歯とは異なりまったく自分の歯のように物を食べることができるようになるそうで、成功すれば実に快適な日常生活がおくれるのだそうだ。
ただし、このインプラント治療にはかなりの問題点があるという。

① 自由診療なので医療費は医者が自由に決めている。世間相場は一本20万円から40万円。

② 医者の技量に左右されるので経験不足の医者にかかると、基礎工事がうまくいかず、ボルトが骨を突き破ってしまったり、骨の中の神経に触って大変な痛みやしびれを誘発することがある。

③ 歯科大学での一般の研修に含まれていないことが多く、ほとんどの医者が業者の研修に参加してその技量を会得している。

④ 業者は業務拡大のためにインプラントのマイナス面を知らせず、また業者は医者に積極的にこの療法を薦めるため営業目的が優先することが多い。

⑤ 現在歯科医は過剰気味になっているため、経営が不安定になった歯科医が十分な技量の習得をしないままインプラントに乗り出している場合がある。

 歯科医の過剰問題は知り合いの歯科医からよく聞かされていたので知っていた。
設備投資が大きく、一方で新規参入の歯科医が多くいるため患者の取り合いになっており、ここ千葉でも医院をたたんだ歯科医が多いのだそうだ。

 この番組でもある歯科医が言っていたが「インプラントは歯科医の救世主で、これなしには経営がなりたたない」という。
インプラントを導入した歯科医の例では年間の収入が2500万円ほどアップしたと言っていた。
ちょうど近眼のレーザー治療みたいなもので、腕のいい歯科医はいくらでも収益を上げることができるようだ。

 よく自由診療について否定的な意見を聞くが、最先端の医療はほとんどが保険対象外だから、私は必ずしも否定するものではないと思っている。
その医療を自分の経済状況に合わせて選択する自由はあっていいし、その結果が患者が満足するものであれば問題ない。
いわば商品を自由市場で売り買いするのと同じだ。

 問題はそのインプラント療法が支払う金に比較して妥当かどうかで、特に技量の低い医者が高額の医療費を請求するのは自由診療の原則に反する。
番組でも8本の歯をインプラントにし500万円も支払ったが、ボルトが神経に障っているらしくまともに食事ができなくなった患者の証言があった。

 私の場合でも医者の技量はとても心配で、初めてかかる医者の場合は評判をインターネットで検索し、特にかかった患者の評価なんかを注意深く読むことにしている。
そして実際にかかってみて、陰気な医者やすぐに自由診療を進める医者は敬遠することにしている。

注)陰気な医者がいやなのは私の好みの問題で、また自由診療を拒否するのは私が定年退職者で余計な費用をかけられないからにすぎない。

 私が常日頃ブログで医療関係者にがんばってもらいたいと言っているのは、日本には医療産業以外に成長産業が見当たらないことによる。
確実に雇用が増えているのは医療産業だけで、また国が支払う医療費も毎年増大している。

注)人口が停滞し、一方で高齢者の割合が増えてくる社会は医療費以外に増加する支出はない。

 私の希望は日本の歯科医インプラントの技量の研鑽に励み、世界でもっとも高い水準と言われるようになって、世界中から患者が日本に押し寄せるようにしてほしいことだ。
自由診療なのだから技量に合わせて世界中の金持ちの歯を直してあげればよく、そうすることで日本人の雇用と所得が守られるならこれに越したことはない。

なお過去のクローズアップ現代の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html

下記はGoogle翻訳で翻訳したもの。上記の日本語のままでは意味不明の箇所があるので、翻訳しやすいように日本語を修正している


I knew the first time Implants.
The NHK "Today's Close-Up" was featured on.

Both the bone around the teeth when the teeth are missing or weak (upper jaw and lower jaw) to drill the holes. , To insert the bolt in foundation work there. , They treat you set artificial teeth on it at the end.

Note) erect a building on the same type in a pile in the coastal landfill

Will be able to eat like my teeth with this. The success of this therapy, it seems quite late for a comfortable daily life.
However, this implant therapy has significant problems.

① The free medical clinics so that doctors are free to decide. World market to 40 million yen to 200,000 yen bottle.

② This therapy is dependent on the skill of the doctor. According to the doctors and lack of experience, foundation work does not work. Break through a bone suffers bolts, would touch a nerve in the bone. May induce a lot of pain and numbness results.

③ This therapy is not included in the training of general dentistry at the university. Master the skills that companies are participating in the training of most doctors.

④ The company's business expansion in order to "implant" informing drawbacks. Companies are also actively encouraged this therapy to the doctor. Therefore, a priority for business purposes.

⑤ The excess current dentist. The dentist becomes unstable management without sufficient skill to learn "implants" may have embarked on.

Excessive dental problems had been often heard from a friend's dentist.
Large capital investment, many new entrants while dentists. Competition for patients and therefore is often folded dentist clinic here in Chiba Prefecture.

The dentist was saying, "" implant "is the savior of the dentist., It is not true that management is no" it.
"Implant" example introduced dentist was up about 25 million yen in annual revenue.
This is like laser treatment of nearsightedness, just skillful dentist can arbitrarily raise revenue.

Hear about private practice often negative. But cutting-edge medical care is not covered by most insurance. So I will not deny that I do not think.
Patients have the freedom to choose according to the economic health of their own. No problem so long as the patient satisfaction results.
Same as in the free market to buy and sell products, so to speak.

The question is whether reasonable compared to the money paid by the implant therapy. To claim medical expenses for low-skill high doctor, especially against the principle of free medical care.
Eight teeth in the program, "implant" to be paid 500 million yen, if the bolts touch the nerve, the patient can no longer had the testimony of a decent meal.
Doctor's reputation, even if my first take, often on the Internet in search of knowledge. The evaluation of patients suffering from something in particular, have to read carefully.
Try taking Indeed, doctors and dismal, free clinic doctor immediately proceed to shy away.

Note) The doctors do not like the taste of my dismal problems. Also free to refuse medical treatment, from a cost not in excess of my retirement.

Saying that health officials hope that luck, I do not see a growth industry in Japan in addition to the healthcare industry.
Growing number of jobs is only the medical industry, have increased health care costs paid for each year the country.

Note) stagnant population, community proportion of elderly people come more and more while spending on non-medical expenses are not.

I hope the dentist, "implant" the skill of encouragement to study, it can be said to be the highest in the world. Patients from around the world and want to flock to Japan.
To give teeth to be rich again to match the skills from around the world and it's free practice. If I will protect the jobs and income is pleased Then the Japanese.

 

 

 

 

| | コメント (0)

(24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート

009

 私はここ千葉に住んですでに20年あまり経つのだが意外と千葉県のことを知っていないと痛感してしまった。
先日(17日おゆみ野歩く会5名のメンバーとこの鋸山の登山をしてみて、このような急峻な山が千葉県にあることに驚いてしまった。

 鋸山は内房の東京湾フェリーの乗り場がある金谷にあり、海に向かって屏風のようにそびえている山塊だが、名前が鋸山と言われているように上部は鋸の歯のようになっている。
高さは329mだからなんということもない高さだが、海から直登しているので登山をするときは329mたっぷり登らなければならない。

 実はこの鋸山にはロープウェイもあり、また道路が頂上付近まで通じているのでほとんどの人が麓から登ることをしない。自動車で乗り付けて頂上付近にある日本寺周辺を周遊して帰ってしまうので、この山の急峻さを知っている人は少ない。

 しかしわれわれ歩く会はそんなやわなハイキングをもっとも忌み嫌う集団だから当然麓から登山することにした。
見上げると長野県にある戸隠を小ぶりにしたような山塊だ。
登山道はかなり整備されてはいるがメインのルートをはづれるといっぺんに荒れた登山道になり、実際に登ってみるとわかるが登山の経験がないと道を間違える。

 数年前にここで中高年の集団の遭難騒ぎがあった。「なんでこんな低い山で遭難なんかがあるのだろうか?」不思議に思ったがその理由がよくわかった。
めちゃくちゃに急峻な道が沢沿いに通じていて、沢を間違えれば登山経験が少ないとリカバリーが相当難かしそうだ。

030


 私はこの鋸山の歴史についてはまったく無知だったが、ここには信じられないような石切り場があって、過去200年にわたって金谷石を生産してきたのだと言う。
正岡子規が「春風や 鋸山を 砕く音」と歌っているのだがから、明治時代も盛んに石を切り出していたのだろう。
金谷石のまちシンポジウムのホームページに以下のように記載してあった。

鋸山の房州石切丁場は、江戸時代後期から採石業が営まれ、平成の直前まで200余年にわたる歴史があります。
その功績は江戸城下の街づくりや横浜港の建設、ひいては石釜などの材料として庶民の生活を支えてきました。同時に、重厚な鋸山の景観は奇景として広く今も親しまれているところです」

 
私たちは関東ふれあい道コースを登って石切り場跡に出、東京湾が一望に見渡せる展望台で景観を堪能し、稜線伝いに鋸山山頂を通過して安兵衛井戸と沢コースと言う道を下ったが、約3時間半程度のコースだった。

 私のようにアルプスを常時登っているものでも結構楽しめたコースだから山好きの人にはお勧めだ。
この日は寒かったためだろうか、私たち以外には登山客はまったくいなかった。
とても静かな山旅ができたので満足している。

なお歩く会の活動については以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46049658/index.html

 

| | コメント (0)

(23.1.21) イタリア人と日本人 船を見捨てる船長と原発を見捨てない所長 Director of Primary defended and captain abandoned the cruise ship

2414_012

  今回のイタリア豪華客船コスタ・コンコルディア号船長と、福島第一原発の事故処理を指揮した吉田所長との対比ほど、イタリア人と日本人の違いを際立たせるものはない。

 イタリア人船長スケッティーノ氏は船が沈みそうになるとさっさと救助ボートに乗り込み、沿岸警備隊長の「すぐに船に戻って指揮を取れ」という言葉に「暗くて何も見えない(から指揮など取れない)」と弁明するばかりで、後は一目散に海岸の岸壁に登ってしまった。

 今回の事故で死者は11名、行方不明者は21名で、4200人乗りの豪華客船の座礁事故としては被害が小さいほうだが、未だに船体は傾いていても沈んでいないのだから、船長が一目散に逃げる理由はなかったはずだ。

 今回の船長沿岸警備隊長との会話は歴史に残る会話と言える。

船に戻り船内に何人残っているか伝えろ
私は救命ボートで救助の指揮を取っているので船に戻れない
船で指揮を取れ、拒否するか、これは命令だ
もう暗くて何も見えないのだから船にはかえれない
だからどうした、家に帰りたいのか、すぐに船にもどれ

 船長の会話としては驚くべき内容だ。船に乗客が何人残されていようとも自分は救命ボートに乗って逃げると言っているに等しい。
かつて見た映画では船が沈没するときは船長は船と運命を共にすると言うのが常識のように描かれていたが、イタリアの船長は例外らしい。

 この船長の態度と比較して福島第一原発所長吉田氏の対応はその対極にあったと言える。原発が大爆発を起こさないように海水を注入していたが、それをヒステリーになった菅総理が「真水を入れろ」と騒ぐため、東電の本部は海水の注入を一時止めさせようとした。

 このとき吉田所長は東電のテレビ会議の席で、海水注入の中止を命令し、一方で部下に「何もわからない連中の指示など受けていたら大惨事になるから、いいから海水の注入を続けろ」と命じた。
自分の責任で大事故だけは避けるとの強い意志であり、おかげで広島並の被害も予想されたのに今回程度の事故で収まったのだと言うのが専門家の一致した見方である。
だから私たちはどんなに吉田所長に感謝してもしきれない位だ。

注)吉田所長の奮闘は以下の記事にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231229.html

 どちらも最悪な場面に直面しながらも、真っ先に逃げ出した船長と絶対に逃げることなく事故の収拾にあたった吉田所長との対比ほど、イタリア人と日本人の相違を際立たせるものはない。

 イタリア人が相当ずぼら責任放棄をしやすいことは、ニコラス・ケイジ主演映画「コレリ大尉のマンドリン」に描かれていた。
第二次世界大戦の末期、ギリシャのある島をドイツ軍とイタリア軍が共同統治をしていたのだが、イタリア軍はもっぱら土地の女性と恋に落ちマンドリンを奏でているだけだった。
そうしているうちにムッソリーニが降伏したため、イタリア兵は喜び勇んで故郷に帰ろうとしたのをドイツ軍がイタリア兵を全員(映画ではコレリ大尉を除いて)虐殺した事実に基づいた映画である。

注)私はこの映画をとても興味深く見たが、ドイツ軍がイタリア軍をまったく信用しない理由もよくわかった。

 一方で吉田所長のような責任ある人がきっちりと責任を果たす国は希望が持てる(反対にイタリアにはがっかりした)。
経済状況は最悪だし原発問題の解決にはまだ時間がかかるが、日本人が吉田所長を手本に、少しでも日本再生に努力すればこの国の未来は明るいだろう。

注)ブログの英訳を添付します。この英訳はGoogleの翻訳機能を使用して翻訳したものをそのまま貼り付けたものですので一部翻訳不能の箇所がありますが、そのまま添付します。
(
読める英語にするには手を入れないとだめなのですが、技術的な面と能力的な面で研鑽が必要なので、少しづつレベルアップを図ります

Italian cruise ship, Costa Concordia and the captain of the issue, a comparison of the chief who led the process Yoshida, Fukushima Daiichi nuclear power plant accident, tell the difference between Italian and Japanese.

Italian captain, "Martino sketch," said the rescue boat boarded the ship sank so quickly become. Coast Guard Captain of "taking the lead back to the ship immediately," the term "dark to see anything (such as an expression not take from)" and defended.
So the captain put it, had climbed to the cliffs of the coast at full speed.

11 killed in this accident, 21 people who are missing. As accident-passenger luxury liner ran aground in 4200 is less damage. Hull still has not sunk, and even inclined.
So why should the captain had run away.

Conversation with the captain and the captain of this Coast Guard's historic conversation.

"Return to the ship, reported that the white ship left many people"
"I am taking command of the rescue by lifeboat back to the ship"
"Take the helm at the ship, or to reject, this is the instruction"
"Because of the dark to see anything anymore, go back to the ship"
"So the matter, or go home, how to ship soon"

It's amazing what a captain conversation.
How many passengers can remain on the ship, captain says that flee aboard a lifeboat.
Saw the movie once, when the ship is sinking The captain was portrayed as the common sense to say that both the ship and destiny.
However, Italy's captain flee.

Yoshida, director of correspondence, Fukushima Daiichi nuclear power compared to the attitude of this captain, said it was the polar opposite. Seawater was injected to cause a nuclear explosion, the Prime Minister Kan it was hysterical, "injecting a fresh white," and ordered.
TEPCO headquarters Therefore, the injection of water and try to stop temporarily.

Yoshida, director this time, at a meeting of the TEPCO television, ordered the suspension of water injection.
The men, however, "the disaster will receive such instructions if guys do not know anything, white continues the injection of water," and ordered.
Only major accidents at their own risk and are strong will be avoided.
The expected damage but also on a par with Hiroshima, but he ceased to say about this accident, but experts agreed view.
So we can do however appreciate the director Yoshida.

Note) Yoshida, director of struggle are summarized in the following articles.
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231229.html

Despite facing the worst scene, both the captain and first escape, as contrasted with the director to collect the accident hit Yoshida absolutely no escape, but to emphasize the differences between the Japanese and the Italians were not.

Susceptibility to the abdication of responsibility in the Italian equivalent of sloppy film, starring Nicolas Cage, "Captain Corelli's Mandolin" was drawn.
The end of World War II, troops were to rule jointly with the Italian island in the German army in Greece.
Italian troops, however, was only playing the mandolin land fell in love with a woman.
Mussolini surrendered because in the meantime, the Italian soldiers to their homes and go home with great glee.
Film is based on the fact that the German army massacred all the Italian soldiers it (except for Captain Corelli in the movie).

Note) I saw this movie very interesting, well understood at all why the military does not trust the German army in Italy.

State responsibility and accountability for people exactly like a director Yoshida, meanwhile, look hopeful (in Italy the opposite was disappointed).
Economic situation and solve the problem worst nuclear power plant will take some time. Yoshida, modeled on the Japanese director, but this country's future is bright if you try to play in Japan.

| | コメント (0)

(24.1.20) ためしてガッテン 物忘れに効く薬 老人性てんかん症

23126_001 


 世の中には認知症と間違えられている記憶障害があるという。
50歳以上で発病することが多く、突然記憶障害が発生し、しかも記憶がまだら模様に抜けてしまい、短時間ボーとしていることがその特色だそうだ。

 私の場合は昔から年がら年中物忘れをし、人の名前など聞いて5分後には忘れてしまい全体的に記憶が不確かになってくるのだが、それとはまったく異なる記憶障害といえる。
この症状は老人性てんかん症と言って、50歳代から急激に増加し推定患者は約100万人と言うから半端な数ではない。

 記憶障害の原因が認知症でなく老人性てんかん症だとわかれば、劇的に症状を抑える薬が開発されていて約8割の人が通常の生活に戻れるのだそうだ。
だがそれにしても老人性てんかん症とは聞きなれない言葉だ。

 子供の頃にてんかん症状を起こす人はよくいて、私の友達にも一人いた。はじめはその子がてんかんもちだと知らなかったのだが、相撲をとって相手を投げたとたんに口から泡を出して痙攣発作を起こしたのにはびっくりした。
A君、死んじゃうの・・・・・・・・・」動転したものだ。
しかしA君は5分程度すると意識が戻って、自分が痙攣していたことも記憶になかったのには再度びっくりした。
私がてんかんを知った初めての経験である。

 一般にてんかんは子供の病気と思われている。
てんかんが発生するメカニズムは脳の神経細胞の中に興奮性細胞抑制性細胞があり、情報伝達物質をこの二つの細胞で制御しているのだが、てんかんとはこの制御がうまくいかなくなった病気だと言う。
いわば興奮だけが起こりそれを抑制できなくなった状態で、自動車で言えばアクセルだけあってブレーキがない車と言える。
番組では脳が興奮してショートすると言う表現を使用していたが、パニックになったと言うことだろう。

 もっとも普通の人でもクルーズ船が座礁して船から逃げ出さなければならなくなれば船長でさえ自分が船長であることを忘れるが、そうしたことが外的な要因ではなく内的な要因で起こっていると思えば、てんかんをイメージすることができる。

 しかしこのてんかんが老人になると再び発生するとは知らなかった。トリガーは脳梗塞脳腫瘍等で脳の一部に損傷があると血流がわるくなって、特に抑制性細胞の働きが悪くなるからだと言う。
なぜ抑制系だけに問題が発生して興奮系がそのままなのかはよくわからなかったが、興奮系だけになって脳がショートするのは子供と同じだ。

 ただし子供のてんかんとまったく異なるのは脳全体がショートするのではなく、その一部だけがショートするのが違うと言う。
老人性てんかん症は以下のような特色があるのだそうだ。

① 物忘れがよいときと悪いときで落差が大きい。
② 記憶はすべてなくなるのではなくまだらに抜ける。
③ 短時間意識が途切れる。
④ 無意識な意味のない動作を反復する。
⑤ 睡眠中に痙攣が起こる。

 番組に出ていた人はあるとき急に近所の家の名前や駅に行く道筋がわからなくなったと言っていた。
この老人性てんかん症には20種類ものよい薬が開発されていて、症状に応じて適切に処方すれば再びてんかん症状が起こることなく日常生活をおくれる言う。

 だが病院ではこの老人性てんかん症認知症を間違うことが多く、認知症の薬をいくら飲んでも症状が好転しないので、再度てんかん専門病院を尋ねてようやく病名が判明するらしい。

 今回私は私の物忘れに効く薬が開発されたのかと期待を持ってみたが、私の場合はどう考えても老人性てんかん症ではなさそうだ(どちらかと言うと認知症に近い)。
しかし世間では認知症と間違えられて治療を受けている人が多くいるはずだから、認知症の治療がはかばかしくなければ、一度てんかん専門病院で検査を受けるのは意味があることだろう。

なお過去のためしてガッテンの記事は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk/index.html

 

 

 
 

| | コメント (1)

(24.1.19) プーチンになれないハンガリーのオルバン首相 EUの鼻つまみ者

Dsc01377

 苦境にあえぐEUにとってまた頭の痛い問題が発生している。
EU の一員ハンガリーのオルバン首相強権政治が限度を越え、ついにEUバローゾ委員長の堪忍袋の緒が切れたからだ。
中央銀行や裁判官の独立を侵害する法律はEUの基本条約(リスボン条約)に違反しており、報道の自由についても問題がある」と警告した。

 現在のオルバン政権は10年4月の選挙で3分の2を超える大勝利を収めたのだが、その主張は「ハンガリーはEUの言うことを聞かない」と言うものだった。
ハンガリーはEUの中でも極度に弱い経済力だったが、08年まではEUの一員として海外からの投資で順調な経済発展をしていた。それが08年のリーマンショックですべてが暗転してしまい、GDPは減少し通貨フォリントの価値はピーク時からほぼ半減している。

 それまでハンガリー人はユーロで借金をしまくっては住宅投資にいそしんできたが、フォリントがほぼ半減してしまったため、返済金額がほぼ倍増してしまった。
アメリカのサブプライムローン問題と同様に、多くの国民が返済不能に陥って家を手放し7人に1人の割合で破産者になった。

注)ユーロの貸出しレートがフォリントのレートよりはるかに低かったため、国民はユーロ建てで借金をしていた。

 オルバン首相はこうした苦境を独裁権力の強化で乗り切ろうとし、言うことを聞かない中央銀行の幹部や裁判官を次々に首にして、自分の息のかかった官僚で経済運営をすることにした。
もちろんメディアへの規制も強化して、政府のプロパガンダ組織に変えようとしたわけだ(そうした法案を次々に通している)。

 オルバン首相は自分がプーチン首相になればこの経済苦境を乗り切れると判断したようだが、残念ながらそうは問屋がおろさなかった。
プーチン率いるロシアは世界最大の資源大国で石油と天然ガスを抑えれば国政の運営ができる。
しかしハンガリーは自身で生き残るすべは何もない

注)ハンガリーはギリシャと同程度の経済規模で人口もほとんど同じ(1000万人)。本来ならEUに対する影響力は微々たるものだが、ドイツやオーストリア等からの借金経営だったのでハンガリーが倒産するとドイツ等の金融機関に多大の損失を与える。

 外国資本に対する特別税を制定したり(国民には増税しないと約束していた)、民営化した年金基金を再国有化してその資金の流用を図ったりしたが(日本の埋蔵金と同じ)、経済はますます苦境に陥るばかりだ。
国債の発行をしようとしても、国債の評価は投機的だから市場から足元を見られて10年もの国債の利回りは9%を越えてしまい、ギリシャの次ぐらいの位置づけだ。

注)なおハンガリーはIMFからの融資を受けているのでIMFの指示を聞かなければならない立場だが、それも聞かない。

 仕方なしに再びIMFEUに支援を要請してもIMFもEUもオルバン政権のプーチン体質を怒っているのでおいそれと支援に乗り出すはずがない。
ユーロ圏ではギリシャ問題が火を吹いているが、EU圏まで目を広げればこのハンガリー問題がもっとも焦眉の急を要する。

 EUはEU の基本である財政赤字をGDPの3%以内にすることをハンガリーに求めているが、公務員給与の引き下げや増税をしなければならなくなり「国民に痛みを伴う改革はしない」と約束したオルバン政権のマニフェストが宙に浮いてしまう。

注)現在の財政赤字の規模は5%前後と見られているが、数字が粉飾されているので正確なことはわからない。

 ハンガリーは通貨フォリントの価格引下げで経済運営をしようとしているものの、引き下げをすればするほど国内物価が上昇して国民生活が苦境に陥っている。
EUはギリシャとともにハンガリーと言うどうにも対応ができない問題児を域内に抱え更なる苦境に陥った。

なおオルバン政権の無能さについては以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/2269-c2cb.html

| | コメント (0)

(24.1.18) 馬英九氏の勝利と台湾経済の行方

028

 やはりと言おうか当然と言おうか、台湾の総統選挙は国民党の馬英九氏が民進党の蔡英文氏を破って再選を果たした。
経済は順調に推移し、中国との関係もまったくと言っていいほど問題がないのだから馬英九氏が敗れるほうがおかしいのだが、選挙は接戦だった。

 馬英九氏の得票率は51.6%蔡英文氏の得票率は45.7%だったから、約6%の差をつけて馬英九氏が勝利したことになる。
しかし4年前の選挙では馬英九氏58%の得票率だったし、立法委員日本で言えば衆議院)選挙では国民党が大きく議席を減らしている(前回81議席、今回64議席)。

 馬英九氏としては薄氷を踏む思いの選挙だったようだ。
なぜ馬英九氏がこれほど苦戦を強いられたかの理由は、貧富の差が大きく開いた結果のようだ。
中国に進出した企業関係者や、中国への輸出で富をなした企業家は国民党との関係が深く、一方貧しく取り残された人々は台湾人が多い。

 国民党とはもともとは中国本土から毛沢東に追われて台湾に逃げ込んできた中国人で、元から台湾に住んでいた台湾人と異なる。
国民党員は元々中国人だから中国における商売は心得ているし、はっきり言えばやり手だ。
一方元からの台湾人は国民党員のような世知辛い生き方とは無縁な人々が多く、結果的に経済成長から取り残されてしまった。

 この取り残された人々が蔡英文氏を支持しており、事前の支持率では馬英九氏を上回っていた。
驚いたのは中国で「なんとしても馬英九を当選させろ、手段は問わん」と激を飛ばした。
中国には約100万人の台湾人が仕事で出張していて、ほとんどの人が国民党系なので中国政府は飛行機と航空券を用意して台湾人を一時帰国させた。
なんとしても馬英九に投票しろ、もし投票しなければ二度と中国の土地は踏ませない、いいか!!」

注)今回の得票差は約80万票だったから、中国在住台湾人の帰国政策は馬英九氏の勝利に貢献したと言える。

 なぜ中国は馬英九氏を支持するかと言うと、「中国はひとつ」という原則を表明しているからである。
もっともひとつと言う意味は同床異夢で中国は「共産党支配下の統一」だし、馬英九氏は「国民党支配下の統一」を意味しているが、人口13億の中国と2300万人の台湾では選挙をおこなえば中国の勝利は間違いないから、「中国はひとつ」で中国は満足している。

 一方蔡英文氏は台湾独立派だから、「トンでもないやつ」で中国としては蔡英文氏が勝利した場合はミサイルを台湾海峡にぶっ放し、自慢の海軍を遊弋させることになるからアメリカとの関係が一挙に緊迫してしまう。
中国としてもことさらアメリカを刺激することは避けたいので馬英九氏が勝利したことでほっと胸をなぜ下ろした。

 しかし馬英九氏の支持率は明らかに下降局面に入った。中国に進出した企業の中で中小企業は賃金上昇に悲鳴を上げだしている。今までのような中国一辺倒ではとてもやっていけなく、賃金が5分の1程度のベトナムカンボジアミャンマーに工場を移転しなければならないのは日本と同じだ。

 対中国輸出が40%と圧倒的なシェアだが、このことは中国経済の減速をモロに受けてしまうことを意味している。
中国に行きさえすれば儲かった時代が今急速に終わろうとしているのだから、馬英九氏の支持率もそれに応じて低下していくのは止むおえないと思われる。

なお台湾経済については以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44242038/index.html

 

 



 

 

| | コメント (0)

(24.1.17) 冬場は私も大忙しだ。 マラソン指導と森の活動

011

 私は普段はいたって暇人なのだが、この1月から2月にかけてはスケジュールが詰まっている。
2月に開催される四季の道駅伝の準備のためにマラソンの講習会を開催したり、その一環でもあるのだがおゆみ野南小学校の児童のマラソン指導を行っている。
またおゆみ野の森正月イベントもあり信じられないことに土曜・日曜のスケジュールが完全に詰まってしまった。

 手帳などなくても朝の清掃活動ブログ作成JOGだけの生活なのでまったく支障がなかったが、この時期だけはカレンダーに日程を記入してチェックしている。

 15日はことのほか忙しかった。この日の午前中はおゆみ野の森定期活動正月イベントがあり、餅つき大会を行った。
この餅つき大会は大変人気があり、また近くの扇田小学校に開催のパンフレットを配布したこともあって100人前後の人出になった。

 餅つき大会は実は準備が大変なのだ。餅つきの臼と杵を近くの刈田子の元農家から借りているのだが、臼が巨大なのでいつも男性3名程度で目いっぱいの力を出して運ばなければならない。
また餅米を事前に水に浸しておいたり、黄な粉やあんこを購入したりしなければならない。
それでもこうした準備が報われるのは参加した児童や親御さんがとても楽しげに餅つきをしてくれるからで、この日はおゆみ野の森の役員が全員で大会を盛り上げた。

038  


  この日の午後からは四季の道駅伝のマラソン教室のイベントがあって、餅つき大会は午前中に切り上げて1時からマラソン教室に参加した。
四季の道駅伝は今年で4回目だが、年々参加者が増えて、今年は713名の参加が予定されている。

 駅伝本番に備えて4回ほど講習会を開催しており、元実業団ランナーの小栗さんや、四季の道ランナーズのメンバーがこの講習会をサポートしていて私もその一員だ。
この日は午前中も午後もことのほか寒い日だったが、100名を越える児童が集まってくれた。

 ケーズ電気の近くの秋の道公園が会場で、駅伝の距離1kmの試走たすきリレーの練習を行った。
子供たちは実に元気に走っていたが、私自身は寒さに震えてしまった。
午前中は森で冷えてしまい、午後は私はあまり走らず指導者に徹しているのでからだが冷えきってしまうのだ。

 家に帰って風呂に入り衣類を着替えてコタツにもぐりこんだがなかなか寒気が去らない。
かつては体力だけが自慢で何をしても風邪などひくことがなかったが、寄る年波にはかなわない。
翌日(16日)もわずかに頭が重かった。
16日はおゆみ野南小で子供たちにマラソンを教えるのでなんとか体調を回復させたいが、寒さに身体が適応できなくなったのには当惑している。

なお四季の道駅伝の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47115562/index.html

またおゆみ野の森の記事は以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43732668/index.html

| | コメント (0)

(24.1.16) ホルムズ海峡波高し イランとイスラエルの闘い

Dsc01344

 イスラエルイラン核開発競争がついにホルムズ海峡の封鎖騒ぎにまで発展してきた。
イランはイスラエルの核の脅威におびえており、なんとしてもイスラエルに対抗できる核保有国になろうとしている。

注)イスラエルは対外的には公表していないが核を保有している。「イスラエルは最初に核を使用する国にはならないが2番目に甘んじることはない」というのがイスラエルの立場。「いつでもぶっ放すぞ」と言う意味。

 一方イスラエルは中東における核保有がイスラエル一国である限り安全保障が保てるが、イランが核保有国になれば中東から追い出されてしまうとの懸念を持って、断固としてイランの核保有阻止に動いてきた。
イスラエルが行ってきたイランの核開発阻止とは次のような行動だ。

① イランのウラン濃縮施設に対するサイバー攻撃

イスラエルによる攻撃内容については以下の記事にまとめてある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/23127-nhk.html

② イラン原子力科学者の暗殺(
過去3名の科学者が暗殺された

③ アメリカのイスラエル・ロビーを使ったイラン原油輸入国に対するアメリカの金融機関との取引停止。


昨年11月アメリカ政府はイラン中央銀行をマネーロンダリングの懸念先に指定し、ここと取引のある金融機関とアメリカの金融機関との取引を禁止する措置を講じた。実行に移されると日本のメガバンクはアメリカ市場から追い出される。

 現在最も問題になっているのが上記の③で、中国、インド、日本、韓国といったイラン原油の主な輸入先に対し、原油輸入をアメリカの圧力で止めさせようとしている。
ガイトナー財務長官が中国、日本を歴訪してこの措置の徹底を図ろうとしたが、中国は明確に反対し、日本は条件闘争に入っている。

 EUもイラン原油の禁輸措置に動いているが、これはフランスが禁輸措置に賛成する意向を示したためだ。
何かと言うとアメリカの政策に反対するフランスがアメリカに同調するのは、フランス経済にヘッジファンドが襲い掛かっているのを何とかアメリカの協力で防ぎたいからだ。
イラン石油禁輸措置に賛成しますから、IMFからのフランスへの資金援助に同意してください」フランスも背に腹は変えられない。

 もともとはイスラエルイランの核開発競争のとばっちりを世界中が受けているのだが、特にイラン原油の輸入量が多い中国、インド、日本、韓国と言ったところは大弱りだし、EUでもイタリアとギリシャが当惑している。
本当はイスラエルとイランが勝手に反目しあってほしいのだが、イスラエルはアメリカに強力な支持基盤を持っており、特に選挙の年は金を散らつかして議会や政府に圧力をかける。
その結果アメリカ政府はすっかりイスラエルの言いなりだ。

 たしかに核拡散防止条約はそれ自体は正しい条約だが、今まで核開発を行ってきて保有している国に対する締め付けがまったくないのは片手落ちだ。
中国や北朝鮮、パキスタン、それにイスラエルの核は自身が言うような防衛的なものとは言えず、絶えず周辺国に対し核の脅しに使われている。
やくざ国家の核をのばなしにしたまま、新たな国の核開発を措置しようとしても説得力はない。

 果たしてホルムズ海峡は封鎖されるのだろうか。もしそのようなことがあれば世界の原油の約40%が輸出ができなくなり、再び石油ショックが世界に襲い掛かるだろう(イランが封鎖措置をとれば原油価格は一時的に200ドル{現在は100ドル}程度にまで跳ね上がる可能性があると業界で噂されている)

 現在イランとイスラエルの意を受けたアメリカはチキンレースをしており、一触即発の状況にある。
世界経済が大失速しているときにホルムズ海峡で紛争が発生すれば、世界経済の息の根は完全に止められてしまいそうだ。
それにしても大国アメリカを動かす政治力を持ったイスラエルはたいしたものだと感心してしまった。

なお過去の石油問題に関して記載した記事は以下のとおりhttp://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat45555910/index.html

| | コメント (0)

(24.1.15) 2012年世界はどう動く 中国とインドのノックアウト症候群

Dsc01283

 経済のノックアウト症候群と言う言葉をご存知だろうか。今まで快調に推移してこのまま行けば世界経済の覇権を握るのは(握り続けるのは)絶対だと思われていたときに、不意打ちを食らったように経済が失速する現象を言う。

 日本では1990年前後バブル崩壊までは、アメリカ経済を凌駕してGDPで世界一になることは確実で、もう世界から学ぶものは何もないと思われていた。
ポール・ケネディ氏の「大国の興亡」がベストセラーになり、その表紙はイギリスの衰退、アメリカのピークアウト、そして日本の隆盛をあらわす挿絵になっていた。
それから20年、バブル崩壊後の日本は世界経済のプレーヤーから脱落している。

 アメリカがこのノックアウト症候群に襲われたのは2008年のリーマン・ショックだが、それまではアメリカの消費者は不動産を担保に消費財を無制限に購入し続け、金融機関はそれを証券化しサブプライムローンディリバティブ商品を売りまくっていた。
証券会社の職員の給与は億単位でニューヨークは不夜城だった。

 その中でグリーンスパンFRB議長がアメリカ経済隆盛の立役者とたたえられ、その一挙手一動を世界が注目していたものだ。
だがグリーンスパン議長が行ったことは2000年はじめにIT バブルが崩壊した後、不動産バブル・証券バブルを演出して経済の底上げを図ったと言うのが客観的な見方だろう。
アメリカもリーマン・ショック以来長期低迷に陥り、失業率は高止まりしたまま回復の手がかりをつかめない。

 EUについてはギリシャ危機が突然襲い掛かり(ギリシャ政府が唐突に今までの財政赤字の数値は粉飾だったと発表した)、それがイタリア、スペイン、ポルトガル,フランスにまで影響が及びそうになって、ついにドイツ経済までマイナス成長になってしまった。
EUの場合はリーマン・ショックを各国が国債発行でしのいできたが弱い国家の国債に赤信号がともったことによる。
こうしてEU(ユーロ)もノックアウト症候群にかかってしまった。

 そして今中国とインドにこのノックアウト症候群が襲い掛かっている。
中国の場合は長らく10%以上の経済成長をしていたが、最大の輸出先のEUが急失速したため倒産が増大し、輸出産業のメッカ広東省の東カン市では450社あまりの企業が倒産している。
不動産バブルも崩壊し、北京や上海の高層住宅は投売りの状態になっており、株式も上海総合は3割がた低下し、日本のバブル崩壊時と瓜二つだ。

 成長率は11年7~9月期9.1%でこの数字は傾向的に低下している。中国のGDPはまだ十分高いが、統計の絶対値はいつも胡散臭いのでよくわからないものの、傾向は明らかに減速している。
ほぼ正確と見られている貿易統計でも伸び率はこの夏以来急激に低下し始めた。

注)中国の対前年比貿易額の伸び率。
・11年8月 24.5%、9月 17.1%、 10月 15.9%、11月 13.8%、 12月 13.5%

 中国の政策担当者はなお強気で今後とも内需拡大により8%程度の成長は可能と言っているが、日本の高度成長(10%前後)が石油ショックで成長率が半減(5%前後)したような影響をこのEU危機は中国に与え、中成長の時代に入っていくものと思われる。

 またインドの経済失速も急激に訪れた。インドは中国ほどではないが急成長をしてきており9%台の成長だったが、11年7月~9月のGDP伸び率は6.9%と6%台にまで低下している。
インドの場合は輸出産業が育っておらず、貿易収支は常に赤字でこの不足分を外国からの借入金投資資金)とサービス収支ソフトウェア産業の下請け)でファイナンスする構造になっている。

 通貨ルピーは常に弱含みでここ1年間の間に20%程度低下してしまった。
原油価格やその他鉱物資源や食料品の高騰と通貨安でインフレ(10%前後)が激しく、これを抑えるために高金利政策8%)をとったために経済が急失速してノックアウト症候群になってしまった。

 さらにインド経済の問題を複雑にしているのはインド政府が自由化路線を採っているが、小売業者を中心とする一般住民の反発でインド政府は約束した海外の大手小売業のインド進出許可を急に取り消した。
インドは海外からの投資がなくては経済成長ができず、一方海外投資は住民の反対にあって、インドの成長にも明らかな限界が見え始めている。

 こうして世界中の経済がノックアウト症候群にかかり、日本・アメリカ・EU経済成長がストップし、中国・インド中成長の時代に入ってきた。

なおEUの経済状況については以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43160490/index.html

また中国経済についての記事は以下のとおりです。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43974941/index.html 

インド経済やアメリカ経済についてもカテゴリーでまとめてあります。

| | コメント (0)

(24.1.14) ためしてガッテン 不眠ストレス撃退法 客観視君がんばれ

Dsc01357

  今回の「ためしてガッテン」はことのほか面白かった。
世の中には不安病(パニック障害)と言う病気にかかっている人が10人に1人程度の割合でいて、不眠やストレスのために外出さえできなくなっているのだと言う。
10人に一人とは少し多すぎないか・・・・」と思ったが軽度を含めるとそうなるらしい。

 もっとも私も時にひどい不安に襲われることがある。よくあるのが癌恐怖症で年に1回から2回程度胃腸の調子が悪くなると「ついに俺も胃がんで死ぬのか・・・・・」なんて気持ちになり、そればかりが脳裏に焼きついて離れない。
そうしたときは家庭医のかない先生のところに行くのだが、先生から「あんた、これは軽い胃炎ですよ」なんていわれると瞬く間に回復する。
この一言で薬など飲まなくても直るのだからほとんど精神的病だ。

 今回登場した不安症の人は、突発的な心臓発作が起こるので外出できなくなった人や、店の経営に悩んで酒びたりになった人や、不眠に悩んでいる人が登場していた。
全員「この世の中で一番の不幸は私だ」と言うような顔をしていたので思わず笑ってしまった。

 ためしてガッテンではなぜ不安症なるのかのメカニズムを説明してくれたが、それは非常に興味深いものだった。

 人間の脳には物事を客観的に判断する客観視君医学用語では背内側前頭前野)と言う部分があり、通常は問題を物事の重要な順に判断しているが、不安感がこうじるとこの客観視君の血流が不足し物事の判断ができなくなるのだそうだ
そうなると目の前にある問題が巨大化してしまい、それが人生のすべてのような感覚に襲われて精神的に立ち直れなくなるという。

 私の経験でも夜寝ながら考えると何か途方もない失敗や不幸があるような感覚にとらわれることがあるが、朝起きるとそれがさしたる問題でないことに気づく。
よく昔の人は「夜は考えるな。ろくな考えにならない」と忠告しているがこれは本当のことで、大体が「俺は世界で一番不幸な男だ」なんてことになっている。
通常はこのような一時的な不安感に襲われても時間がたつと客観視君の活動が再び活発になって冷静さを保てるようになる。

 しかし世の中にはこの客観視君の働きが回復しない場合があり、考えるなと言っても考えてしまうのが人間のさがで、私も若いときは好きな女性のことばかり脳裏に宿って、その女性の一挙手一動が自分と関係があると思っていたほどだ。

 このひとつのことにとらわれてそこから抜け出せなくなったときの対処療法を早稲田大学教授の熊野宏昭氏が考案して、それが劇的な効果を生んでいると言う。
スタジオで実験してくれたが、まず目をつぶって落ち葉小川をイメージする。そして心に浮かんだ不安感を落ち葉に乗せて流すのだと言う。
このイメージトレーニングを一日15分程度一週間続けると不安感がなくなり正常な生活ができるようになると言う。

本当かい??????」思わずそう思ったが、実験では不安感で押しつぶされて地獄を見ているような顔つきだった被験者が、一週間後にはニコニコ顔に変わっていた。
劇的に症状が回復したのだが、脳のMRAを撮ると客観視君の血流が増加していた

 この何事もなく不安感を流すのは実は座禅の極意だそうで、僧侶は座禅を日常的に行うことで物事を行く川の流れのごとく受け流しているのだと言う。
それを確かめる実験が面白かったが、バンディージャンプ数十メートルの高さから足にロープをつけて谷底に飛び込む遊び)をNHKの職員と座禅を日常的にしている僧侶との比較実験をしていた。

 NHKの職員は「もしロープが切れたらどうしょう・・・・ロープが長すぎて下の岩にあたるのではないか・・・・・ 腰からロープが抜けるのではないか・・・」と言う不安感で心臓が破裂しそうになっていた。
一方僧侶の場合はそうした不安感は軽く流して特に何も考えず、恐れることなくバンディージャンプに挑戦していた。
不安感と無縁なことがすばらしいが、「恐ろしいけれどそれだけです」と言い放っていたのがすごい。

 客観的に見ればロープが切れるようなことは非常にまれだから不安視することはないのだが、普通の人は死ぬ思いだ。
しかしこの客観視君を鍛えることによって不安感から逃れられるとはすばらしい対処療法だと感心してしまった。
時々襲われる癌恐怖症から逃れるすべが発見できただけでもこの番組を見たかいがあったというものだ。

なおためしてガッテンのシリーズは以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk/index.html


 

 

 

| | コメント (0)

(24.1.13) 2012年 岐路に立つ世界経済 ヘッジファンドと国家の戦い

 


  10日のNHKクローズアップ現代はいつもの30分番組を1時間半に時間枠を拡大して「2012年 岐路に立つ世界経済」の特集を組んでいた。
私は国谷裕子さんのファンでこの番組が特にすきなのだが、女性キャスターの中では飛び切り美人で聡明な方だ。

 今回は東京大学大学院教授伊藤隆俊氏、金融コンサルタント会社代表の倉都康行氏、ニッセイ基礎研究所の伊藤さゆり氏コメンテータだった。
しかし誰がコメントを述べようとも世界情勢の厳しさは変わりがなく、さりとて有効な解決手段の提案は誰にもできないと言うのが実態のようだ。

 今最も問題になっているのはヨーロッパ経済で、そのなかでも24年上期に集中している国債の新規借り換え(償還時期が来ても償還できないので借り換えを行うが可能かどうかが最大の懸念材料になっている。
ここで借り換えができないか、できても利回りが急騰する場合は国家の破産につながる。

注)24年上期に発生する新規借り換え国債の規模は以下のとおり

・2月  イタリア  400億ユーロ(4兆円)
・3月  イタリア  300億ユーロ(3兆円)
     ギリシャ  150億ユーロ(1.5兆円)
・4月  イタリア  300億ユーロ(3兆円)
     スペイン  100億ユーロ(1兆円)
・6月  ポルトガル100億ユーロ(1兆円)


 中でもイタリア国債の新規借り換え総額は1000億ユーロ10兆円)にのぼり、「果たしてイタリアはこの調達に成功するだろうか」と言うのが市場の最大の関心事になっている。
もし市場での調達に失敗すれば、欧州金融安定化基金の出動になるが、現在の余裕枠は2500億ユーロ25兆円)で、上半期のイタリア危機に対応しているとすぐに資金が不足する。
ギリシャやイタリアやスペインに対する対応ができなくなり,下期には安定化基金の残高はゼロに近づくだろう。

 このためドイツとフランスは安定化基金の規模を現行の44兆円から100兆円に拡大することに同意したが、この増額分56兆円を支出してくれる国家がなくなってしまった。

注)当初は中国とブラジルが支援を公表していたが、ギリシャ国債の半額切捨て策を見て怖気づいてしまった。

 ドイツとフランスの間ではIMFから資金を引き出す案や、ECB(欧州中央銀行)にイタリア国債を買わせる案が出ているが、前者はアメリカが反対し(IMFは欧州のためだけにあるのではないという)、後者はドイツが反対している(ECBは物価安定が主目的で国家救済は対象外と言う)ので結論は出ていない。

 おかげでヨーロッパは火の車になっているが、なぜこれほどひどいソブリンリスク国家リスク)が発生しているかと言うと、アメリカと日本が金融緩和策をとり続け資金をほぼ無制限に放出しているからだ
もっともアメリカも日本もそうすることによって国内の企業に資金をいきわたらせ景気回復を図ろうとしているのだが、実際はこの資金はほとんど企業や個人にいきわたらず、もっぱらヘッジファンドの投機資金に流れている。
そしてヘッジファンドはアメリカと日本のこの資金を元手に国家を追い詰めている。

注)なお市場がどのようにして国家を追い詰めるかの方法は「ユーロ危機とヘッジファンドのCDS戦略」を参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/231125-nhkcds-1.html

 だからヨーロッパを危機に追いやっているのはFRB日銀だと言ってよく、金融緩和策をとればとるほどEUの危機は深まる構造だ。
仕方なしにEU(ユーロ)は緊縮財政策をとって、ヘッジファンドの攻撃を受けないようにガードを硬くした。
しかしそのことが欧州の景気を冷え込ませ国内的には企業倒産失業者の増大となって跳ね返えり、あれほど景気がよかったドイツでさえ昨年の第4四半期GDPがマイナス成長になってしまった。

 一方アメリカが金融緩和策をとり続ける理由は二つあり、一つは景気回復のため、もう一つはヘッジファンドによる世界経済の支配のためである。

 前者は誰でもわかる理屈で、不動産価格がピーク時の70%相当に低下してしまい消費者の購買力は3割相当落ち込んでいる(アメリカの消費者は不動産価格の上昇分を担保にして消費財を購入してきた)。
そのため消費支出の拡大は当面望めない。
したがって企業融資を増大して企業の生産活動を活発化させ、結果的に失業者の救済を図ろうと言うのがオバマ政権の戦略になっている。

注)金融緩和を続けるとドルが相対的に安くなるので輸出環境が好転するメリットも期待できる。ただ実際はドル以上に信用できる通貨は円やスイスフラン等少数なので、実際はドル安にならない。

 しかしアメリカにはもうひとつの顔があり、これをウォール街の顔共和党の牙城)というのだが、ここには問題のヘッジファンドが徘徊している。
ヘッジファンドはFRBのジャブジャブ資金を使って世界中の弱い国家を標的に攻撃を仕掛け莫大な富を築いている。
ウォール街もアメリカの一部だからヘッジファンドの富の増大はアメリカの富の増大になる(露骨な表現をすればヘッジファンドはアメリカのダミーだ)。

注)アメリカの若者が言う1%が99%の富を独占しているとはこのことを言っている。

 こうしてアメリカはヨーロッパを食い物にすることで生き残りを図っており、ギリシャをしゃぶりつくして次はイタリアを狙っている。
イタリアの次はスペインポルトガル、そして最後はフランスの順だ。
そしてヨーロッパが終われば次は日本と言うのは市場の一致した見方だ。

 何しろ日本ほど財政規律の弱い国はなく、たったひとつのとりえは国内に資金が有り余っているため国内金融機関が国債購入を継続的に実施できると言うことだけだ。
しかしこれも資金があればの話で、23年度の貿易収支が赤字になったことからも日本の海外からの収入は黄色ランプがともりだした。

注)貿易収支が赤字でも過去の投資収益があるので当面経常収支は赤字にならないと思っていたが、今急激に赤字に近づき始めた。
23年11月経常収支 1386億円(対前年同月比▲85.5%)
今までは毎月1兆円規模の経常収支の黒字が続いていた。


 経常収支が赤字になれば預金もなくなるのだから、最終的には日本もヨーロッパと同様に財政規律を強化して市場の餌食にならないように対応するしか方法はない。
このことはEUと日本では経済成長の時代が終わったことを意味する。

注)なおアメリカがいくら金融緩和をしても平気なのは、ドルが世界通貨だからである。世界通貨であれば世界はたとえ不満でもこの通貨を使用せざる得ないので、アメリカはいくらでも通貨を発行できる。
ただし限界を超えてドルが弱くなると世界通貨としての役割はその段階で終わる。


なお世界経済に関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45961351/index.html

また欧州経済に関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43160490/index.html

 

 

| | コメント (0)

(24.1.12) 自殺者数と尊厳死について 人は死ぬ決断をする自由がある

 


 警察庁がまとめた23年度自殺者数3万513人14年連続3万人を超えたとの発表があった。
日本は先進国の中では際立って自殺率の高い国で、従来はOECD参加国の中でトップだと言われていたが最新のデータでは韓国(2位)日本(8位)を上回っている。

注)韓国の自殺率の高さについては以下のブログ参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/23104-76d2.html

 もともと自殺者が多いのは旧ソ連圏でここでは男性の自殺者が圧倒的に多い。経済情勢が逼迫しているのとウォッカをがぶ飲みした結果アルコール中毒患者が多いのと、スラブ人特有の人生をすぐあきらめてしまう性格が災いして、「もう俺は死ぬ」とはやまって自殺してしまうことが原因と言われている。

注)自殺の国際比較は以下のURL参照。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html

 日本人もスラブ人同様断固自殺をするのだが、これは日本における自殺の伝統、特に切腹の伝統が大きいのだと私は思っている。
生き恥をさらすぐらいなら見事腹掻っ捌いて死ぬ」と言うのは日本人の美学で、三島由紀夫などはそのとおりの死に方をした。

 一般的には自殺は犯罪ではないが反社会的行為とみなされて、「死ぬことはないだろうに・・・」との評価を下されている。
私もそのように思うが、しかし尊厳死についてはこれを認めるべきだと思ってきた。

 私が尊厳死が絶対に必要だと思ったのは父親の死を見たからである。
父親は69歳のときに脳梗塞を発病し、その後回復したり再び脳梗塞になったりしながら、都合8年間にわたって病院と自宅での介護を繰り返した。

 その間症状はだんだんと悪化をたどり最後の2年間は入院して治療を受けていたものの、家族の名前がわからないほど痴呆が進んでいた。
母親と私を含めた家族がかわるがわる病院につめて看病したが、父親は常に「痛い、痛い」と悲鳴を上げていたものだ。

 ある時医者から「これ以上の治療は不可能です」と告げられのだが母親は「なんとしても生かし続けてほしい」と医者に哀願した。
その結果父親はさらに生き続けたものの、それは単に人生の最後に苦痛を与え続けただけだった。
これは拷問ではなかろうか・・・・わざわざ父親を苦しめ続ける理由などないのではなかろうか・・・・・・」そう思ったものである。

 私はこの経験から自分は絶対尊厳死を選び、間違っても末期治療を施すことを拒否することにしている。
しかしこの問題は日本では法的な裏づけがなく(アメリカ、オランダ、スイスでは尊厳死を認めている)、いわば医者と患者の一対一の交渉ごとになっているため、問題がこじれてしばしば裁判沙汰になっている。

注)いったん家族が尊厳死を認めても世間から指弾されると「医者が勝手に安楽死させた」と責任逃れをすることが多いので、結果的に裁判になる。

 尊厳死は個人的なレベルではそれ以上の苦痛を受けないで静かに人生を終えると言うメリットがあるが、社会的には不要な医療費を増大させないための経済的メリットがある。
本来は死ぬことが確定しているのにそれを不要に長引かせるだけの治療は犯罪ではなかろうか。

 尊厳死は断じて自殺ではない。人間の最後の瞬間における輝かしい決断だ。
最近なくなったアップルのスチーブ・ジョブ氏がスタンフォード大学での講演で、「ハングリーであれ、愚かであれ、そして死を恐れるな。死こそがもっともすばらしい仕事を残すための原動力になる」と言ったのは示唆的だ。

 人間は生きるためにも決断し、そして死ぬためにも決断する自由を持つことで初めて人間として生きるのだと私は思っている。
 

 



 

 

 

| | コメント (2)

(24.1.11) 文学入門 プレーンソング 保坂和志

 


 なんとも不思議な本を読書会で読まされてしまった。保坂和志氏の「プレ-ンソング」と言う。
私は普段文学書をほとんど読まないから当然保坂和志氏も、この「プレーンソング」と言う小説も知らない。
プレ-ンソングとはある種の宗教歌のことらしく単純なメロディーが続く歌らしい。

 今回この本を指定したのはいつも風変わりな本を読ませてくれるOさんで、本来ならば一生読むことのないタイプの本だ。
この本がとても風変わりなのはドラマ性がまったくないことだ。
主人公の「ぼく」はサラリーマンのようだがいったい何をしているのかわからない。
10時ごろ出勤しても平気な会社と言うことになっているが、「ぼく」の社会的生活は一切語られない。

 ただ婚約者と結婚するために2DKのアパートを借りたが婚約が解消になってそのまま住んでいると言うだけだ。
そこに自主映画を製作しているわけのわからない知り合いがやってきては、「ぼく」の家に居候をする。

 アキラと言う青年とよう子と言う女性が転がり込み、二人は一応恋人同士なのだが、誰が「ぼく」の家にいようが別段恋の鞘当があるわけではなく、よう子は近所にいる野良猫にえさをやることだけに興味を示している。
食費やその他の費用はすべて「ぼく」が持っているのだが、「ぼく」はだからと言って生活に困ることもない。

 会社の先輩で石上という男性と「ぼく」は競馬にしょっちゅう行くのだが、それがこの小説の中で重要な位置づけにあるわけでない。
猫の話と競馬の話がすべてで物語性はまったくなく、ただひたすら猫の性格と石上式競馬必勝法が語られているが、それだけのことだ。

 考えてしまった。これが小説と言えるのだろうか。この「プレーンソング」は1990年に雑誌群像に掲載(書かれたのは1986年ごろ)されたのだが、保坂氏の処女作だと言う。
猫と競馬の話が延々と続くので読むのにはかなり我慢強さがいる。
また文体は冗長で4から5行は平気で続くから、何か取り留めのない話を聞いている感じになる。

 私の正直な感想はやはり小説も時代性を色濃く反映するものだと言うことだ。
この1990年前後は日本のバブルが最盛期にあって、経済発展に人々が舞い上がっていた時代だった。
株式投資と不動産投資がすべてで、「お客さん、今買わないと明日はもっと値上がりしますよ」と不動産屋のアンチャンがこの世を取り仕切っているほど鼻息が荒かった時期だ。

 そうした流れに抗してこの小説では、まったく意味もなく経済成長とは無縁に暮らしている「ぼく」とその友人たちを登場させている。
「ぼく」はさして金はないが、誰が何人家に転がり込もうが生活に困らないのはバブル時代の賜物だ。
現在であったらたちどころに困窮してしまって、シリアスな話になるがどのように生きても生きていけた時代だった。

 保坂氏は経済成長とは無縁の人々を登場させて、バブル時代の裏側を見せてくれたが、その裏側とは何の意味もない人生で、猫にえさをやっているだけの生活に過ぎない。
この本の読後感はカミュの小説異邦人に似ていた。
人生には何の意味もなく、自らの行為にも意味がない」と言ったあの異邦人である。

 小説も時代性をもつものだと思う。
今だったら「1%が99%の富を独占している」というような小説になるが、人生の裏側でただ意味なく生きており、それでも生きることができたとはなんとも1990年前後だとしみじみ思ってしまった。

またこの読書会の主催者河村義人さんの書評は以下のとおりですので参照してください。
http://yamazakijirou1.cocolog-nifty.com/shiryou/

なお文学入門の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43898465/index.html

| | コメント (0)

(24.1.10) 学生は医学部を目指そう  マキャベリズムの勉強法

 


  前回猿でも受かる東京大学医学部」(リンクがはってあります)という記事を書いたらとても多くの人が読んでくれた。
この記事は心理学者でかつ老人医療の専門家の和田秀樹氏の「新・受験は要領」と言う本の解説記事なのだが、和田氏は灘高校で落ちこぼれていたときに開眼して現役で東大医学部に入った人である。

 和田氏の方法論は数学の場合(他の学科も同じ)、徹底的にパターンを記憶することで、この記憶量が入学の合否を決めると言うものだ。

 記憶が主体だから問題を見て5分間程度たっても解決策がわかない場合は、すぐさま回答を見てその内容を論理的に理解して記憶することにある。
絶対に30分1時間もかけてうんうんうなってはいけないので、そんなことよりさっさと記憶をしてしまえと言うのがその趣旨だ。
どうせ考えても回答などは考え付かない。それよりもパターンを記憶して問題がどのパターンかを認識してそのパターンを適応すればよい」

 この本を読んだ10月からほぼ2ヶ月間たったが、その間和田氏の方法論が適切かどうか私自身で実験を行ってきた。
実験内容は数学のセンター試験を苦もなく解けるようになるかどうかだったが、信じられないことに試験の問題を解けるようになっていた(ただし私の場合は手計算に時間がかかる)。

 私のように65歳の老人で記憶力など鶏レベルの人間で、かつ大学入試問題などは40年前からすっかりご無沙汰していた人間がである。
これはすばらしい方法論だ、受験勉強の革新だ!!!」驚いてしまった。

 本を読んでみるとわかるが、この本は受験のマキャベリズムと言える。
大学入試、それも東大医学部に入学するための手練手管で、通常の感覚の人が読むと「そんな汚い手までして入学したくない」と思いそうだ。

 たとえば受験に関係ない学科のときは隠れて必要な学科の勉強をすることを勧めたり、教師の指示は適当に聞いて自分の都合のいいときだけ応ずることだと言ったり、女性にあこがれた場合はさっさとマスターベーションをしてエネルギーの発散をすることを勧めている。

 特に数学の勉強は記憶学科だと認識して英語の単語を記憶するように回答のパターンを記憶することに集中し、間違っても論理思考を鍛えているなどと言う虚構を信じないことだと言うのには驚いた。
通常の頭脳ではじめから数学の問題を解ける人なんていない」と言う透徹した認識だ。

注)通常数学教師は数学は論理思考の訓練に役立つものと信じているので上記のような説を聞くと激怒する。

 多くの高校生が数学や物理と言った学科で落ちこぼれてしまうのは、この学科が単に記憶学科だと思わないからである。
特に数学で落ちこぼれる学生のほとんどが、自力で問題が解けないことに愕然とするが、解けないのが当たり前で解法のパターンの記憶が足りないだけだ。

 私が多くの学生が和田式の方法論を採用し、らくらくと医学部に進学してほしいと思うのは、日本において唯一と言っていいほどの成長産業が医療分野だからだ。
毎年2%前後医療費は増大しているが、日本はここ20年余り名目のGDPはまったく増加していない。
その中で毎年2%前後の成長は驚異的で、一方日本を代表していた自動車産業などは毎年のように生産量を減らしている。
日本再生のためには日本が医療大国になることがぜひ必要だと言うのが私の認識で、そのためには医学部学生を増やさなくてはならない。

注)上記のことについては「日本の医療の現状と成長産業としての役割」に記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-8747.html

 医学部に入学するには通常の学生(親が医者でなかったり資産家でない学生)は資金面から言って国公立の医学部を目指すしか方法はない。
今までは医学部を目指すには著名高校で優秀な成績をとっていないとだめだと思われていたが、それはまったくの誤解で通常レベルの記憶力と理解力、それに医学部に入りたいとの熱意があれば和田氏の方法論を採用することによって苦もなく医学部に入学できる。

 これは本当の話で65歳の老人がその方法論の実験を行ってみても効果があるのだから事実だ。
このブログを読んだ親御さんや受験生はすぐさま和田茂樹氏の「新・受験は要領」と言う本をアマゾン本屋には置いてないことが多い。新本で861円)で取り寄せて読むことを勧める。

 この本を読むか読まないかで人生の岐路が決まると言っていいほどの革新的な本で、政治の分野でも実際はマキャベリズムの世界であるように、受験もマキャベリズムの世界であることをこの本は教えてくれる。

 なおこの本は受験の思想書としての側面が強く全体が戦略書であり、個々人のレベルに合わせた具体的な指導までは行っていない。
おゆみ野ちはら台近辺に住んでいる人で、この本を読了後自分として具体的にどのような戦術をとったらいいかわからない方がおられたら無料で相談に応じることとする。
連絡はこのブログの右上にあるメール機能を使って照会してください。
 

 

 

| | コメント (0)

(24.1.9) 梅爺閑話「狼はいかにして犬になったか」は実に興味深い

 


 正月の二日から七日にかけて6回に分けて掲載されたブログ「梅爺閑話」の「狼はいかにして犬になったのか」は実に面白い記事だった(リンクはこの記事の最後の行にあります)。
私は梅爺さんのブログのファンで毎日読んでいるが、最近これほど興味ある記事を読んだことはない。

 私は狼が犬になった過程は、ケビン・コスナー主演映画「ダンス・ウィズ・ウルブス狼と踊る男)」などで描かれていたように、人間が餌付けをした結果だと思っていたがどうもそれだけではないらしい。
餌付けをしても人間になつく場合となつかない場合がありその相違を説明できないからだ。

 梅爺さんがブログで記載しているところによると、ロシアで過去50年間にわたりキツネの家畜化の実験が行われ、その結果犬と同じように人間になれてペットとして売られているキツネが出現していると言う。
通常キツネは絶対と言っていいほど人間になつかないのだが、この人間になれたキツネを「エリート・キツネ」と称していた。
実験の方法は「おとなしいキツネを選別して50年間交配を繰り返した」のだそうだ。
ロシア人らしい実に辛抱強い実験なのには驚く、

 そうすると30世代目には約半分のキツネがエリートキツネになってしまったそうだが、その性質は犬とまったく変わりがない。

① 好奇心が警戒心に勝っているため人間に近づく。
② 甘え泣きをする。
③ 尻尾を振る。
④ 尻尾が上に立って巻いている。
⑤ 寝転がって腹を相手に見せる。
⑥ 本気でかまない。


 さらに訓練すればお座りやお手まですると言うのだから驚いた。
こりゃ、キツネが犬になっちゃった・・・・・・・

 現在では人間が人間として生まれてくるのは遺伝子の設計図に従っていることがわかっているが、実際の人間設計に必要なプログラムは遺伝子の数%に過ぎない。
後の90%以上の遺伝子の配列は何のためにあるのだろうか?」不思議がられてきた。

 梅爺さんのブログでは残りの90%以上の遺伝子は設計図が活性化するためのタイミングを制御しているサブプログラムではないかと推定している。
上記のエリートキツネの性格は子狐の性格そのものなのだが、大人になっても大人としての性格が発動されなかった結果ではないかとロシア科学者は推定しているのだそうだ。

 これは最近問題になっているサイバー攻撃に使われるウィルスプログラムそっくりだ。ウィルスプログラムはシステム内に取り込まれてもすぐに発動するのではなく、何らかのタイミングを契機に発動する。
それをトリガーと言うのだが、この何らかの大人になるトリガーを逸したキツネがエリ-トキツネで、はっきり言えばガキのキツネがエリ-トキツネと言うことになる。

 家畜化とは動物が大人の性格を獲得しないように幼児化したままにとどめる方策で、この方法を採用すれば犬だけでなくライオンやヒョウまでも家畜化が可能になりそうなのには笑ってしまった。

 人間についても「ガキのままのサルが人間だ」と言うことになり、「そういえば私なんかは65歳になってブログを書き続け、この年になっても1000kmマラソンをしたり、24時間走をしたり、大学入試の数学の問題を解いて遊んでいたりしているのだから、ガキのままの猿だな」なんて妙に納得してしまった。

注)私は現役時代よく上司から「君はまだ若い」なんて皮肉を言われていたが、「大人になれなかった猿」だったことに気づいた。

 
今回の梅爺さんのブログは実に刺激的だ。ぜひ読まれることを薦める。

・狼はいかにして犬になったか その1
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-d3fb.html
・その2
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-578b.html
・その3
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-3e94.html
・その4
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0c5a.html
・その5
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-fae1.html
・その6
http://umejii.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-331f.html

| | コメント (1)

(24.1.8) NHKワールド・ウェーブ・トゥナイト 世界はどう動く アラブの春のゆくえ

 


 ワールド・ウェーブ・トゥナイトの「世界はどう動く」の第3夜は「アラブの春のゆくえ」だった。
(今回のコメンテーターは放送大学教授の高橋氏だったが、浜 矩子氏のように自説を主張する人ではなくただ状況の説明だけをしていた

 日本人にとってアラブとは石油問題以外の何者でもないが、実際は抑えられてきたイスラム文明と支配的だったキリスト教文明の戦いの場である。
何か十字軍の昔に戻ったようだが、18世紀以降は明確にキリスト教文明が世界を支配していたし、私たちが普段口にする民主主義もキリスト教的民主主義だ。

注)イスラムとキリスト教徒の戦いの潮目は1571年のレパントの海戦でこのとき初めてスペイン率いるキリスト教徒側がオスマントルコのイスラム教徒に勝利した。

 
それが今、長い間押さえつけられてきたイスラム原理主義勢力が「アラブの春」によって台頭し、イスラム教の原理を憲法に制定させようと戦いを挑んでいる。
もっとも先鋭的に現れているのはエジプトで、昨年11月から今月にかけて行われた選挙で、イスラム原理主義勢力が大躍進することが確実になった。

 ひとつは穏健派イスラム政党自由公正党、もうひとつが急進派イスラム原理主義政党サラフィストでこの2政党をあわせると過半数の確保は確実だという。
選挙で勝ったのならその政策を推し進めればいいじゃないか」というのが議会民主主義の建前だが、実際は西欧諸国はイスラム原理主義を封じ込めるためにアラブの強権独裁政権を支援してきた。
エジプトのムバラク大統領も、チュニジアのベンアリ大統領もそうした強権主義者で、「イスラム原理主義より強権政治の方がましだ」という判断でアメリカと西欧から支援を受けてきた。

注)中南米の独裁国家をアメリカが支援した理由は共産ゲリラに対応するためで共産ゲリラよりましという判断。

 しかしいったん選挙が行われてそれが公正なものと判断されれば国際社会は文句を言えない。
何しろキリスト教文明社会ではギリシャの昔から選挙こそが民意を決める最高議決機関だからだ。

 エジプトはトルコ型の穏健イスラム国家になるか、イラン型の急進イスラム国家になるかの分岐点にいるが、今回の選挙結果は急進イスラム国家になる可能性が高いことを示している。
そうなるとイランに見るように女性の権利は制限されて頭にはスカーフをかぶることが強要されるし、酒を酒場で出すことは禁じられ、女性が素肌を見せることは禁止だから海水浴も大変だ。
またエジプト国内のキリスト教徒(コプト教徒という)に対するイスラム社会からの弾圧が始まるだろう。

 経済的にはエジプトのGDPの約10%は観光業で成り立っているが、イスラム圏以外の観光客の行動は制限されるので、観光業は死活問題になりかねない。
また金融業も建前は利子を取ることが禁じられているので金融業に対する風当たりも強くなりそうだ。
こうした動きはキリスト教社会から見ると歴史の後退だが、一方イスラム社会から見れば押さえつけられてきたイスラム文明の復活となる。

 この動きを従来はアメリカが力で抑えてきたが、アメリカは中東問題(アラブ問題)に首を突っ込むのはほとんど嫌気をさしている。
イランやアフガニスタンに軍事介入しても膨らむのは軍事費だけで、何のメリットもない。
オサマ・ビンラディン も殺害したし、もういい加減に中東から足を洗おう

 アメリカの軍事ドクトリンが変更され二正面作戦は不可能なので一つの脅威だけに対応することに戦線を縮小した。
二正面とは中東と中国だが、今後は中国のみ軍事的に封じ込めることに変更している。
アジアこそが今後の経済発展の中心なのにそこを中国に支配されればアメリカの未来はない

 現在の十字軍の覇者アメリカがイスラムとの戦いを止めたのだから、今後イスラム社会は原理主義勢力が台頭してよりイスラム化するのは間違いない。
21世紀は超大国の時代が終わり地域主義の時代に移る。
アラブやアフリカは勝手に殺し合いをやってくれ。アメリカはアジアとともに生きる」それがアメリカの本音だ。

注)アメリカがイラン・イラク等に介入したのはそこが石油の生産国だったからだが、今アメリカではシェールガス革命(天然ガス革命)が進展して天然ガスの輸入国から輸出国に変わってしまった。したがって石油問題は焦眉の急でなくなっている。
「シェールガス革命」については以下の記事を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/23520-d5f1.html

 
私は21世紀は「新しい中世」だと思っているが、自分と直接の利害関係がないところは一切口出ししない世界とも言える。
結局アラブはアラブとして生きて行き、イラン型のイスラム社会がエジプトやチュニジアに出現するのだろう。

なお「アラブの春」に関する記事は以下に纏めてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/231124.html

 

| | コメント (0)

(24.1.7)  NHKワールド・ウェーブ・トゥナイト 欧州信用不安の行方  浜 矩子氏の見解

 


  NHKワールド・ウェーブ・トゥナイトで放送している「世界はどう動く」の二回目は、同志社大学大学院教授の浜 矩子氏がコメンテーターだった。
浜 矩子氏は私の大好きな経済学者だが、テレビに出ているときはいつも口をへの字に結び鬼瓦のような顔つきをして辛口のコメントをする。
しかし今回は正月だからだろうか、髪を整えすばらしく高価な洋服を着ていたのでいつもの鬼瓦のイメージはなかった。

 現在の世界経済を揺るがしている最大の課題はヨーロッパの信用不安だが、この問題は一向に解決する兆しが見えない。
通貨ユーロは今年に入って一気にユーロ安傾向を強めついに98円台にまで落ち込んできた。ピーク時には170円台まで行っていたのだから4割も減価している。
ユーロ圏が4割縮小すれば世界経済に及ぼす影響は大きい

 ドイツフランスはこの危機を乗り越えようとヨーロッパ金融安定化基金約44兆円規模から約100兆円規模まで拡大する案を決めたが、この資金の出し手が誰もいなくなってしまった。
ひところ中国ブラジルが資金提供を申し出ていたが、中国もブラジルも足元が怪しくなってきてとてもそれどころではない。
それにEU(ユーロ)の現状から見ても貸した金の回収はほぼ絶望的で、ギリシャの例でもわかるように半額切捨てが行われそうだからどぶに金を捨てるようなものだ。

 結局ユーロの問題はユーロで解決するほかに手はなく、今まではフランスとドイツが互いに協力してこの危機を乗り越えようとしていたものの、当のフランス経済が火を吹き始めた。
フランスの銀行はギリシャ・イタリア・スペインといった国の国債をたっぷり持っているので、国債価格の値下がりに悲鳴を上げている。
また実体経済も不況局面に入って自動車メーカーのプジョー・シトロエン1900人規模の首切りを発表していた。

 失業率は9.8%で高止まりしているが、フランス政府は市場の攻撃から身を守るためには緊縮財政政策を採らざる得ず、ますます失業率は悪化しそうだ。
フランスも救われる側に回ったため、ユーロを救えるのはドイツだけになってしまったが、その選択肢は3つしかない。

① ドイツが安定化基金増額(56兆円)のほとんどを引き受けて、ユーロ圏崩壊を救う。
② ユーロ圏を第一ユーロと第二ユーロに分けて、第二ユーロ圏に自由な金融政策を認める。
③ ユーロ圏を崩壊して昔の各国別通貨制度に戻す。


 浜 矩子氏の提言は、上記のを採用することであり、現状ではギリシャのような弱い経済でドイツが主導するECBヨーロッパ中央銀行)の厳しい通貨政策に付き合うことはほとんど不可能という認識だ。

注)ECBの役割は通貨ユーロの安定で、アメリカのFRBが持っている景気対策の視点はない。なお中央銀行の役割については歴史的論争があり、①通貨の安定のみ、② 通貨の安定と景気対策の二つの流れがあり、ECBは①、FRBは②、そして日銀はその中間といった位置づけにある。

 提言はギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガルはこの第二ユーロになって、より柔軟な金融政策をとらせること。
具体的には金融を大幅に緩和し、場合によっては第二ECBに国債の購入まで行なわせてインフレ政策を採ることを認めたらよいという提言である。
メジャーリーグとマイナーリーグの違いよ!!」そう言っていた。

注)浜 矩子氏はそこまで明確に言っていないが、第二ユーロという発想はそういうことである

 今回の番組を見ていたらアイルランドの現状の取材報告があり、意外とアイルランドは緊縮財政が功をそうして、ひところGDPの30%までに膨れ上がっていた財政赤字が10%程度になってきたという。
日本の財政赤字の規模も10%前後だから日本並だ。

 しかも11年度は4年ぶりにGDPは上昇に転じたという。
この理由は国民が政府の財政緊縮策を支持して耐えていることと、一方で安い法人税(ドイツやフランスの半分)と地価低下およびユーロ圏で唯一の英語圏のメリットを生かして海外からの企業誘致に再び成功し始めたからだという(11年度は過去最高の海外投資の規模になった)。

浜さん、アイルランドの例は他のユーロ圏諸国の復活のモデルになるのでしょうか
そうはなりませんね。アイルランドの例は特殊な歴史的性格によるものです。アイルランドはヨーロッパでもきわめてまずしい国でしたから昔から困難にはなれています。
デモもせず国民は耐えるというメンタリティーを共有しているともいえます。
この危機を政府と国民が協力し合って乗り越えようとしている特殊な例ですので他の国の例にはなりません

 
 思わず笑ってしまったが、実際ギリシャやイタリアを見ると「俺たちは悪くない、悪いのは政府の役人や銀行家でこうしたやつらが責任を負うべきだ」と騒いでは投石している。
確かにそうした面はあったとしても、今までの豊かな生活はそのろくでもない役人と銀行家の賜物でもある。
ギリシャでは「借りた金は返すな」が合言葉になっているが、そうしたところに誰も融資はしたくなくなるだろう(だから誰も助けてくれない)。

 ユーロはどうなるだろうか。ドイツが腹をくくって東ドイツの救済合併のときのように他国の負債を引き受けるだろうか。
楽観的な展望は描きがたく一番ありそうなシナリオはぐずぐずと決定的な方策を採ることができず、そのときだけの対処方法を繰り返しながら実質的にユーロが崩壊していくということだろう(だからユーロ安はこの先も進)。

 浜 矩子氏はそこまで言わなかったが、結局EU(ユーロ)はその理念は優れていたとしても経済政策で失敗し昔の静かなヨーロッパに戻っていくというのが私の推定だ。

なおヨーロッパ経済については以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43160490/index.html

またアイルランドに関する記事は以下を参照してください。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat41860064/index.html

 

 

 

 

| | コメント (1)

(24.1.6) 日本経済の復活はインドネシアにある。 世界はどう動く NHKの視点



 NHKが4日に放送したワールド・ウェーブ・トゥナイトの「世界はどう動く」はとても興味深い番組だった。
アメリカ・中国の政治分析は当然なのだが、2012年にもっとも注目すべき新興国として紹介されたのがインドネシアであったのには驚いた。

 インドネシアは中国や韓国とは異なりとても親日的な国であり、特に戦後のインドネシア独立戦争オランダからの独立戦争で、終戦で日本軍の軍政が終わるとすぐさまオランダがインドネシアを再植民地化したことに対する独立戦争)に旧日本軍の兵士がスカルノ側について戦った経緯がある。
その後も日本のODAの対象国のトップはインドネシアだったのだから、日本とは浅からぬ結びつきの国だ。

注)ODAの推移は以下参照:
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0950.html

 しかしインドネシアの経済はかつては中国やタイなどと比べるとお世辞にも好調とは言えず、また民族問題もあり20世紀を通じて停滞していた。
そのインドネシア経済がテイクオフを始めたのが21世紀に入ってからで、ここ数年は6%前後の経済成長が続いている。
インドネシアの強みは人口が2億4千万人と圧倒的に多く国内消費市場に期待できること、また金、スズ、石油、天然ガスの資源国であり、適切な政治運営と外国資本の導入が図れれば経済大国になれる条件がそろっていることにある。

 今回のNHKの番組では、インドネシアは中間層が多く消費が現在爆発的に拡大しており、海外からの資本もラッシュのように押し寄せて経済が順調に拡大していると説明していた。

 またインドネシア政府自身も中間層の育成に熱心で、最低賃金を引き上げたり公共インフラの整備を積極的に行って一人当りGDPで年間5000ドル38万円)以上に引き上げを図ってきたという。

 日本人の一人当たりGDPは11年度46000ドル約350万)だから、大雑把に言って日本の10分の1の所得層がインドネシアでは中間層と呼ばれている。
いくらなんでもこの水準を中間層と呼ぶのは言い過ぎじゃないか、日本だと生活保護受給者より低いじゃないか・・・」と思ったが、このレベルの人々がおよそ8千万人いて家電製品を買いまくっているのだそうだ。

 このインドネシアで言う中間層の購買意欲はわれわれ日本人が1960年代の高度成長期に持っていた熱気と同じものを持っていた。
何が一番ほしいですか
電気洗濯機です
私はテレビです
日本では絶対に聞かれなくなった言葉だ。

 日本企業の花王がインドネシアに進出して洗剤を現地生産している例が紹介されていたが、洗濯機の普及によりここ3年間の販売量が毎年10%ずつ増加しているという。
日本ではここ20年にわたってまったく洗剤の需要は伸びておらず、バブル期に比較すると減っているくらいだから、毎年10%成長は驚異的だ

注)日本国内の洗剤の需要動向は以下参照
http://jsda.org/w/00_jsda/5toukei_b.html

 また公共インフラ道路、鉄道、通信。河川等)の整備は今始まったばかりで、この需要は無尽蔵にある。
タイの洪水で明らかになったように新興国のネックは公共インフラが未整備なことで、河川などは容易に氾濫してしまう。
インドネシア政府がこうした部門に積極的に乗り出せば建設業で多くの雇用が創設され、さらに中間層が増えるといった高度成長期の日本と同様のパターンを描くことができる。

注)先進国と新興国の最大の相違はこの公共インフラの整備状況だと私は思っている。日本では八っ場ダムに見られるように無用の長物を作っており維持費がかかって経済を失速させるが、新興国では本当に必要なものを作っているので経済発展に役立つ。

 インドネシアの政策担当者が「インドネシアはいづれアジアで(日本を抜かし)2番目の経済大国になる」とコメントしたが、確かにこのままの推移をたどればそれは可能かもしれない。
だがインドネシア経済にとっての一番の懸念材料は外国資本の動向で、大雑把に言って直接投資が3分の1、株式投資と債券投資3分の2を占めている。
このうち株式投資と債券投資は世界経済の動向によって容易に逃げ出す可能性があるので、1997年アジア危機の再来の可能性もある(それを恐れインドネシア政府は短期資金の流動性を制限している

注)外国投資の推移は以下参照
http://www.toshin-sc.com/rsrc/pdf/manage/new/031_20110531_01.pdf

 人口2億4千万でほぼ日本の2倍、最近の政治は安定しており政府が公共インフラの整備に熱心で国民が働き者ならば、(急激な資本の流失さえなければ)かつての日本と同様に高度成長が続くことが期待できそうだ。
日本経済は国内ではまったく消費は伸びず、長期低迷に陥っており需要は完全に頭打ちだが、親日的で経済発展が著しいインドネシアの活力を取り込んで日本も発展しようというのが、この番組の趣旨のようだ。

 ほぼ1年前に放送されたNHKスペシャル 「灼熱アジア 巨大イスラム市場をねらえ」では日本のみずほコーポレートバンク三井物産の現地化の苦闘を描いていたが、いまやインドネシア市場は完全にテイクオフの段階に来た。
たった1年だがその間インドネシア経済は更なる発展を遂げたと心底驚いてしまった。

注)「灼熱アジア」は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/221119-nhk.html

 

| | コメント (0)

(24.1.5) 忠臣蔵異聞 吉良上野介殿は歴史的冤罪

 


  正月になると恒例のように忠臣蔵がドラマ化される。かつては東映映画の看板番組だったが、今年はテレビの大型企画として民法チャンネルで2日、数時間にわたって放送されていた。

 私が小さい頃見た東映映画では吉良上野介は東映の悪役俳優が演じていたが、その人が演じるというだけで吉良上野介が悪者であったことがわかったほどである。

注)当時は悪役俳優は本当に悪い人だと思っていた。

 しかしこれはひどい誤りで、歴史上吉良上野介ほど誤解された人はなく、はっきりいえば冤罪で殺された人だ。
私がこのことを知ったのは井沢元彦氏の「逆説の日本史」14巻「文治政治と忠臣蔵の謎」を読んだからで、それまでは普通の日本人として吉良上野介を嫌っていた。

 なぜ吉良が罪もないのに浅野内匠頭に襲われたかは「歴史的謎」であって、通常言われているような吉良の浅野いじめはなかった井沢氏は論証している。

 それはいじめの内容を吟味すればわかるのだが、当日の天皇の勅旨接待の最高責任者だった吉良上野介が、接待をぶち壊しにして将軍の激怒を買うようなことはありえないというのが井沢氏の説である。
通常吉良は以下のようないじめを浅野にしたと言われている。

① 玄関を金屏風で飾るべきところ墨絵でよいとした。
② 料理は普段の料理でよいのを精進料理と指定した。
③ 増上寺に迎えるにあたって畳替えが必要だがその必要はないとした。
④ 服装は大紋だが長裃(ながかみしも)でよいとした。
⑤ 指図書を内匠頭にわたさなかった。


 上記がいじめの内容だが、こんなことを式典の総責任者が実際の担当者にするかというのが井沢氏の疑問である。
これでは式典をわざわざぶち壊すようなもので、総責任者の吉良の首が飛んでしまう。
浅野内匠頭は接待係の担当者であっても、あくまで式典の責任は吉良にあり、それが高家筆頭という役割だからだ。

 いじめがなかったという傍証として、浅野家の勅旨接待は2回目で内匠頭が17歳のときに行っていることをあげている
だから式典の内容については熟知していたはずで、本人が忘れていたとしても部下が必ず書き留めていたはずだ(2回目の接待係は15年後)。

 井沢氏は浅野家は一度接待係をした経験から吉良上野介に相応の指導料を払わず、賄賂を値切ったのではないかと推定している。
私は接待について知っているからこの程度の指導料でいいでしょう

注)なお誤解のないように言うと当時は賄賂という後ろめたい感覚はなく、指導料といういたって普通の付け届けの感覚だった。

 
吉良は4200石取りの小身でこの指導料で食っている身だから「カチン」ときたのはあったとしても、だからといって式典をぶち壊すようなことはできない。
細かく指導しなかったとしても、間違ったことを教えるようなことは立場上できない。

 だから吉良が浅野に好意を持たなかったとしても別に意地悪をしていたわけでもないのに、殿中で突然浅野から切りつけられた
しかもその場にいた梶川与惣兵衛(劇では「とめてくださるな梶川殿、武士のなさけでござる」となっているあの梶川であるの記録では急に背後から襲いかかったとなっている。
ほとんど通り魔的犯行で、吉良はあわてて逃げたが浅野は4タチも吉良に浴びせながらの殺害することができなかった。

 これには当時の人々があきれ返ったというが、小刀で相手を殺害する場合は切りつけてはだめで刺し殺さなくてはならない。これは武士の常識だったから浅野内匠頭は武士としての基本的ノウハウがなかったことになる。

 結局浅野内匠頭が吉良上野介に切りつけたのは、一方的な被害者意識にが嵩じて、通り魔的に吉良上野介に切りかかったのでほとんど弁明のしようもない。

注)これによく似た犯行は秋葉原での無差別殺傷事件があるがそういった類の事件だと井沢氏は見ている。現在だったら警察がすぐに精神鑑定を依頼する事件だとの認識だ。

 当日切腹、領地没収になったがこれはいたし方ないことで、式典を無茶苦茶にした責任は重い。
この浅野内匠頭の犯行原因を特定することは誰もできなかったようで、のちに大石内蔵助が吉良低に討ち入りをしたときの趣意書が残っているが、そこには「当座しのびがたきの儀、ござ候か」(きっと我慢できなかったことがあったのだろうが、詳細はわからない)と書かれている。

 大石内蔵助でさえ、理由がわからなかったほどの突発的な犯行というのが実態で、ほとんど通り魔的な犯行と言ってよい。
可哀想なのは吉良上野介だ。一方的に切り付けられそして浅野内匠頭が切腹になったのは幕府の命令なのに、今度は大石内蔵助ら四十七士によってなますのように切られてしまった。

 これは通り魔的犯行にあった被害者が、犯人のボスが死刑になったのをうらんだ部下に再び襲われ殺害された事件である。
今だったら四十七士の犯行は「逆恨みによる凶悪犯罪」としてマスコミに取り上げられるだろう。


 さらに言うと、なぜ討ち入りが成功したかの理由は私は吉良上野介の石高が4200石で、まともな家来がいなかったことと、敵討ちがあるとは思っていなかったのだと推定している。
いわばほぼ無防備の老人を47人が寄ってたかって殺したというのが実態で、襲った側にほとんど損害がなかったのが何よりの証拠だ。

 そんなわけで吉良上野介が余りに可哀想なので、恒例となった忠臣蔵番組を私は見ないことにしている。

なお日本史についての記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47308511/index.html

 

 

| | コメント (2)

(24.1.4) 日本の医療の現状と成長産業としての役割




 私のように普段医者には患者としてしか接していないものから見ると、日本の医療問題というのはわかりにくい。
一番わかりにくいのは日本では医者が不足しているのかそれとも過剰なのかさっぱりわからないことだ。

 ながらく日本では医師は過剰だといわれてきた。このあたりは医師会のギルド体質があって、平成9年からは明確に医師・歯科医師の抑制策がとられてきた。
この状況がいっぺんに変わったのが平成15年から導入された新臨床研修医制度である。

 それまではインターン医師は医局実際はその医局のボスである大学教授)の支配下にあり、大学病院で研修しその後地方の病院等に派遣されていたが、新制度導入でそうした縛りが効かなくなった。
研修は学生が望む場所であればどこでもよくなり、また配属される診療科も自由に選べるようになったため、「大学病院で奴隷のようにこき使われるのはいやだ」という学生が多くなり、また「産婦人科や小児科や脳外科は勤務がきつすぎるので割りに合わない」と敬遠されだした。

注)当時医局制度は奴隷制度だとのキャンペーンがマスコミを中心にされていた。

 このため医局が強権でバランスをとっていた医師の適正配分が崩れて自由競争下におかれるようになったため、過疎の病院や割に合わない産婦人科などはたちまちのうちに医師不足に陥ったのである。
現在はこうした状況下にあり、絶対数としては医者はいるのだが偏在が激しいというのが実態だと私は思っている。

注)ただし厚生労働省は2008年(平成20年)以降医師は絶対数が不足しているという立場をとっている。

 厚生労働省の調査では私の住んでいる千葉県は意外にも医師数が少ない県で、最悪は埼玉県、次が茨城県で、千葉県ワースト3位ということになっている。
この数字はどう見ても実感とは乖離している。
私の住んでいるおゆみ野などは町を歩けば医者に当たるぐらいで、病院にいくのにも「どの医者が評判がいい?」なんて聞きまくってからいくくらいだから、患者側に選択権がある。

 知り合いの歯科医師が「最近は歯科医が増えすぎて病院経営も大変なんだ。倒産している病院もあるよ」といっていたくらいだからこの不足と過剰問題はどのような立場(地域、診療科、大学病院、役所等)で発言するかで異なっているようだ。

 実は私にもこの問題については意見があって、日本ではさらに多くの優秀な医師を育て上げることが急務だと思っている。
それは日本が完全に閉塞感に陥り、輸出産業が海外に出てしまった後の成長産業がまったく見当たらないからだ。
そうした中で医療費は毎年確実に2~3%増加している。自動車や家電産業は毎年縮小しているから、医療は日本における唯一といっていいほどの成長産業だといえる。

注)医療費の増加を成長産業だという視点で捕らえる人はなく、通常は国庫負担の増大問題として認識される。

 
日本の生きる道は唯一残されたこの成長産業を磨きをかけ医療大国になることだと思う最大の理由が日本の優秀な学生がすべて医学部に進んでいるからだ。

 学生側から見るとこれほど投資効率のいい職業はなく、「絶対にくいっぱぐれがなく、地位と名誉は思いのままだ」という職業はそうはない。
そんなわけで日本の人的資源はほとんど医学部に吸収されているのだが、残念ながら国内だけの競争にとどまり世界レベルでの競争力はほとんどない

 たとえばノーベル賞受賞者16名国籍の関係があって数え方で人数が異なる)を見ても、受賞者は理学部工学部出身者で占められ、医学賞利根川進氏のたった一人だ。
これは「頭がいい人が医学部に進む」という現実とまったく合わない。

 実際は唯一の人的資源が眠っている。
現在世界の医療はアメリカが引っ張っていて多くの金持ちのアラブ人やアジア人がアメリカで治療を受けている。
金持ちの病人にとっては費用はどうでもよく、最高度の医療で病気を回復させてくれることを願っているのだから、最高のお客様だ。

 私はこうした患者を日本で治療を受けさすようにして外貨を稼ぐのが一番だと確信しているのだが、信じられないことに医師会は絶対反対で、今回のTPP参加においても「日本の世界に誇る医療保険制度が崩壊するので反対だ」と言っていた。

注)金持ちの外国人が多く日本にやってくると日本人の診療に支障が出るというのがその論理。

 だが考えても見てほしい。日本でもっとも優秀な人材を投入している医療の分野で「世界と競争することができない」といっては、私のような医学部以外の出身者は立つ瀬がない。
日本は輸出産業で食ってきた国なのにそれがなくなって貿易収支が赤字11年度)に転落し今後とも期待できない。
残った競争力が期待できる分野は医療以外に見つけることができないではないか。

 これからは医療業務といったサービス収支を増やさない限り日本に未来はないと腹をくくるべきだと私は思っている。
医師会は個人的利益ではなく日本のために貢献すべきだ。

なお経済成長に関する記事は以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43696146/index.html


別件)「おゆみ野四季の道」のカウンター10000を追加しました。
 


 

 

 

 

 

| | コメント (1)

(24.1.3) NHKスペシャル めざせ日本復活

 

  昨今の日本の閉塞感から脱出しようとNHKが元旦に「めざせ日本復活」という番組を企画した。
がんばれ、なにしろがんばれ日本」という番組だ。
ゲスト出場者は立教大学教授で中小企業の救世主山口義行氏、日本政策投資銀行参事役で地域振興の伝道師藻谷浩介氏、デザインディレクターでデザインの魔術師奥山清行氏だったが、いづれも元気印のおじさんで肩書きを見ると何か平安時代の陰陽師安部晴明のようなイメージだ。

 3人の特色はいわゆる現場主義者で大学の研究室に閉じこもっているような人ではない。それだけに話は面白かったが「そうはいっても」という感じはぬぐえない。

 3人は「常識を打破して閉塞感を打ち破るのはこれじゃ」と以下の提言をしてくれた。

 たとえば山口氏が最初に示したグラフでは「中小企業の中で海外進出した企業は日本国内での雇用を伸ばし、一方で日本に止まっている会社は雇用を減らした」ことを示していた。
海外生産が上向くと特殊な技術の需要は日本に頼るようになるので国内工場の生産も上がるという事例である。

 確かにその通りで私もそのように思うが、一方いまだに圧倒的な中小企業が国内に止まっているのだから、全体としては20年前に比較して製造業の従業員数は3分の2に減ってしまっている。
海外に打って出るだけの気概技術力のある中小企業は海外と国内の生産を伸ばせるという事例だろう。

 また海外進出の形態として昨今は圧倒的にM&Aが多く、過去のような工場建設は減っているという。
具体的な事例として事務用品製造業のコクヨがインドに進出していた例を紹介していた。
昨今の円高局面でしかもすぐさま経営効果が上がるのはM&Aに勝るものはない。.
すでに販売網従業員工場もあるのだから、そこに日本の優れたノウハウを投入すれば、インドでそれまではなかったような高品質の事務用品(事例では帳面)ができて、生活向上著しい中産階級の需要にマッチしそうだという。

 このM&Aは外国企業では常套手段だったが日本では嫌われていた。
他人が作り上げた企業を掻っさらうというイメージ強かったからで、はげたかファンドなんて言葉で忌み嫌っていた。
しかしようやく日本人の精神構造も欧米並みになってきたようだ。
背に腹は変えられない。円高を利用して企業を買収しろ!!」

 もっとも完全に支配するのではなく日本の優れた技術と現地の人材や販売網、そして設備(タイや中国などの新興国の設備は日本の工場より最新型になっている)を結合していわば日本とインドのハーフのような会社を作るのが成功の秘訣だと説明していた。
日本的M&Aというわけである。

 日本国内の事例では藻谷氏岡山県の真庭市という中国山脈の山間の過疎の町の事例を紹介していた。
真庭市といっても2005年の市町村合併でできた市で周辺の町や村を統合し人口は5万弱の毎年人口が減少している街である。

 この地区にある製材所がバブル崩壊後赤字経営に陥りその解決策として材木のくずで発電を開始したことから復活の足がかりができたという。

① この製材所では毎年1億円相当の電力を使用していたが木屑を利用した発電でこの費用が不要になったこと。
② 木屑そのものの処理費用に毎年2億円が必要だったがその費用も要らなくなったこと。
③ あまった木屑はぺレットに加工して真庭市での燃料の11%を占めるほどの産業に育ったこと。
④ ペレット生産が本格化してそれまで捨てられていた間伐材の活用が発生したこと。


 この事例はエネルギーを海外の原油に依存することなく地区に存在している木材資源を利用することで経費の節減と新産業の立ち上げに寄与した事例だという。
海外でもオーストリアでこのような取り組みが大々的に行われており、石油文明に対するアンチテーゼとして新たな生活様式を確立しつつあるのだそうだ。

 確かにすべてのエネルギーを木材資源で代替するのは無理があるとしても、その地区に豊富にあって見捨てられている森林を活用するというのはひとつの卓見だ。
日本には真庭市のような過疎の町がいたるところにあるのだから、この取り組みはトレースしていく価値がありそうだ。

 またデザインディレクターの 奥山氏ホンダが開発したビジネスジェットの事例を紹介していた。
ホンダは日本では進取の気質を持った会社で、不可能といわれていた自動車生産に乗り出して成功した過去がある。
日本のデザイン設計力は相当なレベルで、エンジンを翼の上につけることによって室内の空間を30%程度アップして居住性をよくしたのだという。
トイレにドアーをつけることができるようになったと説明していたが、今までのビジネスジェットのトイレはカーテンで仕切られていただけであったらしい(これでは女性経営者が客を招待してビジネスジェットを利用するわけにはいかない)。

 このビジネスジェットの事例については前にNHKで放送されていたので知ってはいたが「見ろ、日本もがんばっている」という事例である。
ビジネスショウで喝采を浴びてすでに100機の注文があるというからたいしたものだ。
ホンダには大いにがんばってもらいたいと心から思う。
ただし生産はアメリカで行っているので直接日本の雇用が増えるわけでない。

 3人の陰陽師安部晴明がそれぞれの事例を紹介してくれてとても面白かったが、それだけで日本が復活するというのはまだ揚力が足りなそうだ。
あらゆる日本人がそれぞれの立場で日本復活の処方箋を考え実行するようなことが必要で、日本人全体が安部晴明になる必要がありそうだ。

なおホンダのジェットの開発については以下の記事を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/2381-nhk-cdc5.html

| | コメント (1)

(24.1.2) ちはら台走友会のお礼参りラン

231230_087

 昨年の30日、走友会きっての信心深いマッスルさんが企画する礼参りランに参加した。ここおゆみ野ちはら台近辺の神社・仏閣を走ってはおまいりをする企画で、今回は27箇所の神社・仏閣をお参りしたが約4時間の行程だった。
近辺には古い集落があり、そうした集落には必ず神社かお寺が存在する。

 多くの神社・仏閣はこじんまりとした、いかにもその集落の人たちだけの参詣の場だが、中には金城寺、泉蔵寺、平山薬師といった名刹や、大宮神社、日枝神社といった正月には多くの参拝客を集める神社もある

231230_133_2


 なかでも平山薬師は人出が多く、また参拝客を迎える準備も怠りないこのあたりでもっとも華やかな仏閣だ。
平山薬師は正式名を東光院といい、そこのホームページを開いてみると

東光院は千葉市緑区平山町にある真言宗豊山派の寺院で、千年以上の歴史があります。
東光院のご本尊さまは七仏薬師如来 (千葉県指定有形文化財)で、大医王といわれ医薬の守り仏として伝えられています。
お仕事、ご商売の成功、学業を修める、合格の願い、家庭内の安全などすべては健康であってこそ成り立ちます。
東光院は願い事がかなうお寺として多くの人々から「お薬師さま」、「平山お願い薬師さま」と親しまれています
。」と記載してあった。

 薬師如来が本尊だからもともとは病気平癒が主眼だったと思われるが、最近では入学祈願の学生が多くお参りに来ている。
私のような信心とは対極の人間でもこの日ばかりは深々と頭を下げ、手を合わせた。

231230_147


 このお礼参りランがすむと新たな年を迎える気分になるのだから不思議だ。
最後はちはら台大宮神社から夕日を見るのがこの日のイベントを締めくくる行事だが、今回は若干早く神社に着きすぎた。
それでもしばらくしたら夕日が見えたから満足だ。

 思えば昨年は大変な年だった。日本では東日本大震災と福島第一原発の事故に見舞われ、外ではユーロが大揺れに揺れて世界の経済機構が変わってしまった。
24年度も激動の年だと思ったほうがいいだろう。
昔読んだ中西輝政氏の「大英帝国衰亡史」という本の中に「英国人は泥の中に足を捉えられながらも、それでも前に進むのが人生だと思っている」という趣旨の言葉があった。

 「マドリング スルー」というのだが日本もイギリス人が経験したこの言葉のような歴史を歩むのだろう。それでも懸命に生きようと努力すれば展望が開けてくるのだから希望を持って生きようと思っている。

なお、ちはら台走友会の記事は以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44088639/index.html

 

 

 

| | コメント (0)

(24.1.1) 橋下大阪市市長の教育改革と日本の将来 日本を教育立国にするために!

2023_049


 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。



 大阪市の橋本市長の教育改革は非常に興味が持てる。
基本的に教育目標を決めるのは知事や市長」で国家ではないというが橋下氏の主張で、これには文部科学省がカチンときた。
何を言うか、教育目標の設定は国の権限で地方の一知事や市長がとやかく言う筋合いのものではない

 確かに日本の教育制度が世界的に見てそん色なく、また学生の質が高ければとやかく言う筋合いのものではないが、実際は日本の教育レベルは韓国シンガポール中国に大きく水をあけられ、とても十分とはいえない水準になっている。
OECDが実施している65カ国・地域の15歳時の数学と科学の学力テストでは、日本は8位で、1位上海、2位韓国、4位香港、5位シンガポールに大きく水をあけられている。
かつては世界一位が当たり前だったのにえらい凋落だ。

注)詳細は以下参照
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3940.html

 また大学のレベルもお世辞にも高いとはいいがたく、日本を代表する東京大学でさえ世界的には30位前後の並みの大学に過ぎない。

注)英国の高等教育専門誌の11年度ランキングで一位はカルフォルニア工科大学、2位がハーバード大学、日本の東京大学は30位、京都大学が52位、東京工業大学が108位、大阪大学が119位で、大阪府立大や大阪市立大はまったくの圏外。上位はほとんどがアメリカの大学。

毎年毎年、大阪府は府立大に117億円、大阪市は市立大に135億円の交付金を支出しているのに、卒業する学生は韓国やシンガポールの学生と競争できない。なぜこんな低レベルの学生しか輩出できないのだ!!」
橋下市長の歯軋りが聞こえる。

 私も大学を卒業した身だからなぜ日本の教育水準がこれほど低いかの理由はよくわかる。
大学の入試試験こそ日本では熾烈だが、いったん大学に入ってしまえば単位を取得することなどほとんど寝ててもできる。
寝ててもできるというのは言葉のあやではなくまったくそのとおりで、レポート提出などインターネットで検索して(今ならウィキペディアをコピーすればたちどころに教授並みの論文ができてしまう。

 教育側もそのことを十分知っていて、通常の学生にまともな教育をするつもりはなく、適当にレポートを提出して試験で何がしかの論理展開さえしていれば黙って卒業させてくれる。
その結果どの学部を出ようが専門知識などあろうはずがなく、またこの世界の共通語である英語の知識などほとんど身につかず、英会話などまともにできない。

 それでも私が卒業した40年前は企業がこのアホな学生の教育に熱心に取り組んでくれたから何とか企業戦士になることができた。しかし現在のように企業に時間的・資金的余裕がなくなると日本のアホな大学生を採用するよりは新興国の熱意と実力にあふれる学生を採用するほうがはるかに効率的になってきている。

 橋下市長の教育改革の狙いは低レベルの大学生の底上げで、まず大阪府と大阪市の管理下にある大阪府立大大阪市立大を統合し、学部事務を一本化し競合する学部も(工、理、経)も一本化することにある。
そうしておいて、府と市で出している交付金約250憶円を有効活用して、新たにできる大阪都大学仮称)東京大学を凌駕して、世界水準でもアメリカの大学に負けない優秀な人材を輩出できる大学にしようとしている。

 そのための措置が橋下氏が提案している「教育基本条例案」で、教育目標の制定権教育目)を文部科学省から大阪府と大阪市に奪い取ろうとしているのだ。

 私が橋下氏を応援するのは日本の大学生の水準が余りに低すぎ、このまままでは優秀なアジアの大学生にとても勝てないと思っているからだ。
日本の学生のレベルが低いことがうそでないことは、たとえば経済学部の学生にケインズ理論マネタリストの理論の一番の相違点を聞いてみればわかる。
そしてこうした知識を対外的に発表する英語のレベルやディベートの能力がほとんどないこともわかるだろう。

 教育レベルをこの低いままで放ってきたのは文部科学省の責任で、特にゆとり教育という間違った教育方針を採用したことは万死に値する。
橋下氏がこのままでは日本がつぶれると思っている危機感は十分に理解できるし、大阪都大学を世界的に見て10傑に入るような大学にしたい気持ちもさらに理解できる。
 
 私は橋下氏を応援することにした。
文部科学省から教育権を奪取して橋下氏に任せたほうがはるかにすばらしい教育環境が出現するだろう。
なにしろ今のままではアホな学生を輩出するだけだからだ。

 なお橋下大阪府を含めた過去の記事はいかにまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43150080/index.html

 

| | コメント (1)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »