« (24.1.24) Google翻訳で情報を世界に発信しよう  Google translation. I want this information to the world | トップページ | (24.1.26) 借りた金は踏み倒せ、税金は払うな。 ギリシャ人気質とドイツの苦悩 Greeks spirit and the German distress »

(24.1.25) NHK ヒューマン なぜ人間になれたのか Why human become a human person?

2414_031

 NHKが実に興味深い番組を放送している。「ヒューマン なぜ人間になれたのか」と言う番組で4回シリーズだそうだ。
1回目は「旅はアフリカから始まる」と言うタイトルだった。

 ホモ・サピエンスチンパンジーが枝分かれしたのが700万年前だそうだが、現在の人類の祖先は今から20万年前にアフリカに現れたという。
そしてそのほとんどをアフリカで過ごしていたが、この祖先がどのようにして人間になったのかをこの番組は追跡していた。

 私は20万年前から今の人類と同じように人間だったと思っていたがどうもそうでないらしい。
何回もの生死の境をさまよいながらようやく今の人類なったと言う。
まずチンパンジーホモサピエンスの最大の相違は二足歩行をするかどうかだが、これが人間の骨盤の構造を変えてしまったという。
横が広く縦が狭いためとても難産で、手助けがないと子供を生めない構造なのだそうだ。

 動物を見ていると草原でなんと言うことなしに子供を生んでいるが、これは産道が丸く広いので難産でないからだそうだ。
この難産であることが人間が最初に協力し合う端緒になったのだと言う。
助け合わなければ生き残れなかったのだから、協力して出産をしてきた人類だけが生き残ったと思えばいい。

注)すべての人類が生き残ってきたのではなく、産婆さんを発明した人類だけが生き残ったと言うことらしい。

 この助け合い精神は現在の人類のDNAにインプットされているという。
その実験はとても興味深いものだったが目は正常で視覚野に障害がある人でも笑いは理解できるのだと言う。
視覚野が壊れていてなぜ物が見えるんだ???」これには驚いた。

 実は微笑みや笑いや怒りの表情は視覚野だけで処理するのではなく、扁桃体と言う脳の他の部分でも処理されていて、視覚野に障害があってもこの人間の表情は見えるのだと言う。

 この笑いや微笑は「あなたに敵意はありません。必要なら助け合いますよ」というサインだし、反対に「怒り顔」は敵意丸出しだから、古代の人類はこのサインを瞬時に識別するために、視覚野だけでなく扁桃体でも処理していたと言う(もしかしたら扁桃体の処理速度が速いのかもしれない
私は人に会うと必ず微笑むことにしていて「山崎さんの笑顔は素敵」と言われることが多いが、これがDNAに根ざした人間の深い行動だとは知らなかった。

 人はまず微笑んで協力関係を築くのだが、協力関係だけなら人間だけでなくキイロタマホコリダケという菌類でも行っていて、食料がなくなると集まってきのこ状になり胞子を飛ばして生き残るすべを知っていた。
ただし同じDNAを持ったものだけが集まるので、人間のように血縁家族が異なっても助け合いをするわけではないと言う。
だからキイロタマホコリダケより人間のほうが少し高等だと言うので笑ってしまった。

 人間がなぜこのように血縁家族を越えて協力し合うようになったのかは、7万4千年前インドネシアの火山の大爆発が原因だそうだ。
この大爆発で地球の気温が平均で12度二年間にわたって低下してしまったと言う。


 このときのアフリカにいた人類はほぼ2万人程度だったそうだが、食糧不足に陥った人類は多くが死滅したが、血縁家族を超えた協力関係を築けた人類だけが生き残ったのだそうだ。
その協力関係の広がりは黒曜石の分布でわかるそうで、噴火前は10km程度の広がりだったものが、噴火後には70km程度まで分布が広がっていたと言う。
当時黒曜石は互いの親睦(敵意がないこと)の情を示す贈り物だったそうで、こうして助け合いのネットワークを広げたものだけが火山の大爆発に伴う冷温状態を生き残ったことになる。

注)互いに食料などを交換したらしいが、それまでの人類は血縁家族と言う狭い範囲でのみ生きていたことになる

 そしてこの贈り物をして互いに助け合うと言うDNAは現在の人類にも受け継がれた。
全世界的規模で行った「10ドル札10枚渡して、身も知らずの人にこの10ドル札をいくら分け与えるか」との実験では、少なくとも平均で20ドルは他人にあげるのが普通なのだそうだ(日本人の場合は44ドル他人にあげると言う。私自身は10ドルと想定したので、私の場合はあまり助け合いの精神がないのかもしれない)。

 現在の人類はただ何気なく人類になったのではなく、存亡の危機において互いに助け合うことを学んでかろうじて生き残ってきた人類の子孫なのだそうだ。

 その後およそ5万年前に人類はアフリカを離れるのだが、その規模は数千人の単位だったと言う。その助け合い精神に満ちたわずかな人類が今70億人もはびこっているのだから驚きだが、この番組のメッセージは「人類の中でも助け合いの精神があった一部の人類だけが生き残った」と言うことだった。

 なぜ人間は微笑むか? なぜ人間は贈り物をするか? なぜ人間は結婚指輪の交換をするか? 
こうした何気ない行為の奥にDNAに根ざした人類の知恵が宿っているとは知らなかった。
この番組は4回シリーズだが、実に興味深い内容でぜひ見られることを勧める。

なおNHK特集は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhknhk/index.html

http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/nhk_1/index.html


(Google翻訳を添付しておりますが、こうしたかなり高度な内容の翻訳は難しいらしく、残念ながら理解可能な英語にはなかなかなりませんでした


NHK" which broadcasts the Program is really interesting.
"Why become a human person?"  says the Program 's four-part series.
The first title is "journey begins in Africa" ​​
Homo sapiens and chimpanzees branched 7.0 million years ago. , And the current of human ancestors appeared in Africa 200,000 years ago .
Mankind had spent most of them in Africa. This program had been keeping track of how you became a human person.
I thought I was a man just like humans 200,000 years ago.
Paces the boundaries of life and death many times, was now finally mankind.
The biggest difference between chimpanzees and Homo sapiens is whether to bipedalism. Biped has transformed the structure of the human pelvis.
The human pelvis has a wide width, narrow vertical contrast. So in a very difficult birth, it's a narrow birth canal with no help.

On the other hand ,Birth to children  of animals is easily.
The first clue was that people work together to be this hard labor.
Humans must cooperate did not survive. Only human beings have done so in cooperation childbirth have survived.

Note) instead of all of humanity has survived and survived the invention of mankind's only midwives.

This spirit of mutual aid is the current input into human DNA.
Had experienced. People at first failure in the normal cortex and says he can understand Laugh .
It surprised me.
Laugh and smile and look of anger on the fact that treatment is not only the visual cortex.
It has been handled in other parts of the brain called the amygdala, expression of this human failure even know what we'd see the visual cortex

Laughing and smiling is " hostility with you" It's a sign that, on the contrary "angry face" enmity will bare out. ,
Ancient humans to immediately identify this sign,  that the amygdala in processing visual cortex as well (perhaps in the amygdala processing speed maybe).
If I decided to meet people and always smile, "Mr. Yamazaki is a nice smile," often referred to. Deeply rooted in human behavior that the DNA did only know this .
Who is he smiling at first establish a collaborative relationship, but fungi have been named Yellow dust ball as well as human  only if cooperation. Yellow dust ball knows how to survive it had become like a mushroom spores flying together when there are no food.
We only gather with the same DNA, however, not be that different families help each other .
Human say a little more higher than the  Daque Yellow dust balls, so I had to laugh.

We began to work together across a consanguineous family , it seems like it because of the volcanic explosion in Indonesia 24,000 years ago7.
Two years had reduced average global temperatures by 12 degrees in this major blast.
At this time, humanity in Africa was about almost two million people. Human food shortages that many died in this explosion. Only human beings have survived beyond the family built a cooperative relationship but blood.
Extent of cooperation is seen in the distribution of obsidian. For example, what was spread before the eruption of about 10km,  after the eruption had spread to the extent the distribution 70km.
Obsidian is a fellowship of each other at the time (no enmity) and so indicating the information was a gift of a wider network of mutual assistance only because of mankind thus become involved in cold state survived the explosion of the volcano .Note) and food were exchanging with each other.

DNA to help each other and say this gift and said has been handed down to mankind today.
Conducted on a global scale "all pass ten sawbuck or distribute some $ 10 this person knowing themselves" experiment with the $ 20 average at least seems he usually takes up to others (For Japanese people say up to $ 44.)

Humans became human today is not just casually. Learning to help each other in a fateful crisis, it's a descendant of mankind has barely survived.
50,000 years ago, but Humans leave Africa, says it was the scale of thousands of units. I'm surprised that the 70 million people are now infested with a small human beings full of spirit that mutual aid. Message of this show is "some human beings had survived only in the human spirit of cooperation,"

Why do people smile? Why do human beings a gift? Why do human beings to exchange wedding rings?
Wisdom of humanity that dwells deep rooted in the DNA did not know this casual act.

.

 

|

« (24.1.24) Google翻訳で情報を世界に発信しよう  Google translation. I want this information to the world | トップページ | (24.1.26) 借りた金は踏み倒せ、税金は払うな。 ギリシャ人気質とドイツの苦悩 Greeks spirit and the German distress »

NHK NHK特集 ヒューマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.1.24) Google翻訳で情報を世界に発信しよう  Google translation. I want this information to the world | トップページ | (24.1.26) 借りた金は踏み倒せ、税金は払うな。 ギリシャ人気質とドイツの苦悩 Greeks spirit and the German distress »