« (23.1.21) イタリア人と日本人 船を見捨てる船長と原発を見捨てない所長 Director of Primary defended and captain abandoned the cruise ship | トップページ | (24.1.23) クローズアップ現代 インプラント治療の現状   NHK "Today's Close-Up," "implants »

(24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート

009

 私はここ千葉に住んですでに20年あまり経つのだが意外と千葉県のことを知っていないと痛感してしまった。
先日(17日おゆみ野歩く会5名のメンバーとこの鋸山の登山をしてみて、このような急峻な山が千葉県にあることに驚いてしまった。

 鋸山は内房の東京湾フェリーの乗り場がある金谷にあり、海に向かって屏風のようにそびえている山塊だが、名前が鋸山と言われているように上部は鋸の歯のようになっている。
高さは329mだからなんということもない高さだが、海から直登しているので登山をするときは329mたっぷり登らなければならない。

 実はこの鋸山にはロープウェイもあり、また道路が頂上付近まで通じているのでほとんどの人が麓から登ることをしない。自動車で乗り付けて頂上付近にある日本寺周辺を周遊して帰ってしまうので、この山の急峻さを知っている人は少ない。

 しかしわれわれ歩く会はそんなやわなハイキングをもっとも忌み嫌う集団だから当然麓から登山することにした。
見上げると長野県にある戸隠を小ぶりにしたような山塊だ。
登山道はかなり整備されてはいるがメインのルートをはづれるといっぺんに荒れた登山道になり、実際に登ってみるとわかるが登山の経験がないと道を間違える。

 数年前にここで中高年の集団の遭難騒ぎがあった。「なんでこんな低い山で遭難なんかがあるのだろうか?」不思議に思ったがその理由がよくわかった。
めちゃくちゃに急峻な道が沢沿いに通じていて、沢を間違えれば登山経験が少ないとリカバリーが相当難かしそうだ。

030


 私はこの鋸山の歴史についてはまったく無知だったが、ここには信じられないような石切り場があって、過去200年にわたって金谷石を生産してきたのだと言う。
正岡子規が「春風や 鋸山を 砕く音」と歌っているのだがから、明治時代も盛んに石を切り出していたのだろう。
金谷石のまちシンポジウムのホームページに以下のように記載してあった。

鋸山の房州石切丁場は、江戸時代後期から採石業が営まれ、平成の直前まで200余年にわたる歴史があります。
その功績は江戸城下の街づくりや横浜港の建設、ひいては石釜などの材料として庶民の生活を支えてきました。同時に、重厚な鋸山の景観は奇景として広く今も親しまれているところです」

 
私たちは関東ふれあい道コースを登って石切り場跡に出、東京湾が一望に見渡せる展望台で景観を堪能し、稜線伝いに鋸山山頂を通過して安兵衛井戸と沢コースと言う道を下ったが、約3時間半程度のコースだった。

 私のようにアルプスを常時登っているものでも結構楽しめたコースだから山好きの人にはお勧めだ。
この日は寒かったためだろうか、私たち以外には登山客はまったくいなかった。
とても静かな山旅ができたので満足している。

なお歩く会の活動については以下にまとめてあります。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46049658/index.html

 

|

« (23.1.21) イタリア人と日本人 船を見捨てる船長と原発を見捨てない所長 Director of Primary defended and captain abandoned the cruise ship | トップページ | (24.1.23) クローズアップ現代 インプラント治療の現状   NHK "Today's Close-Up," "implants »

個人生活 歩く会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.1.21) イタリア人と日本人 船を見捨てる船長と原発を見捨てない所長 Director of Primary defended and captain abandoned the cruise ship | トップページ | (24.1.23) クローズアップ現代 インプラント治療の現状   NHK "Today's Close-Up," "implants »