« (24.1.20) ためしてガッテン 物忘れに効く薬 老人性てんかん症 | トップページ | (24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート »

(23.1.21) イタリア人と日本人 船を見捨てる船長と原発を見捨てない所長 Director of Primary defended and captain abandoned the cruise ship

2414_012

  今回のイタリア豪華客船コスタ・コンコルディア号船長と、福島第一原発の事故処理を指揮した吉田所長との対比ほど、イタリア人と日本人の違いを際立たせるものはない。

 イタリア人船長スケッティーノ氏は船が沈みそうになるとさっさと救助ボートに乗り込み、沿岸警備隊長の「すぐに船に戻って指揮を取れ」という言葉に「暗くて何も見えない(から指揮など取れない)」と弁明するばかりで、後は一目散に海岸の岸壁に登ってしまった。

 今回の事故で死者は11名、行方不明者は21名で、4200人乗りの豪華客船の座礁事故としては被害が小さいほうだが、未だに船体は傾いていても沈んでいないのだから、船長が一目散に逃げる理由はなかったはずだ。

 今回の船長沿岸警備隊長との会話は歴史に残る会話と言える。

船に戻り船内に何人残っているか伝えろ
私は救命ボートで救助の指揮を取っているので船に戻れない
船で指揮を取れ、拒否するか、これは命令だ
もう暗くて何も見えないのだから船にはかえれない
だからどうした、家に帰りたいのか、すぐに船にもどれ

 船長の会話としては驚くべき内容だ。船に乗客が何人残されていようとも自分は救命ボートに乗って逃げると言っているに等しい。
かつて見た映画では船が沈没するときは船長は船と運命を共にすると言うのが常識のように描かれていたが、イタリアの船長は例外らしい。

 この船長の態度と比較して福島第一原発所長吉田氏の対応はその対極にあったと言える。原発が大爆発を起こさないように海水を注入していたが、それをヒステリーになった菅総理が「真水を入れろ」と騒ぐため、東電の本部は海水の注入を一時止めさせようとした。

 このとき吉田所長は東電のテレビ会議の席で、海水注入の中止を命令し、一方で部下に「何もわからない連中の指示など受けていたら大惨事になるから、いいから海水の注入を続けろ」と命じた。
自分の責任で大事故だけは避けるとの強い意志であり、おかげで広島並の被害も予想されたのに今回程度の事故で収まったのだと言うのが専門家の一致した見方である。
だから私たちはどんなに吉田所長に感謝してもしきれない位だ。

注)吉田所長の奮闘は以下の記事にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231229.html

 どちらも最悪な場面に直面しながらも、真っ先に逃げ出した船長と絶対に逃げることなく事故の収拾にあたった吉田所長との対比ほど、イタリア人と日本人の相違を際立たせるものはない。

 イタリア人が相当ずぼら責任放棄をしやすいことは、ニコラス・ケイジ主演映画「コレリ大尉のマンドリン」に描かれていた。
第二次世界大戦の末期、ギリシャのある島をドイツ軍とイタリア軍が共同統治をしていたのだが、イタリア軍はもっぱら土地の女性と恋に落ちマンドリンを奏でているだけだった。
そうしているうちにムッソリーニが降伏したため、イタリア兵は喜び勇んで故郷に帰ろうとしたのをドイツ軍がイタリア兵を全員(映画ではコレリ大尉を除いて)虐殺した事実に基づいた映画である。

注)私はこの映画をとても興味深く見たが、ドイツ軍がイタリア軍をまったく信用しない理由もよくわかった。

 一方で吉田所長のような責任ある人がきっちりと責任を果たす国は希望が持てる(反対にイタリアにはがっかりした)。
経済状況は最悪だし原発問題の解決にはまだ時間がかかるが、日本人が吉田所長を手本に、少しでも日本再生に努力すればこの国の未来は明るいだろう。

注)ブログの英訳を添付します。この英訳はGoogleの翻訳機能を使用して翻訳したものをそのまま貼り付けたものですので一部翻訳不能の箇所がありますが、そのまま添付します。
(
読める英語にするには手を入れないとだめなのですが、技術的な面と能力的な面で研鑽が必要なので、少しづつレベルアップを図ります

Italian cruise ship, Costa Concordia and the captain of the issue, a comparison of the chief who led the process Yoshida, Fukushima Daiichi nuclear power plant accident, tell the difference between Italian and Japanese.

Italian captain, "Martino sketch," said the rescue boat boarded the ship sank so quickly become. Coast Guard Captain of "taking the lead back to the ship immediately," the term "dark to see anything (such as an expression not take from)" and defended.
So the captain put it, had climbed to the cliffs of the coast at full speed.

11 killed in this accident, 21 people who are missing. As accident-passenger luxury liner ran aground in 4200 is less damage. Hull still has not sunk, and even inclined.
So why should the captain had run away.

Conversation with the captain and the captain of this Coast Guard's historic conversation.

"Return to the ship, reported that the white ship left many people"
"I am taking command of the rescue by lifeboat back to the ship"
"Take the helm at the ship, or to reject, this is the instruction"
"Because of the dark to see anything anymore, go back to the ship"
"So the matter, or go home, how to ship soon"

It's amazing what a captain conversation.
How many passengers can remain on the ship, captain says that flee aboard a lifeboat.
Saw the movie once, when the ship is sinking The captain was portrayed as the common sense to say that both the ship and destiny.
However, Italy's captain flee.

Yoshida, director of correspondence, Fukushima Daiichi nuclear power compared to the attitude of this captain, said it was the polar opposite. Seawater was injected to cause a nuclear explosion, the Prime Minister Kan it was hysterical, "injecting a fresh white," and ordered.
TEPCO headquarters Therefore, the injection of water and try to stop temporarily.

Yoshida, director this time, at a meeting of the TEPCO television, ordered the suspension of water injection.
The men, however, "the disaster will receive such instructions if guys do not know anything, white continues the injection of water," and ordered.
Only major accidents at their own risk and are strong will be avoided.
The expected damage but also on a par with Hiroshima, but he ceased to say about this accident, but experts agreed view.
So we can do however appreciate the director Yoshida.

Note) Yoshida, director of struggle are summarized in the following articles.
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231229.html

Despite facing the worst scene, both the captain and first escape, as contrasted with the director to collect the accident hit Yoshida absolutely no escape, but to emphasize the differences between the Japanese and the Italians were not.

Susceptibility to the abdication of responsibility in the Italian equivalent of sloppy film, starring Nicolas Cage, "Captain Corelli's Mandolin" was drawn.
The end of World War II, troops were to rule jointly with the Italian island in the German army in Greece.
Italian troops, however, was only playing the mandolin land fell in love with a woman.
Mussolini surrendered because in the meantime, the Italian soldiers to their homes and go home with great glee.
Film is based on the fact that the German army massacred all the Italian soldiers it (except for Captain Corelli in the movie).

Note) I saw this movie very interesting, well understood at all why the military does not trust the German army in Italy.

State responsibility and accountability for people exactly like a director Yoshida, meanwhile, look hopeful (in Italy the opposite was disappointed).
Economic situation and solve the problem worst nuclear power plant will take some time. Yoshida, modeled on the Japanese director, but this country's future is bright if you try to play in Japan.

|

« (24.1.20) ためしてガッテン 物忘れに効く薬 老人性てんかん症 | トップページ | (24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート »

災害 東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.1.20) ためしてガッテン 物忘れに効く薬 老人性てんかん症 | トップページ | (24.1.22) 千葉県鋸山(のこぎりやま)登山 千葉のアルペンルート »