« (23.12.23) Winnyは中立的なソフト 最高裁の判決 | トップページ | (23.12.25) ちはら台走友会のクリスマスラン »

(23.12.24) 身体中に湿疹ができた。 痒くてたまらん・・・・・

Run221230_068 


  ひどいことになった。こんなことがあっていいのだろうか。4日前から腹の周りにあかい湿疹ができたと思ったら瞬く間に下半身に広がり、今ではお尻の周りや足の大腿部まで赤くはれている。
単に赤くはれているだけならばなんてことはないのだが、すこぶる痒い。昼間は何か行動しているので忘れることもできるが夜になるとこの痒さが一段と増し、気がつけばぼりぼりと手で掻いている。

 朝裸になって確認すると手で掻いた後がミミズばれのようになっている。あまりに痒いのでまともに睡眠を取ることもできなくなった。
このような湿疹ができたのは子供の頃に腐りかけたサバをたべて体中が腫上がった時以来だから55年ぶりだ。
「痒い、たまらん。死んだほうがマシだ」大人気なく騒ぎ始めた。

 なぜこのような湿疹が出たのだろう。理由がさっぱり分からない。何か悪いものを食べたのかとあれこれ思い出しているのだが、特別におかしなものを食べたと言う記憶がない。
先週の土曜日にちはら台走友会忘年会があって、そこではすしやその他いろいろなものを食べてはいるが、他のメンバーはまったく何も問題がないのだからこれが原因とは思われない。

 また4日前からはこれもちはら台走友会のメンバーのイェティさんから草刈の手伝いを頼まれて連日午後3時間程度行っているが、何か草にかぶれたとも思われない。
なにしろ今の季節だから重装備で体中衣類で覆っているのでかぶれるはずがないし、草刈は今までも日常的に行ってきた。
理由がまったく分からん、年のせいか?????

注)私はおゆみ野の森では草刈隊長といわれているくらい草刈を日常的にしている。

 湿疹はなくなるどころか段々と広がっていき、それにつれて痒さもひどくなってきたので、さすがに医者に行くことにした。
私は普段皮膚科に行ったことがないのでインターネットで検索したら近くに小池皮膚科と言う医院があるのが分かった。

 小池先生はとても恰幅のいい先生でおおらかな感じの人だ。私は医者に相性があってただ黙っていて陰湿な感じの医者はどうしても好きになれない。陰気な先生に診てもらうとこちらまで気持ちが落ち込んで病気がさらに悪化する。
その点で小池先生には好感が持てた。
先生、これはじんま疹ではないですか?」
蕁麻疹は発生場所が次々に移るから蕁麻疹ではないね。何か特別なものは食べなかった? 衣類を新しくしたことは? ないかね・・・そうかね、今のところはなんとも言えないね

 結局身体と頭と顔の塗り薬とかゆみ止めの薬を処方してもらった。身体と頭と顔の皮膚はそれぞれ薬に対する耐性が違うらしく、身体はワセリン軟膏、顔はロドイド軟膏、そして頭はクリームだったが、主成分は副腎皮質ホルモンのようだった。

 しかし早くこの湿疹が消えてくれないとなんとも睡眠不足になってしまうし、気持ちが落ち込んでくる。
そうか、とうとう俺も神様のお迎えが近くなってきたのか・・・・・・・・・・・・」なんて気持ちになる。
なんとも摩訶不思議な症状だ。何か私の身体に異変が発生したのだろうか?

なお健康に関する記事は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44545181/index.html

http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat8436683/index.html

|

« (23.12.23) Winnyは中立的なソフト 最高裁の判決 | トップページ | (23.12.25) ちはら台走友会のクリスマスラン »

健康」カテゴリの記事

コメント

私は一度焼きシイタケを食べて、全身に紅斑ができましたが、まあ、ピークは数日でしたね。きっとすぐ治りますよ。心配いりません。死なないでください。

(山崎)心使いありがとうございます。医者の薬をつけたら劇的に症状は快方に向かいました。今はややかゆいといった状態になってほっとしております。
なお指摘されて思い出しましたが湿疹が出る数日前に私も焼きシイタケをたらふく食べていました。これが原因だとは気がつきませんでした。

投稿: 縄文人 | 2011年12月26日 (月) 06時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.12.23) Winnyは中立的なソフト 最高裁の判決 | トップページ | (23.12.25) ちはら台走友会のクリスマスラン »