« (23.11.29) 第31回つくばマラソン完走記 究極のスロウジョガーになってしまった | トップページ | (23.12.1) 世紀の茶番劇COP17(国連気候変動枠組み条約) »

(23.11.30) 大阪維新の会の大勝と既成政党の沈没 「衰退」か「変革」か!!

231_011

 27日に行われた大阪府知事市長のダブル選挙は大阪維新の会が大勝し、知事は松井一郎氏、市長は橋下徹氏が当選した。
既成政党の民主党自民党、そして共産党までが大阪維新の会に対抗して特に市長選では現市長の平松氏を応援したが、大阪府民の反応は「NO」だった。

 大阪府民がなぜ既往政党を嫌い、大阪維新の会が掲げる大阪都構想教育改革を支持するかの気持ちは分かる。
日本の大都市の中で大阪ほど地盤沈下の激しい都市はなく、それに対し既成政党はその再生のプログラムをまったく示していないからだ。

 江戸・明治・大正・昭和のはじめにかけて大阪は東京と並んだ日本の二大都市だった。
人口も経済力も東京に匹敵し大阪人は自信と誇りを持って生活していた。
東京何するものぞ」という気概もあり、東京と関西と言う二大文明が日本にあったといっていい。
その大阪が地盤沈下を始めたのが高度成長期の頃で、それまで大阪を引っ張ってきた繊維産業が日本の中で衰退産業になったからである。

 私はいまから35年ほど前に大阪で金融機関の仕事をしていたが、その頃から大阪の衰退が常に論議の的となっていた。
大阪の大手企業の本社機能が東京に一極集中し、地場の繊維産業が衰退する中で大阪を金融機関としてどのようにして支えればよいか」という問題意識である。

 だが大阪はその後も衰退を続け、人口は神奈川県に抜かれて第3位になり、さらに愛知県に追い上げられている。
大阪府の人口伸び率は大都市圏の中では際立って低くく、そのうち減少するのではないかと思われるほどだ。
また経済力についても東京の45%程度の規模しかなく、愛知県とどっこいどっこいであり、ほぼ成長は止まり愛知県に抜かれ第3位に滑り落ちるのは時間の問題になった。

 このように大阪はすでに日本の第2の都市でなくなっており、第3位のローカル都市になろうとしていたときに橋下氏が大阪都構想を掲げて大阪の再生を訴えたのだから選挙民が橋下氏に投票したくなるのも当然だ。
このままでは、あきまへんわ。大阪復活は橋下さんにたのんますわ」

 橋本氏に対抗した平松氏は、ただ現状を維持して大阪を老衰させようと言う案だから、支持する人は既得権益者だけになる。
平松氏はプライドは高いが店じまいま近かの大店の旦那と同じだから、やはり負けるべくして負けたのだが、これを支持したのは民主党自民党、そして共産党だから既成政党が大阪で赤っ恥をかいた(公明党は賢明にも自主投票にした)。
こうした既成政党は変革を嫌い、ただ現状維持だけを願っていることは明らかだ。

注)地方レベルから既成政党の沈没が始まっている。従来の枠組み(保守と革新)が崩れ「衰退」か「変革」かが対立軸になってきている。

 大阪は日本で最も衰退が顕在化している大都市の一つだが、今までは市と府とがけんかばかりして展望が持てなかった。
そもそも人口も伸びず、経済がジリ貧なのに府と市が互いに権益合戦をしてきた。

 教育問題では府立高校の進学校が健闘しており問題はないのではないかと思っていたが、橋下氏は「府立高校から著名大学に1000人は入学させる」という。どうやら橋下氏は大阪を日本で一番の教育県にしたいらしい。しかし教育委員会は現状で満足しているので橋下氏の怒りが爆発した。
教育委員会と教員がいかん、真面目に教育に取り組む教員とそうでないものを区別しよう
これに教育委員会が真っ向から反対した。
そんなことをしたら、せっかくの和気あいあいとした教員間の環境が崩壊してしまう。競争は教育環境になじまない

 橋下氏が主導している大阪都構想教育現場の活性化や大阪に新産業を起こす話はとても魅力的だが、既得権益者にとって見たら「トンでもない話」になる。
第一府と市を統一されて合理化されたらかなりの職員の職が失われるし、今までのように仕事をしたふりをして月給を得ることもできない。
市と深いつながりのあった納入業者は競争下に置かれるので甘い汁はすえない。
教員は学生の学力向上に努力しなければならないのでエネルギーが倍以上要るだろう。
だから既得権者平松氏を支持して、ゆっくりとした衰退を選ぶのも当然なのだ。
ただ壊せばいいというものではない。大阪のよき伝統を守れ

 現在日本全体が衰退しており、その中でも大阪の衰退が際立っている。私のような老人は無常観を漂わせていればそれで済むが、現役のサラリーマンや学生にとっては職場が失われて失業が日常化するのは大問題だ。
橋下氏がイメージしている新産業がどのようなものかはまだ分からないが、新産業がなければ大阪の衰退を止められないのも事実だ。

 大阪の有権者は橋下氏に大阪再生の希望を託した。私も橋下氏の辣腕に期待しよう。

なお本件と関連する記事は以下の通り。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/231017-d70e.html




 

 

 

 

|

« (23.11.29) 第31回つくばマラソン完走記 究極のスロウジョガーになってしまった | トップページ | (23.12.1) 世紀の茶番劇COP17(国連気候変動枠組み条約) »

評論 日本の政治 地方政治 大阪」カテゴリの記事

コメント

ネット上でも橋下氏支持が多いように思います。
必ずしも橋下氏の政策や方針を全面的に支持するわけではないのだけれども、とにかく改革を支持しようというところでしょうか。

投稿: 縄文人 | 2011年11月30日 (水) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.11.29) 第31回つくばマラソン完走記 究極のスロウジョガーになってしまった | トップページ | (23.12.1) 世紀の茶番劇COP17(国連気候変動枠組み条約) »