« (23.11.28) 大王製紙井川意高(もとたか)元会長と人間の業(ごう) | トップページ | (23.11.30) 大阪維新の会の大勝と既成政党の沈没 「衰退」か「変革」か!! »

(23.11.29) 第31回つくばマラソン完走記 究極のスロウジョガーになってしまった

20111127_085331

 この27日につくば学園都市で第31回目つくばマラソンが開催された。
この大会は関東地区ではとても人気があって、エントリーもその日のうちに一杯になるというような盛況だ。
私もランナーズのネット登録をようやっとのことでできてほっとしたものだ。

 このつくばマラソンが人気のある理由の一つに記録を出しやすいことがあり、ほぼ平坦な道をひた走ることになる。昔はこの時期になるとつくばおろしの空っ風が吹いていたが、昨今は暖かで微風の日が多くなってきており、この日も快晴でとても快適なマラソン日和だった。
そのせいだろうか、トップ選手は快調に飛ばしていた。

 私が所属しているちはら台走友会もこのマラソンをクラブの推奨マラソンの一つにしており、今回は14名が参加した。
従来は会場まで自家用車に分乗して行っていたが人数が多い場合はバスをチャーターして行くのが便利だ。
かつてはチャーター料はかなり高かったが昨今は4万円ちょっとでチャーターできるので今回も走友会ではバスをチャーターした。
チャーターバスだと帰りは大宴会になるので酒飲みランナーの最大の楽しみになる

 私はこのマラソンで3時間45分を目指し、ランナーズの年齢別日本人ランキング100番をめざしたが、残念ながら今回もかなわぬ夢になってしまった。
時間は4時間3分53秒、全体で4903位エントリー数は13000人程度)だった。
老人なのだからまあまあの成績」とはいえるがランキング入りを逃してしまったのは無念だ。

 一番の原因はスピード走法がまったくできなくなっていることだろう。
このところウルトラマラソンばかりをしてきたためにゆっくりしたスピードで何時までも走りきることはできても、フルマラソンで必要なスピードがまったくでない。
1ヶ月前のハーフマラソンでそのことに気づいてスピード練習を始めたとたん、坂道の木道で真後ろに転んでしまった。
霜が降りていてつるつるだったせいだが、頭を打つのを防ぐために後ろに手をついて頭を防いだのはいいが、そのかわりおを木道に思いっきり打ち付けてしまった。
イテー、尻が割れる

 尻から火が出るとはこのことだ。あまりの痛さにしばらくその場に寝ていたが直らない。
その日以来歩くことにも往生してしまったのだからスピード練習など夢のまた夢だ。
つくばマラソンに備えてようやく直前に練習を再開したものの、またいつものスローJOGになってしまった。早く走るとお尻に激痛が走る。
マラソン当日は歯痛の時に歯医者で処方してもらった鎮痛剤が残っていたのでこれを飲んで出場するという最悪のコンディションだった。
何とか走っている間だけでも痛さを抑えてください・・・・

 尻の骨にヒビが入っている可能性はあり家族からは医者に行くのを勧められているが、医者から「しばらくマラソンは控えてください」なんていわれるのが怖いので避けている。
それでも前半は1時間55分で入っていたので、後半も速度が落ちなければ3時間50分は可能かと予測したが、実際は30kmをすぎる頃からまったくスピードが出なくなった。
走っているランナーに次々に抜かれ私が抜くランナーは歩いているランナーだけだ。
何と言うことだ歩いている人しか抜けないのか」もっとも30kmをすぎるとかなりの人が歩いている。

 いつものスロージョグで何とかゴールはできるのだが、どうしても年齢別ランキングの目標は達成できない。
ゴールをして走友会の集合所に行くと3時間そこそこでゴールしていた快速ランナーのメンバーがコーヒーを沸かして待っていてくれた。
身体が冷えているとき暖かいコーヒーはおいしい。

 今日(28日)はまだお尻に激痛が走っているので清掃活動にもいけない。
来週は長柄駅伝があるのだが、また鎮痛剤を飲んで走ることになりそうだ。

なおちはら台走友会の記事は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44088639/index.html



 

 

 

|

« (23.11.28) 大王製紙井川意高(もとたか)元会長と人間の業(ごう) | トップページ | (23.11.30) 大阪維新の会の大勝と既成政党の沈没 「衰退」か「変革」か!! »

マラソン ちはら台走友会 」カテゴリの記事

コメント

怪我をした時は、無理せずに病院に行く事を、また安静にしている事をお勧めします。
直してから、活躍されては如何でしょう。

(山崎)ありがとう。今日にでも病院に行ってきます。

投稿: バイオマスおやじ | 2011年11月29日 (火) 07時46分

お疲れ様でした。我々四季の道ランナーズも6人で参加し、無事全員完走できましたが、4時間切りは残念ながら一人も達成できませんでした。成田POPで山崎さんの肩をたたいたKさんと併走し、折り返してきた山崎さんに声をかけましたが、走りに集中されていたようで気がついていただけませんでした。
お尻を養生し次回(佐倉?)は目標を達成されることをお祈りします。ちなみに私は今回は初フル挑戦で、タイムはともかく無事完走でき感激に浸っております。

(山崎)せっかく声をかけていただいたのに気がつかずごめんなさい。フル完走おめでとうございます。

投稿: ユミパパ | 2011年11月29日 (火) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.11.28) 大王製紙井川意高(もとたか)元会長と人間の業(ごう) | トップページ | (23.11.30) 大阪維新の会の大勝と既成政党の沈没 「衰退」か「変革」か!! »