« (23.11.14) TPPには参加か協議か? なんともさえない野田総理の決断 | トップページ | (23.11.16) NHK よみがえる黄金都市 奥州のグローバルシティ 平泉 »

(23.11.15) 日本版マネー・ボール 巨人清武GMの反乱

221210_031_2 


  先日(11日ブラッド・ピット主演の野球映画マネーボールを見て、アメリカで2001年頃に大リーグ、アスレチックスで採用されたマネーボール理論選手の能力を数値化して評価する方法、日本ではポイント制と呼ばれることが多い)の存在をはじめて知った。

 映画を見ていない人のために説明すると、当時アスレチックスは資金量を持たない貧乏な弱小球団でせっかく育てたジオンビーのような選手をヤンキースに引き抜かれてしまっていた。
アスレチックスGMジェネラル・マネージャー)のビリー・ビーン(実在の人物)はアスレチックスを立て直すため今までの選手評価の方法をあらため、統計数学を駆使した選手の評価をイェール大学卒の天才青年ピーターを参謀として開発した。

 そしてこのマネーボール理論によって高く評価され、一方で各球団では干されていた選手を低年俸で集めることに成功した。
しかしこの方法は従来スカウトが行ってきた評価方法と真っ向から対立したため、スカウトからは大反対にあい、さらにチームの監督はマネーボール理論で獲得した選手を試合で使用することはなかった。

 このためアスレチックスは開幕当初は散々な成績になったが、ビリーが強引とも言える方法で(監督が使用している選手をトレードに出してしまう)マネーボール理論の評価の高い選手を使用させると、アスレチックスは20連勝をして、地区優勝をしてしまった。
この映画のメッセージは古い考え方に固執していると改革はできず、改革しようとすると古い勢力からの強烈な反発にあうが、それを乗り越えなくてはいけないというものだった。

なるほど、野球でも新理論による選手評価の方法は大変な反発があったんだな・・・」なんて感心してみてきたが、12日の毎日新聞の朝刊を見てびっくりしてしまった。
巨人軍のGM清武氏が、読売新聞グループの実質的なドンで会長の渡辺恒雄氏の巨人軍への人事介入に対して「チーム人事に不当に介入してプロ野球を私物化している」と内部告発していたからだ。

 清武氏によれば事前に渡辺氏に、巨人軍のオーナーである桃井氏と共に来期のコーチ陣の編成について「岡崎氏をヘッドコーチにする」との説明をし内定を渡辺氏からを得ていたのに、渡辺氏が急遽ヘッドコーチは江川卓氏にして岡崎氏は降格するという人事を発表したという。
また桃井オーナーは首で、清武氏GMからはずされコンプライアンス担当と言う閑職に追いやられてしまったという。

注)実際は内定の段階で対外的な発表がされたわけではない。

 巨人軍のオーナーでもない渡辺氏(巨人軍の会長ではあるが一取締役にすぎず権限はない)が「このような人事を発表して巨人軍を私物化するのは許されない」というのが、怒った清武氏の言い分だ。
これに対し桃井氏は「渡辺氏に了解を得に行ったがクライマックスシリーズで敗れるようでは岡崎ヘッドコーチの線はないとの感触だった」と述べており「自分が首になったのは2年連続して優勝から遠ざかったのだから已むおえない」のコメントを述べている。

 清武氏の告発に対し渡辺氏が12日に反論しているが、その趣旨は「桃井氏も清武氏も無能だったから解任したので、また江川ヘッドコーチの話は原監督から持ち出されたもので、まだ構想段階の丸秘情報で、これを公開したのは守秘義務違反になる」と言うものだった。

 私がやはり不思議に思うのは巨人軍の人事は渡辺会長の一存で決められていることで、この内部告発を見てみると実質的なドンである渡辺氏の了解がなければ、巨人軍のオーナーもGMも何も決められない実態があることが分かる。
そのため事前に相談に行ったのだが、相談して一旦決まった人事もすぐに渡辺氏の一存で覆ってしまうところに清武氏の怒りがあったのだろう。
これじゃ、巨人軍は渡辺商店ではないか・・・・・・・

注)実際は巨人軍のオーナーもGMも渡辺氏が決めているので、渡辺氏はオールマイティーな権力を持っていることが分かる

 特に清武氏は選手の巨人軍内部での選手育成にこだわっており、従来の渡辺恒雄氏金で大物を引っ張ってくるという方法に反発している。
今回の江川卓氏のヘッドコーチ就任要請も札びらで大物を引っ張ってくる方式に見えたはずだ。
いわば旧勢力渡辺氏と新勢力清武氏の確執と言う意味ではマネーボールそっくりな展開であって、さしずめ清武氏がビリー・ビーンだ。

 はたしてこの勝負どうなるだろうか。渡辺氏が反省をして巨人軍にドンとして介入するのを止めるのだろうか、それとも清武氏がGMを首になってしまうのだろうか。
とても気になる闘いだ。

 

 

|

« (23.11.14) TPPには参加か協議か? なんともさえない野田総理の決断 | トップページ | (23.11.16) NHK よみがえる黄金都市 奥州のグローバルシティ 平泉 »

スポーツ 野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.11.14) TPPには参加か協議か? なんともさえない野田総理の決断 | トップページ | (23.11.16) NHK よみがえる黄金都市 奥州のグローバルシティ 平泉 »