« (23.10.6) アメリカの分裂 左翼と右翼の闘い ウォール街を占拠せよ | トップページ | (23.10.8) 北極海は誰のものか ロシア・プーチン首相の野望 »

(23.10.7) ためしてガッテン 糖尿病が完治する すい臓を復活させる薬、新しい治療法の発見

 079


 今回のためしてガッテンは大ヒットだ。信じられないような治療法が開発され、不治の病と言われた糖尿病が完治するという
これには出場者全員が驚いていた。

 糖尿病はすい臓にあるβ(ベータ)細胞が弱ってインスリンを出さなくなる病気だが、暴飲暴食をしながら一方で運動をしない人がなる生活習慣病である。
暴飲暴食をしてあまりに血液の中に糖分が増えると、β細胞が糖の分解につかれてしまい、反対に糖からの攻撃でβ細胞が死に絶えると言われていた。
糖分とβ細胞は常に敵対関係にあり、弱いほうが負けるというゲームをしている。

 β細胞がなくなればインスリンを外部から注入するより手がなく、このインスリン注射は一生涯続くと言うのが常識になっている。
しかしこの常識が違うのだと言う。

 通常糖尿病にかかると、初期の段階では食事と運動療法がすすめられ、それでも血糖値が高い場合はSU薬と言う薬で血糖値を抑える措置を取る。
しかしこのSU薬を飲んでも血糖値が上がるようになると、最後の手段としてインスリン注射を一生涯行うと言うのが今までの治療法だった。

 しかしこの治療法は順序が間違っているのだと言う。
順天堂大学の河盛教授のグループでは30年前から、初期の段階でインスリン注射を一日4回行うことですい臓の機能を数週間で回復させ、糖尿病を完全に治癒することができたと言う。
どうして???????」出演者が驚いていた。

 この復活のメカニズムは「β細胞がまだ死に絶える前にインスリン注射をして、β細胞を十分休養させて復活させる」のがミソで、末期になりβ細胞がほぼ死に絶えた段階でインスリン注射を行ってもβ細胞は復活しない。
今までの治療法は最終段階でインスリン注射を行っていたため、一生涯続けなければならなかったが、初期の段階でインスリン注射を行うと疲れていたβ細胞が復活し元の健康な身体に戻る

 私自身は糖尿病ではないので、インスリン注射をしたことがないが、この注射はとても痛くしかも何回もしなくてはならないため患者が「インスリン注射だけは嫌だ」と嫌がる傾向があるのだそうだ。
そのため最後の手段としてインスリン注射を行うのがどこの病院でも一般的な治療法になっている。

 しかしこの痛い注射にも革命的な変化が起こっていた。
日本の町工場の職人の腕は世界最高だが、町工場の岡野さんと言う方がまったく痛くない針を開発してしまった。
針の細さは0.5mmで、これだとどこに刺しても痛みはないのだという。
実際にこの注射を行っている患者が番組に出ていたが「まったく痛みを感じない」と言っていた。

注)私も歯医者で麻酔薬の注射をする時に従来に比べて痛みがないのに驚いたが、針が細くなっていたためだろう。

 この療法は糖尿病暦が10年程度の人にも効果があるが、特に1~2年程度の初期の人は、β細胞が気絶しているだけの状態のため瞬く間に回復すると言う。
すごいじゃないか、日本の糖尿病患者は700万人(境界型を含めると2000万人)と言われているが、これは福音のような治療法だ。ついに糖尿病もかつての国民病の結核のように克服される日が来たのか」と感慨深かった。

 今回のためしてガッテンは大ヒットだ。インスリン注射をする時期を初期段階に行うことだけで糖尿病が完治するなら、医療の大革命だ。
国民医療費も大幅に削減できるし、糖尿病患者が激減して元気な老人が増えることは日本にとってもすばらしい。

 今回司会の立川志の輔師匠がはしゃいでいたがそれだけの理由はある
それにしてもレギュラー出演者のまみちゃんの感の鋭さにはいつも驚かされる。
立川志の輔師匠この薬は何かと言う質問に他の出演者が「ビタミン剤」と答えたが、まみちゃんは治療薬がインスリンであることを当てていた。
いつものことだがこの女性の感性が抜きん出ていることに驚嘆される。

なお過去のためしてガッテンはカテゴリー「ためしてガッテン」に入っています。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk/index.html

|

« (23.10.6) アメリカの分裂 左翼と右翼の闘い ウォール街を占拠せよ | トップページ | (23.10.8) 北極海は誰のものか ロシア・プーチン首相の野望 »

NHK ためしてガッテン」カテゴリの記事

コメント

>インスリン注射をする時期を初期段階に行うことだけで糖尿病が完治するなら

まあ、そんなにうまくいくかどうかは知りませんが、糖尿病の原因が暴飲暴食であって、その患者数が700万人と言うなら、700万人の人が暴飲暴食したことになります。予備数2000万人なら、2000万人の人が暴飲暴食をしようと考えていることになります。
その原因が暴飲暴食じゃないからやっかいなんですよね。

投稿: 縄文人 | 2011年10月 8日 (土) 08時30分

はじめまして。自分もこの番組を見ました。
初期段階なら治る!凄いですね。ホントでしょうか。
本当でしたら大発見です。何十も糖尿と戦っている患者さんは望み薄らしいですが、
これからの世代、かなりの患者を減らせそうです。
スゴいです。感動~

前回のガッテンの検索~でリンクして来ました。
みんな同じようにビックリしているんだなーと感激です。
この事を知らない方々に教えて広めましょう~。
なんでも、早期発見ですね!

 N太

投稿: N太N夫 | 2011年10月12日 (水) 02時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.10.6) アメリカの分裂 左翼と右翼の闘い ウォール街を占拠せよ | トップページ | (23.10.8) 北極海は誰のものか ロシア・プーチン首相の野望 »