« (23.10.18) 猿でも受かる東京大学医学部 | トップページ | (23.10.19) TPP再録 韓国とアメリカのFTA締結と日本の立場 T.Yさんへの回答 »

(23.10.18) 橋下大阪府知事はプーチンになった 橋下氏と平松氏の一騎打ち

107

 橋下(はしもと)大阪府知事の言動にはいつも驚かされるが、今度は知事を辞めて11月27日に予定されている大阪市長選に立候補すると言う(知事を辞めるため知事選も行われる)。
知事から市長への格下の挑戦は過去ほとんど聞いたことがない
なぜそのようなことをするかと言えば、平松大阪市長が橋下知事の政策に真っ向から反対しており、特に大阪都構想(大阪市を分解すると言う構想に反対しているからだ。

冗談じゃありません、大阪市は政令都市として十分にやってきております。市を分解して大阪府の一部(区のイメージ)にするなんて考えられません

 橋下知事と平松市長は何回かの会談を持ったがいつも主張は平行線のままだった。
平松が要るかぎり大阪都構想は実現できない。こうなったら俺が大阪市に乗り込んで言って大阪市を解体する橋下知事がケツをまくった。

注)大阪市議会の大阪維新の会は第一党だが過半数に達していないため、維新の会の政策を市議会に反映できていない。

 幸い大阪府の議会では大阪維新の会が過半数を占めているので、議会から足を引っ張られることはない。自分の息のかかった人物をとりあえず知事にしておいて、市を解体した後4年後再び知事に立候補すればよい。
橋下氏の戦略はロシアのプーチン首相の戦略にそっくりだ

 なぜ橋下氏が大阪都構想を推進しようとしているかと言うと、大阪府も大阪市も(実質的)赤字財政で火の車だからだ。

注) 橋下知事は財政非常事態宣言を出して、大阪府の財政の健全化に勤める(公債を発行しない)と宣言して選挙戦にのぞんだ。一方平松市長は大阪市の財政は健全だとの主張を崩していない。
実際は市特別会計の国民健康保険
(▲368億円)や港事業会計(▲534億円)が大幅赤字だが公債発行と他の会計からのやりくりで表面的には黒字になっている。

 大阪府も大阪市も抱えている財政問題は同じようなものだが、橋下氏は非常事態と認識し、平松氏はまったく問題がない(
ただし地方交付税が少ないと言っている)と言うところが異なる。

 特に大阪市は日本で最も多い生活保護者16万人を抱えており、予算の17%がこの生活保護費になってしまって財政の硬直化がひどい。

 大阪市の場合特に問題が複雑なのは、新規に生活保護を申請した人のかなりの部分が闇社会、特に山口組系の暴力団と関係していると言う。
暴力団関係者の関わり方は、路上生活者を見つけると支援団体と称する団体が生活保護の申請を行い、用意したアパートに住まわせて住居費等を天引きする方法だそうだ。

 さらに生活保護者は医療費が無料のためこの生活保護者を対象にした病院が数箇所あり、不要な検査と薬付けにしているので医療費の増大を抑えきれない。
こんな状況をほっておくわけには行かないが、平松ではどうしようもない」と橋下氏は考えたようだ。

 橋下氏のビジョンは止まるところを知らず、この大阪都構想以外に、伊丹空港の廃止これは関西空港ができたら廃止するはずだった)、議員定数の削減公務員の給与と人員の1割削減府庁舎の移転府立高校のレベルアップ毎年1000人難関大学に入学させる)、私学助成金のカット大阪府立大と大阪市立大の統合無駄を省いて競争力を強化するのが橋下氏のビジョンになっている。

 これに平松市長が噛み付いた。市が解体されてはそもそも市長の職がなくなるし、市議会議員は不要になり、市職員は一部は府の職員になるが当然馘首される人も出てくる。
それに市と関係の有った既存の利益団体との関係も切れてしまうのだから既得権益者から反対の大合唱が始まった。
財政状況は府よりいいではないか。なぜ市を解体する必要がある。解体するのは府で市を特別市として残そう
ハシズムを倒せ、ハシズムを許すな

 しかし橋下知事は一歩も引くそぶりはない。
大阪維新は達成しなければならない。俺は坂本竜馬だ。このままでは日本がつぶれる
客観的に見れば大阪市は縮小つつあり、税収は傾向的に漸減し、人口も逓減し高齢化と少子化が進んでいる。
財政もスリム化しなければ生き残っていけないが、だからと言って既得権益を手放すつもりはない。
当事者になれば生活権がかかっているので反対するのは当然だ。

 だがこのまま行けば大阪市がギリシャ化労働者の4割が公務員だが他に職場がないのでそうなる)するのは時間の問題で、私は橋下氏の蛮勇(市長になって大阪市を解体すること)を支持しているが、既得権益のスクラムは強固で前途は多難だろう。

なお、大阪市の生活保護費が暴力団の資金源になっている実態はNHKが放映している。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/23919.html

|

« (23.10.18) 猿でも受かる東京大学医学部 | トップページ | (23.10.19) TPP再録 韓国とアメリカのFTA締結と日本の立場 T.Yさんへの回答 »

評論 日本の政治 地方政治 大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.10.18) 猿でも受かる東京大学医学部 | トップページ | (23.10.19) TPP再録 韓国とアメリカのFTA締結と日本の立場 T.Yさんへの回答 »