« (23.10.9) 東電の賠償金額算定と総括原価方式のトリック | トップページ | (23.10.11) ちはら台走友会の秋の登山 尾瀬燧ケ岳 »

(23.10.10) 小沢元民主党代表の陸山会事件は推定無罪 

069

 6日から始まった陸山会事件の判決は来年4月に言い渡されるが、私は小沢元代表は無罪になると思っている。
陸山会事件とは「元代表が土地購入代金として陸山会に提供した4億円を、04年収支報告書に貸付金として記載しなかった」ことを理由に政治資金規正法違反(虚偽記載)を問われている事件で、この虚偽記載を小沢元代表と秘書3名が共謀して行ったと言うものである。

 この事件について東京地検特捜部石川知裕被告を含む秘書3名については起訴したが、小沢元代表については共同謀議を認めるに足る証拠がなかったとして不起訴にしていた。
これに対し東京第5検察審査会(検察が不起訴にした内容が妥当かどうかを審査する審査会)が不起訴は不当として「起訴すべき」と2度決議したため強制起訴されたもので検察官は指定された弁護士が勤めている。

 私が小沢元代表の有罪を問えないと思っているのは、証拠がまったくと言っていいほどないからである。あるのは東京地検特捜部が作成した石川知裕被告ら3名の供述調書であるが、地検特捜部の供述調書は前の大阪地検特捜部の厚生労働省村木厚子さんの事件でも分かるように、しばしば検察に都合のいいようにでっち上げられている。

 唯一の物証と言われるものは金融機関から4億円を借り入れたさい、小沢元代表記名捺印した借用証書で「記名捺印していたのだから小沢元代表は隠蔽工作に加担していた」という推定だけである。

注)05年の収支報告書では金融機関から4億円を借り入れ、それを土地購入代金に充当したことになっていた。この際担保として小沢元代表の4億円を金融機関に提供したと言うのが小沢氏側の主張になっている。

 常識的に考えれば、04年にすでに土地を購入していたのだから(登記は05年になっている)、その資金は小沢元代表の4億円の資金を使用したので、これは小沢代表からの借入金に相当し、4年の収支報告書に記載しなければならない
それを金融機関からの借入金(05年に借り入れが実行された)に偽装するため、取引を05年に行ったこととして収支報告書に記載したのだろう。
そしてそのことは小沢代表は知悉していたと私は思っている。

 検察審査会もそのように判断して強制起訴をしたのだが、共同謀議を証明していると言う唯一の物的証拠、借用証書の記名捺印は残念ながら物証にはならない

 金融機関に勤めていた人間は常識的に知っているが、借用証書に記載される記名や捺印は事前に届けられた記名印と届出印を使用するので、反対に言えば記名印届出印を持っていれば誰でも借用証書に記名捺印できる。
こうした作業は第一秘書がすることが多く、小沢元代表の了承がなくてもできる。

 小沢元代表にすれば自分がサインした訳でないので、「秘書に任せてあった」と言う抗弁が可能で、実際そのように主張している。
東京地検特捜部はこの小沢元代表の主張を受け入れ、不起訴処分にした。

 この裁判における唯一の証拠は供述調書で、しかしこれは検察に都合よくでっち上げられた公算が高い。
私は小沢元代表からの4億円が表に出せない金と気付いて(水谷建設からの闇献金ではないかと言われている)、秘書が隠蔽工作として金融機関からの借入を装い、それを小沢元代表も知っていたと確信しているが、だからと言って小沢元代表を有罪にすることはできないと思っている。

 日本では唯一の証拠が供述調書で、しかもその供述調書が検事による誘導が疑われた可能性がある場合は証拠として採用できないからだ(石川知裕被告は誘導が行われたと主張している
だから証拠はまったくないに等しい

 これで小沢元代表を有罪にするなんて、法治国家としてはありえない

 先に行われた石川知裕被告ら秘書3名の政治資金規正法違反については地裁で有罪判決が出ているが、これについても上級審では無罪になると私は思っている。
秘書の裁判では、地裁は4億円を隠すためにマネーロンダリングのために金融機関からの借入を装った」と裁判官が認定したが、この場合も4億円の出所は明らかになっていなかった。

 4億円が隠す金であると証明できなければ、隠蔽工作の必要性を立証できないのだから、裁判官がそこを推定で補ったことは判決の弱点になっている。
上級審ではこの弱点を小沢氏側は徹底的につくだろうから、ここも証拠不十分で無罪になる可能性が高い。

 日本では確実な物証がなく、唯一の証拠が検事の作成した供述調書で有る場合は、でっち上げの可能性が排除できず無罪になるのが普通だ。

なお陸山会事件の経緯等について過去に記載しの記事については以下参照してください。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat37956764/index.html

 

 

 

 

|

« (23.10.9) 東電の賠償金額算定と総括原価方式のトリック | トップページ | (23.10.11) ちはら台走友会の秋の登山 尾瀬燧ケ岳 »

評論 日本の政治 陸山会事件」カテゴリの記事

コメント

無実だとしても、結局、説明できないことをやっているのなら、国会議員を辞めてほしいです。

投稿: ふくだ | 2011年10月15日 (土) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.10.9) 東電の賠償金額算定と総括原価方式のトリック | トップページ | (23.10.11) ちはら台走友会の秋の登山 尾瀬燧ケ岳 »