« (23.9.8) クローズアップ・現代 超円高に立ち向かえ 海外進出の新戦略 中小企業は韓国になびく | トップページ | (23.9.10) 天平の甍(いらか) 上総国分尼寺 »

(23.9.9) 異常気象と紀伊半島の豪雨

P7231042  

マッスルさん撮影 山崎編集

 とうとう日本も異常気象の被害から逃れることができなくなってしまった。
台風12号に伴う長雨で紀伊半島上北山村では、なんと4日間で2400mmの雨が降ったという。これは上北山村の毎年の平均降水量の4分の3に相当するのだそうだ。

 一般に雨量が500mmを越えると土砂災害が発生すると言われているが、その5倍近くの雨が降ったのだから、紀伊半島を中心に大規模な土砂災害が10箇所も発生したのは無理もない。
しかもその土砂災害が今まで日本では発生がなかった深層崩壊だという。
これにより死者・行方不明者が110人にのぼっており、平成に入って最大規模の被害になっている。

注)土砂災害は日本ではほとんどが表層崩壊で急斜面の土砂が50cmから2m程度の深さに削り取られる崩壊だった。今回の深層崩壊は比較的なだらかな斜面に起こり、岩盤の上に乗っている土砂がすべて削り取られる崩壊で深さ30mに達していた。

 紀伊半島は日本でも雨量の多い地域で日頃から水害や土砂災害に対する備えが万全だと言われていた。
実際熊野川流域の紀宝町のある地域では高さ9m、長さ1.5kmの堤防を築き鉄壁の水害対策を5年前に施していたが、今回の豪雨で熊野川が氾濫しこの9mの鉄壁の堤防を楽々と越えてしまった。
住民の一人が「これで安全になったと喜んでいたのに、何の役にもたたなかった・・」と寂しそうに述べていた。

 専門家は今回の想定外の豪雨は、① 台風が自転車並みの速度でいつまでも同じところに停滞したこと、② 紀伊半島の地形が急に山が海に迫っており雨が降りやすいこと、③ 水蒸気の通り道になっていたこと、をあげていた。

 確かに今回の想定外の豪雨はそうした理由と思われるが、それにしても想定外が多すぎる。オリンピックの記録みたいに毎年のように想定外に降雨量が増えたり、熱帯夜が増えたり、最高気温が更新されている。
この想定外のオンパレードは気候そのものが質的に変わってしまったことを意味していると私は思っている。
温暖化により日本が温帯気候から亜熱帯気候に変わってしまった」と言うのが正しい理解だろう

P7231046  

マッスルさん撮影 山崎編集

 かつて日本の気候風土は人に優しいマイルドな気象が特色で、日本人の温厚な性格もこの気象によってはぐくまれたと言われたものだ。
しかし昨今の気象はまさに亜熱帯の気象そのものだ。
今年の8月の始め、私は北海道の宗谷岬でマラソンをしていたのだが、そのあまりの暑さに閉口した。
これじゃ、私が住んでいる千葉とまったくかわらん、本当に日本の最北かい・・・・

 最もその頃関東周辺では40度近い気温になっており、東京電力に協力していたけなげな老人がバタバタと熱中症で倒れていた。
今や世界中で気温の上昇が起こっており、これに伴い台風ハリケーンが凶暴化し、乾燥地帯はますます乾燥地帯になり、一方雨の多かった地域には集中豪雨が日常化している。

 おかげで旱魃に悩んだ中国は水の確保に血眼になってメコン川をせき止めるものだから、下流のタイやラオスやカンボジアやベトナムはメコン川の水量が大幅に減少して漁業と農業に甚大な被害が発生している。
オーストラリアロシアの平原もますます乾燥化が進み、アメリカでは常時ハリケーンの猛威にさらされ、竜巻はますます凶暴化している。

 今回の紀伊半島を襲った豪雨もそうした異常気象の一種で、今回だけでなく今後はこうした集中豪雨にいつもさらされると考えたほうがよさそうだ。
日本は東日本大震災に続いて、今回の紀伊半島の豪雨災害と踏んだり蹴ったりだが、世界各地も同様の状態で、世界中が今悲鳴をあげている。

 元はといえば人間が勝手に自然破壊を繰り返し生態系を崩壊させたのだから自業自得で、ちょうど増えすぎたネズミが死の行進をして最後は海の藻屑となるように、世界各地の異常気象は(自然の人間に対する反逆で)人間も増えすぎた代償を払っているようなものだ。

 今世界の中で自然破壊をいくらしても懲りない国は中国アメリカだが、この2国の異常気象は嬉しいことに際立っているから、そのうちに目が覚めるだろう。
人間だけが自然の猛威から逃れられると思っていたが、それが思い上がりで人間も他の動物となんら変わりがないことを思い知らされている。

なお台湾を襲った深層崩壊の記事は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/5-3970.html

 



 

 

|

« (23.9.8) クローズアップ・現代 超円高に立ち向かえ 海外進出の新戦略 中小企業は韓国になびく | トップページ | (23.9.10) 天平の甍(いらか) 上総国分尼寺 »

評論 世界 地球温暖化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.9.8) クローズアップ・現代 超円高に立ち向かえ 海外進出の新戦略 中小企業は韓国になびく | トップページ | (23.9.10) 天平の甍(いらか) 上総国分尼寺 »