« (23.9.16) ギリシャ危機とユーロの崩壊前夜 リーマン・ショックと似てきた | トップページ | (23.9.18) NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃 生活保護が食い物にされる »

(23.9.17) NHKためしてガッテン 腎臓が突然だめになる 沈黙の新現代病

23823_110  

 NHKが放送している「ためしてガッテン」はいつ見ても面白い。特に最近は健康問題を取り上げることが多いが、世界最速の老齢化社会で、医療費が止まるところなく増大している日本にとって最も関心のあるテーマであることは間違いない。

 今回のテーマは沈黙の新現代病と言われている腎臓病を取り上げていた。
番組によるとここ40年間の間に腎臓の機能が低下して人工透析を受ける患者が40年前の215人から現在は30万人に急拡大しているのだそうだ。
設備が整ってきて人工透析を受けやすくなったと言う側面はあるにしても、この数の上昇はすさまじい。

 そして何より問題なのは人工透析はとても費用がかかり、1年間の医療費は一人当たり約600万円だと言うから30万人の医療費は2兆円弱になる。
このため人工透析患者を一人でも減らすことができれば、自治体等の医療費負担は劇的に減少することになる。

 実際にこうした取り組みをしている自治体として尼崎市があり、ここでは18年に85人の新規透析患者がいたが、21年には67人まで減少させることに成功したと言う。
どのようにして減少させることができたかと言うと、ある数値を加工して市民に通知したのだそうだ。
その数値はクレアチニンで、人間ドック等の検査ではほとんど検査対象になっている項目だが、重要なのはその数値を加工し、誰でも理解できる数値に置き換えることだそうだ。

 クレアチニンの数値を加工してできた数値は腎臓の何%が機能しているかの値で、これはかなり難しい方程式によって導き出される。
最も数値は簡易読み取り表で簡単に症状を理解できる仕組みができており、尼崎市ではこれを使用して市民に腎臓の稼働率を通知していた。
たとえば腎臓の稼働率15%未満になれば即人工透析が必要で、一方60%未満が3ヶ月連続して続けば要注意なのだそうだ。
そうして必要な人には腎臓病にならないための健康指導を行っていた。

私の場合の腎臓の働きはどの程度なのだろうか」とても気になった。なにしろ説明では自覚症状がなくても突然人工透析が必要な患者がいると言う。
早見表が「ためしてガッテン」のホームページに掲載されているので見てみることにした。
早見表で確かめると、今年の私の人間ドックの検査結果ではクレアチニンの値は0.95でこれは65歳の場合、約65%の稼働率だと分かった。
そうか俺の腎臓もかなりくたばってきていて、35%は稼動を止めてしまったのか
それでもこの年齢なら問題のない値だとわかってほっとした。

 腎臓が老廃物をこしとり、尿として排出する機能を有していたことは知ってたが、その機能が徐々に低下していくメカニズムは番組を見て始めて知った。

 腎臓には約100万の糸球体があり、ここで老廃物と身体に必要な糖やたんぱく質を分離している。
ところが糖や脂肪が血液中に多くたまるようになると、こうしたものが糸球体から無理やり出ようとして糸球体のろ過機能を壊してしまうのだと言う。
その結果壊れた糸球体を回復させようと血小板が集まってくるのだが、実際は糸球体の周りの血管を血小板が塞いでしまい、結果として腎臓が働かなくなるのだと言う。
映像では働かなくなって硬直した恐ろしい姿の腎臓が映し出されていた。

 こうして深く静かに腎臓の機能は低下していき、気がついたときは人工透析による老廃物のろ過が必要になる身体になってしまうのだそうだ。
そして何より大変なのは、この人工透析はやたらと時間がかかることで、週に3回、一回あたりの時間は4時間だというから、これでは人工透析をするために生きているようなものだ。

  この腎臓の機能を低下させないためには、高血糖高血圧内臓脂肪に気をつけることと痛風にならないことがポイントだと言っていた。
私の場合は血圧は正常で、年がら年中運動をしているので高血糖や内臓脂肪とは無関係だが、痛風は要注意だ。
尿酸値が常に6.9前後で痛風の限界値7.0以上の近くにへばりついている。
ときどき足の親指が痛むことがあるので、もしかしたら痛風の気があるのかもしれない。

 何はともあれ人工透析を受けなければならない身体になったら、好きなマラソンも登山もできなくなるのだから、このクレアチニンの数値には常時注意を怠らないことにしよう。

なお早見表は以下のようなもの
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110914/P20110914_001.html
 

 

 

 

 

|

« (23.9.16) ギリシャ危機とユーロの崩壊前夜 リーマン・ショックと似てきた | トップページ | (23.9.18) NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃 生活保護が食い物にされる »

NHK ためしてガッテン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.9.16) ギリシャ危機とユーロの崩壊前夜 リーマン・ショックと似てきた | トップページ | (23.9.18) NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃 生活保護が食い物にされる »