« (23.9.14) NHKスペシャル 東日本大震災 追いつめられる被災者 | トップページ | (23.9.16) ギリシャ危機とユーロの崩壊前夜 リーマン・ショックと似てきた »

(23.9.15)  八ツ場(やんば)ダム栄えて日本国滅ぶ 国交省と知事の暗躍

23823_074  

 やはり日本と言う国は衰亡せざる得ないのではないかとしみじみ感じてしまった。
このたび国土省関東地方整備局八ツ場ダム必要性を認める検証結果を発表したからだ。
この発表に関係6都道府県知事は手放しの喜びようで、上田埼玉県知事は「民主党はマニフェストに乗せた手前、振り上げた拳を下ろせなくなったのだ」と皮肉交じりのコメントしたが、上田知事は自身が元民主党の代議士であったことは忘れたらしい。

  八ツ場ダムについては09年9月、当時の国交相だった前原氏無駄な公共工事の代表例として工事中止を表明していたものだが、その後6都道府県と国交省の巻き返しがあり、他の代替案との比較をすることになって昨年から関東地方整備局が作業を進めてきた。

 その結果治水・利水ともダム建設が最もコストがかからず、他の代替案はいずれもコスト的にも期間的にも優位性がないと結論付けた報告書が作成された。
しかしこの代替案との比較は最初から無理があり、 八ツ場ダム建設が最も優位性があるのは検討前から分かっていた。

注)国交省と関係6知事は、この比較を行わせることで、ダム建設の再開を図る戦略を立てた。

 なにしろ 八ツ場ダムについては1992年に着工が決められてから、ダムの本体工事を除いて関係する道路建設、代替の鉄道建設、ダムに沈む地域の高台移転が行われており、半分近くは工事が完成している。
一方代替案はいづれもこれから用地買収をしたり、地権者との相談が必要になり費用が最終的にどの程度かかるか、またいつまでに完成するか分からないようなものだ。
このような比較は成人と幼児を比較するようなもので、代替案が八ツ場ダムより優位性がないのは明らかだった。

注)代替案の中には富士川から水路を引いて利水を行う案があったが、これは 八ツ場ダム建設の16倍の費用がかかると積算されている。

 上田知事は「ほれ見たことか」と満面の笑みを浮かべていたが、 八ツ場ダム問題の本質は他の代替案との比較ではなく、「本質的に不要なものを途中まで作ってきたからといってそのまま作り続けてよいか」と言う問題だったはずだ。

 八ツ場ダムの建設を検討したのは1949年のことで今から60年も前の利水・治水状況を前提に建設を決めたのだが、その後状況は一変してしまった。
利水問題については、たとえば東京都は水道水が有余ってしまっているし、また治水についても当の国土省が懸命に推進したスーパー堤防により治水問題の大方が片付いてしまっている。

 今回の試算では 八ツ場ダムの本体工事約800億円の費用がかかるとのことだが、今問われているのは、不必要な800億円を世界で最も財政状況が悪い日本がなぜ追加投資をして完成する必要があるかと言うことだ。
東日本大震災の復旧・復興費用すら十分に資金手当てができずに困惑しているのに、さらに国債を発行して、何の役にもたたないダムを建設する意味は何かと言うことである。

注)完全に無駄な工事でも建設会社には売上げになるので相応の雇用効果はある。ただしできたダムは不要なので、毎年5億円の維持費は関係自治体の負担になるが、天下り先は確保できる。そうした意味では当事者にとっては意味はある。

 地方自治体の長が選挙地盤を意識してそこに利益誘導をする気持ちは分かるが、しかし一方で日本がおかれている状況も斟酌すれば、無駄な工事はやめようとの結論でないとおかしい。
しかし関係6都道府県の知事は残念ながら利益誘導しか念頭にない。
日本がつぶれようがどうしようが、埼玉県さえ良ければいいんだ。そして俺が知事でいられればいい上田知事の判断である。

 思えば1990年を境に日本の衰亡が始まっており、回復する目処は立っていない。
世界から日本は見放されており、最近開催されたG7では日本は蚊帳の外だった。

 「日本はなぜ衰亡するのか
いくら金があっても何も役に立たない 八ツ場ダムそのほかにも熊が遊ぶ高速道路やウサギが遊んでいる飛行場や、漁船のない漁港等がある)のような公共工事を続ければ、国の借金が雪達磨式に増えるのは当たり前だ。
こうして無駄に無駄を重ねながら、日本は新たな産業を創設することなく衰亡してきた。

 さすがに前原前国交相は憮然として「私に事前に相談がなかった」とコメントしたが、前原氏は内閣のかなめの一つの現政調会長だから、 八ツ場ダム建設をとめることができる立場にある。
私は前原氏が断固 八ツ場ダム建設に反対することを期待しているが、もしこの建設が許可されるようでは日本を諦めたほうが良いだろう。

 日本が再生できるか否かのリトマス試験紙がこの 八ツ場ダムの建設の動向にかかっている。

なお、 八ツ場ダム建設の過去の歴史等は以下のブログ参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat45800757/index.html

 

 


 

|

« (23.9.14) NHKスペシャル 東日本大震災 追いつめられる被災者 | トップページ | (23.9.16) ギリシャ危機とユーロの崩壊前夜 リーマン・ショックと似てきた »

評論 日本の政治  八ツ場ダム」カテゴリの記事

コメント

自分さえ良かったらいい、という知事を、自分さえ良かったらいい、という県民が選んでいるのなら、その利己的発想を変えるしか、手の打ち所は無いのではないでしょうか?

国民の一人一人が意識を変えない限り、好転しないでしょう。
知事が悪いのはなく、国民の一人である自分が悪いんだと考えるべきだと思いますよ。

投稿: ふくだ | 2011年9月15日 (木) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.9.14) NHKスペシャル 東日本大震災 追いつめられる被災者 | トップページ | (23.9.16) ギリシャ危機とユーロの崩壊前夜 リーマン・ショックと似てきた »