« (23.8.19) 夏休みシリーズ NO13 やせる | トップページ | (23.8.21) 夏休みシリーズ NO15 甲州夢街道215km »

(23.8.20) 夏休みシリーズ NO14 ブログは実に面白い

 現在私は夏休みに入っており、北海道で開催されているトランスエゾ1100kmに参加しています。今日のステージは浜頓別から宗谷岬までの約65kmです。
レースの模様はTwitter(
http://twitter.com/#!/yamazakijirou)で確認することができます。
23725_133

 
私はすでに4年以上も毎日ブログを記載しているが、なんともこのブログとの相性がいい。これがなかったら私は外部に自分の意見を発信することもなく人生を終わっていただろう。

(19.9.30)ブログは実に面白い

 私がこのブログを立ち上げたのは昨年の11月であり、本格的に更新を始めたたのが今年の1月からである。したがってブログ経験としてはほぼ9ヶ月なのだが、その間毎日更新をしているうちにブログというものの本質が分かってきた。

 実際やってみるとこんなに面白い作業はなく、一人で作者と編集者を兼ねているようなもので、最近はさらにジャンルも写真や作詞にまで広がって総合芸術みたいになってきた。
しかもこおしたことを、一人で何でもできるというのがブログの本質で、大げさに言えばレオナルド・ダ・ビンチになったような感覚だ。
これはルネッサンスと同じではなかろうか。表現芸術のルネッサンスだ」興奮してしまった。
 
 しかもこうした作業環境はまったくタダなのだから、一昔前の人がこの状況を見たら腰を抜かしてしまいそうだ。
すべてがタダになっていくのがブログの世界だ」再び興奮してしまった。

 ブログ経験から言うと、ブログを立ち上げるのはそれほど難しいものではない。誰でも立ち上げることだけならすぐにできる。難しいのは継続することで、そのためにクリアーしなければならない課題がある。

 ブログを立ち上げるときは、コンテンツの課題と技術的な課題がある

 コンテンツは本人が世に問いたいことの内容だから、それがなければそもそもブログを立ち上げることすらできない。ただなんとなく日記を書いていると三日坊主に終わってしまう。
だから最重要事項ではあるが、あくまで個人の資質等にかかわる問題なので、ここではこれ以上論じない。

 一方、技術的な課題は、非常に初歩的だが、実に重要な課題で、これは経験者に聞くのが一番だ。

 どのブログが最もユーザのためにすぐれているかとか、あるいはそのブログの弱点だとか、写真の掲載の仕方はバリエーションがあるとか、音声の発信の仕方とか、リンクをどうはるのが一番よいか等である。

 慣れている人にとってはなんでもないことだが、これらのことは初歩の人にとって判断をするのが難しく、そのための技術的サポートはやはり必要だと思う。

 いつかそうした内容について分かりやすい記事を書いてみたいのだが、いざ書くとなると時間がかかりそうだ。
それまでは、このブログ上に時々記事を書いて、ブログを立ち上げたいと思っている人の参考になったらそれで十分だと言うことにしよう。

|

« (23.8.19) 夏休みシリーズ NO13 やせる | トップページ | (23.8.21) 夏休みシリーズ NO15 甲州夢街道215km »

リメイク版 夏休みシリーズ 23年」カテゴリの記事

コメント

私は、毎日、いろいろなプログを見ていますが、毎日続けて書いていらっしゃる方は少ないですね。
山崎さんのプログと 名古屋の社長日記 http://blog.livedoor.jp/mtrust001/ 
それから、株式日記と経済展望ぐらいでしょうか。
それぞれのブログに共通するのは、それぞれのプログには書いていらっしゃる方の切り口があると思うのです。

(山崎)どこまで続けられるかがんばっております。思わぬ病気や事故がなければかなり長期間継続できるのではないかと思っています。


投稿: Sadao | 2011年8月20日 (土) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.8.19) 夏休みシリーズ NO13 やせる | トップページ | (23.8.21) 夏休みシリーズ NO15 甲州夢街道215km »