« (23.8.14) 夏休みシリーズ NO8 失敗記 真珠腫性中耳炎の巻き | トップページ | (23.8.16) 夏休みシリーズ NO10 朗読のスパルタ・トレーニング »

(23.8.15) 夏休みシリーズ NO9 犬のウンチに切れそうだ

 現在私は夏休みに入っており、北海道で開催されているトランスエゾ1100kmに参加しています。今日のステージは忠類から新得までの約85kmです。
レースの模様はTwitter(
http://twitter.com/#!/yamazakijirou)で確認することができます。

23725_081

 私は毎日四季の道約6kmの清掃活動をしているのだが、最初は犬のウンチの処理にてこずった。今では何気なく処理をすることができるようになったが、そうなるまで数年の訓練が必要だった。

(19.8.14)犬のウンチに切れそうだ

 夏休みに入ってから、四季の道の犬のウンチの処理に追われている。どうやら夏休みの期間中は、子供か学生が犬の散歩をさせるらしく、大人と違って犬のウンチの処理をしないことが原因らしい。

 四季の道のなかでも、千葉南警察近くの秋の道に毎日のようにしているウンチはサツマイモのように巨大で、量も半端ではない。昨日(13日)は8個もあった。

 ほっておくと自転車や靴で踏まれて、路面が黄色く染まってしまうので私は見つける都度処理しているが、だんだんと気持ちがナーバスになってきた。
なんで、私が毎日、この巨大なウンチ処理をしなければならないんだ。いい加減にしろ」大声を出しそうだ。

 この巨大ウンチをみるたびに「もう知らん。飼い主の責任だ」と思う一方、「この道を気持ちよく散歩したりJOGをしたりしている人のために何とかしなければ」という思いに気持ちが引き裂かれる。

 結局ウンチ処理をすることになってしまうのだが、やはりこのままでは私自身が切れてしまいそうなので、対応策を考えることにした。

 当面は、小谷小学校のつつじと同じように、ウンチ場に注意文書をはっておくことにした。
いつもこの場所で犬の糞をさせている方へ。毎日私が清掃していますが、老人なので限界です。どうか自分で処理をお願いします。(写真添付)」
 
これでしばらく様子を見てみよう。

「亀ゴン、この巨大ウンチにはもう我慢できない。切れてしまいそうだ。もう犬のウンチ処理なんてしたくない
先生、まず冷静になってください。先生は四季の道の清掃担当のアンカーなのです。先生が切れてしまったら、おゆみ野クリーンクラブの他のメンバーはどうしてよいか分からなくなります

もうアンカーなんかいやだ
人には定められた運命があります。先生が四季の道の清掃を始めてから13年。その間先生の活動に賛同してくれるメンバーが7名も増えたのです。いまさらアンカーを降りるわけにはいきません

でも犬のウンチ処理が私の運命なんてひどすぎる
「とりあえず、注意文書を作って、秋の道に掲載しましょう。これで効果がなかったら次の方策を考えましょう

うぅーん、 亀ゴンは本当に冷静だ

|

« (23.8.14) 夏休みシリーズ NO8 失敗記 真珠腫性中耳炎の巻き | トップページ | (23.8.16) 夏休みシリーズ NO10 朗読のスパルタ・トレーニング »

リメイク版 夏休みシリーズ 23年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.8.14) 夏休みシリーズ NO8 失敗記 真珠腫性中耳炎の巻き | トップページ | (23.8.16) 夏休みシリーズ NO10 朗読のスパルタ・トレーニング »